杉並 ハナ 動物 病院。 太田快作 ハナ動物病院の口コミ(評判)や場所、診療時間について【ザ・ノンフィクション】

口コミ・評判 6件: ハナ動物病院

杉並 ハナ 動物 病院

来院時期: 2018年 投稿時期: 2020年01月 外猫の去勢が必要になったのですが、近所の動物病院では完全なノラは扱えないということで、ハナ動物病院さんとつながりのあるボランティアさんを紹介して頂きました。 ボランティアさんが貸して下さった捕獲器で捕まえ、ボランティアさんの運転で来院。 預けた後は、「仕上がり見込み時間」を細かくメールして下さったため、待機時間もメドが立って大変助かりました。 一日に沢山の頭数をどんどんさばいて行く多忙な中にもスタッフのすべての方が丁寧に対応して下さいました。 当方は宿泊ナシでしたが、泊まる子もいたようです。 費用も大変お手頃でした。 我が家からは公共交通機関で行く手段がないのが残念ですが、外猫でしたらボラさんのお車に乗せて頂けますので、また外猫のワクチン接種などではお世話になるつもりです。 動物の種類 《雑種 ミックス 》 来院目的 通院 予約の有無 - 来院時間帯 - 待ち時間 - 診察時間 - 診察領域 - 症状 - 病名 - ペット保険 - 料金 - 来院理由 他病院からの紹介 来院時期: 2017年05月 投稿時期: 2018年03月 元野良猫で1年中鼻水と涙がでている猫を飼っています。 初めてワクチンを打った際に次の日に熱を出してしまった事がありましたが、すぐに対処してもらい元気になりました。 過剰に反応してしまったらしいので、次にワクチンを打つのは来年以降で大丈夫ですと言ってもらい負担が少なくなりました。 症状に合わせて不要なワクチンは打たないので、猫にとっても身体的負担が少なくて助かります。 病院はいつもいっぱいなので、行く時はなるべく早めに行くようにしています。 待合室には先生関連の書籍も置かれており、どのような活動をされてきたかなども垣間見れるかと思います。 先生は野良猫の去勢手術を行っていたり、犬猫の里親会も開催されています。 場所は駅から離れていますが近くにはコインパーキングもありますし、バス停も近く 車内アナウンスでハナ動物病院近くとアナウンス有 にあります。 可愛い犬のハナちゃんのイラストが目印なので 有名な漫画家さんのイラストです 分かりやすいと思います。 動物の種類 《雑種 ミックス 》 来院目的 予防接種 予約の有無 なし 来院時間帯 日中 9-18時 待ち時間 15分〜30分 診察時間 - 診察領域 症状 病名 - ペット保険 アイペット 料金 - 来院理由 元々通っていた 来院時期: 2016年08月 投稿時期: 2016年09月 この動物病院の先生はとても親切で、なにより動物が大好きなのがすぐに伝わってくる優しい方です。 飼っている犬たちをよく見てもらうのですが、体調面などでの相談も親身になって聞いてくださいます。 そして、犬や猫などの保護活動にも熱心で、よく里親募集のチラシが病院に貼ってあります。 野良猫たちの避妊や去勢も無償でやっておられます。 ワクチンを打つ前に抗体検査をし、抗体がないものだけを打つ、というようにして下さるので診察代も他よりも大分、懐に優しいです。 さいごまでお世話になりたいと思える、とてもいい動物病院です。 動物の種類 《純血》 トイ・プードル 来院目的 予防接種 予約の有無 なし 来院時間帯 日中 9-18時 待ち時間 10分〜15分 診察時間 15分〜30分 診察領域 症状 - 病名 - ペット保険 - 料金 - 来院理由 知人・親族からの口コミ ドクターズインタビュー記事• 川崎市中原区の「めい動物病院」は、犬猫の一般診療を中心に循環器科や皮膚科、眼科の専門外来を受け入れている。 「家族の一員だと思って、なんでも聞いてほしい」と話す竹内潤一郎先生に、専門である循環器診療や診察に対しての思いを伺った。 めい動物病院• 竹内 潤一郎院長• 相模原市中央区の「かやま動物病院」は、2017年に開院した一次診療の動物病院だ。 「飼い主に説明をして理解をしてもらうことが獣医の仕事」と話す鹿山航院長、鹿山真里先生に、診療に対しての思いや今後の展望についてお話を伺った。 かやま動物病院• 鹿山 航院長• 鹿山 真里獣医師• 西武新宿線狭山市駅から徒歩10分にある彩の森動物病院は、大学附属病院で培った経験を活かし、腫瘍や血液内科疾患など治療が困難な疾患の治療にもあたっている。 また嘔吐や下痢といった一般的な消化器内科疾患から内視鏡を用いた処置まで様々な診療を行う。 彩の森動物病院• 鴨林 慶院長• 栃木県下野市の「ちょう動物病院」では、「飼い主の話をしっかりと聞く」「分かりやすく説明し、飼い主に納得してもらう」ことを重視している。 かかりつけ医としての一次診療に加え、循環器診療を専門とする長哲院長の「独自の取り組み」について取材した。 ちょう動物病院• 長 哲院長• 茅ヶ崎市の亀山動物病院は心臓病の検査を積極的に行っている。 亀山康彦院長は心臓のエコー検査に精通し 、重症化する前に病気を早期発見し、進行させない治療を実践する。 亀山先生に心臓病の検査や治療方針に ついて伺った。 亀山動物病院• 亀山 康彦院長.

次の

杉並区梅里|ハナ動物病院|犬・猫を診療します

杉並 ハナ 動物 病院

1.ハナ動物病院の太田快作獣医のプロフィールや愛犬花子との経歴は? それでは、さっそく ハナ動物病院の院長で 獣医の太田快作さんの プロフィールや花子との経歴 について確認していきましょう。 youtube. com 名前:太田 快作(おおた かいさく) 生年月日:1981年 出身地:東京都杉並区 学歴:北里大学獣医畜産学部獣医学科 卒業 趣味:動物と一緒に過ごすこと、仕事 好きな本:動物関係 好きな言葉:正義は勝つ ダメな所:面倒くさがり、おっちょこちょい 字が汚い 太田快作獣医の経歴と愛犬花子 太田快作さんは学生時代から動物が好きで 獣医になるために北里大学で獣医学を 学びますが、外科実習では保健所から 健康な犬を連れてきて使っていたため 衝撃を受けたそうです。 あまりにショックを受けた 太田快作さんは その外科実習をすべて拒否し、 生きた犬を解剖しないで済む方法を調べ 病気で死んだ動物の遺体を使う 「動物実験代替法」の採用を主張して 大学側と対立されました。 大学や多くの学生は医師になるための1匹 と思って実験を行なっていたようですが 動物を愛してる 太田快作さんは目の前の1匹 でも無駄死にさせたくはなかったんですね。 太田快作さんは、外科実習を見学と レポートで済ませ、なんとか 卒業させてもらっています。 大学時代に 太田快作さんは 可愛がっていた牛がハイエナ病になり、 解剖して食べようとしたものの 食べられなくて、それ以来お肉を 食べない生活を取り入れられていますが とはいえ、魚や鳥は食べたりと 無理はしないように進めているそうです。 太田快作と花子の出会い そんな 太田快作さんは学生時代に 特別な存在に出会います。 それが、獣医学生の時に青森の保健所から 保護して初めて育てた 愛犬の「花子」です。 jp 花子は太田快作さんが学生時代に 動物を保護して、里親を探して受け渡す 「犬部」のアイドル犬として 母乳が出る時には子犬にミルクをあげたり お尻をなめてあげたりと大活躍 してくれていました。 そして 太田快作さんは大学卒業後に 東京都、神奈川県、埼玉県の 動物病院で勤務をされながら 動物殺処分ゼロを目指し NPO法人ゴールゼロの副代表など 動物愛護に努めて 生まれ育った杉並に戻り 2011年12月18日に五日市街道沿いに 「ハナ動物病院」を開業されます。 hana-ah. com このハナ動物病院の 「ハナ」は太田快作さんの 愛犬で、犬部時代唯一の犬部員として活躍した 「花子」の「ハナ」をとって命名 しています。 病院のロゴも 花子をモチーフにして 人気マンガ「ハチミツとクローバー」の 原作者である漫画家の 羽海野チカさん が通っていたこともあった縁で 描いてくださったそうです。 facebook. そして、診療の合間には不幸な動物を 増やさないために野良猫の不妊手術なども 年間1000等以上されています。 いったいいつプライベートがあるのでしょう? 太田快作さんは心から動物が大好きで 幸せも願っているんですね。 そんな 太田快作さんは飼い主の無知によって 不幸な動物が増えているのも事実だと 動物病院にあまり行ったこともない という人にこそ「絶対に怒ったりしないので、 なんでも相談してください」と語っています。 正しい知識さえ身につければ 捨てられる動物も減るということを いつも感じてるそうです。 そして 太田快作さんの 愛犬の花子ですが 2019年9月5日に天国へ行かれたそうです。 心からご冥福をお祈りいたします。 ですが、 太田快作さんが動物最優先の 生活をされ続けてたため 離婚されてしまい 現在は一人暮らしだそうです。 太田快作獣医の妻について 太田快作さんの妻は ハナ動物病院の 内装関係を担当されていて 待ち時間が長くなりがちな動物病院で 待ち時間をすこしでも快適に過ごすために 動物や飼い主がなるべく居心地の良い 空間になるように心がけて待合室を 可能な限り広く作られています。 そんな 太田快作さんの妻は ピアノが趣味 で 太田快作さん自身もチャレンジしたことが あったのですが、すぐに頭が痛くなって 止めてしまったそうです。 おそらく 2014年生まれのようですので 小学校に通われている頃でしょうか。 動物を大切にする 太田快作さんですから 子育てにも愛情を持ってされている ことでしょう。 動物は子供の発育にとても良い影響がある ということなので、 花子とともに子育てを されているんでしょうね。 fujitv. jp 今回は、 ハナ動物病院のアイドル犬で18歳の 愛犬「花子」との生活を取材されています。 太田快作さんが動物保護を始めるきっかけ となったかけがいのない存在ですが、 人間なら100歳近い愛犬の花子が 突然倒れてしまい、介護をしながら 病院で診療をされているそうです。

次の

ハナ動物病院 太田快作のプロフィールと家族、花子の出会いについて【ザ・ノンフィクション】

杉並 ハナ 動物 病院

小さいころから動物が大好きだったのですが、実は幼いころは生物学者になり動物を研究してノーベル賞をとるような人になりたいと思っていた時期もあったんです。 動物園や畜産、水族館、野生動物の調査など色々な勉強をする中で、捨て猫や捨て犬の問題がある事を知り「動物愛護」について深く考えるようになりました。 野良猫や野良犬を見つけた時には保護して里親を探していました。 一匹一匹個性があり可愛くてとても楽しい時間でした。 「捨て猫や捨て犬を保護して殺処分をなくしたい」こんな思いを持つ仲間を増やして、捨て猫や捨て犬をどんどん救っていこう、という活動をはじめようと「犬部」というサークルを立ち上げました。 この活動を通して気づいたのは、捨て犬や捨て猫の多さと協力してくれる獣医の少なさです。 活動に理解のある獣医さんがもっと増えて協力してもらえればすごく力になる、と強く感じたんですよね。 開業した今でも殺処分になってしまう不幸な犬や猫を減らすための活動を行い、動物愛護問題に対して先頭に立って行動していきたいと思っています。 私自身とても動物が好きですし、獣医師という立場ではありますが、同時に「飼い主」でもありますので「自分が受診する側だったらどのようにしてほしいか」ということを常に考えながら診察するようにしています。 同じ飼い主同士、同じ動物好き同士、お話するのはすごく楽しいですよ。 ただ、全ての飼い主さんが私と同じ考えであるとは限りませんから、それぞれの飼い主さんと動物が幸せに暮らせる方法、を考えて提案するようにもしています。 例えば重い病気になったしまった動物。 血液検査をしたりレントゲンや超音波の検査をしたり、手術をしたり・・・と検査や治療を重ねる事もできますが、それだけが飼い主さんと動物にとって常に一番良い選択であるとは限りません。 高い治療費が払えない飼い主さんだっているんです。 そんなときに「十分な検査や治療を受けさせてあげられなかった」「最善の選択をしてあげられなかった」なんて悲しんでいると、きっと動物だって悲しい気持ちになってしまうことでしょう。 動物にとっては大好きな飼い主さんに愛されて一緒に最期の瞬間まで一緒にいられたら幸せなのだと思っています。 飼い主さんと動物がいつも幸せな気持ちでいられるように。 その手助けやアドバイスをすることが私の大切な役割の一つだと思っています。 どんなに懸命に治療をしても、生き物は病気や事故、老化などで亡くなってしまう時が来ます。 飼っている動物は、飼い主さんからすれば大切な家族ですから、家族が亡くなればとても悲しいし辛い。 だけどそんな動物達と一緒に暮らすことができて良かったな、幸せだったな、と振り返ってもらえたらいいな、と思っています。 病気などで看病するのは時間もお金もかかってしまうので大変かもしれない。 だけどその分飼い主と動物の間の絆も強くなるし濃い時間が過ごせていると思うんです。 動物が元気なときも、勿論楽しい生活が送れていると思います。 でも病気や怪我で看病しなければいけなくなると、飼い主さんは家を空けている間も「大丈夫かな」「苦しんでないかな」と動物の事を想う時間が増えますよね。 一緒に病気と向き合って、辛い事も嬉しい事も共有した時間というのは、飼い主さんにとってもかけがえのないものだと思いますし、ペットも幸せだったと感じながら亡くなっていってると思います。 「こんな辛い思いをするなら、もう2度と飼いたくない」ではなく「悲しいけど、また飼いたいな、本当に最期の1秒まで幸せだったな」と思えるような時間を過ごしてもらえたらと願っています。 迷子犬をなくすためにマイクロチップを推奨 マイクロチップは麻酔を行わずに注射器で10秒もかかわらずに体内に埋め込むことができます。 15桁の番号から飼い主の住所などが識別できる、というもので一度埋め込めば一生交換の必要もなく安全性も確認されています。 過去の大きな震災の際にも多くの動物たちが飼い主とはぐれてしまいました。 このマイクロチップが入っていれば飼い主が判明し再会できる確率はかなり高くなっていたはずだと思います。 迷子犬や震災で飼い主とはぐれてしまう犬を少しでも減らすために、当院ではマイクロチップの挿入を安価で行うようにしています。 利益ではなく、飼い主さんと動物の幸せのための活動だと思っています。 興味のある方は是非お問い合わせいください。 他には地域の環境を守り、不幸な命を少しでも減らそうとTNR(野良猫の不妊手術活動)にも協力しています。 外で生きるネコ達の望まれない出産を防ぎ、殺処分されてしまう動物を減らすための活動です。 勿論飼い主さんがいる動物の避妊や去勢手術も行っていますが、飼い犬は診るけれど野良犬は診察しない・・・なんてことはあってはいけないと思っています。

次の