ベトナム 入国。 ベトナムビジネス最新情報<入国再開へ>

日本語の入国制限緩和のニュース

ベトナム 入国

米国の政治専門誌ポリティコが発表している新型コロナウイルスの感染防止対策を効果的に行っている国(中国、米国、日本、韓国、カナダ等の30か国の調査対象)として、ベトナムが1位にランキングされています。 このように新型コロナウイルスの封じ込めに成功したと言えるベトナムでも今年3月22日以降、特別入国の許可事例を除き、すべての外国人の入国を停止しています。 国内経済活動では正常化が進むベトナムで、次の焦点はこの「外国人の入国規制の解除」となっています。 そのような中、ベトナム政府は、5月25日に電子ビザ発給対象国を指定する「政府決定No. 電子ビザ発給は2017年から試験運用され、これが本格的に採用されることになります。 この決定は外国人の入国規制の解除に向けた準備の一環と見られますので、今後の国際線の運航再開や検疫等の規定が順次発表させていくものと思われます。 ベトナム電子ビザ発給の流れは以下の通りです。 電子ビザは、受領結果を印刷するだけでそのまま活用できる利点もあります。 今回の発給対象国は80か国で、日本、中国、韓国、米国等が含まれています。 ブルネイを除く他のアセアン諸国はリストに入っていません。 電子ビザを取得した外国人が利用できる国際国境検問所は国際空港の8か所(ホーチミン・ハノイ・ダナンの国内空港等)、国際港の13か所、陸路国境検問所の16か所となります。 日本からベトナムへの入国禁止措置は日越ビジネスに大きな影響を与えています。 ベトナム政府と在越日本大使館のベトナム入国希望調査(4月17日~20日の実施結果)によれば、日本へ一時帰国中の日本人約1,700人がベトナムへの入国を希望しています。 5月9日には直ちに帰国する必要があると認められる日本人のうち68名が「特別入国」処置としてベトナムに入国、14日間の隔離の後解放されたようです。 日本人幹部が現地入りできず、またいつ入国できるのかも不透明な状況の中、日本本社は様々な取り組みを開始しています。 今回のコロナを機に、より「現地化」を進めるため大幅な権限委譲と内部統制の仕組みを導入したり、IT技術を使って様々な現地法人情報を入手してコントロールするいわゆる「リモート経営」の実現に乗り出したり、不要不急の業務はアウトソーシングを活用するなど、アフターコロナの現地法人運営のあり方が見えてきます。 いずれにしましても、一日も早く日越両国の国境が解放され、駐在員・出張者が自由に往来できる環境を取り戻し、日越ビジネスが活性化することを望みます。 【セミナー情報】 1 2019. 11 事業が厳しいときは「雇用調整助成金」で社… 2 2019. 11 設備投資後の節税に効果大!「特別償却」と… 3 2019. 11 理念で良い会社は作れるのか? 顧客も従業員… 4 2019. 11 人材不足の時代、企業はどのように取り組む… 5 2019. 11 株式上場を望むなら、押さえておきたい要件… 6 2019. 11 経営者に知ってほしい、真に認められる企業… 7 2019. 11 経営層は押さえておきたい、東証1部への上… 8 2019. 11 企業は価値経営の時代へ… 9 2019. 11 新しいデジタル技術で新しい価値を生み出す… 10 2019. 11 2019年の税制はどう変わる? 税制改正….

次の

日本人ビジネス関係者ら150人がベトナム入国、臨時便で|ポステ

ベトナム 入国

このページの所要時間: 約 1分 48秒 茂木外務大臣は、6月25日から日本人駐在員及び出張者約440名がベトナムに渡航する予定であることを明らかにした。 茂木外務大臣は23日の記者会見の冒頭で「前回の記者会見で日本とベトナムとの間の往来に関する制限を、部分的・段階的に緩和していくことで合意した旨発表いたしました。 その後、ベトナム当局との間では、具体的な措置、手続について調整を進めているところであります。 そのような中、明後日から6月25日・26日・27日の3日間に、在ベトナムの日本商工会議所のアレンジによりまして、日本からベトナム行きの臨時便が運航されることになりました。 これによりまして、日本人駐在員及び出張者約440名がベトナムに渡航する予定です。 これは、両国間で往来に関する制限を、部分的・段階的に緩和していくことで合意した後、初めての日本からの渡航ということになります」との旨を述べた。 今回の渡航に関しては、ベトナム入国時にはベトナム側が指定をする新型コロナ防止対策手続に従って入国をすることになる。 また、今回の渡航者のうちで比較的短期間で日本に帰国する出張者が日本に帰国する際には、先週18日のNSC・コロナ本部での決定を踏まえた入国時の試行措置、具体的には追加的な防疫措置を条件に14日間の自宅等待機期間中も限定的なビジネス活動が可能になる措置が適用される見込みである。 茂木外務大臣の説明が終わったのちに記者から「ベトナムとの出入国制限の段階的緩和について伺います。 ベトナム側が指定する防止対策手続とおっしゃったと思うんですけども、いわゆる日本人ビジネス関係者には出入国時のPCR検査の陰性証明とか、現地滞在中の活動計画の提出など、こういったものが適用されるという理解でよろしいんでしょうか」との旨の質問が行われた。 この質問に対して茂木外務大臣は「今、相互の往来を再開する試行措置の在り方については、最終的な調整を行っているわけでありまして、当然、ベトナムに入国するとなりましたら、ベトナム側が指定する措置というものが必要になる、この詰めを、今、行っているところであります」との旨の回答を行った。 スポンサーリンク.

次の

日本人ビジネス関係者のベトナムへの入国について

ベトナム 入国

こんにちはマナボックスのすげのです。 先日このようなニュースを見ました。 ベトナムでの投資案件や経営に携わる外国人の専門家・企業管理者・投資家・高度技術者は、企業の生産・経営活動を維持するための入国が許可される。 ただし、感染症対策に関する規定を遵守しなければならない。 上記の外国人は、労働許可の期限延長が認められる。 また、入国できない場合は代わりの者に労働許可証を発給する。 引用元:ベトジョー とても気になるニュースです。 なぜならば、ベトナムのWPやレジデンスカードを持っている人がベトナム以外の国にいるケースがあるからです。 例えば、出張中にコロナ騒動になってしまった。 コロナ中に、緊急帰国しないといけなかった。 などなど。 この記事のもくじ• SPECIAL TASKS AND SOLUTIONS 1. It is strictly forbidden to discriminate and discriminate against foreigners living and working in Vietnam. — Extension of work permits for experts, business managers, technical workers who are foreigners working in enterprises; issue new work permits to experts, business managers, technical workers who are foreigners to replace those who are not allowed to enter or not return to Vietnam. Ministries, central agencies and localities shall perform the following tasks and solutions: p Ministry of Labor — Invalids and Social Affairs: — Guide agencies attached to the extension of work permits for experts, business managers, technical workers who are foreigners working in enterprises; issue new work permits to experts, business managers, technical workers who are foreigners to replace those who are not allowed to enter or not return to Vietnam. ポイントは、以下かなと思います。 誰が?:「外国人の専門家・企業管理者・投資家・高度技術者」• なんのために?:企業の生産・経営活動を維持するため• 何を?:ベトナムに入国を許す。 あとは、労働許可証の延長等。 具体的には、WPやレジデンスカードを持ってる人は、当然含まれると思います。 あとは、出張者も含まれるのかもしれません。 本当にベトナムに入国できるのか? ベトナムに入国する場合には、以下の点が論点になると思います。 市の集中隔離地区内のホテルまたは、リゾート施設に宿泊する場合などがあるそうです。 国際医療検疫センター等が、外国人専門家(例:日本人)を空港から隔離施設に搬送します。 その後、疾病管理センターがPCR検査を実施し結果を持ちます。 隔離施設に14 日間滞在後は自分のアパート等に戻れるようです。 しかし、さらに14日間は、地元保健当局による経過観察が必要なようです。 さらに14日って!合計28日ですかね。 ひえー。 もし、私が日本にいるとしたら…。 多分、日本でリモートワークの可能性について深堀します。 ITツールの研究とか。 実際には、入管管理局等の正式な組織に問い合わせることをおすすめします。

次の