ご飯 鍋 ih。 IHご飯鍋おすすめ12選はおしゃれで使える

【2020年版】ご飯鍋のおすすめ20選。素材の特性をいかして美味しく炊飯

ご飯 鍋 ih

出典: 炊飯用土鍋で注意しなければならないのが吹きこぼれです。 水の量や火力の調節をすれば吹きこぼれを防ぐことができますが、常に鍋のそばに付いている必要があります。 他の調理や用事をしながら土鍋での炊飯をするのであれば、吹きこぼれしにくい工夫がされているものを選びましょう。 吹きこぼれにくくなっている炊飯用土鍋は蓋がドーム状になっていることが多いです。 その他にも商品によって様々な工夫がされているので、選ぶときにチェックしておきましょう。 炊飯用土鍋の使い方 炊飯用土鍋を使うときにはいくつか注意しておかないといけないポイントがあります。 誤った使い方をすると、炊飯用土鍋を傷めたり割ったりすることがあります。 さらには火災やケガにつながってしまう可能性もあるので取扱説明書などをよく確認しておきましょう。 今回は一般的な直火タイプの炊飯用土鍋の使い方について簡単に説明します。 STEP1:鍋底が乾いた状態で使う 炊飯用土鍋を火にかける前には、必ず鍋底が乾いているかを確認しましょう。 土鍋は鍋底が濡れている状態で火にかけると、急激な温度の上昇によって割れてしまうことがあります。 また、鍋底の表面を拭いていても湿っている場合は危険です。 火にかけると、鍋底の内面に残っている水分が膨張してヒビが入りやすくなります。 炊飯用土鍋は鍋底をしっかり乾かしていることが重要です。 STEP2:空焚きせずに使う 土鍋はフライパンや他の鍋と違って空焚きをせずに使います。 土鍋の性質上空焚きをすると鍋自体がとても傷みやすく大きな負担がかかるためです。 誤って空焚きをしてしまった場合は火を消して自然と温度が下がるまで待ちましょう。 熱した土鍋に水など冷たいものを入れると、温度差で割れたりヒビが入ることがあります。 STEP3:弱火から徐々に温度を上げる 土鍋は素材となっている土だけでなく、コーティングや塗装などのために他の素材も混ぜて作られています。 急激に温度を上げるとそれぞれの素材が一気に膨張して割れやすくなります。 土鍋は最初弱火から始めて徐々に温度を上げるようにしましょう。 STEP4:使い終わったあと、急に温度を下げない 土鍋を使い終わった後はしばらく放置して自然と温度が下がるのを待ちましょう。 土鍋が完全に冷えたら、水を使って洗います。 土鍋は温度差に弱いので、使い終わってすぐに水を入れて洗うと割れやヒビの原因になります。 STEP5:洗剤を使わず水やぬるま湯で洗う 土鍋は水分を吸収しやすいという特徴があるので、洗うときは洗剤を使わないようにしましょう。 炊飯用土鍋の手入れであれば、水やぬるま湯を使ってスポンジでこするだけで十分です。 洗った後は乾いた布巾できれいに拭いて、風通しの良いところで乾燥させてから収納します。 炊飯用土鍋のおすすめ11選.

次の

【みんなが作ってる】 IH お米の炊き方のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

ご飯 鍋 ih

鍋でご飯を炊くと美味しい理由とは 「鍋でご飯を炊くと美味しい」とよく聞きますが、どうして美味しくなるのがご存知でしょうか。 「はじめチョロチョロなかパッパ、赤子泣いても蓋取るな」というフレーズを耳にしたことがある人も多いですよね。 実はこのフレーズは、昔ながらのかまどご飯を炊く時の極意なんです。 かまどでご飯を炊いていた頃、薪が燃え始めた時の 弱い火から、徐々に火力を強めてじっくり炊き上げていました。 この炊き方こそ、ご飯の旨みを最大限に引き出すことが出来る炊き方なんです。 炊飯の時の温度と時間が美味しい鍋ご飯の秘密 ご飯はお米に含まれるデンプンを、水と熱によって糊化させた食べ物です。 シンプルですが、炊き方次第でとっても美味しくご飯を炊くことが出来るんですよ! 逆に炊き方を間違えれば、食べられないほど硬いご飯が炊き上がってしまいます・・・。 美味しい鍋ご飯を炊くには、炊き始めから沸騰するまでの10分前後がポイントです。 この10分前後にしっかりと時間をかけてあげることで、お米の甘味がしっかりと引き出され、ふっくら程よい食感のご飯に炊き上がります。 沸騰するまでの時間が短く、急激に温度を上げてしまうと、甘味が少なく、硬い炊き上がりになってしまいます。 逆に沸騰までの時間が長いと、甘味は強くなりますが、ご飯が水分を含みすぎてベチャっとした食感になってしまいます。 おいしい鍋ご飯を炊くには、気長に我が子を育てるように見守らないといけないんですね。 1合から鍋でご飯を味しく炊く方法 それでは、鍋でとっても美味しいご飯を炊く簡単な方法を教えます! お米と水の分量• 1合 :200ml• 5合 :300ml• 2合 :400ml• 3合 :600ml ご飯を鍋で炊く方法• お米を研いで、水に最低30分は浸して置きます。 ご飯を炊きます。 最初は強火で火にかけます。 沸騰したら、弱火にして10分火にかけます。 10分経ったら5秒程度強火にし、火を止めます。 そのまま蓋を開けずに10分蒸らします。 蓋を開けて、全体を切るようにかき混ぜます。 スポンサーリンク 鍋ご飯を美味しく炊くポイント 初めてご飯を炊くときは、残念ながら失敗することも多いです。 シンプルな料理ですが、美味しいご飯を鍋で炊くには、経験が必要なんですね。 失敗を減らすためには、鍋などの道具を確認する必要があります。 美味しいご飯が炊ける鍋の選び方をご説明します。 お米の量に合わせて鍋の大きさを変える 鍋でおいしくご飯を炊くコツは、鍋の大きさとご飯の量に差が無いことです。 差が無いことで気密性が高まりやすいので、ふっくらとおいしいご飯になります。 たとえば、1合分だけ炊く場合は、直径15~18cm程度の小鍋がおすすめです。 炊飯中の圧力に耐えられるように、鍋はなるべく厚みのある物を選ぶようにしてください。 テフロン加工の小鍋だと、こげ付きを防ぐことが出来ますよ! 蓋はなるべく重いものを選ぶ 炊飯器でご飯を炊くときは、炊き上がってしばらく経つまでは絶対に蓋を開けてはいけませんよね。 これは、鍋ご飯も同じなんです。 気密性をしっかり保つことで、甘味が引き出されたふっくらとしたご飯が炊き上がります。 アルミ製などの軽い素材で出来た蓋は、ご飯を炊いている時に浮き上がってしまい、そこから空気が漏れて機密性が保てなくなり圧力がかかりません。 昔ながらのかまどご飯は、分厚い木製の蓋が乗せられていました。 重たい蓋は、気密性を高め圧力をしっかりと高めることが出来ます。 木製の分厚い蓋は一般家庭で用意するのは難しいので、ガラス製などなるべく重たい蓋を用意するようにしましょう。 その点では、土鍋もかなりお勧めです。 他のご飯に関する記事 ・ ・ ・.

次の

炊飯鍋おすすめ10選!ご飯が冷えてもめちゃめちゃ美味しいです!

ご飯 鍋 ih

ご飯鍋の選び方 加熱方法の種類 ご飯鍋は直火はもちろん、電子レンジやIHクッキングヒーターでも加熱することができます。 それぞれの加熱方法についてみてみましょう。 微細な調整がしやすい直火(ガスコンロ) 一般的に普及している鍋ならほとんど使うことができ、強火にしたり弱火にしたりと、火力の調節がすぐできるので、焦げ目をつけたりすることもできます。 こだわってご飯を炊きたい人には直火式がおすすめです。 いつもの加減が再現できるIH 磁気の力で加熱するIH方式は、本体が金属である必要があります。 土鍋では、金属のプレートを貼り付けてIH対応にできる商品もあります。 直接火を使わないので、直火よりも安全に使うことができますし、火力の調整もボタンでできるので、一度手順を覚えれば、毎回同じ炊き具合で失敗が少ないこともメリットです。 IH加工がされている分、直火式の鍋よりも割高になっています。 電子レンジ 電子レンジ対応のご飯鍋は、一人分のご飯を炊くときなどにとても便利です。 軽くて扱いやすいプラスチック素材の炊飯アイテムもあるので、気になる人はチェックしてみてください。 出典: 加熱したあと、そのままおひつとして保管できるタイプ、さらにあとから電子レンジで温めなおせるタイプも便利です。 一度に食べきらない家庭でも温かくておいしいご飯が食べれます。 炊飯器とご飯鍋の違い 手間がかかる 炊飯器のメリットは、タイマー予約ができることや、スイッチひとつで炊飯から蒸らしまでしてくれる手軽さです。 一方、ご飯鍋は、基本的にはそれぞれのタイミングで火力の調整をしなければいけません。 土鍋は安い!手頃な価格 現在発売されている多機能で高級な炊飯器は、10万円近くするものもあります。 土鍋やご飯鍋は、1000円程度から、高くても2万円程度に収まるものが多く、ご飯鍋の方が気軽に使うことができます。 美味しい やはり土鍋と炊飯器を比べると、味はご飯鍋に軍配が上がります。 もちろん、高級な炊飯器でははおこげがつけられたりと、味にもこだわっていますが、ご飯鍋ではコストを抑えておいしいご飯を炊くことができます。 ご飯鍋でご飯を炊く時の基本レシピ 鍋の種類や、気温、お米の量によっても差があるので、お好みでベストな炊き方を探してみてくださいね。 STEP1:水に浸す 米を研いで、一度ざるなどにあげたら、30分以上水に浸します。 しっかりと吸水させるのがおいしいご飯を炊くはじめのポイントになります。 STEP2:中火で10分加熱 まずは中火で加熱します。 火加減を調節して、沸騰までに10分程度かけるのがポイントです。 STEP3:弱火で15分加熱 沸騰したら弱火にして15分ほど加熱します。 おこげをつけたいときは、最後に10秒強火にしてください。 STEP4:10分蒸らす 火を止めたら、10分蒸らして完成です。 すぐ食べないときも、下からさっくりと軽く混ぜておきましょう。 ご飯鍋のおすすめ4選.

次の