署名 用 電子 証明 書 暗証 番号。 これだけ見ればいい!マイナンバーカードで電子申請のきほんの”き”

マイナンバーカード「署名用電子証明書暗証番号」とは?忘れた・変更する際の対処方法

署名 用 電子 証明 書 暗証 番号

最終更新日平成31年4月26日 | ページID 004630 公的個人認証サービスとは 公的個人認証サービスとは、インターネットを通じて安全で確実な行政手続き等を行うために、他人によるなりすまし申請や電子データが通信途中で改ざんされていないことを確認するための機能を提供するサービスです。 この公的個人認証サービスを利用することにより、ご自宅や職場などのパソコンからインターネットを通じて様々な行政手続き等を行うことができます。 サービスの利用には 「電子証明書」と呼ばれるデータを記録したICカード等(マイナンバーカード等)が必要です。 電子証明書とは 電子証明書とは、信頼できる第三者(認証局)が間違いなく本人であることを電子的に証明するもので、書面取引における印鑑証明書に代わるものといえます。 電子証明書の種類 電子証明書には 、「署名用電子証明書」と 「利用者証明用電子証明書」の2種類があり、それぞれの特徴は以下のとおりです。 署名用電子証明書 インターネット等で電子文書を作成・送信する際に利用します(例 e-Tax等の電子申請)。 「作成・送信した電子文書が、利用者が作成した真性なものであり、利用者が送信したものであること」を証明することができます。 利用者証明用電子証明書 インターネットサイトやコンビニ等のキオスク端末等にログインする際に利用します(例 マイナポータルへのログイン、コンビニでの公的な証明書の交付)。 「ログインした者が、利用者本人であること」を証明することができます。 電子証明書の暗証番号 電子証明書は、本人が設定した暗証番号で保護されます。 各電子証明書に設定できる暗証番号は以下のとおりです。 (住民基本台帳カードへの電子証明書の格納の手続きは、平成27年12月22日に終了しました。 受け付け窓口 市民課、支所 受け付け時間 平日 8時30分~17時15分 (土日祝日や12月29日から1月3日を除く) 手数料 無料 (再発行の場合、有料(200円)になることがあります。 代理人申請の場合 即日発行することができません。 代理人が2回来庁いただく必要があります。 1回目の申請後、市から郵送した回答書をご持参いただいたときに発行します。 [1回目] ・申請者本人のマイナンバーカード ・代理人の官公署発行の写真付き本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、パスポート など) [2回目] ・回答書(1回目の申請受付後、郵送します) ・委任状 ・申請者本人のマイナンバーカード ・代理人の官公署発行の写真付き本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、パスポート など) 15歳未満の者、または成年被後見人の場合 事前に窓口にお問い合わせください。 有効期限 発行から5回目の誕生日(マイナンバーカードの有効期限等の状況により、期限が短くなることがあります。 ) その他の注意事項• 住所、氏名の文字のなかに汎用パソコンで表示できない文字がある場合は表示できる文字(代替文字)を設定します。 住所、氏名等に変更があると署名用電子証明書は失効され、ご利用できなくなります。 必要なかたは改めて申請してください。 申請の際は、本人確認書類の複写(コピー)をいただきます。 あらかじめご了承ください。 手続きには20分程度かかります。 書類等の不備、本人確認できないときは発行できないことがあります。 暗証番号の初期化(ロック解除) 暗証番号を忘れた場合、又はロックされた場合に、暗証番号を初期化・再設定します。 市民課、支所窓口へお越しください。 必要書類等の詳細はをご確認ください。 電子証明書 失効 電子証明書を失効させたい場合に、電子証明書を失効します。 市民課、支所窓口へマイナンバーカードを持参してください。 また、自宅のパソコンで『利用者クライアントソフト』を使用して電子証明書を失効させることも可能です。 『利用者クライアントソフト』の詳細は、(新しいウィンドウで開きます) をご確認ください。 電子証明書 一時停止(カードの紛失・盗難などによる) マイナンバーカードの紛失等による一時停止については、をご確認ください。 公的個人認証サービスが使える手続き 所得税や個人事業者の消費税等の電子申告・電子納税などにご利用いただけます。 詳しくは、各ホームページを参考にしてください。 (新しいウィンドウで開きます) にて「ご利用できる行政手続き等」のページを検索してください。 (新しいウィンドウで開きます)• (新しいウィンドウで開きます) お問い合わせ先• 公的個人認証サービスの技術的なお問い合わせ (新しいウィンドウで開きます)のお問い合わせページをご参考ください。 e-Taxの操作に関するお問い合わせ (新しいウィンドウで開きます)のお問い合わせページをご参考ください。

次の

マイナンバーカードの暗証番号入力間違い回数の確認やリセットする方法

署名 用 電子 証明 書 暗証 番号

マイナンバーカードを交付される際に設定する暗証番号を変更したい場合、市民課窓口にて変更することができます。 また、マイナンバーカードの暗証番号が分からなくなってしまった場合や、暗証番号を入力する際に連続して間違え暗証番号がロックされてしまった場合は、市民課窓口で暗証番号の再設定(初期化)をすることができます。 暗証番号の変更に関し、御自宅にインターネットに接続されたパソコンとマイナンバーカードに対応したカードリーダーがある場合はインターネットでも暗証番号を変更することが可能ですが、現在設定されている暗証番号の入力が必要です。 詳しくはを御覧ください。 (公的個人認証サービスのサイトを新しいウィンドウで開きます) なお、暗証番号がロックされた場合は、たとえ現在の暗証番号が判明したとしても市民課にお越しいただかないとロックの解除ができません。 変更・再設定ができる暗証番号 数字4桁の暗証番号 住民票の写しや印鑑証明をコンビニエンスストアで取得する際や、マイナンバーカードを利用して行政の持つ御自身に関する情報やお知らせが見られるサイト「マイナポータル」へログインする際などに使用する暗証番号です。 利用者証明用電子証明書暗証番号 利用者証明用電子証明書を利用するための暗証番号 (注)利用者証明用電子証明書…インターネットを閲覧 する際などに、利用者本人であることを証明する仕組み。 住民基本台帳用暗証番号 住民票コードをテキストデータとして利用するための暗証番号 券面事項入力補助用暗証番号 個人番号や基本4情報(住所・氏名・生年月日・性別)を 確認し、テキストデータとして利用するための暗証番号 上のリストにある3種類の暗証番号を一括で設定しますが、各暗証番号を個別に設定することも可能です。 また当初に暗証番号を一括で設定していた方が個別に設定することや、個別に設定していた方が一括で設定することも可能です。 英数字6桁以上16桁以下の暗証番号 国税電子申告・納税システム(e-Tax)を用いたインターネットでの確定申告などを利用する際などに必要な「署名用電子証明書」の暗証番号です。 マイナンバーカードの交付を受けた際に、署名用電子証明書が搭載されていなかった方は設定されていません。 AからZまでの英字、0から9までの数字を使用し、英字と数字が最低でも1字づつ使用されている必要があります。 (英字のみの暗証番号や数字のみの暗証番号は使用できません) 暗証番号の変更 暗証番号の変更を希望される場合、変更前の暗証番号の入力が必要となります。 変更前の暗証番号が正しく入力できなかった場合は、手続きができませんので予め御了承ください。 なお、正しく入力できなかった場合は暗証番号の再設定手続きが必要となりますが、暗証番号を再設定する場合は暗証番号を変更する場合よりも必要な身分証明書が多いため、 変更前の暗証番号が正しく入力できるか分からない場合は暗証番号の再設定手続きの準備をしてください。 手続きの際にお持ちいただくもの どなたが手続きをされるかにより必要な書類が異なります。 なお、書類は原本に限ります。 (コピー不可) また、本人確認書類一覧は当ページの下部にございます。 1 本人が手続きをする場合• 本人のマイナンバーカード 2 法定代理人が手続きをする場合• 暗証番号を変更するマイナンバーカード• 戸籍謄本等の法定代理人の資格を証明する書類(市内に本籍若しくは住民票があり、その資格を確認できる場合は不要)• 法定代理人の本人確認書類一覧に記載されている「Aの書類1点」又は「Bの書類2点」 3 任意代理人が手続きをする場合• 暗証番号を変更するマイナンバーカード• 任意代理人の本人確認書類一覧に記載されている「Aの書類1点」又は「Bの書類2点」 任意代理人の方が手続きをする場合は、手続きが1日で完了いたしませんので御了承ください。 任意代理人による申請の場合は、まず申請を受け付けたのち、市役所から申請者御本人に照会書を郵送します。 その照会書に申請者御本人が必要事項を記入した上で、照会書と必要書類を任意代理人に再度お持ちいただければ手続きができます。 なお、申請者にお送りする照会書には、変更前の暗証番号を記入する欄がございます。 この欄に記載された暗証番号が誤っていた場合は手続きができません。 変更前の暗証番号が正しいか確信が持てない場合は暗証番号の再設定手続きをしてください。 また、本人確認書類一覧に記載されている「Aの書類1点」または「Bの書類2点」をお持ちでない方は任意代理人となることができません。 加えて、照会書をお持ちいただく際は、御本人が市役所にお越しいただけないことを証明する書類(診断書、障害者手帳、施設の入所証明書等)をお持ちいただく必要がございます。 仕事や学業の多忙を理由とした任意代理人による手続きはできませんので御了承ください。 暗証番号の再設定 暗証番号がわからなくなってしまった場合は、暗証番号の再設定をすることができます。 また、利用者証明用電子証明書の暗証番号(数字4桁)を連続して3回、署名用電子証明書の暗証番号(英数字6桁以上16桁以下)を連続して5回間違え暗証番号がロックされてしまった場合も、暗証番号の再設定(初期化)の手続きをしてください。 手続きの際にお持ちいただくもの どなたが手続きをされるかにより必要な書類が異なります。 また、本人確認書類一覧は当ページの下部にございます。 1 本人が手続きをする場合• 本人のマイナンバーカード• 本人のマイナンバーカード以外の本人確認書類一覧に記載されている「Aの書類1点」または「Bの書類1点」 2 法定代理人が手続きを行う場合• 暗証番号を再設定するマイナンバーカード• 本人のマイナンバーカード以外の本人確認書類一覧に記載されている「Aの書類1点」または「Bの書類1点」• 戸籍謄本等の法定代理人の資格を証明する書類(市内に本籍若しくは住民票があり、その資格を確認できる場合は不要)• 法定代理人の本人確認書類一覧に記載されている「 Aの書類2点」又は「 Aの書類1点とBの書類1点」 3 任意代理人が手続きを行う場合• 暗証番号を再設定するマイナンバーカード• 任意代理人の本人確認書類一覧に記載されている「Aの書類1点」又は「Bの書類2点」 任意代理人の方が手続きをする場合は、手続きが1日で完了いたしませんので御了承ください。 任意代理人による申請の場合は、まず申請を受け付けたのち、市役所から申請者御本人に照会書を郵送します。 その照会書に申請者御本人が必要事項を記入した上で、照会書と必要書類を任意代理人の方に再度お持ちいただければ手続きができます。 なお、本人確認書類一覧に記載されている「Aの書類1点」または「Bの書類2点」をお持ちでない方は任意代理人となることができません。 また、照会書をお持ちいただく際には、御本人が市役所にお越しいただけないことを証明する書類(診断書、障害者手帳、施設の入所証明書等)をお持ちいただく必要がございます。 仕事や学業の多忙を理由とした任意代理人による手続きはできませんので御了承ください。 窓口及び受付時間 場 所 厚木市役所本庁舎1階市民課窓口 受付時間 平日 午前8時30分から午後5時15分まで 土曜(祝日を除く) 午前8時30分から正午まで なお、厚木市に住民登録がない方は手続きができません。 曜日や時間帯により混雑する可能性がございますので、お時間に余裕をもって御来庁ください。 本人確認書類一覧 必ず原本をお持ちください(コピー不可)。 窓口で複写いたします。 Aの書類は官公署が発行した顔写真付きの次の書類に限ります。 マイナンバーカード(個人番号カード) 住民基本台帳カード 旅券 運転免許証 運転経歴証明書 (平成24年4月1日以後に交付されたものに限る) 身体障害者手帳 療育手帳 精神障害者保健福祉手帳 在留カード 特別永住者証明書 一時庇護許可書 仮滞在許可書 Bの書類は「氏名と住所」又は「氏名と生年月日」が 記載されている次の書類に限ります。 Aの書類が更新中の場合に交付される仮証明書や引換証類 地方公共団体が交付する敬老手帳 生活保護受給者証 健康保険又は介護保険の被保険者証 医療受給者証 各種年金証書 児童扶養手当証書 特別児童扶養手当証書等 住民名義の預金通帳 民間企業の社員証 学生証 学校名が記載された各種書類 住民名義の公共料金の領収書(電気、ガス、水道)等 税金や国民健康保険等の領収書 海技免状 電気工事士免状 無線従事者免許証 動力車操縦者運転免許証 運航管理者技能検定合格証明書 猟銃・空気銃所持許可証 特種電気工事資格者認定証 認定電気工事従事者認定証 耐空検査員の証 航空従事者技能証明書 宅地建物取引士証 船員手帳 戦傷病者手帳 教習資格認定証 官公署がその職員に対して発行した身分証明書 リストにある書類をお持ちでない場合は、市民課社会保障・税番号制度担当(046-225-2039)までご相談ください。 (公開日:令和2年4月27日) 関連ファイル• 関連ページ• [他のサイトへ移動します ].

次の

個人番号カードの暗証番号は最低2つ必要!桁数や種類、利用目的は?

署名 用 電子 証明 書 暗証 番号

公的個人認証サービスとは、オンラインで(=インターネットを通じて)申請や届出といった行政手続などやインターネットサイトにログインを行う際に、他人による「なりすまし」やデータの改ざんを防ぐために用いられる本人確認の手段です。 「電子証明書」と呼ばれるデータを外部から読み取られるおそれのないマイナンバーカード等のICカードに記録することで利用が可能となります。 電子証明書には、署名用電子証明書と利用者証明用電子証明書の2種類があり、それぞれの特徴は以下のとおりです。 署名用電子証明書・・・インターネット等で電子文書を作成・送信する際に利用します(例 e-Tax等の電子申請)。 「作成・送信した電子文書が、利用者が作成した真性なものであり、利用者が送信したものであること」を証明することができます。 利用者証明用電子証明書・・・インターネットサイトやコンビニ等のキオスク端末等にログインする際に利用します(例 マイナポータルへのログイン、コンビニでの公的な証明書の交付)。 「ログインした者が、利用者本人であること」を証明することができます。 公的個人認証を使ってオンライン手続きをするには? 2 パソコンなどの用意 ・・・公的個人認証を使ったオンライン手続をご自宅で行う場合には、以下のご準備が必要です。 また、今後普及の進むNFC対応のスマートフォンをカードリーダとして利用できるよう、現在検討中です。 3 マイナンバーカードへの電子証明書の記録 ・・・住民票のある市区町村役場で、マイナンバーカードに電子証明書を記録してもらうことができます。 原則として電子証明書の発行・記録の手数料は無料です。 1)住民票のある市区町村役場の受付窓口にある申請書に記入し、マイナンバーカードとともに提出してください。 他にもご本人を確認するための書類が必要です。 (マイナンバーカードをお持ちの方は、他の本人確認のための書類は必要ありません。 マイナンバーカードをお持ちでない方は、運転免許証(現住所への書換えを済ませたもの)やパスポートなどを窓口にご持参ください。 2)窓口で案内を受けて、電子証明書の発行手続きを行います。 3)電子証明書が記録されたマイナンバーカードを受け取ります。 (電子証明書は原則として発行の日後5回目の誕生日まで有効です。 ただし、署名用電子証明書については、住所・氏名・性別が変更された場合には無効となります。 さらに、電子証明書の格納媒体であるマイナンバーカードの有効期間が満了となった時点で、電子証明書の有効期間も満了します。 ) 総務省では、マイナンバーカードに搭載されるICチップの空き領域と公的個人認証(いわゆる「マイキー」)を象徴するキャラクターとして、広報用ロゴマーク「マイキーくん」を作成いたしました。 国民の皆さまにマイナンバーカードや「マイキー部分」に親しみを感じていただけるよう、「マイキー」部分のうち公的個人認証制度の根幹をなす"鍵"を確実・誠実に守る忠犬の姿をイメージして、当省職員がデザインしたものです。 また、「マイキーくん」の両目と手に持った鍵とを順番に読むと、「JPKI」(公的個人認証の英訳の略称)の文字が浮かび上がるような仕掛けもしております。 本ロゴマークにつきましては、政府の公的個人認証サービスの広報で統一的に使用しているほか、公的個人認証サービスを導入する企業等にも積極的に制度の周知・広報に活用していただきたく思います。 ロゴマークは下記からダウンロードし、お使いください。

次の