男 髪形。 男の性格は、髪型とヒゲでわかる!《性格診断・男性版》

【女ウケ抜群】モテるメンズになる髪型の4つの法則

男 髪形

年代を問わず王道なウルフヘア 上記のマッシュヘアやウルフヘアと言われる髪型を見てもらえればわかるように、日本人の髪型は骨格を誤魔化したり矯正するような髪型が人気です。 理由は単純で、 その方がイケメンに見えるから。 男性ならば、女性にモテたいと思うのは当たり前で自然なことですよね。 そのために 「いかに自分をかっこよく見せられるか?」という点を追及した結果、日本人の骨格に合いやすくイケメンに見えやすい、マッシュヘアやウルフヘアなどの髪型が人気を集めています。 では、そのヘアスタイルのどこがダサいと言われてしまうのでしょうか? 関連記事: 髪型から見る日本人の特徴「内面を見てもらうためには外見が大事」 当たり前の話ですが、髪型や服装が整っていて清潔感がある男性の方が、それらを整えていない人より魅力的です。 内面が男らしくてかっこいい男性はもちろん魅力的ですが、日本人の特徴としてそもそも外見を整えていないと、なかなか内面を評価してもらえないということがありますよね。 たとえどんなに優しくて男気があったとしても、見た目が不潔な人は女性から、 「どんなに中身がかっこよくても、身だしなみが整っていない人はちょっとねぇ・・・」 なんて言われてしまうことも。 そのため、自分の中身を知ってもらってもっと好意を持ってもらうためにも、外見やヘアスタイルをこだわって整えなければならないのです。 ではなぜダサいと言われるのか? 上記のように、まずは外見を整えないと中身まで見てもらうことは難しいものですよね。 しかし 逆に外見にこだわり過ぎている男性は「ナルシストっぽくてダサい」と思われることがあります。 つまり、見た目を気にしすぎている人は嫌われてしまうのです。 よく駅や学校のトイレでひたすら前髪を気にしていじっている男性を見ることがありますが、そういった小さなことにこだわり過ぎる仕草は女性からだけでなく、同性である男性から見てもちょっとウザくはありませんか? そのウザさがなんだかモテるために必死になっているように見えて、ダサいと言われてしまうのです。 (モテるために一生懸命になることは決してダサいとは思いませんが、節度を守ることは必要かもしれません) なので、整えすぎないナチュラルなスタイリングは女子ウケもよく問題ないですが、逆に細い束をたくさん作るようなこだわりの強い髪型はNG。 「ナルシストっぽくて気持ち悪い」 「こだわりが強くてめんどくさそう」 と思われてしまいます。 かっこよく見せようとする努力をそんな風に言われるのはとても残念かもしれませんが、外見も内面も合わせて評価してもらうためには割り切るしかありません。 外国人メンズのヘアスタイルの特徴とは? 次は、外国人の男性に多いヘアスタイルの特徴について見ていきましょう。 外国では男らしい短髪スタイルやショートヘアが人気 逆に外国人男性のヘアスタイルは、顔を隠さずに男らしく清潔感のある髪型が人気です。 これは日本とは「男性の魅力」に対する意識がすこし違って、外見より内面志向だから。 そのため外見を細かく整えるよりも、すっきりと顔を出すヘアスタイルで男らしさや清潔感を意識し、女性に対して内面の魅力で勝負をする男性が多いのです。 もちろん外見よりは内面を重視するというだけであって、外見をまったく整えないわけではありません。 しかし、外見だけを取り繕うより、内面やありのままの自分を見て評価してもらうという点を海外ではとても重要視しています。 その特徴は眉毛にも表れており、実は海外の男性は眉毛を細かく整える人ってほとんどい居ないんです。 これは、 「眉毛を細かく気にするなんて男らしくないからダサい」と思われているからで、この事実からも外見をそれほど気にしていないことがわかりますよね。 関連記事: いくら外見だけを男らしく整えても、内面が魅力的じゃない男性はダサい? 逆に、内面が女々しかったり男らしくなかったりと魅力的じゃない男性はあまり好まれず、ダサいと思われることがあります。 欧米など海外では容姿の優劣にあまりこだわらず 「外見だけ」で判断することはそれほど多くないのですが、逆に内面に対しての評価はとても厳しいのが特徴です。 特に ・自分の意見をはっきり言わない ・なよなよした言動で男らしくない といった性格はたとえイケメンでもダサいという風潮が強く、男性は男らしくはっきりしている方がモテることは間違いありません。 ロングヘアにする場合もナチュラルスタイリング ロングヘアのアレンジとして定番のマンバンヘア 上の画像のうち、二番目の髪型はマンバンと呼ばれるヘアスタイルで、ロングヘアを頭の後ろで結んだだけのワイルドなアレンジ方法のひとつ。 外国人はロングヘアやヒゲに対しても日本人ほど不潔感はないらしく、かっちり整えるより自然でナチュラルなスタイリングが人気です。 あまりにもボサボサで不潔感がありすぎるのはNGですが、髪型やヒゲをナチュラルに伸ばしたままでもモテる男性は多く、いかに男らしさや内面を評価しているかが表れていると思います。 関連記事: 日本人と外国人のヘアスタイルの違いについてまとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、 「日本人男性のヘアスタイルはダサい?髪型で見る外国人との違い」というテーマでお送りしました。 海外と日本では「モテ」に対する考え方も骨格も違うため、ひとことにモテる髪型と言っても全然違いますよね。 とはいえ、 ・外見だけを気にして細かく何度も髪型を気にする ・外国人のあり方を意識して見た目に全くこだわらない なんて極端な考え方になってしまうと、女性からも男性からも相手されなくなってしまいます。 つまり、モテる本質は日本も海外もあまり変わらず 「見た目も内面も、いかに男らしくてかっこいいか」に尽きるのではないでしょうか? なのでぜひあなたも、女性だけでなく同性である男からも評価されるように、外見と内面どちらも磨きながら自分に一番合った髪型を探してみてください。 日本と海外、どちらの良い点も取り入れながら「自分らしさ」を磨くことが、ダサいと言われないための一番の近道になるはずですよ!.

次の

男の髪型・メンズヘアスタイルの種類 1.「カットスタイル一覧」

男 髪形

女性が選んだ理由• 誠実そうで安心できるから好き 20歳• 爽やかに見えるから 20歳• 顔が多少アレでも、セットちゃんとすれば誰でも無難に似合う 19歳• 長すぎず短すぎず、清潔感がある 25歳• おしゃれにこだわりすぎない感が良い 19歳• ミディアムの髪型は怖くないから 23歳• 好きな人が歴代みんなこの髪型 21歳• 中性的だから 19歳• 誰がしてもそれなりに見える。 他はブ男はブ男って仕上がりになる 20歳 第2位 15. 2% マッシュ系(181票) 流行りという意味では、今はマッシュ系が一番じゃないでしょうか。 ここ数年での伸び率はダントツだと思います。 マッシュとは、「マッシュルーム」の略で、キノコの傘のように丸く緩やかなラインを描く髪形のことです。 イケメン草食系男子に似合いそうですね。 時代に合っているし、女性が安心できる髪型なので、3位と大躍進しています。 女性が選んだ理由• 顔をごまかせる気がする 28歳• 流行をとらえてると思う 19歳• 雰囲気イケメンになれるから 19歳• マッシュが似合うスラっとした人が好き 21歳• アンニュイな雰囲気が色気を感じる 20歳• カワかっこいい 29歳• サラサラしてそうな髪型が好き 34歳• 髪が長めの方が元の顔面より少し良く見える気がする 20歳 第3位 12. 9% ショート(153票) 3位にもナチュラルヘアが入りました。 女性は、あまりアレンジをしすぎない髪型の方が好きなんですね! 「チャラさ」から縁遠い髪型が上位を占めています。 さっぱりとしたショートは、落ち着いたさやわかなイメージを存分に与えることができますね! 女性が選んだ理由• おしゃれな人に多い印象なので 23歳女• ちゃんと手入れできてたらすごく清潔感がある 28歳女• 今ちょうど美容院行ってきましたくらいの完成感が好き 20歳女• 爽やかだから 23歳女 第8位 4. 3% ツーブロック系(51票) 刈り上げと似たツーブロックって違いがわかりにくいですよね。 刈り上げは徐々に長さが変わっていきますが、髪がある部分と刈っている部分に明確な長さの違いがあればツーブロックと言われるようになります。 きちんと手入れされたツーブロックは、清潔感を抜群に演出してくれます。 一時期流行りまくっていた髪形で、今でも根強い人気があるのは間違いないですが、現段階では8位にまで後退してきています。 苦手な理由• ワックスを常にネチネチしたり前髪を気にしていそうなのがイヤ 20歳女 まとめ 今回のポイントは、短すぎず長すぎず、あまり手を加えすぎない髪型が人気ということがわかりました。 9 「清潔感」は絶対に保ちつつ、「ナチュラル」「チャラくない」の3つを守れば女性ウケする髪型になれそうです。 つまり「誠実」なイメージですね! また、髪型ではなく体型のランキングも詳細リサーチしていますよ。 こちらもぜひ確認してみてくださいね! それでは、最後に25種類の髪型の全ランキングを掲載しておきますね。 今回のランキングの全結果 女性が好きな男性の髪型ランキング 全結果• 1位 20. 2% 240票 ミディアム• 2位 15. 2% 181票 マッシュ系• 3位 12. 9% 153票 ショート• 4位 8. 6% 103票 ベリーショート• 5位 7. 6% 91票 七三分け ショート or ミディアム• 6位 6. 4% 77票 その他• 7位 5. 0% 60票 オールバック• 8位 4. 4% 53票 刈り上げ系• 9位 4. 3% 51票 ツーブロック系• 10位 2. 8% 34票 センター分け ショート or ミディアム• 11位 2. 5% 30票 アフロ• 12位 1. 4% 17票 ソフトモヒカン• 13位 1. 3% 15票 おかっぱ系• 14位 1. 2% 14票 スパイキーヘア系• 15位 1. 0% 12票 ウルフカット系• 16位 0. 9% 11票 スキンヘッド• 17位 0. 8% 10票 坊主• 18位 0. 7% 9票 ボブ• 19位 0. 5% 7票 ロングヘア• 20位 0. 5% 6票 ミディアム(ウェーブ)• 21位 0. 4% 4票 ドレッド系• 22位 0. 2% 3票 アシメントリー系• 23位 0. 1% 2票 エアリーヘア系• 24位 0. 1% 1票 ツイスト系• 25位 0. 1% 1票 コーンロウ• 26位 0. 0% 0票 パンチパーマ 女性が苦手な男性の髪型ランキング 全結果• 1位 20. 6% 123票 パンチパーマ• 2位 12. 3% 75票 アフロ• 3位 12. 1% 72票 ロングヘア• 4位 9. 2% 55票 ウルフカット系• 5位 9. 1% 54票 ドレッド系• 6位 6. 7% 40票 その他• 7位 6. 0% 36票 おかっぱ系• 8位 5. 5% 33票 コーンロウ• 9位 5. 3% 30票 ボブ• 10位 2. 5% 15票 スキンヘッド• 11位 2. 3% 14票 ベリーショート• 12位 2. 0% 12票 七三分け ショート or ミディアム• 13位 1. 6% 10票 センター分け ショート or ミディアム• 14位 1. 5% 9票 ミディアム(ウェーブ)• 15位 1. 3% 8票 ツイスト系• 16位 1. 1% 7票 坊主• 17位 1. 0% 6票 オールバック• 18位 0. 8% 5票 マッシュ系• 19位 0. 8% 5票 ツーブロック系• 20位 0. 8% 5票 ミディアム• 21位 0. 5% 3票 ソフトモヒカン• 22位 0. 3% 2票 ショート• 23位 0. 3% 2票 エアリーヘア系• 24位 0. 2% 1票 アシメントリー系• 25位 0. 0% 0票 刈り上げ系• 26位 0. 0% 0票 スパイキーヘア系.

次の

【流行りに惑わされるな】実は女子ウケの悪いメンズ髪型

男 髪形

江戸時代の男性の髪型について伺います。 ドラマなどを見ていると様々な髪型を目にしますが、そもそも髪型にルールはあったのでしょうか?こういう身分の人はこの髪形をしては駄目、のような。 例えば新選組のドラマや映画だと、近藤勇は月代を剃らずに髷を結っている、土方歳三は月代を剃らずに後頭部で縛っている(ポニーテールみたいに)、沖田総司は月代を剃って土方のように縛っている…というようなものが定番に思います。 近藤勇は髷を結っている時の写真があるので納得できますが、身分に関係なく剣術に優れている者が集まった新選組においては、もしそういった常識的な髪型のルールが有ったとしても当てはまらなかったのかな…と。 だとしたら、個人の好みという事なり、その定番の髪型に定着した経緯は?と疑問に思います。 新選組以外にも、肖像画も写真も残っていないのに、この人物といえばこの髪形!っていう印象がついている人物が居ると思います。 これは何故なのでしょうか? 特にルールはなかったみたいですよ。 江戸の町人はきれい好きで、見だしなみにとても気を配っていました。 たとえば、江戸っ子は風呂好きで、大きな通りには必ず湯屋があり、昼でも銭湯に入っていました。 体臭や口臭に気を使い、襟足の汚れや鬢(びん・頭の左右の側面の髪)のほつれも嫌いました。 ひげも毎日剃り、無精ひげは敬遠されました。 髪形にも非常にこだわり、月代(さかやき)をいつもきれいに剃りあげようと、足しげく髪結床に通いました。 月代とは、前頭部から頭の中央にかけて髪を剃り落とした部分のことです。 戦国時代に武士が兜をつけたとき、頭が蒸れるのを防ぐために髪を剃ったことからはじまったといわれます。 町人が月代を剃ることを習慣するようになったのは、江戸時代の初期からです。 江戸っ子は、月代をどこまで剃りあげるか、どれくらいの幅でどういう形に剃るかなどにも、非常にこだわりました。 そんななか、江戸時代を通してももっとも結われた男性の髪形が、銀杏髷(いちょうまげ)です。 よく、「ちょんまげ」というのは、この髪形をさします。 銀杏髷は月代が狭く髷が長いです。 一方、月代を極端に広く剃り、髷を細く高く結い上げるのを本多髷と呼び、粋な商家の若旦那が好んでこれを結いました。 こうして、自分のお気に入りの髪形にしたとしても、月代は剃りあげたら、マメに手入れをしなければ、すぐに伸びてしまいます。 武士、町人とも、月代が伸びたままで見苦しいのは、無粋とされ、嫌われ者でした。 伸び放題なのは浪人か病人だけで、つねに月代をきれいに剃りあげておくのが、江戸っ子の粋な作法だったのです。 髪結床は湯屋に付設しているものもあって、湯に入ったあとに立ち寄る町人で繁盛しました。 店は土間で、客は通りに向いて腰掛けます。 はじめに水で濡らした月代を剃り、次に髪を解き、顔を剃ってから髷を結います。 代金は16文から28文くらいでした。 江戸中期ごろからは、道具を持って家々を回る出張専門の髪結も登場しました。 これを「回り髪結」といい、利用するのは商家の大店の主人や番頭が多かったようです。 月代が伸びたままなのは恥とされたので、なかには毎日のように、回り髪結を呼ぶ主人もいたほどだったといわれます。

次の