キャベツ英語発音。 危険!キャベツとレタスを英語で数える時は気を付けよう

「パクチー」や「ローリエ」は英語で何という?ハーブの英単語10選

キャベツ英語発音

Contents• 野菜の英語一覧 野菜の英語一覧です。 果物の種類(日本語) 英語 果物の種類(日本語) 英語 リンゴ apple イチゴ strawberry 青リンゴ green apple ラズべリー raspberry 梨 pear ピーナッツ peanut 柿 persimmon 栗 chestnut 干し柿 dried persimmon クルミ walnut 熟柿 mellow persimmon スイ力 watermelon 甘柿 sweet persimmon メロン melon バナナ banana サクランボ cherry パイナップル pineapple ブドウ grape ココナッツ coconut ヤマブドウ wild grape オレンジ orange 干しブドウ raisin イチジク fig レモン lemon 桃 peach ザクロ pomegranate アンズ apricot キウイ kiwi マンゴー mango 野菜・果物の英語フレーズまとめ 野菜や果物の英語フレーズをご紹介します。 その店の商品はいつも新鮮で清潔だ。 The items at the store are always fresh and clean. 有機栽培の野菜を買った。 I bought organically-grown vegetables. その野菜には虫食いの跡があった。 The vegetables had traces of worms. 野菜が健康にいいというが、私は食べたくない。 It is said that vegetables are good for health. 私の好きな果物を買った。 I bought my favorite fruits. リンゴが旬の季節なので甘い。 The apple is sweet because it is in season. 果物は全部新鮮そうだった。 All the fruit looked fresh. 果物はよく熟していた。 The fruit was very ripe. 果物のいくつかは柔らかいようだった。 Some of fruits seemed to be mushy. 果物の一部はすでに腐っていた。 Some of fruits was already spoiled. 期限を確認した。 I checked the expiration date.

次の

「カオス」の発音は?カタカナ英語と発音が違う英語9選! ⋆ 30歳から始める英語学習 Smilenotes

キャベツ英語発音

ページコンテンツ• 野菜の英語名一覧 ・インゲン豆 Kidney Bean(キドニー ビーン) Kidney=腎臓 インゲン豆は見たの色や形が Kidney(腎臓)に似ているためこの名が付けられたと言われています。 そのネーミングセンスは・・というつっこみはさておき、海外ではけっこうポピュラーに食卓にのぼります。 日本だとあずきの方がよく使われることが多いので、インゲン豆の豆で見ることは少ないかもしれません。 緑色のサヤに入っているサヤインゲンは胡麻和えなどでも食卓宅に並ぶことも多いかと思います。 ・えんどう豆 Pea(ピー) えんどう豆またはグリーンピース。 グリーンピースのピーはこのPeaの複数形、Peasです。 Green Peas、つまり緑の豆、、そのままですね!笑 グリーンピースとえんどう豆が同じ??ちょっと疑問に思った方も多いのではないでしょうか? ちょっと余談ですが、 グリーンピース・さやえんどう・えんどう豆は同じ植物からできています違いは 成長過程。 そして成熟しきったものを「 えんどう豆」と言うそうです。 ・オクラ Okra(オークラ) オクラは日本語のように思いますが、実はこれは英語です。 和名はアメリカネリと呼びます。 ちなみにあの ヌルヌルとした食感を、 Slimy(スライムっぽい)なんて形容詞で表現できますよ!他にも Stickyという単語が ネバネバと言う表現になります。 日本食にはたくさんのネバネバ・ヌルヌルの食べ物ありますよね。 ぜひ表現してみてください。 ・Why is Okura so slimy?? 「なんでオクラってこんなに ヌルヌルなの???」 ・Okura is very healthy food. It has sticky texture when you eat it. 「オクラはとても体に良い食べ物です。 食べるとき、 ネバネバの食感があります。 」 ・カブ Turnip(トゥーニップ) ラテン語からの由来。 丸いものという意味があります。 白くて丸みを持っているのがカブというわけですね。 かなり分類が難しいのですが、 Radish(ラディッシュ)と言うカブに似ているものがあります。 色が様々あり、赤色のものがメジャーです。 ここで迷うのが大根の英語表現。 大根はカブではなく、Radish。 Japanese Radishまたは Daikonと英語で表記されます。 この二つの違いは本当に微妙!!!でも確かに食感は大根の方がシャキシャキしてますよね。 ちなみに シャキシャキの英語は Crunchyと表現します。 ・大根 Radish ラディッシュ or Daikon Radishはアブラナ科で、形、色、大きさは様々。 日本で「ラディッシュ」というと、 赤くて小さな丸いのを思い浮かべますね。 海外全般では丸いものが多いです。 日本でよく見る長くて太い大根はDaikon, Japanese Radish, Chinise Radishと呼ばれることが多いです。 日本の野菜なのでそのまま Daikon !覚えやすくて良いですね。 ・かぼちゃ Pumpkin パンプキン Squash Plant(ウリ科)の野菜です。 ハロウィンなどのお祭り事にもよく使われます。 買い物する場所にもよりますが、単にSquashで売っていることも多いですね。 そして、だいたい日本のかぼちゃほど甘くはないです・・残念。 海外のスーパーにいくと 見たこと無い形・色のかぼちゃをよくみかけます。 「えっ!これかぼち ゃ!!?」ってくらい大きいのとかもあります。 日本でよく見るかぼちゃは外が緑色で中身がオレンジ色。 それに比べて海外では外がオレンジ色、中もオレンジ色が多く出回っています。 日本での外緑・中オレンジ色のかぼちゃを Squash。 外も中もオレンジのものを Pumpkinと呼ぶみたいです。 ちなみにハロウィンではかぼちゃで顔を作って装飾しますね。 あの顔のことを 「ジャック・オ・ランタン」と言います。 火の玉をモチーフとした妖怪だそうです。 ・キャベツ Cabbage キャベジ Brassica(アブラナ属)カリフラワーやブロッコリーと同じカテゴリー。 こちらも 日本語発音の「キャベツ」だと通じない可能性が高い、発音注意アイテム。 そして私が子供の頃「キャベツ」と「白菜」の違いがわからないという・・・経験がありました。 「白菜」は英語で Chinese Cabbage(中国のキャベツ) と呼ばれます。 ・ブロッコリー Broccoli ブロッコーリー キャベツの仲間みたいです。 ・・あんまり似てないような、似てるような。 古くからイタリアで好んで食されていたみたいです。 その後 アメリカでも健康を機にするようになりブロッコリーを食べるようになったみたいです。 ブロッコリーには健康に良いたくさんの栄養素が詰まっています。 生活習慣病やガン予防にもとても効果的だそうです! ・カリフラワー Cauliflower コーリフラワー カリフラワーの英語は? 発音注意!Brassica(アブラナ属)和名はハナヤサイまたは花キャベツとも呼ばれます。 名前の由来はラテン語だそう。 花キャベツとも言われるだけあって、カリフラワーはキャベツと同じ仲間。 キャベツとカリフラワーを比べるともはや別物のように感じます・・。 ・きゅうり Cucumber キューカムバー キュウリはGourd(ウリ科の植物でヒョウタンやヘチマなど)。 元々は南アジアで栽培されていたそうですが、今ではどの国でもサラダによく入ってますね!ちなみに 強く発音するのは最初のCu(キュウ)です。 これも要注意! ちょっとクイズですが・・・。 Sea Cucumberって何のことを指すか知ってますか? 海のきゅうりと書いて「なまこ」と意味します。 きゅうりに似ているような・・そうでないような・・。 ・ごぼう Burdock バードック ごぼうの野菜英語 ヨーロッパではあまり遭遇しませんが、アジアだとよく食べられてますね。 欧米では根を薬用としてハーブと使用することがあるそうです。 戦時中に外国人捕虜にごぼうを食べさせたところ、木の根っこを食べさせられたと誤解されてしまったそうです。 さらに虐待の罪で処罰されたそうな・・。 食文化の違いによる誤解って怖いですね・・。 ・さつまいも Sweet Potato スウィート ポテイトー) Dicotyledonous Plants (双子葉植物)。 サツマイモはYam(ヤム)とも呼ばれる事も多いが、実際のYam(ヤマイモの科)とは全く違うものだそう。 味や風味がちょっとYamに似てる、ってことでしょうか。 ・じゃがいも Potato ポテイトー) ポテトの由来は スペイン語のPatataから来ていると言われている。 ポテト自体、南米が発祥ですからね!ドイツやペルーではじゃがいもが料理で多用されます。 以前ペルーに行った時に聞いた話だと、じゃがいもだけで3000種類ものじゃがいもが存在しているそう。 「インカの目覚め」など有名な種類の一つですね。 そんな世界で食べられているじゃがいもですが、見た目の悪さから「悪魔の作物」と呼ばれていた時期もあるそう。 しかし今では ジャガイモ栽培8000年を記念する「国際イモ年」とお祝いする国も出てきているとか。 ・生姜 Ginger ジンジャー 生姜 英語表現は? Zingiber(ショウガ科)。 14世紀中頃のOld Englishから来ているそう。 中世のヨーロッパでは生姜の需要がとても高かったそうです。 14世紀の イギリスでは生姜が羊1頭にも匹敵する価値があったのだそうです。 ・大豆 Soybean ソイビーン 大豆の英語表現は? 東アジアで広く栽培されていて、食用はもちろんその他にもたくさんの用途がある豆です。 Soyの由来は中国、日本の醤油(Shoyu)の音が崩れてSoyとなったと言われています。 場所によってはSoyaと綴られることもありますが、同じものですよ!ちなみに 醤油はSoy Sauceと英語で呼ばれています。 ・たけのこ Bamboo Shoot バンブーシュート タケノコの英語表現は? 多くのアジア諸国で食されています。 欧米ではあまりみかけない・・かもしれませんが、どこの町にも中華料理屋はあります。 意外なところで英語を知っていると役立つかも!? 他にも Bamboo Sproutとも呼ばれます。 ShootもSproutも「新芽」という意味があります。 竹の子だからBamboo Childではないので要注意!中学の教科書にあったと思うのですが、 竹刀を Bamboo Swordと呼びます。 ・玉ねぎ Onion オニオン 玉ねぎの英語の表現は? 多くの国で食されている玉ねぎ。 Onionという単語はもう皆さんもご存知でしょう!そんな玉ねぎですが、紀元前前はエジブトでニンニクと一緒に配給されていたという 古い歴史を持つ野菜です。 その後ヨーロッパ・アメリカへと渡り様々な品種の玉ねぎが生まれました。 玉ねぎの特徴(?)で、切ると涙が出てくる。 美味しいけどちょっと調理が大変ですね。 しかし 玉ねぎを冷蔵庫に入れておくと目がしみず切ることができます。 目にしみる成分が冷やされると、切るとき飛び散るのを防ぐそうです。 ぜひ試してみてくださーい。 ・長ネギ Green Onion グリーンオニオン ネギの英語表現は? あれ!?ネギなのに、Onion?と思われ方もいらっしゃるのではないでしょうか? そうです、ネギはGreen Onionと呼びます。 海外で目にするネギは僕らの知っているネギとは違います。 緑色のものが多いです。 ちょっとニラに近いかもしれません。 我々が 日本で食べるネギを伝えたければ、Japanese Green Onionというと伝わるかと思います。 ・なす Eggplant エッグプラント なすの英語表現は? ナスを英語でいうと??中々すぐに思い出せない単語の一つ Eggplant。 「卵の植物」?なぜ卵という言葉が使われているのでしょうか? 実は、 昔のナスは白または黄色で丸くて小さい形で卵に似ている形だったんだそう。 写真にも乗せていますが、卵そっくりですよね。 そこからEggplantという名前がついたと言われています。 いつからあの濃い紫になったのか気になります・・。 ・にら Leek リーク ニラの英語表現は? アングロサクソン語でLeacから来ているそうです。 こちらも 海外でみるニラと日本でみるニラはだいぶ違う形です。 見た目と食感が本当に違います。 ところ変われば、野菜も変化するのでしょうか?日本の様に細くて柔らかいニラと違い、アメリカでは太くて硬い感じのニラ(ネギ?)が売られています。 ・人参 Carrot キャロット 人参の元々の 原産地はアフガニスタンだそうです!びっくり!意外な国からの原産。 今では根っこを食べる人参ですが、昔は葉っぱも食べていたそうです。 海外の人参は細長くて、人参の匂いが少い。 よくおやつの代わりに、袋に人参を入れて食べていることをよく見かけます・・(笑) ・にんにく Garlic ガーリック にんにくの英語表現は? 世界中で使われている食材の1つ Garlic。 肉などの臭みを和らげ、食欲をそそる匂い。 他にも滋養強壮やガン予防、さらにはニンニクには殺菌力も備わっている。 匂いが強すぎるのがちょっと・・でも美味しいですよね。 童話や昔話にも良く出てくるニンニク。 西洋ではドラキュラが嫌いなものの1つということは有名な話です。 ・白菜 Chinese Cabbage チャイニーズ キャベッジ) キャベツの英語表現は? ハクサイは日本料理で多用される食材だが、今のハクサイが食べられるようになったのは実はつい最近のこと。 起源はやはり 中国がルーツ。 だからChinese Cabbage(中国キャベツ)という名称。 ・ピーマン Green Pepper グリーン ペッパー 英語ではGreen Pepper。 日本語のピーマンは唐辛子を意味する 「Piment(ピマン)」が語源で、ポルトガルから伝わって来たそう。 ヨーロッパではピーマンで通じるかもしれませんね。 当初は辛みのある唐辛子でしたが、明治初期に甘いものが入って来たようです。 そこから意味がずれて、辛みのない唐辛子を日本ではピーマンと呼ぶようになったんですって。 ・ほうれん草 Spinach スピナッチ ほうれん草の英語表現は? ほうれん草美味しいですよね!バター醤油炒めとか最高です。 しかし 英語ではSpinachは 子供が嫌いな野菜の代表選手。 日本ではピーマンやトマトとがそれに当たるでしょうか。 ほうれん草と聞くと「ポパイ」を連想される方もいらっしゃるのではないでしょうか?ほうれん草を食べると怪力になる主人公ポパイ。 子供がほうれん草を食べれるようになるために設定を作ったと言われています。 ・レタス Lettuce レタス レタスの英語表現は? 言葉の由来は不明。 プロヴァンス語から来ているのでは?という説が有力。 トリビアですが! レタスだけを使った料理を「ハネムーンサラダ」と呼ぶことがあります! 「 Lettuce only」または 「 Lettuce Alone」の発音を 「 Let us only」や 「 Let us alone」と引っ掛けたものです。 訳すと、 「二人だけにして」という意味ですね。 ロマンティックな言葉遊びでも大活躍のレタスでした。 ・レンコン Lotus Root ロータス ルート) レンコンの英語表現は? Lotusとはハスを指します。 ギリシャ神話では、現世を忘れ夢見心地になれると言われる実をつける植物。 蓮根(レンコン)のこの漢字。 「根」と書きますが、実は私たちが食べているのは「根」ではなく、「茎」を食べているそうです。 ・ホースラディッシュ Horseradish ホースラディッシュ ホースラディッシュの英語表現は? わさびのように辛い ワサビダイコン。 清水に育つ本ワサビとは違う種類なんだそう。 海外ではわさびの代わりに使われることも多いようです。 そこから、直接ワサビとは関係ないんだけど西洋ワサビとも呼ばれます。 ・ワサビ Wasabi (ワサビ) こちらが本ワサビ。 日本語と同じで Wasabiと発音します。 Japanese Horse Radish とも呼ばれま す。 食べるとツーンとは何くるわさびですが、ワサビをそのまま食べると辛さは感じないそうです。 ワサビをすりおろすとあの独特の辛味が出てきます。 まとめ:野菜の英語一覧 いかがでしたか? 簡単そうで意外と言えない野菜の名前、使えるようになると便利ですね。 さらに 全ての野菜の名前の語源が英語というわけではありません。 様々な国から言葉が行き交っています。 ルーツを知ると、今すぐ人に話したくなる面白いトリビアになりますね。

次の

野菜の英語名一覧|身近な29の英語表現まとめ

キャベツ英語発音

ここではフランス語で「キャベツ」を表現する単語やフレーズや、フランスの「キャベツ」の種類に関するさまざまなフレーズについて紹介していきます。 日本のキャベツは葉が柔らかく、青臭さが少ないものが多いので、千切りキャベツにするなど、生で食べることが多いと思います。 しかし、フランスで手に入る「キャベツ」は、葉がみっちりと詰まっていて硬く、生で食べたり、キャベツの味をそのまま生かす調理方法は向いないため、煮込んで柔らかくしたり、しっかりとした味付けにして食べるのが一般的なようです。 またここでは、フランス語で「キャベツ」という意味の「chou(シュゥ)」が語源となった言葉についても紹介をしていきます。 フランス語で「キャベツ」を表現する単語と読み方 ここでは「キャベツ」を表す単語やフランスで目にするさまざまなキャベツの種類に関するフランス語について、日本語の意味や翻訳からフランス語を紹介し、発音の音声とカタカナでの読み方を含めて解説していきます。 キャベツ フランス語で chou シュゥ と choux シュゥ という男性名詞の単語になります。 【単数形と複数形の違い】• chou 単数形• choux 複数形 単数形と複数形でスペルは変化しますが、発音は同じであるため文章で使うときに気をつけて使いましょう。 「chou blanc(シュゥ ブロン)」はフランスで食べることのできる一般的なキャベツです。 見た目は日本のキャベツと同じですが、フランスのキャベツは葉がしっかりしていて、ギュッと硬く、丸いのが特徴です。 日本のキャベツの味をイメージして調理をするとあまり美味しくないので、ソーセージやベーコンなど、味がしっかりした食材と一緒に調理して食べるのがおすすめです。 見た目が円錐形のキャベツで、なかなか日本で見かけることはありませんが、葉が柔らかく、味も甘いため、味は日本のキャベツによく似ています。 春先になると市場でよく見かけるようになります。 「vert(ヴェー)」は「緑の」「緑色の」という意味の単語です。 「chou vert」は濃い緑色のキャベツで、表面がボコボコとしたあまり日本では見かけることのないキャベツです。 葉は分厚く、硬いキャベツなので、煮たり炒めたりして食べることが多いです。 フランスでは一般的にマルシェやスーパーなどでよく売られているキャベツで、フランスで定番の家庭料理のロールキャベツによく使われます。 「緑のキャベツ」と同じように、フランスのマルシェやスーパーで見かけることが多いキャベツで、このキャベツも葉が分厚く、硬いため、細かく切ってしっかりと炒めたり、調理をすることで美味しく食べることができるキャベツです。 ベルギーのブリュッセルが原産の小さなキャベツで、日本では肉料理や魚料理の付け合わせでよく知られています。 日本では芽キャベツをメインに調理して食べることはあまりないですが、フランスでは芽キャベツをバターソテーしたり、ベーコンと一緒に炒めて食べたり、柔らかく煮て食べたりします。 「rouge(ルホージュ)」は「赤い」「赤」という意味の単語です。 「chinois(シノワ)」は「中国」という意味の単語となり、そのままの意味では「中国キャベツ」となります。 ここで紹介している料理はフランスの家庭料理として親しまれており、日本でも馴染みのある料理です。 ロールキャベツ フランス語で chou farci シュウ ファルフシ という表現になります。 「farci(ファルフシ)」は「詰め物をした」という意味の単語となり、「キャベツの肉詰め」という表現のフレーズになります。 フランスでは定番の家庭料理で「シューファルシ(chou farci)」で親しまれています。 ロールキャベツは日本で生まれた和製英語なので、フランスでロールキャベツを食べたいときは、「シューファルシ(chou farci)」と伝えましょう。 「choucroute(シュゥクルートゥ)」は「千切りキャベツのピクルス」で、肉料理や魚料理の付け合わせとして盛られている発酵キャベツになり、ドイツ料理の「ザワークラウト」と同じものです。 発酵させず、生でサラダとして出されるキャベツも「choucroute(シュゥクルートゥ)」と言われます。 ポトフは代表的なフランスの家庭料理の1つで、牛肉とキャベツ、たまねぎ、じゃがいもなどの野菜を鍋で煮込んだ料理です。 「chou(シュゥ)」と付いたきっかけは、焼いたシュー生地の形や見た目が、「キャベツ」のように見えたことが語源となった由来です。 日本では「シュークリーム」の名で親しまれています。 「chou(シュゥ)」には「キャベツ」という意味以外に、「かわいい人」「あなた」や「すてきな」「優しい」という意味があり、 夫婦や恋人、自分のかわいい子供に対しての呼びかけとして使われる言葉です。 「mon(モン)」は「私の」という意味の単語になります。 フランス語の「chou(シュゥ)」という単語は「キャベツ」という意味で使われるますが、会話や呼びかけとして使われるもう一つの意味「かわいい人」で使われることもります。 「chou(シュゥ)」に「かわいい人」という意味があることを知っておくことで、おかしな誤解を防ぐことができます。 「chou(シュゥ)」という単語の意味について覚えてみましょう。

次の