眠い の に 寝れ ない 理由。 ここまで眠いのには理由(ワケ)がある?

眠いのに寝れない!つらい不眠症を克服する25の対処法。

眠い の に 寝れ ない 理由

40代女性が眠れないと悩んでいるようですが、理由は一体なんなのでしょうか? 1 40代女性だけじゃない、眠れない女性が増えている? (実は私も経験者です) 2 眠れない理由は?集合意識が関係してる? 3 眠れないときの対策は? 4 グッドナイト27000の特徴や口コミは? 40代女性が悩んでいることなどを検索していくと、意外と眠れない、だから昼間眠い、悪循環なんだけどどうしたらいいの? といった検索ニーズが高いことがわかりました。 個人的にも、を経験し、眠れない苦しさはとてもよく理解していますので、この記事では、経験談も交えながら、40代女性だけではない、多くの女性の眠れない理由について、集合意識も関係しているという驚きの情報などもまとめていきます。 40代女性だけじゃない、眠れない女性が増えている? まずは、意外と日本では不眠の人が多いと言われていますので、真相について調査していきましょう! なんでも、現代では日本人の5人に1人が、最近では、な不眠の人を含めると、なんと2人に1人が眠れない、だから昼間眠い、だけど夜になっても眠れないという、の人がいると言われています! そして、女性の方が、男性に比べて、不眠を訴えるケースが多いのですが、その反対に、脳波の上での睡眠の質は、女性の方が高いことが分かっています! そして、日本では40代女性の眠れないという悩みが増えているのです。 は、すぐに目が覚めてしまい、睡眠時間を確保出来ない、睡眠状態を維持できない状態のことです。 慢性的に、睡眠の深さが浅くなっているので、睡眠を維持出来ないため、簡単に途切れてしまいます。 これが、現代医学で定義されているの2大パターンになります。 早く寝たいので、ベットに早めに入るのだけれど、寝付くのはいつも遅い時間で、眠れたと思ったらもう目覚まし時計が鳴った、まだまだ寝ていたいのにだるい体を引きずって起き上がるという状態はではありません。 寝る時間は遅いですが、たいてい決まった時間に眠りにつけていることと、本人が睡眠時間に不満があるけれど、起きようとしなければ、そのまま眠り続けることが出来る場合は、と定義されないのです。 なるほど、一見に見えるけれど、よく考えると、確かに遅くではあるけれど一定の時間に眠っていて、本人が睡眠時間に不満はあるけれど、目覚まし時計で起こされなければそのまま眠れる状態なのですから、でないと言われれば確かにそうです! 細かいことですが、理解してしまえば思わず納得してしまいました。 ということは、個人的に経験したのは、この定義に当てはめるのなら、まさにでした! 夜入眠することが困難で、眠ったと思ったらすぐに目覚めてしまい、非常にしんどい思いをしたものでした。 個人的経験ですが、母親から言われたのは、生まれたときから非常に健康体で、赤ちゃんの頃、放おっておいたらいつまでも寝ていたほど、母親を困らせないいい子(笑)の赤ちゃんだったそうです。 成長後も、夜は早く眠りにつき、思春期のときでも、夜の10時になると眠くなり朝までぐっすり、その後もそんな状態で、眠れないという悩みを持ったことがありませんでしたが、22歳で親を亡くし、その後結婚した後から、先程のを発症しはじめ、生まれて初めて、眠れないという経験をし戸惑ったのです。 一度寝たらてこでも起きない、すら気づかないほどぐっすり眠れるタイプの人間が、いつの間にか眠れないになってしまい、非常に体力的にも精神的にも参ったものでした。 ではない、先程書いたタイプの人がもし病気を疑うのなら、 DSPS)を疑う方が良いようです。 要するに夜型人間で、一度夜型の生活をするようになると、一般的な人たちが寝る時間帯に眠ることが出来ないため、自分が望む時間帯に起きる事ができないという症状なんだとか! 個人的にいつも思いますが、どうしてこう、人間は病名や症状名がつかないと落ち着かない、安心しない生き物なのか不思議です。 一般的、普通の人と、他の人と同じような生活が出来ないと罪悪感を感じたり、疎外感を感じるというのも、なんだか不思議な現象で、を経験したことで、これらのおかしさに気づく事ができ、この後原因などでご紹介する情報を知ったことで、いろんな呪縛から解き放たれた経験から、なんでも名前をつけてもらって安心しなくてもいいのではと思いますが、正直だった頃は、私自身も不安で仕方がありませんでしたから、その気持も痛いほど分かります。 ちなみに、の治療法は高照度光療法という、朝起きると、人工的な高照度光に一定時間暴露させ、体内時計のリズムを早めて、その日の夜の入眠時間を早めることで、寝る時間を徐々に平均的な時間へと移動させる方法です。 他には、少しずつ入眠時間を遅らせることによって、ほぼ一週間かけて寝る時間を22時~24時頃に固定出来るという方法もあります。 ただ、この方法は、一旦入眠時間が固定されても、また不規則な生活をすると再度寝る時間が遅くなるので、寝る時間が安定するまでは、生活習慣に注意をすることが大事なポイントになります! ではなく、生活習慣で眠れないという状態になっている人は、食事&お風呂などの時間を早めにして体にシグナルを送ることで治ると考えられていて、時間に関係なく眠れるという人はとは言いません。 国際基準でのは、次の3つの条件をすべて満たしている人のことです。 日本で最も寝ていないのは、が発表したところによると、男女とも40代なんだとか! 統計局の社会生活基本調査報告によると、20~60代の日本人男性の平均睡眠時間(平日)は、7時間34分、女性では7時間03分で女性の方が少ないのです。 こちらの、統計局が発表した日本人の平均睡眠時間のデータをご覧ください。 これを見ると、30代から睡眠時間が短くなっていき、40代が一番短いことが分かります。 この年代の男性、女性は眠れない、眠い状態となっていることがグラフでもはっきりと分かります! こちらのランキングは、県別の睡眠時間調査で、、青森、高知などがランキングで上位にいて、言い方はなんですが、田舎のほうが眠れているという話になります。 いわゆる都会と呼ばれる大阪は40位、東京は41位です。 全国平均は7時間42分と、そこそこ眠れているという状態のようです。 そして、眠れないというけれど、意外と数時間は寝ているという方がいて、一般的に平均はこの時間ですが、これだけ眠れていないというだけで、だと言う事もできません。 睡眠時間は人によってマチマチで、4時間ほどの睡眠で十分という方や、寝なくても大丈夫という強者など、様々な体質の方が居ますので、本人が眠れない、それが辛いという状態以外なら、短い睡眠時間で十分だという体質の人もいます。 一般的に7~8時間睡眠の人が多いのでこれだけ寝るのが普通だと考えるのですが、これに関しては科学的データがあるわけではないのです。 御存知の通り、睡眠には大きく分けて2つの種類があることが広く知られています。 ノンレム睡眠は、大脳もしっかりと休んでいる状態の睡眠になります。 ノンレム睡眠は、さらに熟睡度によって4段階に分けられていて、人間が眠って起きたときに、「あー今日はよく眠れた」と感じるときは、第3~4段階の深い眠りに入ったときだと言われています。 十分寝たと感じるのは、眠って3時間ほどの間に、この段階で眠れたときにそう思うのです。 この状態で眠れた場合、短い睡眠時間でも十分だと感じられるのです。 や、様々な疾患を抱えていたときに、貪るように様々なジャンルの本を読みながら症状克服に向けてのアや、やることなどを模索していた時期に読んだ整体師の書籍にも、睡眠は結局、質が大事だという話が書かれていて、ダラダラとベットに入っているよりも、短時間でもよだれを垂らしながら眠れるという状態が質の高い睡眠だと書かれていて、なるほどと感じたことをよく覚えています。 眠れない40代女性は、どうしても夕方頃になると眠い、集中力が落ちるという状態になりやすいのです。 40~50代の睡眠時間は世界中の中で一番短く、5時間以上6時間未満になると言われています(国民栄養、健康調査)。 それでは、になる理由は一体なんでしょうか? そこが知りたいという方へ、情報をシェアしていきます。 眠れない理由は?集合意識が関係している? まず、40代女性が眠れない、という不眠の状態になる理由をみていきましょう! 実はこれ、自律神経が関係しています。 40代になってくると、副交感神経の動きが低迷するので、だんだん眠れにくくなってくのです。 副交感神経が弱くなると、腸の収縮も弱まり、腸内環境が悪くなってしまいます。 40代をすぎると、先程書いたノンレム睡眠の深い眠りの段階がだんだん深い方から減っていくことが分かっています。 ですが、2段階などのレベルの睡眠はとれるので、疲労回復作用もありますから、それほど気にすることはないと言われています。 他にも、40代女性が眠れないという状態になるのは理由があり、これは更年期や女性ホルモンの働きが関係しているのです。 40代女性は、女性ホルモンのが減少してしまいます。 このホルモンは、自律神経や脳の働きを整えてくれるのですが、減少するので肩こり、ホットフラッシュ、頭痛、うつ、排尿関係の障害が起こる可能性があるのです。 そして、ホットフラッシュと呼ばれる動悸や突然の発汗、のぼせなどは、40代女性が寝ているときにも起こるのです。 これが睡眠を妨げる理由の一つとなっています。 女性の一生は、女性ホルモンと共に過ごすことになり、20~30代は妊娠や出産、40代になると急激なホルモンバランスの減少などを経験します。 まさに落ち着くヒマのない人生とも捉える事ができますが、近年結婚&出産を経験しない女性も増えていますので、ますます体にとっては、これまでの先祖がやってきたとおりの動きをしない人間の体内で、ホルモンのほうも撹乱されてしまうことになります。 現代では、、パソコンなどの普及で、寝る直前まで興奮状態などを経験したり、夜遅くなっても明るい状態の街中に住んでいると、気持ち的にも落ち着かないという感覚を持つ人もいると思います。 女性ホルモンに翻弄されやすい女性は、40代ではなくても、生理前などに眠るための物質であるの分泌が減ることで、落ち着かない、眠れないという状態になりやすいと言われています。 女性ホルモンはストレスの影響を受けやすく、精神的負荷がかかることで、正常な分泌が促されなくなりやすいのです。 女性ホルモンのバランスが崩れることで、眠れない、寝付けないという状態になることもあります。 その他にも眠れない原因は次のようなものがあります。 カフェインは寝る6時間前から控え、ストレスを回避し、生活習慣を整え、疲労感を感じるくらいの運動を習慣にし、考えごとをしすぎたり、忙しすぎる現実を変えていくようにすることも、質の高い睡眠をとるためには大切な生活習慣と言えるのです。 個人的にも、だったとき、今思えば、確かにすべてが悪循環の状態だったので、眠れないという症状を引き起こした理由は今ならよく分かるのです。 親を亡くし、大きなショックを受けながら、夜遅くまで働き、睡眠時間は4時間ほどで、体を省みるという習慣もなく、ただ忙しい日々を送り、ストレスを抱えて、過度の飲酒をしていただけでなく、体を温めるという発想もなかったので、かなり体を酷使していた時期でもありました。 一般論に流されないように、自分の体の声を聞き、さらに自分らしく生きることを考え実行するだけで、もしかしたら眠れないという状態が改善される可能性は否定出来ません。 他にも眠れないという状態には、次のような理由があると考えることが出来るのです。 それは、次のような思いがあるというものです。 意識が無意識下でどんどん広がっていくと、最終的には人類が共有している、広大なにたどり着くと考えられていて、そこへたどり着く手前に、民族、家族、血縁意識があると考えられていて、眠るということは、意識がそこへ到達していくという面があると考えられるのです。 眠っているときは、体は休んでいますが、意識はこの世界へ向かっているので活性化していき、この集合意識で多くの人と繋がることを意味するとも考えられるのです。 ですから、眠るというのは、自分という一人だけの世界から出て、この家族や民族、集合意識と繋がるので、なんらかの家族や血縁者との深刻なストレスなどを抱えている場合、この世界へ入りたくないと無意識に感じていることも、眠れないという状態に関係している可能性があるのです。 ですから、眠れない方は、今自分一人ですべてを解決しようとしていないか、家族のためだからとか、仕事場の人たちのためという言い訳で、自分を追い込んだり、忙しすぎる生き方や、自分の本音を蔑ろにする生き方をしていないか、一度真剣に問うことも、なんらかの解決に繋がる可能性は、経験者として否定出来ないと思います。 になったときは、運動はしていましたが、とにかく様々なことが悪循環だったので、になるのも当然の結果だったと今なら大反省してしまいます。 集合意識とつながりたくないというこの話も、書籍で知ったときには衝撃を受けましたが、非常に自分の中で納得がいく理由だなとも思ったのです。 確かに当時はすべて自分一人で解決しなければと思い、必死にファイトしていたり、家族との確執を持っていたので、そんなストレスも関係していたと理解出来、スッキリもしたのです。 しかも、本音に蓋をしていい人を演じ、言いたいことも言えない状態で、周囲がこう生きれば良いんだよと教えてくれる生き方をすることが難しく、正直に言えば嫌だったのになかなか本音を言えず苦しみ、結果的にだけでなく、様々なを発症することで、自分の本音を出すしか無い状態になってしまった経験からも、あなたは無理していませんか、自分の本音を、周囲に遠慮して言えずにいるのではないですか? と、問いたい。 それが、もしかしたら不眠の原因になっているのかもしれません。 40代女性といえば、まだまだ親世代の的な生き方や考え方、周囲に迎合して生きなければならないといった常識、道徳に縛られている面がある方も多い世代だと思います。 この年代の後に生まれてきた子どもたちと違い、上世代と、新しい世代との間に挟まれている、かなり複雑な状態で生きている年代でもあるのではないかと思います。 時代はどんどん変化し、非常に早いスピードで世の中が変わり、多様な価値観が広がっているのに、まだまだ古い親世代の意識から抜けきれない人たちにとって、眠れないという状態は、実は自分を救っている一つの症状であると経験からも考えることが出来るのです。 これについては、後ほど理由について書いていきますので、そちらを参考にされてください。 そして、40代女性でなくても、眠れないという悩みを抱えている女性の中で、血流が悪いこと&生活習慣でそうなっている方も意外と多いと言われています。 そういった方に、次のような改善方法があるのでご紹介していおきましょう。 の生活などをしている人は、これを変えることで、体調が整うことで、睡眠のリズムも整う可能性があります。 そして、体を温めることも大事で、体内の血流が悪いと、冷えを呼び込みますから、いろんなことが体の中で滞ってしまいます。 これを改善するために、ストレスを解消する作用もあると考えられている半身浴などの入浴をして体を温める習慣を持つのです。 毎朝必ず朝日を浴びる習慣を持つのもおすすめです。 これで体内時計がリセットされ、夜になると睡眠ホルモンが活性化すると考えられています。 漢方的な考え方では、夜中の1~3時が血液が作られる時間だと言われています。 この時間に眠っていることが、体内の状態を正常に保つためのメンテナンスが行われ、生活リズムなども整いやすくなると考えられています。 この時間に眠ることで、体内の血流が増えるので、様々なメンテナンスに良い作用を及ぼしてくれると考えられています。 ただ、これらの話は、体質によって人それぞれ違いがあることも考えに入れて受け取ってください。 などは、ほとんど寝ないですが、あの美貌を保っていますので、人それぞれです。 他には、夕食だけ断食をしてみるという方法もあります。 こうすることで、体内のが進み、さらに血流を増やしてくれる働きがあると漢方では考えられています。 現代人は食べ過ぎ傾向があるので、もしかしたら可能性として食べ過ぎで、胃腸が休まらないことが、目が冴えてしまっている原因となっている可能性も否定出来ません。 原因は人それぞれで、40代女性になるとホルモンバランスも関係してくる可能性もありますが、個人的に20代前半でを経験したときの経験談から、やはりストレス、悩み事、大きなショック、大幅な生活の変化、生活リズムが乱れていること、人間関係、栄養不足なども眠れないということに大きく関わっていたと理解したので、一般的にホルモンバランスの乱れという簡単な話だけでかたがつく状態の人ばかりではないと思いますので、このあたりは、自分の生活習慣を振り返ってみて、一般論ではなく、自分はどうなんだろうと、生き方自体を見直してみることが大事なポイントになると思います。 そして、先程書いたように、すべてを自分一人で解決しようと考えてファイトしていたり、本音を隠して生きていることが、もうこれ以上自分を苦しめたくないという無意識からの働きかけで、眠ることで集合意識とつながらないようにして個のなかに自分を閉じ込めている状態であると考えると、大事な自分を守るために、本音主義で本当にやりたいことをやりながら生きるという道へ進むことも、眠れないという状態から解放される一つの道にもなると個人的経験からお伝えしたいと思います。 大事なのはまずはあなたです、周囲のためではなく、まずは自分のために生きてください。 そういう生き方にシフトするのは、個人的にも非常に怖く、嫌われるんじゃないかなどという思いが強かったため、言動を変えることに恐怖心を感じていましたが、そうするしか生き残る道がなかったのです。 眠れない、食べられない()、ひどいになり、で発作をしょっちゅう起こしてしまうというどうしようもない状態になり、本音で生きろというメッセージばかりがやってきて、それに従うことでしか、疾患からの解放、を改善することが難しかったのです。 他には、食事の内容を見直し、食生活を改善したり、運動をしっかりとするようになったり、様々なジャンルの本を読んで、自分のなかに色濃く残っていた親世代の古臭い考え方を変えていき、こんな考え方が世の中にはあるんだ、そんな生き方もあるんだと、いろんな道を知ることで、多くの呪縛から開放されていった経験から、眠れない方は、このようなこともやってみると、なんらかの改善が見られる可能性は否定出来ません。 そして、経験から、栄養不足が原因で眠れなくなっている可能性も否定できません。 やってみて、やってきて、結局このすべてが改善に繋がった経験から、この情報をシェアしたいと思います。 グッドナイト27000の特徴や口コミは? ここからは、眠れない、眠いけどどうしようもないという40代女性で、どうもなどは嫌だなと感じていたり、もっとなんらかの方法で睡眠が快適に出来るようになるといいのになと思っている方へ向けて、グッドナイト27000というについての情報をシェアしていきましょう。 こちらは休息サプリと呼ばれるもので、つぎの成分が、眠りのサポートをしてくれるというものになります。 これらの成分の配合量が高く、圧倒的に多いのも、グッドナイト27000の特徴になります。 これらの成分が、一袋に27,000mg入っています。 個人的に眠れない日々を送っていた20代の頃に、このようなサプリがあることを知っていたらと思いますが、そういう経験を先駆けにしていた人がいたからこそ、こういったが誕生したのだと考えれば、経験は繋がりたくなかった集合意識を、結果的に助ける形でこのようなが生み出されたのだと考えればそれもまた、人の役に立てているのだと考え直すことが出来ます。 こちらの商品は、医薬品ではなく健康食品になり、全成分をしっかりと公開し、使う人の体のことを考えて作られています。 それでは、グッドナイト27000の口コミをご紹介していきましょう。 こういったは、体質によって、早く作用が働く人や、なかなか作用しない人がいて、一概にどうこう言えないものでもあります。 ただ、体を鍛えている人用の雑誌「マッスル&フィットネス」にも、睡眠の質は大事だということが書かれていて、この雑誌によると、質の高い睡眠を取るために、次のものを摂取するのが良いと書かれていますので、情報をシェアしておきましょう。 研究によると、ぼジュースに睡眠の質を高める効果があることが認められました。 ぼジュースはスーパーなどで見かけることはめったにないと思いますが、ネットのアマゾンなどでも購入出来ます。 ぼジュースが睡眠の質を高める理由について、研究者は次のような考えを発表しています。 ぼジュースに含まれているフェノール化合物中に、を撃退する働きがあって、酸化ストレスによる細胞のダメージを軽減するから。 健康なを抱えていない男性を被験者にした、ぼジュースを飲むという研究によると、わずかに彼の体内でレベルが上昇し、その結果、睡眠の質と時間に、わずかですが向上が認められたということです。 と睡眠の関係ですが、加齢と共にの分泌量が減るのです。 年齢を重ねた方が、朝早く目覚めたり、夜中に何度も目が覚めたりするのは、分泌量が低下したことが理由の一つになります。 朝日を浴びると、体内で作られているの分泌が止まり、目覚めて14~16時間経つと再び分泌量が増えていき、この作用で深部体温が低下していき、休息に適した状態に体を導くことで眠れるようになるのです。 ですから、レベルが上昇したことで眠りの質や時間に影響を及ぼしたという研究結果が出ているぼジュースも、なんらかの作用に一役買ってくれると考えられるようです。 今回は、個人的にも悩んだ40代女性の多くが困っている眠れない理由や原因などについてまとめていきました! mo88mo.

次の

寝れないのはなぜ?寝れない原因と対処法を全て教えます

眠い の に 寝れ ない 理由

脳を休める(脳内の温度を下げる)• 記憶の整理• 体のメンテナンス(細胞の修復など)• 免疫力を高める(免疫細胞の修復など) 睡眠では主に脳と体のメンテナンスを行い、日中に溜まった睡眠物質(疲労物質)を少なくしているため 睡眠で頭がスッキリしたり、眠気が取れたりするのです。 そもそも、なぜ私たちは眠くなるのか? そもそも私たちが眠くなるのは、疲労物質の一種である睡眠物質がたまり、睡眠を司る睡眠中枢に作用する 液性機構という仕組みと、体内時計のリズムによる 神経機構の仕組みがあるためです。 表1、液性機構と神経機構 機構名 眠気が発生する仕組み 液性機構 日中に使われる様々なホルモンが分解され、その副産物として生まれる睡眠物質が睡眠中枢に作用するため、眠気が発生する。 神経機構 私たちの体は常にある一定のリズムで体温やホルモンバランスが変化しています。 体温が下がり、メラトニンというホルモンが分泌されるタイミングで自然と眠気が発生する。 寝ても寝ても眠い時に考えられる原因や病気の可能性とは? 通常、睡眠中は脳が活動している状態の レム睡眠(浅い睡眠)と、脳が休んでいる ノンレム睡眠(深い睡眠)が交互に繰り返されています。 先ほどご紹介した「私たちが睡眠を取る目的」をノンレム睡眠とレム睡眠どちらの時に行われているかを分類すると次のようになります。 ノンレム睡眠 脳を休める(脳内の温度を下げる) 体のメンテナンス(細胞の修復など) 免疫力を高める(免疫細胞の修復など) レム睡眠 記憶の整理 ノンレム睡眠は脳や体のメンテナンスを行う睡眠パターンですが、 レム睡眠は記憶の整理などを行いながら眠気を取るという役割も持っていると言われています。 15〜20分程度の昼寝で眠気がすっきり取れるのは、 昼寝がこの浅いレム睡眠であるからです。 このように睡眠中に ノンレム睡眠とレム睡眠があるリズムで繰り返され、脳と体のメンテナンスと、眠気を取る作業が行われているからこそ、起床時に頭や眠気がスッキリするという訳なのです。 そのため何らかの原因により、 ノンレム睡眠とレム睡眠のリズムが乱れてしまったことが「寝ても寝ても眠い」という症状に繋がると考えられます。 このリズムを乱してしまう理由は病気から、精神的なストレスから、またはホルモンバランスの乱れまで、実に様々です。 特に毎月の生理や妊娠、閉経などホルモンバランスの変化が大きい 女性の方が「寝ても寝ても眠い」という症状に悩む人が多いとされています。 では、主にどのような原因で「寝ても寝ても眠い」という症状が発生してしまうのか、代表的な原因は次の通りです。 生理(特に生理前)によるホルモンバランスの乱れや貧血• 妊娠(特に妊娠初期)によるホルモンバランスの乱れや貧血• 更年期障害によるホルモンバランスの乱れ• ストレスなど精神的な要因による自立神経の乱れ• 病気(貧血など)• 睡眠障害(過眠症、睡眠時無呼吸症候群SAS、肥満肺胞低換気症候群など)• 不規則な生活(寝る前の食事、お酒の飲みすぎ) では、それぞれの原因とその対処法について詳しく解説していきます。 【女性特有】生理によるホルモンバランスの乱れ 生理は女性のホルモンバランスを乱し、睡眠の質を下げてしまう大きな原因の一つです。 特に生理14日前から生理予定日までの期間には、 プロゲステロン(黄体ホルモン)と呼ばれる女性ホルモンが多く分泌されます。 プロゲステロンは女性の体を子どもを身籠もりやすいように変える働きをするホルモンです。 そのため、 プロゲステロンには女性の体温を高くする働きがあります。 女性の基礎体温周期の 高温期と呼ばれる時期に、女性の基礎体温が上昇するのは、このプロゲステロン(黄体ホルモン)の影響です。 一般的に 人間は体温が高い状態から低くなってきた時に眠気をもよおすと言われています。 そのため、プロゲステロンの影響で体温が下がりにくく、睡眠の質が落ちてしまいます。 これが「寝ても寝ても眠い」という症状を引き起こしてしまう最大の原因です。 また、プロゲステロンには 睡眠薬にも匹敵するほどの眠気を催す作用もあります。 そのため、日中にプロゲステロンが分泌されることで、たとえしっかり睡眠が取れていたとしても眠気が現れてしまいやすくなります。 また、これ以外にも生理によって女性の体は大きく変化をしますので、次のようなことも「寝ても寝ても眠い」と感じる要因になっている可能性があります。 表1、生理前、生理中、生理後に「寝ても寝ても眠い」と感じる原因一覧 生理前 プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が多くなり、女性の体温が上昇し、睡眠の質が低下することが原因。 またプロゲステロンの眠気を催す作用も原因の一つ。 生理中 プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌は治まってくるため、生理による貧血、または生理に関連する病気、生理痛対策に服用している薬の副作用などにより睡眠の質が低下することが原因。 生理後 生理後はエストロゲン(卵胞ホルモン)が分泌され、体調は改善するのが一般的です。 そのためこの時期の眠気は貧血やエストロゲンが少ない、生理に関連する病気などにより睡眠の質が低下することが原因。 こちらの記事でも、生理によって引き起こされる体のだるさについて詳しく解説しておりますので、合わせてお読みください。 【関連記事】 【女性特有】妊娠によるホルモンバランスの乱れ 生理と同様に妊娠によるホルモンバランスの乱れによっても、女性の体は大きく変化をします。 そのため、様々な原因により女性の睡眠の質は低下。 それが、寝ても寝ても眠いという症状を引き起こしてしまうのです。 主に 妊娠周期によって次のような原因が考えられます。 表2、妊娠周期別「寝ても寝ても眠い」と感じる原因一覧 妊娠初期(4〜15週目) プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が増えるため、女性の体温が上昇。 これにより睡眠の質が低下することが最大の原因。 また、プロゲステロンの眠気を催す作用も原因の一つ。 妊娠の準備をするために、体があらゆる変化をするため、通常以上の負荷がかかる。 それにより、睡眠の質を下がってしまう。 妊娠中期(16〜27週目) プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が増えるため、女性の体温が上昇。 これにより睡眠の質が低下することが最大の原因。 また、プロゲステロンの眠気を催す作用も原因の一つ。 妊娠初期に比べると「寝ても寝ても眠い」症状はおさまってくるのが一般的。 妊娠後期(28〜39週目) プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が最大になるため、女性の体温が上昇。 これにより睡眠の質が低下することが最大の原因。 また、プロゲステロンの眠気を催す作用も原因の一つ。 エストロゲンの覚醒作用により、睡眠の質が落ちてしまう。 胎児を育てるために、通常以上のエネルギーを消費するため、疲れやすい。 また、疲れも取れにくい。 大きなお腹によって寝ている時にお腹にかかる負荷も大きくなる。 これも女性の睡眠の質を下げてしまう要因の一つ。 こちらの記事でも、妊娠によって引き起こされる体のだるさについて詳しく解説しておりますので、合わせてお読みください。 【関連記事】 女性更年期障害によるホルモンバランスの乱れ 40代後半から50代前半にかけて女性は 閉経を迎えます。 その時期に、女性の体の中では今まで分泌されていた エストロゲン(卵胞ホルモン)がうまく分泌されなくなってしまいます。 これにより ホルモンバランスの乱れが生じ、それが体温調節や呼吸など、体のあらゆる機能を調節する 自律神経の乱れに繋がってしまいます。 これにより体内時計のリズムが乱れるだけではなく、睡眠のレム睡眠、とノンレム睡眠のリズムも乱れてしまいます。 そのため睡眠の質が低下し、「寝ても寝ても眠い」という症状が現れてしまうのです。 また、更年期障害は主にのぼせやほてり、肩こり、頭痛、めまい、耳鳴り、イライラ、不眠、動悸、肌荒れやむくみ、精神的な抑うつ、焦燥感など 肉体面や精神面にさまざまな症状が現れ、ちゃんと寝ているにも関わらず、眠気を感じてしまうこともあります。 女性の更年期障害におすすめの漢方薬とは? 女性の更年期障害の最大の原因はホルモンバランスの乱れなので、お医者様などにかかった場合には 「ホルモン補充治療」などが行われる場合が多いです。 または近年増えてきているのが 「漢方治療」です。 漢方は 幅広い症状に対応する上に、 副作用もあまりないことから、セルフケアとしても使われており、女性用の更年期障害ケアの漢方薬や漢方処方のお薬も多く市販されています。 そんな、女性の更年期障害用の漢方薬の中で、不動の人気を誇るのが 「命の母A」です。 命の母は、更年期障害の原因の一つであるホルモンバランスや、幅広い症状の改善に効果が期待できる漢方とビタミンの複合薬です。 漢方薬と共に疲労回復や体の機能を調整するビタミンも合わせて取れることから、人気となっています。 また、通常の漢方薬を使用する場合には、症状や体質に合わせて、主に次のような漢方薬が使われます。 表3、女性の更年期障害に良いとされる漢方薬 漢方薬名 こんな症状に効果的 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん) 冷え性、めまい、貧血、むくみ 加味逍遙散(かみしょうようさん) 発作性の熱感、発汗、神経過敏、精神不安、イライラ、起こりやすい、肩こり、頭痛、めまい 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん) 発作性の熱感、のぼせ 男性更年期障害によるホルモンバランスの乱れ 男性は45歳〜50代前半にかけて、 テストテロンと呼ばれる男性ホルモンの分泌量が低下します。 女性に比べて分泌量の低下が緩やかなので、女性の更年期障害ほどの症状が見られない場合があります。 しかし、女性と比べて 男性の更年期障害は60〜70代まで続く可能性もあるという特徴があります。 このような更年期障害によるホルモンバランスの乱れから、自律神経の乱れにつながり、睡眠の質が低下。 「寝ても寝ても眠い」という症状を引き起こしてしまう可能性があるのです。 また、女性と同様に人によっては更年期障害の症状がひどくあわわれる場合もあり、それによっても日中に眠気やだるさを感じやすくなる場合があります。 男性更年期障害におすすめの漢方薬とは? 女性に比べて男性の更年期障害の自覚症状は少ないため、女性ほど多くの市販薬が出ていませんが、通常、 男性の更年期障害に使われる漢方薬は以下になります。 表2、男性の更年期障害に良いとされる漢方薬 漢方薬名 こんな症状に効果的 八味地黄丸(はじみじおうがん) 気力・精力の減退、下半身の脱力感、冷え、しびれ 補中益気湯(ほちゅうえっきとう) 疲れがとれない、倦怠感、食欲不振 六味丸(ろくみがん) 気力・精力の減退、下肢の脱力感、手足のほてり、しびれ 牛車腎気丸(ごしゃじんきがん) 気力・精力の減退、下半身の脱力感、冷え、むくみ、しびれ 桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう) 神経過敏、精神不安、のぼせ、不眠、動悸、へその上あたりの拍動 柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう) 抑うつ、精神不安、イライラ、不眠、肋骨の下の圧痛・不快感、へその上あたりの拍動 その中でも、男性の更年期障害対策の漢方薬として最も多く使われるのが 八味地黄丸(はじみじおうがん)です。 ストレスなど精神的な要因による自律神経の乱れ ストレスなど 精神的な要因でも自律神経は乱れてしまいます。 そのため、仕事や家庭、人間関係などのストレスが原因で自律神経が乱れ、睡眠の質が下がってしまうこともあります。 これが「寝ても寝ても眠い」原因に繋がってきます。 また、 人間は過度なストレスを感じると、眠気を催す可能性があるとも言われています。 ストレスの多い現代社会、これが原因で「寝ても寝ても眠い」と感じている方は多いことが予想されます。 ストレスをあまり溜め込みすぎていると、うつ病や適応障害、自律神経失調症などに発展してしまうこともありますので、我慢せずに、一定期間の休息をとったり、ウォーキングなどの適度な運動でストレスを発散したり、ストレスを感じる環境を変える努力を始めるなど 早めの対策を心がけましょう。 病気(貧血など) 病気も「寝ても寝ても眠い」と感じる原因の一つです。 例えば眠気をもよおす代表的な病気が 「貧血」です。 貧血は血液中の赤血球の数が少なくなり、酸素を体に運べなくなることにより起こる、いわば 体の酸素欠乏症です。 実は体の中で酸素を一番消費しているのは脳であり、貧血で脳に十分な酸素が行き渡らなくなると睡眠の質が低下してしまう可能性があります。 なぜなら、 深い睡眠に入るためには多くの酸素を脳に供給しなければならないためです。 そのため、十分寝ているはずなのに眠い、という症状が生じるようになります。 貧血の正式名称である「鉄欠乏性貧血」からも分かる通り、 体の鉄分が不足することによって貧血は起こります。 主に生理などで鉄分を失いやすい女性に多くみられる病気です。 また、鉄分は男女問わず加工食品やレトルト食品などが増えた現代人に欠乏しやすい栄養素の一つでもありますから、 鉄分を含んだバランスの良い食生活によって改善が期待できます。 もし、忙しくて食生活を改善する余裕がないという方は、鉄分のサプリメントなどで、栄養素を補うようにすると、「寝ても寝ても眠い」という症状の改善が期待できます。 また、サプリメントの選び方としては、 次のような基準を満たすものを選ぶと良いと思います。 睡眠障害 睡眠障害も「寝ても寝ても眠い」原因の一つです。 不眠症の場合には「寝られない」ため、次の日の眠さの原因は「寝られなかったため」とはっきり特定することができますが、 「過眠症」や 「睡眠時無呼吸症候群(SAS 」「肥満肺胞低換気症候群」などは「寝れている」ために、次の日の眠さの原因が明確にわからないという難しさがあります。 では、一体それぞれどのような特徴を持った睡眠障害なのかを詳しくご紹介いたします。 過眠症 過眠症は、 夜にちゃんと寝ているはずなのに、日中に眠気が生じてしまう病気です。 寝ているはずなのに日中の眠気を感じるという状態が3ヶ月以上続いた場合には、過眠症の可能性があります。 また、日中に 無意識のうちに眠りについてしまっていることが多いという状態も、過眠症の可能性が考えられます。 主に 日常生活でのストレスが原因となることが多い過眠症ですが、 遺伝的な影響もあると言われています。 睡眠時無呼吸症候群(SAS) 睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)はその名の通り、睡眠中に呼吸が止まってしまう病気です。 10秒以上の呼吸停止が1回の睡眠中に30回以上あると睡眠時無呼吸症候群と診断されます。 この病気の怖さは、睡眠中に自分が無呼吸であるかどうかを確認できないことにあります。 そのため、「寝ても寝ても眠い」という症状に加えて、 次のような症状がある場合には、睡眠時無呼吸症候群が疑われます。 肥満肺胞低換気症候群(OHS) 肥満肺胞低換気症候群とは、肥満により 脂肪が胸のあたりにたまり呼吸がしづらくなってしまう病気です。 症状としては、日中の耐え難い眠気や、朝起きたときに頭が痛いなど先ほどご紹介した睡眠時無呼吸症候群とよく似ています。 また、 合併症として「高血圧」や「多血症」「右心不全」など循環器系の病気になってしまうことが多く、放っておくと死にも繋がってしまう恐ろしい病気です。 著しい肥満者で、「寝ても寝ても眠い」という症状以外に、 普段とは違う症状や息苦しさが現れた場合には、すぐに医療機関を受診した方が良いと言えます。 不規則な生活 不規則な生活も「寝ても寝ても眠い」状態を引き起こす大きな原因の一つです。 中でもついやってしまいがちなのが 「寝る前の食事」「寝酒・飲み過ぎ」です。 これらは睡眠の質を下げ、しっかりと寝ているはずなのに「寝ても寝ても眠い」という状態を引き起こしてしまいます。 では、それぞれ一体なぜ「寝ても寝ても眠い」状態を引き起こしてしまうのでしょうか? 1つずつ詳しく見ていきましょう。 寝る前の食事は睡眠の質を落とす要因!? 食事を取った後に寝ると幸せな気分がしますが、起きてみて「なんだか体が重いし、胃がだるい・・・」そう感じた経験はありませんか。 実は寝る前に食事やお菓子などを食べてしまうと、胃腸は消化を始めます。 本来体を休めるはずだった睡眠の時間に、体は消化に集中してしまうため睡眠の質が下がってしまうのです。 また、睡眠中は胃腸の働きが鈍くなっているため、 睡眠中の消化は胃腸に大きな負担をかけます。 そのため消化不良を起こしやすく、 翌朝の胃もたれや胃のむかつきなどに繋がってきます。 そのため、寝ても寝ても眠いと感じてしまうのです。 良質な睡眠をとるためには、少なくとも寝る2時間前から食事やお菓子を控えるようにした方が良いでしょう。 お酒のあとの睡眠は麻痺に近い!? お酒を飲むと脳の覚醒中枢が麻痺するので、すっと眠れます。 この効果から「寝れない、でも明日仕事だから寝なくちゃ」といった時に寝酒をするとすっと眠れてしまいます。 寝酒は、一見すると睡眠が取れたという意味では良いかもしれませんが、実はこれは質の良い睡眠が取れず帰って「寝ても寝ても眠い」という状況を作り出してしまう可能性がある行為なのです。 また飲み過ぎて、アルコールが多く残った状態で眠ることも寝酒と同様です。 次のような変化が体で起こるため、アルコールの入った状態で眠ると睡眠の質が下がってしまい、寝ても次の日に眠気を感じてしまうことが多くなってしまいます。 アルコールを摂取すると覚醒物質であるドーパミンが分泌され興奮状態になる• 首の筋肉が緩むため、睡眠時無呼吸症候群になりやすい• アルコールの利尿作用により夜中に起きがち• 交感神経が優位になってしまう• 胃がアルコールで荒れる• 肝臓がアルコール分解のために働く このように お酒は不眠症など、寝られない障害の解消にはつながりませんし、かえって悪化させてしまう可能性もあります。 そのため、毎日お酒を飲むという方はお酒の飲み過ぎや、寝酒に注意するようにしましょう。 まとめ いかがでしたか。 「寝ても寝てもだるい」と感じるのは病気から不規則な生活まで、実に様々なことが原因となっている可能性があります。 原因が1つとも限りません。 そのため、今回ご紹介した商品などを使って対処をしつつ、もし「寝ても寝てもだるい」という状態が続くようであればその裏には何か重大な病気が隠れている可能性も十分に考えられます。 そういった場合には、一人で対処しようとはせず、医療機関を受診するようにしましょう。

次の

いくら寝ても眠い原因・病気・眠気危険度チェック [不眠・睡眠障害] All About

眠い の に 寝れ ない 理由

日中に眠くなってしまう人は結構いるのではないでしょうか。 特に日本人は昼間に眠気を感じる人が多い人種だそうです。 日中に強烈な眠気に襲われる日本人は全体人口のおよそ7割もいるそうです。 そう考えるとむしろ昼間に眠気を感じるのも普通のことといえます。 よくある睡眠に関する書籍を読むと、睡眠の質が良くないから・・・睡眠時間が足りていないから・・・昼間に眠気を感じない程度までしっかり眠りましょうというものがありますが、ここで疑問が出てきます。 しっかり夜寝ていたら昼間眠くならないのかというと、人によりますがやっぱり眠いわけです。 僕も時折ありますので、これはなぜなのかということを調べてみました。 もちろん睡眠の質や夜更かしをし過ぎているというのもありますが、昼間に眠気を感じやすい遺伝子型を持っている場合もあります。 遺伝子レベルの話になるとどうしようもないかも知れませんが、自分が知らず知らずにやってしまっていることが原因であればそれは損をしているようなものですから改善したいですよね。 つまり、 本来はもっと集中力が出て勉強や仕事にパフォーマンスを発揮できるのに余計なことをしているために眠くなっているというのであればなんとかしたいはずです。 昼間に眠くなる意外な理由 朝の起き方や睡眠の質に気を配るのももちろん大事ですが、それ以外にも多くの理由があります。 その中で 人が気をつけて何とかなる意外な理由を紹介します。 アデレード大学の研究ですが、 脂っこいものを食べすぎていると昼間に眠くなるそうです。 つまり、高脂肪食を多く食べている人は昼間に眠くなる確率が高くなるということです。 この研究では1,815名のオーストラリア人を対象に1年間にわたって全員の食生活を記録し、睡眠をモニタリングする機器を使い睡眠の状態を調査しました。 この結果、 脂肪分の摂取量が多い人はそうでない人に比べてなんと78%も昼間に眠くなる確率が高かったということがわかっています。 これだけの差が出てしまうとオーストラリア人に限ったことではとか看過できないと思います。 高タンパク質の食品や高炭水化物の食品は日中眠くなることとは関係がなく、高脂質な食事をしている人だけが昼間に眠くなるということです。 僕は、よく昼間にカレーを食べる人を雇うなと言っていました。 これは、昼間にカレーを食べると体温が一気に上がって徐々に下がっていくので睡眠に適した状況になりパフォーマンスが低下するからです。 もうひとつ見つかりましたね。 昼間にラーメンとか高脂肪食を食べる人は雇わないほうが良いかもです 笑。 高脂肪食の人は往々にして太っていて、太っている人は無呼吸症候群になりやすいので睡眠の質が下がっているからではとも考えられますが、この研究ではBMIの数値とは関係がなさそうだという結果も出ています。 つまり、 痩せている人でも高脂肪食を摂ると昼間に眠くなってしまうということです。 人の体は高脂肪な食品に対応できない これは、一度食べたらアウトということではなく 普段からの食事の傾向が影響を与えるということです。 この原因として、研究者の見解としては ホルモンバランスが乱れることによるのではとされています。 食欲を抑えるホルモンのレプチンと食欲を促進させるホルモンのグレリンのせめぎあいで僕たちの食欲は決まってくるわけですが、高脂肪の食事を続けると食欲を抑えるレプチンが多く分泌され食欲を促進するグレリンが減ります。 これによりこのふたつのホルモンバランスが崩れて、 睡眠をコントロールしている脳内に分泌されるオレキシンにも悪影響が出てしまうというものです。 そのため本来眠くならないはずの時間帯に眠くなってしまうのではとされています。 高脂肪な食品はもともと自然界にはありませんでした。 ですから、身体はそれに対して対処する方法を持ち得ていないわけです。 ですから高脂肪なものを食べているとホルモンバランスが崩れてしまいます。 さらに、ホルモンバランスが崩れてしまうとうまくエネルギーを出せなくなってしまいます。 その結果、日中眠くなり身体がエネルギーを出すべきところで出せなくなってしまいます。 眠くなると高脂肪・高炭水化物を求める なぜか眠いときに高脂肪なものや高炭水化物なものを食べたくなりませんか?例えば、忘年会に行って二次会三次会で眠くなって帰ろうとしていたのにシメのラーメンに誘われてついついついて行って眠い目をこすりながらラーメンを食べている人とか想像できますよね。 眠い時は高脂質なもの高炭水化物なものを求めるようになるということがわかっています。 ですから、もし皆さんの中でダイエットがうまくいかないし昼間眠くなるという人がいたら食生活を見直してみるのも必要かもしれません。 もちろん、クロノタイプ的に健康的な食事をしていても昼間に眠くなる人もいますが、昼間に眠くなる人で高脂質な食事が多いなと思う人は気をつけてください。 かといって、脂肪の量を極端に減らしてしまうとホルモンがつくれなくなってしまうのでよくありません。 結局バランスが大事だということです。 いずれにしても極端なことはよくないものです。 自分の身体に何が足りていて何が足りていないのかを知ることが大事です。

次の