パーソナル カラー 16 分割 自己 診断。 パーソナルデザイン・スタイル診断とは?タイプ別似合うファッション18選

あなたのパーソナルデザインを診断!タイプ別に似合うファッションも紹介

パーソナル カラー 16 分割 自己 診断

パーソナルカラーで貴女だけのキレイを手に入れましょう パーソナルカラーとは似合う色。 その方にもっとも調和し、 生まれ持った魅力を輝かせる色のことです。 パーソナルカラー診断では肌、瞳、髪の色の傾向をもとに、お似合いの色を探していきます。 パーソナルカラーが分かると、ファッションの色で迷う事がなくなります。 カラフルな色はもちろんですが、貴女がもっとも頼れるベーシックカラーもパーソナルカラー診断で分かります。 コーディネートの基礎になる色が決まる事で、 毎 日の スタイリングを簡単にセンス良くまとめる 事ができるようなりますよ。 また、 メイクカラー選びにパーソナルカラーは欠かせません。 人気の流行色や、アドバイザーさんにお勧めされて購入したものの、なんだか使いにくい。 色が発色しない。 そんなお悩みもパーソナルカラーを知っていればすっきり解決です。 女性なら誰しも、「顔色が悪い」「肌がくすむ」「頬が赤くなりやすい」「肌の黄みがつよい」など、 程度の差はあれ、肌色のコンプレックスを持っているものではないでしょうか。 しかし、 パーソナルカラーの効果を用いれば、それらの悩みも、その方の個性やチャームポイントとして美しく演出できるんです。 16タイプカラー診断とは、従来の春夏秋冬4つの季節に分類する方法を、色のトーンでさらに詳細に分類し、より細かくその方にフィットした色調をご提案することができる、新手法のパーソナルカラー診断です。 例えば、下の女性のパーソナルカラーはSummerですが、「明るく、軽やかな色」が似合う特徴をお持ちで、summerの中でもくすんだ色や暗い色は苦手となます。 ですから、そのような色に比べれば、springの明るい色のほうがベースを越えてお似合いになります。 つまり、2nd 2番目に似合う シーズンはSpringになります。 このように16タイプパーソナルカラー診断では、シーズンの中でもより似合う色の特徴をお伝えする事で、シーズンを超えて多くの似合う色を見つけられますよ。 また、シーズンの色なのになんだか似合わない…と言ったモヤモヤも解決できる診断です。

次の

10タイプ? 12タイプ? 16タイプ? : 探そう、自分に似合う色

パーソナル カラー 16 分割 自己 診断

その《新しさ》って何? パーソナルカラー8分類12タイプ法の新しさ:その1 パーソナルカラー8分類:色の分け方を変えています。 現在主流となっている色を4つに分類した4シーズン法をさらに半分のではないです。 独自に分け方を変えてます。 それは・・・分けざるを得ない事情があるからです。 《分け方を変えた事情は・・・》 A:似合う色が複数のシーズンにまたがってしまう スプリング(春)とオータム(秋)にまたがるケース 似合うタイプその1:濃いお色が両方(春/秋)とも似合う色で、薄いお色は苦手なタイプ --> ディープタイプ 似合うタイプその2:薄いお色は両方(春/秋)とも似合う色で、濃いお色は苦手な色のタイプ --> ライトタイプ B:1つののシーズンの中に似合う色と似合わない色が混在する サマー(夏)の中に似合う色と似合わない色が混在するケース 似合うタイプその1:サマー(夏)の中のクリアな色のみ似合う色で、濁ったなお色が苦手なタイプ --> クリアタイプ ミックスタイプ 似合うタイプその2:サマー(夏)の中のスモーキーな色のみ似合う色で、クリアなお色が苦手なタイプ --> モーブタイプ それ以外にも本当にたくさんありました。 《複数にまたがったり》 《1つの中に似合う色と似合わない色があったり》 そんなわかりにくさを解消する為に、 物凄くわかりやすい分け方に変えました。 わかりやすの理由は!? ブルーベースとイエローベースの色の分け方が左右対称!まったく同じ! パーソナルカラー8分類12タイプ法の新しさ:その2 パーソナルカラー12タイプ:12個の似合うタイプがあります。 8分類の色の中に 似合う色のグループが2つです。 この似合う組み合わせパターンが、過去数千人の診断をした結果、12タイプであることがわかりました。 (分類法も組み合わせ理論もオリジナルですので、他社の8分類や12分類とは異なります。 ) *パーソナルカラーやメイクの詳しい方法は Youtubeで動画で解説しておりますのでご視聴下さい。 パーソナルカラーの12タイプ 濁りのないクリアな色が得意なタイプです。 曖昧な濁った色は苦手。 ・イエローベース:ベージュ茶色が苦手、紺や白が得意 ・ブルーベース:グレーが苦手、紺、白、(黒)が得意 濃くて深い色、強い色が得意なタイプです。 ソフトな色やパステルトーンが苦手 ・イエローベース:濃い色のコーデが得意、黒や濃紺も着こなせます。 ・ブルーベース:深い紫、ワイン、濃紺が得意。 ディープな秋カラーも着こなせます。 クリアな色よりも濁りのある落ち着いた色が得意。 パステルトーンは安っぽい感じになり、原色な浮きます。 ・イエローベース/アースタイプ:アースカラーが得意、黒を合わせたコーデが似合います。 ・ブルーベース/スモーキータイプ:真っ白や黒よりグレー、紫、ニュアンスカラーが得意 明るいライトな色が得意。 黒っぽいダークな色はお顔が濁ります。 ・イエローベース:生成り、クリーム、白、ベージュが得意、黒やこげ茶は苦手 ・ブルーベース:白、クリーム、ライトグレー、紺が得意、黒や濃紺が苦手 薄くてクリアなパステルトーンと、深く濁った濃い色が得意。 原色は浮きますが、濁りの薄い色は地味になります。 顔の近くにパステルを、コーデでダークな色を。 ・イエローベース:クリーム、シャンパン、紺、キャメルが得意、ベージュ、黒は苦手 ・ブルーベース:白、クリーム、アイスグレー、紺が得意、黒は負ける イエローベース、ブルーベースよりもトーンのパステルが優先するタイプ。 明るい色&クリアな色が得意で、濁りも濃さも両方苦手。 ・イエローベース:白、クリーム、シャンパンが得意、黒、こげ茶、ベージュ、グレーが苦手 ・ブルーベース:白、クリーム、アイスグレーが得意、黒、こげ茶、ベージュ、グレーが苦手 もっと詳しく知りたい方は、 パーソナルカラー8分類12タイプ法の新しさ:その3 診断の基準が進化してます。 従来の、肌の色、目の色、髪の色の診断方法は 《イエローベース》 ・肌色:黄味肌 ・瞳の色:ブラウン系 ・髪の色:ブラウン系 《ブルーベース》 ・肌色:ピンク肌 ・瞳の色:黒っぽい ・髪の色:黒っぽい でしたが、令和の現在では ・黄味肌でブルーベース ・色白ピンク肌のイエローベース ・赤味が強いけどブルーベース ・色黒ダーク肌でブルーベース ・髪と瞳に関してはバラバラで関連性を感じられません。 診断には新たに、 《肌の質感》 を取り入れることにより、従来診断が難しかったマチュア世代の大人肌の方 ・赤味があるけどイエローベース ・黄味肌のブルーベース ・色白ピンク肌のイエローベース ・色黒ダーク肌のブルーベース ・アトピー系の肌の人 ・トラブル肌の人 ・くすみやシミが多い人 も正しい診断が行えるようになっています。 さらに、似合うはその人とドレープ(洋服の色)との対比でしかありませんので、 診断はドレープを使っての診断を基本としています。

次の

自分で簡単にできる?パーソナルカラーの自己診断をやってみた|きなこのキニナル!

パーソナル カラー 16 分割 自己 診断

その《新しさ》って何? パーソナルカラー8分類12タイプ法の新しさ:その1 パーソナルカラー8分類:色の分け方を変えています。 現在主流となっている色を4つに分類した4シーズン法をさらに半分のではないです。 独自に分け方を変えてます。 それは・・・分けざるを得ない事情があるからです。 《分け方を変えた事情は・・・》 A:似合う色が複数のシーズンにまたがってしまう スプリング(春)とオータム(秋)にまたがるケース 似合うタイプその1:濃いお色が両方(春/秋)とも似合う色で、薄いお色は苦手なタイプ --> ディープタイプ 似合うタイプその2:薄いお色は両方(春/秋)とも似合う色で、濃いお色は苦手な色のタイプ --> ライトタイプ B:1つののシーズンの中に似合う色と似合わない色が混在する サマー(夏)の中に似合う色と似合わない色が混在するケース 似合うタイプその1:サマー(夏)の中のクリアな色のみ似合う色で、濁ったなお色が苦手なタイプ --> クリアタイプ ミックスタイプ 似合うタイプその2:サマー(夏)の中のスモーキーな色のみ似合う色で、クリアなお色が苦手なタイプ --> モーブタイプ それ以外にも本当にたくさんありました。 《複数にまたがったり》 《1つの中に似合う色と似合わない色があったり》 そんなわかりにくさを解消する為に、 物凄くわかりやすい分け方に変えました。 わかりやすの理由は!? ブルーベースとイエローベースの色の分け方が左右対称!まったく同じ! パーソナルカラー8分類12タイプ法の新しさ:その2 パーソナルカラー12タイプ:12個の似合うタイプがあります。 8分類の色の中に 似合う色のグループが2つです。 この似合う組み合わせパターンが、過去数千人の診断をした結果、12タイプであることがわかりました。 (分類法も組み合わせ理論もオリジナルですので、他社の8分類や12分類とは異なります。 ) *パーソナルカラーやメイクの詳しい方法は Youtubeで動画で解説しておりますのでご視聴下さい。 パーソナルカラーの12タイプ 濁りのないクリアな色が得意なタイプです。 曖昧な濁った色は苦手。 ・イエローベース:ベージュ茶色が苦手、紺や白が得意 ・ブルーベース:グレーが苦手、紺、白、(黒)が得意 濃くて深い色、強い色が得意なタイプです。 ソフトな色やパステルトーンが苦手 ・イエローベース:濃い色のコーデが得意、黒や濃紺も着こなせます。 ・ブルーベース:深い紫、ワイン、濃紺が得意。 ディープな秋カラーも着こなせます。 クリアな色よりも濁りのある落ち着いた色が得意。 パステルトーンは安っぽい感じになり、原色な浮きます。 ・イエローベース/アースタイプ:アースカラーが得意、黒を合わせたコーデが似合います。 ・ブルーベース/スモーキータイプ:真っ白や黒よりグレー、紫、ニュアンスカラーが得意 明るいライトな色が得意。 黒っぽいダークな色はお顔が濁ります。 ・イエローベース:生成り、クリーム、白、ベージュが得意、黒やこげ茶は苦手 ・ブルーベース:白、クリーム、ライトグレー、紺が得意、黒や濃紺が苦手 薄くてクリアなパステルトーンと、深く濁った濃い色が得意。 原色は浮きますが、濁りの薄い色は地味になります。 顔の近くにパステルを、コーデでダークな色を。 ・イエローベース:クリーム、シャンパン、紺、キャメルが得意、ベージュ、黒は苦手 ・ブルーベース:白、クリーム、アイスグレー、紺が得意、黒は負ける イエローベース、ブルーベースよりもトーンのパステルが優先するタイプ。 明るい色&クリアな色が得意で、濁りも濃さも両方苦手。 ・イエローベース:白、クリーム、シャンパンが得意、黒、こげ茶、ベージュ、グレーが苦手 ・ブルーベース:白、クリーム、アイスグレーが得意、黒、こげ茶、ベージュ、グレーが苦手 もっと詳しく知りたい方は、 パーソナルカラー8分類12タイプ法の新しさ:その3 診断の基準が進化してます。 従来の、肌の色、目の色、髪の色の診断方法は 《イエローベース》 ・肌色:黄味肌 ・瞳の色:ブラウン系 ・髪の色:ブラウン系 《ブルーベース》 ・肌色:ピンク肌 ・瞳の色:黒っぽい ・髪の色:黒っぽい でしたが、令和の現在では ・黄味肌でブルーベース ・色白ピンク肌のイエローベース ・赤味が強いけどブルーベース ・色黒ダーク肌でブルーベース ・髪と瞳に関してはバラバラで関連性を感じられません。 診断には新たに、 《肌の質感》 を取り入れることにより、従来診断が難しかったマチュア世代の大人肌の方 ・赤味があるけどイエローベース ・黄味肌のブルーベース ・色白ピンク肌のイエローベース ・色黒ダーク肌のブルーベース ・アトピー系の肌の人 ・トラブル肌の人 ・くすみやシミが多い人 も正しい診断が行えるようになっています。 さらに、似合うはその人とドレープ(洋服の色)との対比でしかありませんので、 診断はドレープを使っての診断を基本としています。

次の