たぬき id 特定。 タヌキ

V系初代たぬきの掲示板の特性と悪質な書き込みの削除・発信者特定方法|風評被害対策ラボ

たぬき id 特定

V系初代たぬきの掲示板とは? V系初代たぬきの掲示板は、ヴィジュアル系(V系)のファッションや音楽が好きな人たちの出会いの場です。 掲示板内では、ヴィジュアル系バンドマンは「麺」、ヴィジュアル系ファンの女性は「バンギャ」「ギャ」、未成年のファンの女性は「リアギャ」、ヴィジュアル系ファンの男性は「ギャ男」とそれぞれ分類され、地域別、目的別に出会いを求められます。 掲示板の検索窓で、たとえば「都内」「フレンド」などの要望をサーチ。 自分のニーズに見合った書き込みが見つかれば、たぬメールという掲示板内のメールツールで写真や個人情報のやり取りができます。 V系初代たぬきの掲示板に悪質投稿が!削除の方法&手順とは? V系のファッションや音楽を好きな人の数は、決して少なくはないものの限られています。 同じ趣味の友達や恋人を効率的に探したい場合、V系初代たぬきの掲示板が便利に感じるでしょう。 ただ、V系初代たぬきの掲示板には大きな落とし穴があります。 たぬメールでやり取りした写真や個人情報が勝手に掲示板上で晒されたり、根も葉もない誹謗中傷を浴びせられるリスクも高いという点です。 実際に出会った方が何かの理由で感情的になり、相手の情報を掲示板に載せるケースが多いようです。 V系初代たぬきの掲示板に限らず、ネット上の中傷被害は年々急増しています。 悪質な書き込みは無視するのがベターですが、職場や家族の情報に関する書き込みがあると、そうも言っていられません。 そもそも自身へのバッシングも、根拠のないものだとしたら名誉毀損にあたります。 泣き寝入りするだけ損です。 削除する方法があるので、実践するべきです。 ここで必要なものは、個人スレッドや書き込みのスクリーンショット(もしくはそれを印刷したもの)、さらには当該の書き込みがあったURLです。 書き込みがあったURLは、いつでもページが開けるようPCやスマホでブックマークしておくと良いでしょう。 また、免許証や保険証などの身分証明書も用意しましょう。 警察署では名前、住所、職業も細かく聞かれるので、それに応える心の準備もしておきたいですね。 また、これから説明する「警察署で話すこと」も、あらかじめメモして持っていくのがいいかもしれません。 警察署に着いたら、「ネットの中傷被害に悩んでいる」「書き込みを削除したい」ことをはっきりと伝えます。 警察署の方には、V系初代たぬきの掲示板と言われてもピンとこない人もいます。 V系初代たぬきの掲示板が「ヴィジュアル系のファッションや音楽が好きな人の集まる掲示板」だという点を、わかりやすく伝えられたらいいですね。 そのうえで、「なかには個人の中傷が書き込まれることもある」こと、「そこに自分の悪口や個人情報が晒されている」ことを順序立てて話します。 警察署の方の質問に答えるなかで、書き込みの始まったタイミングやきっかけをわかりやすく説明します。 そうすれば担当の警察官の方が、たぬきの掲示板の管理人と連絡を取ってくれます。 こうして、大半の個人スレッドや書き込みは削除してもらえます。 この時に注意したいのは、削除して欲しい理由を感情的に書かないことです。 「写真を晒されているのは肖像権の侵害に値する」「勝手にメールアドレスやLINEのIDを乗せられているのは個人情報保護法に違反しているのでは」と、法律的な見地から文章を書くのです。 V系たぬきの掲示板で画像を削除する方法とは? 誹謗中傷に関連する問題に、他人の写真を無許可で掲載する「たぬピク晒し」があります。 V系初代たぬき掲示板では、写真の晒し行為も非常に多く見受けられます。 写真の晒しは、容姿叩きを助長してしまうので厄介です。 V系初代たぬき掲示板のルールでは、• 他人のたぬピク晒し• モロ、グロ写真の掲載 を削除対象としています。 そのため、自分の画像が晒された場合においても、悪質な書き込みと同様の方法で管理者に削除依頼を行うことができます。 削除依頼を行う場合は、「どの画像によって権利侵害を受けたのか」を明確にしておかなければいけません。 例えば「レス番号〇〇では、許可なく私の顔写真のURLが貼られています。 肖像権の侵害となるため削除をお願いします。 」など、具体的な理由と画像を指定しましょう。 V系初代たぬきの掲示板は削除までに何日かかる? V系初代たぬきの掲示板では、管理者から「削除が完了しました」といった内容の対応連絡はきません。 管理者が削除依頼に対して正当な理由があると判断した場合は、3日~2週間以内で該当の書き込みが削除されます。 実名や電話番号、住所などの個人情報については、比較的はやく削除対応を行ってくれるようです。 削除依頼を出して3日ほど経過したら、ご自身でスレッドを訪問して書き込みが削除されているかどうかチェックしましょう。 2週間以上経っても書き込みが削除されない場合は、削除依頼が受諾されなかった可能性が高いです。 V系初代たぬきの掲示板で削除を成功させるポイント V系初代たぬきの掲示板で、管理人が削除対応をしてくれるかどうかは、「 権利侵害されているか」ということが判断のポイントです。 下記のような書き込みは、権利侵害に該当します。 名誉棄損となる書き込み 事実を適示する内容。 侮辱となる書き込み 事実の適示なく、馬鹿にした内容。 プライバシー侵害となる書き込み 氏名・住所・電話番号・メールアドレス・年収・勤務先など、個人情報やプライベートの情報の晒し。 肖像権の侵害となる書き込み 本人の許可なく、容姿を撮影されたり、その写真や動画の晒し。 誹謗中傷を受けている対象が誰なのか判断が難しいような書き込みは、削除依頼を却下される可能性が高いです。 V系初代たぬきの掲示板で削除してほしい書き込みがある場合は、どの権利侵害に該当するのか照らし合わせてから、掲示板の管理人に削除依頼を行いましょう。 また、をよく確認しておくことも重要です。 V系初代たぬきの掲示板で、誹謗中傷を書き込んだ個人を特定するには V系初代たぬきの掲示板で悪質な書き込みをされた時、気になることのひとつが「誰が書き込んだのか」です。 V系初代たぬきの掲示板を通して多くの「バンギャ」もしくは「ギャ男」と出会った場合、同じ「麺」のファン同士での嫉みが悪質な投稿に繋がることもあります。 特に、「麺」との肉体関係の有無をひけらかす「バンギャ」の書き込みは厄介ですね。 また、「麺」のライバルにあたる他のバンドのファンなどが「麺」の誹謗中傷を書き込むケースも見られます。 書き込みがもとでライブを観に行きづらくなったり、集中して音楽活動ができなくなったりするのは、とても残念なことです。 この手の書き込みは、書き込んだ個人を特定するのは難しいものです。 とはいえ、実際に会話する人たちのうちの誰かが書き込んでいるのは、気持ちが悪いですね。 「麺」にとっては、中傷の書き込みがライブや音源の売り上げ減に繋がるという問題も出てきそうです。 投稿者の特定、さらには訴訟も視野に入れたいところです。 V系初代たぬきの掲示板には、悪質な書き込みの投稿者を特定する方法が定められています。 「発信者情報開示請求の手続き」という法的な手順です。 たとえば、個人情報が垂れ流されていたらプライバシー権の侵害ですし、ありもしない出来事をまことしやかに書かれていたら名誉毀損にあたります。 このように、自分がされた書き込みが法律的にどんな問題があるのかを確定させるのです。 それを第三者的な目で明確にするには、弁護士に法律相談をするのもいいかもしれません。 宛に、「問題の書き込みのあるレスNo. とそのURL」「どんな法律的問題があるのかと、その理由」を明確に記します。 さらに、「書いた人を訴えたいのでIPアドレスの提出をお願いします」と書き加えます。 「管理者の責任を問いたいのではなく、発信者を訴えるためのものです」「管理者には決して面倒はかけません」という点も、きちんと伝えます。 V系初代たぬきの掲示板の悪質書き込みは、プロに削除してもらうべき ヴィジュアル系の音楽を生業にしている方やヴィジュアル系のファッションが好きな男女にとって、V系初代たぬきの掲示板はよき出会いの場でもあります。 とはいえ誹謗中傷のリスクもあり、それに対処するには警察や弁護士、管理人、非常に多くの人たちと煩雑なやり取りをしなくてはなりません。 普段の音楽活動や仕事、学業に支障が出るかもしれません。 それに管理人へ削除申請を出しても、返答が遅かったり、まったく対応してくれない可能性もあります。 その場合は、掲示板を管理しているサーバーの管理会社へ同様の連絡をしなくてはなりません。 さらにはV系初代たぬきの掲示板は現在、海外のサーバー会社が管理しているようです。 要望を英訳しなければならないなど、作業がより難しくなるでしょう。 そのため、V系初代たぬきの掲示板への削除作業や投稿者の特定は、プロに頼むのがおススメです。 プロが時間のかかる削除依頼を代行し、投稿者の特定もスピーディーに行ってくれるでしょう。 そうなれば、自分にストレスをかけずに望みが叶えられます。 ので些細な相談でもお気軽にしてみてください。 麺にとっては、落ち着いた気持ちで活動に集中できるきっかけにもなりそうです。 人気の高い記事• 29,115ビュー posted on 12月 13, 2016• 16,935ビュー posted on 10月 11, 2017• 14,017ビュー posted on 9月 18, 2016• 10,035ビュー posted on 12月 9, 2016• 6,967ビュー posted on 12月 12, 2016• 5,411ビュー posted on 1月 30, 2017• 4,954ビュー posted on 2月 5, 2017• 3,277ビュー posted on 8月 14, 2016• 3,266ビュー posted on 9月 7, 2016• 2,963ビュー posted on 5月 8, 2017.

次の

ツイッター(twitter)で誹謗中傷されたときに個人を特定するには?

たぬき id 特定

たぬきで書き込みした人を特定する方法 こんにちは ヴィジュアル系の匿名掲示板サイト「たぬき」で書き込みした人間を特定するやり方を教えてください。 何の根拠もなく中傷されました。 あまりに度がすぎたため堪忍袋の緒がキレたので名誉毀損だと警察に相談したのですが、殺すなど本人の身に危険が感じられる書き込みがないと動けませんと言われました。 ならば自分で調べ上げてやろうとおもいます。 たぬきはIDなど表示されませんが2ちゃんねるより特定しやすいと噂で聞きました。 どなたかやり方を教えてください。 また、どのような情報が特定出来るかも教えてください。 犯人が本当にゆるせません。 お力を貸してくれませんか。 補足そうですか・・・お金があまりないので出来るだけ自力で頑張りたかったのですが私は知識不足過ぎるんですね・・・ 探偵や興信所に行ってみようかな カテゴリーは悩んだのですがあと出てきたのがTwitterやFacebookだったんです。 3年でも5年でも勉強してネットカテゴリーで質問し直して本一冊分の答えを頂けても対処出来るようにします。 ありがとうございます。 もう5年近くいたる掲示板で中傷されていて限界なんです そのたぬきをちょっと見てみたけど、まず無理だよ。 IPをIDと書いちゃうレベルからでは3年勉強しても無理だ。 そもそも法律相談じゃないし。 インターネットのカテに書いたとしても、答を書くには本1冊ぶんの回答欄が必要だよ。 ネットの出来事にいちいち腹を立てないスキルを身につけるほうが先決だよ。 ちょっとやり方を調べた程度では相手を特定することは無理だけど、本気で勉強を続ければ絶対にできないわけではない。 少なくとも俺にはできるし。 だけどそれはハッキングであって、不正アクセス禁止法違反になる。 自らが犯罪者になるということだよ。 興信所で非合法かつITの専門家がいるところであれば特手は可能だろう。 でもその後どうする?文句言いに行くだけで自分はすでに犯罪者だぜ。 ネット上ではアタマにくることはしばしばあるよ。 それをサラッとスルーできるだけの冷静さは必要だし、ハッキングにもそういった冷静さは必要。 3年かけて追及しているうちにそんなのはどうでも良くなってると思うよ。

次の

たぬきで書き込みした人を特定する方法こんにちはヴィジュアル系の匿...

たぬき id 特定

先日、たけしのTVタックルで 「インターネットを実名化すべきかどうか」ということが議論になっていました。 現在、インターネット上の多くの掲示板は、ペンネームや匿名で書き込みを行うことができます。 そのため、何となくバレないような気がしてしまい、つい過激なことを書いてしまった方もおられるでしょう。 しかし実は、 書き込んだ個人を特定できるケースもあるのです。 というわけで今回は、ネット上で書き込みを行った個人を特定する方法や、書き込みを消す方法についてご案内します。 1 誹謗中傷を書き込んだ個人を特定したい! 一言で言うと 「プロバイダ責任制限法に基づいてコンテンツプロバイダに開示請求を行い、接続プロバイダを特定したあと、接続プロバイダに対して開示請求を行う」ということになります。 うほっ!超分かった!!という方はいいのですが、多くの方が「??」だと思うのでまずは例で考えてみます。 ネット上で個人を特定するにもこれと同じことをする必要があります。 例えば、ある掲示板に誰が書き込んだかを特定したいとします。 この場合は最初に掲示板(これを 「コンテンツプロバイダ」といいます)の管理者に、どこのプロバイダ(これを 「接続プロバイダ」といいます)経由で書き込みがあったかを訪ねます。 スーパーの例でいうと、「運送業者」を訪ねた段階です。 そして、「運送業者」、すなわち接続プロバイダが明らかとなったら、今度はその接続プロバイダに対して 個人情報の開示を求めます。 掲示板の場合であればこれで大体個人が特定できます。 なお、 グルメ情報や電化製品の感想を書き込めるサイトや、 購入した物品のレビューを書き込めるサイトについても個人を特定するまでのイメージは大体同じです。 とはいえ、この方法でわかるのは、あくまで書き込みに利用した携帯電話やネット回線の契約者だけです。 普通は自分の携帯電話やパソコンを他人が使うことはないと考えられるので、 契約者=書き込みをした人というように判断していますが、携帯電話を勝手に使われたような場合やコンピューターウイルスに乗っ取られた場合には、「自分が書いたんじゃないのに責任追及をされた」ということも起こるわけです(これが事件になったのが パソコンの遠隔操作事件です)。 携帯電話やwifi端末を他人に貸している方は特に気をつけてください。 2 全部の掲示板が情報を開示してくれるわけではない さて、スーパーであれば運送業者を簡単に教えてくれるかもしれませんが(というか親切なお店であればすぐに生産者を教えてくれるかもしれませんが)、 プロバイダというのはそう簡単に個人情報を教えてくれません。 というわけで、 「プロバイダ責任制限法」という法律に基づいて請求を行うことになります。 ちなみに「責任制限法」なんて変な名前の法律だなあと感じた方がいらっしゃるかもしれませんが、 プロバイダが個人情報を教えても、ある一定の責任しか負いませんという法律なのでこういった名前になっています。 とはいえ、この法律にも弱点があります。 法律というのは基本的に国内向けのものなので、 サーバーが海外にあったり、本社が海外にあるサービスの場合は対応できないことがあるのです。 ただし、元は海外の会社でも独自にガイドラインを定めていることが多いので、 弁護士を通じて相談するとそれなりに対応してくれることがほとんどです。 3 相手を特定するリミットは「半年」 インターネットの掲示板は、「どこの接続プロバイダ経由で書き込んだか」というデータを 3ヶ月から半年くらいで消去しています。 というわけで、 被害を受けたと感じたら直ちに動かないと相手を特定できません。 一方、会員登録が必要な掲示板やレビュー投稿サイトでは、少し時間が経ってからでも個人を特定できることがあります。 プロバイダ責任制限法に基づく開示請求は多くの場合裁判所を通じて行いますが、通常の裁判をやっていては間に合わないので、基本的に 「仮処分」という方法をとるのが普通です。 これは、20万円だとかの保証金を積む代わりに、手早く裁判所の判断をもらう手続きです。 余談ですが、仮処分の対応を行っている 東京地裁民事9部では、申し立ての約半分がこのようなネット関係の開示事件だそうです。 これからこういった事件がますます増えていくのかもしれません。 4 刑事告訴は難しい さて、記事をお読みの方の中には、「警察に言ったらいいじゃないか」という方もおられるかもしれません。 しかし、 警察はこういった案件をなかなか受け付けてくれないのです。 とはいえ、現在は法整備も進んでいる上、警察も捜査に力を入れています。 あとから警察に呼び出されたということになっては困るので、書き込みを行う際は十分ご注意ください。 5 書き込みを消したい 先ほど述べたように、相手を特定するリミットは概ね半年です。 しかしとはいえ、 「相手は特定できなくてもいいので、書き込みだけは消して欲しいんだ」という方もいらっしゃるでしょう。 そんな時は 記事を掲載しているサイトに直接依頼すると消してくれることがあります。 一方、 グーグルなどの検索結果から削除を求めるのは少し厄介です。 というのも、検索エンジンは「自分はネット上にある情報を表示しているだけなのよぅ」というスタンスなので、 検索結果の削除には否定的な態度を取ることが多いのです。 確かに、こういった主張は一見もっともにも思えます。 しかしよく見ると、ここに 反撃のチャンスがあるのです。 そう! 検索エンジンが「ネット上にある情報を表示しているだけ」であれば、 元の情報を消してもらえばいいのです。 というわけで 基本に戻って元のサイトに削除依頼を出す。 次に元のサイトの記事が消えたら検索エンジンに 「そんな情報はネット上にないです。 あなたって遅れてますね。 」と伝える。 そうすると 最終的に検索結果からも消えます。 グーグルであれば 「Google Search Console(旧ウェブマスターツール)」内の 「古いコンテンツの削除」という機能があります。 以前これをやったら本当に消えたことがあったので、元さえ消せればうまくいくのでは?と感じた次第です。 6 記事の削除は表現の自由と衝突する問題 とはいえ、 「削除」というのは非常にデリケートな問題です。 憲法で認められた 「表現の自由」と衝突するからです。 何もしてないのに「犯罪者だ」と名指しされたなど、事実無根の中傷を受けた場合であれば削除を認めるのもやむを得ないでしょう。 しかし、例えば書籍に対する批判を削除するというのでは、少し行き過ぎの気がするのです。 意見を世の中に発表するということは当然批判されることもありますし、「良くない」と思ったら「最悪!」とレビューする権利があるとお考えの方も多いはずです。 結局、現在の落ち着きどころとしては、 「レビューであっても誹謗中傷の度合いが高いものや、内容を読まずにクレームに徹しているようなもの」について要望があれば書き込んだ方の意見を聞きつつ削除を認めることがある、といったところでしょう。 この辺りについては賛否が分かれる部分ですので、運用を積み重ねながら時には裁判所の判断を仰ぎつつ方向性を決めていくしかないでしょう。 最後に 最近では掲示板だけではなく、電化製品や化粧品、マンションなど様々なレビューを投稿できるサービスが増えています。 したがって、気軽に意見を投稿できる反面、行き過ぎたことを書いてしまうとあなたが加害者になってしまいかねません。 もちろん、読んでもいない本に好き勝手なレビューを投稿するようなことは厳禁です。 書き込みをする際はどうぞ慎重に!.

次の