地方銀行 求人。 地方銀行転職エージェントランキング

地方銀行業界とは?仕事・業界研究

地方銀行 求人

就職について。 大学4年の女です。 現在、地方銀行(総合職)と大手生保(一般職:事務)から内定を頂いてます。 そこで、どちらを内定承諾するか迷っています。 どちらも転勤を伴う異動はあり ません。 給与は地方銀行のがいいです。 この条件下であれば、みなさんどちらを選びますか? 大手生保の一般職であれば、待遇もいいですし地方銀行よりかはのんびりと仕事出来るのではと思います。 ただ、ファーストキャリアで一般職は手に職がつかないイメージがあるので、地方銀行の方がいいのかな?と少し地方銀行に揺れてます。 知恵袋で、聞くような内容ではないのは承知してます。 しかし、悩めば悩むほど分からなくなりました。 みなさんの意見を参考にさせてください。 よろしくお願い致します。

次の

転職Q&A|金融・地方の求人・転職

地方銀行 求人

転職へのご志向、転職経緯• 地方を活性化させたいという思いで入行したものの、最初の思いが日々の業務に忙殺されて薄れている。 自分の仕事が、地方のため、お客様のためになっているか疑問に感じるようになっている。 与えられた業務をこなすのでなく、お客様のニーズに応えられる業務や潜在的なニーズに対して提案できる業務につきたい。 何事にもチャレンジできる職場環境がほしい。 首都圏のような大きなマーケットのある地域で仕事したい。 古い体質の風土ではなく、やればやっただけ評価してもらえる風土がいい。 結婚を考えているが、奥さんも仕事を続けられるような環境(求人多いエリア)が望ましい。 転職活動中の不安、不安へのアドバイス <転職活動中の不安> ・今転職すべきどうか。 ・自分の希望に合った求人があるのか。 また自分の経験は評価されるのか。 ・遠隔地で働きながらどのように転職活動を進めていけばよいのか。 <アドバイス> ・今転職すべきかどうかは、今決める必要はありませんので、まずは本音で詳細ご相談下さい。 ・現在の転職マーケットとA様のご経験とご志向を客観的に見てアドバイスさせていただきます。 ・同じような金融出身のご経験の方がどのような業界、職種に転職されているかもお話させていただきます。 ・金融専門チームで金融出身のアドバイザーがアドバイスさせていただきますのでご安心下さい。 ・遠隔地でも同じ日に、複数社面接日程を調整したり、休日面接対応可能企業もあるのでできる限りサポートさせていただきます。 内定までの流れ• なぜ転職しようと考えたのかを整理。 現職で続けられない理由があるのか?何かやりたい仕事が明確に見つかり、現職ではそれは叶わないのか?• 当初は、何となく相談という感じだったので、現状のマーケット感、今受けられる求人を幅広く紹介し、現状から逃げ出したいだけなら現職に残るべきとアドバイス。 A氏も一旦活動休止。 その間も2ヶ月に1度ぐらいのペースで約8ヶ月程度電話での相談。 業界研究研究や現職のお客様の悩み相談を受ける中で、中小企業診断しの勉強を始めるなどM&Aの業界にチャレンジしたいという思いが強くなる。 今までの経験から基本的には中小企業の事業承継やM&Aの支援がしたいので大手よりも中堅のコンサルティング会社をターゲットにし活動再開することを決意。 平日に1日有給を取ってもらい、その日に面接3社組み選考を進める。 2社最終面接に進み、2社から内定獲得。 キャリアアドバイザーから見る転職成功ポイント 転職成功のポイントは、以下になります。 ・なぜ転職したいのか自分と向き合い、何がしたいのかを本気でじっくりと考えた。 逃げの転職から攻めの転職に変えることができた。 ・納得した上で覚悟感を持って転職活動を開始することができたので、転職理由、志望理由、今後のキャリアを自分の言葉で熱意を持って伝えることができた。 ・情報が溢れている中で、必要な生の情報をエージェントから得て、それを面接などを通して直接自分で確認しながら進めることで迷い無く進めることができた。 ・遠隔地で、現職で勤めながらの活動だったが、面接日程等含めて複数の企業の選考を同じスケジュール感で効率よく進めることができた。 上記のポイントがA氏が転職成功したポイントだと思います。

次の

銀行事務の求人詳細[大阪府]

地方銀行 求人

倍率が高くて就職が難しい地銀はここ 就職難易度が高い地銀の代表例 <銀行> <都道府県> 横浜銀行 神奈川 千葉銀行 千葉 北陸銀行 富山 静岡銀行 静岡 常陽銀行 茨城 京都銀行 京都 西日本シティ銀行 福岡 地銀の中でも倍率が他と比べて高いところは、いずれも経営の規模が大きく、その地方の中でもとても有名な銀行であるという共通点がある。 銀行をはじめとする金融業界への就職を希望する大学生や大学院生はまずメガバンク(大手都市銀行)を受ける。 ここで不採用となった場合に次ぎに希望する銀行となるのが、地方銀行の中でもトップクラスになるところだ。 特に都市部の地銀はメガバンクの勢力圏に入ることから、選考を受ける学生が殺到しやすい。 それに伴って倍率もかなり高くなる。 大都市圏の地銀は全体的に高倍率 同じ地銀でも地方の田舎と大都市圏の銀行の就職事情を比較した場合、内定を取るのが難しいのはやはり大都市圏に立地する銀行になる。 都道府県や都市圏で比べると、全体的な傾向は次のようになる。 大都市圏:倍率が高く、難レベル• 地方部:倍率が低く、易レベル 地方の田舎だと学生数そのものが少ないため、新卒採用で選考を受ける人の総数も少ない。 採用人数に対しても応募する人数が少ない傾向が見られる。 それにより倍率も低い水準にとどまり、内定までの難易度が下がる。 もっとも銀行そのものの規模も小さい例も多く、これも都市部にある銀行より倍率が低い理由の1つでもある。 一方の首都圏や関西圏に立地する地方銀行は規模が小さくても倍率が高い。 東京・神奈川・千葉・埼玉の東京近辺、大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山の大阪近辺はどこも就職の難易度が高い。 確かにメガバンクよりは簡単 ただし、地方銀行の中ではトップクラスであってもメガバンクと比べると就職難易度は下がるのは確か。 メガバンクの場合は倍率がそもそも100倍を超える。 ・・・がこれに該当する。 全国転勤がある総合職でも転居が必要になる異動がない一般職(エリア限定型総合職含む)も、エントリーシートによる書類選考の段階での倍率は最低でも50倍程度になるところが多い。 10~20倍に収まる地方銀行はそれと比べれば簡単なのは間違いない。 第1志望もメガバンクという人が多数派で、仮にこれらで内定が出た場合には、併願した地銀で内定が出ても辞退する人がほとんど。 仮に地銀とメガバンクの新卒採用の倍率は同じ数値であったとしても、難易度のレベルは地銀の方が低い。

次の