プー と 大人 に なっ た 僕 英語。 くまのプーさん実写化、映画『プーと大人になった僕』2人の再会とその後を描く

プーと大人になった僕

プー と 大人 に なっ た 僕 英語

この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2019年7月)() イギリスの田舎に住む少年クリストファー・ロビンは、100エーカーの森でくまのプーさんとその仲間たちと楽しい日々を過ごしていたが、ロンドンの私立寄宿学校に入学することになり、お別れパーティーでプーと森の仲間たちに「君たちのことは絶対に忘れない」と約束した。 しかし、親元を離れた学校での厳しい躾や教育、父親の死、第2次世界大戦の出兵などを経て、その約束は忘れ去られ、いつの間にかクリストファーは普通の大人になっていった。 首都ロンドンで、旅行カバン会社のウィンズロウ社で働くクリストファーは、多忙のゆえ愛する妻イヴリンと娘マデリーンとの間に溝を作るようなってしまった。 ある日、家族と週末にクリストファーの故郷の田舎に旅行する計画を立てたが、会社グループの2代目支社長ジャイルズから、業績不振の打開策の提案を急遽押し付けられてしまい、家族との約束も守ることができず、一人ロンドンで仕事をすることになった。 その頃、100エーカーの森ではプーが異変に気がついた。 森の仲間たちが一人もいないのだ。 プーは「親友のクリストファー・ロビンなら何とかしてくれる」と考え、かつてクリストファーが使っていた魔法の扉をくぐると、ロンドンのとある公園に出ることができた。 休日出勤の帰り道、自宅前の公園のベンチに腰掛けるとそこにはプーの姿があった。 数十年ぶりの再会に歓喜する二人だが、魔法の扉は消えてしまい、プーはロンドンに取り残されてしまった。 プーをアパートに連れて帰るクリストファーだが、無邪気でドジなプーのおかげて家の中はめちゃめちゃになってしまい、仕事どころではなくなってしまう。 クリストファーは仕方がなく、翌朝プーをロンドンの駅から列車に乗って故郷の100エーカーの森へ送り届けることになる。 - ()• 子供時代のクリストファー・ロビン - ()• イヴリン・ロビン - ( )• マデリーン・ロビン - ()• ジャイルズ・ウィンズロウ - () 声の出演• - ()• - ジム・カミングス()• - ()• - ()()• - ()• - ()• - ()• - () 製作 構想 4月2日、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズは『』のキャラクターたちを登場させた実写映画を製作すると発表した。 『』や『』、『』同様、必ずしも原作に忠実な形で実写映画化されるわけではないとも発表された。 11月18日、正式なタイトルが『 Christopher Robin』に決まり、マーク・フォースターが監督に起用されたと報じられた。 3月1日、トム・マッカーシーが脚本のリライト作業を行っているとの報道があった。 キャスティング 2017年4月26日、ユアン・マクレガーが起用されたと報じられた。 また、アリソン・シュローダーが脚本のリライト作業を行ってるとも報じられた。 6月22日、が本作の出演交渉に臨んでいるとの報道があったが、交渉は不首尾に終わった。 8月、ヘイリー・アトウェルとマーク・ゲイティス、ブラッド・ギャレット、ニック・モハメッドの出演が決まった。 2018年1月、ピーター・カパルディ、クリス・オダウド、トビー・ジョーンズ、ソフィー・オコネドーがキャスト入りした。 日本語吹き替えでは、過去作で声を務めてたプー役のとイーヨー役のが死去したため、プー役をかぬか光明が、イーヨー役を石塚勇が担当することになった。 なお、石塚は石田存命中のイーヨーの歌唱部分を担当しており、今回セリフ部分も含め引き継ぐこととなる。 プー役はかぬかで吹き替え声優としては4代目となる。 それ以外のキャストは全員既存作品の日本語吹き替えキャストと同じである。 本作の日本語版予告編では、『』をはじめ、複数の作品でユアン・マクレガーの吹き替えを務めているがナレーションに起用された。 また、本作に限ってユアン・マクレガーを務めた堺雅人の吹き替えは非常に賛否の分かれるものとなった。 撮影・音楽 2017年8月上旬、本作のがイギリスで始まった。 2018年2月9日、逝去したが本作で使用される楽曲を手掛ける予定だったと報じられた。 3月6日、クラウス・バデルトがヨハンソンの代わりに起用されたとの報道があったが 、後に降板することになり、ジェフ・ザネリとジョー・ブライオンが後任として起用された。 マーケティング・興行収入 2018年3月5日、本作のティーザー・ポスターが公開された。 6日、本作のティーザー・トレイラーがお披露目された。 本作は『』、『』、『 Death of a Nation: Can We Save America a Second Time? 』と同じ週に封切られ、公開初週末に3000万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが 、実際の数字はそれを下回るものとなった。 2018年8月3日、本作は全米3602館で公開され、公開初週末に2458万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場2位となった。 中華人民共和国ではくまのプーさんが検閲されているため、この映画も公開されなかった。 評価 本作は批評家から好意的に評価されている。 2点となっている。 サイト側による批評家の見解の要約は「『プーと大人になった僕』はA・A・ミルンの原作絵本やディズニーの原作アニメに匹敵する作品ではないかもしれない。 しかし、子供時代のちょっとしたマジックを求めている観客にとって、同作は十分に魅力的な作品である。 」となっている。 なお、本作のはAとなっている。 2018年8月9日閲覧。 2018年8月9日閲覧。 - 2019年2月11日閲覧。 2018年8月7日閲覧。 ふきカエル大作戦!!. 2018年9月14日. 2018年9月14日閲覧。 Twitter. 2018年9月13日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年9月2日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年8月9日閲覧。 2018年8月9日閲覧。 BBCニュース 2018年8月7日. 2018年8月7日時点のよりアーカイブ。 2019年10月10日閲覧。 2018年8月5日閲覧。 2018年8月5日閲覧。 2018年8月5日閲覧。 関連項目• 外部リンク• (日本語)• - (英語).

次の

くまプーさん名言集!英語版も。心が温まる・人生が豊かになる名セリフ

プー と 大人 に なっ た 僕 英語

「プーと大人になった僕」の解釈その1 「プーと大人になった僕」という日本語のフレーズから想像される状況の1つとして、以下のものがあるだろう。 「プーと大人になった僕」の表す状況として、「プーがいて、大人である僕がいる」というものがありうる。 これは要するに、「プー」と「大人になった僕」が並列されているという解釈である。 しかし、「プーと大人になった僕」は構造的に曖昧であり、他の状況も表しうる。 「プーと大人になった僕」の解釈その2 このフレーズを別の構造で捉えてみよう。 「プーと大人になった僕」の表す状況として、「僕は、プーとともに大人になった」というものがありうる。 ここでは、「プーと大人になった」が1つのかたまりとなって「僕」を修飾している。 そして、「プーと」が「大人になった」を修飾して、プーと一緒に大人になったということを示す。 要するに、プーと僕が一緒に成長しているような状況だ。 「プーと大人になった僕」の解釈その3 もう1つ別の構造を見てみよう。 「プーと大人になった僕」の表す状況として、「僕は、プーになり、大人にもなった」というものがありうる。 解釈その2と同様に、「プーと大人になった」が1つのかたまりとなって「僕」を修飾している。 しかし、「プーと大人になった」の内部構造がその2とその3で異なっている。 その3では「プーと大人」がまず1つのかたまりになって、それが、「に」・「なった」と結びついている。 僕が何になったのかと言えば、「プーと大人」だ。 つまり、僕はプーになっただけでなく、大人にもなったのだ。 補:語義曖昧性 ここまでは、構造的曖昧性に着目して「プーと大人になった僕」が表しうる状況を考えてみた。 語義曖昧性、すなわち単語そのものの意味の曖昧さも考えると、さらにさまざまな状況が想定できるようになる。 例えば、「プー」を無職(プー太郎)の意味で捉えれば、また違った状況を思い描くことができる。 「プーと大人になった僕」の「プー」を無職(プー太郎)という意味で捉えた場合、構造は前に掲げたものと同じでも、違った状況を示しうる。 画像出典 この記事のイラストはすべて、いらすとやのものを使用した。

次の

プーと大人になった僕 : 作品情報

プー と 大人 に なっ た 僕 英語

この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2019年7月)() イギリスの田舎に住む少年クリストファー・ロビンは、100エーカーの森でくまのプーさんとその仲間たちと楽しい日々を過ごしていたが、ロンドンの私立寄宿学校に入学することになり、お別れパーティーでプーと森の仲間たちに「君たちのことは絶対に忘れない」と約束した。 しかし、親元を離れた学校での厳しい躾や教育、父親の死、第2次世界大戦の出兵などを経て、その約束は忘れ去られ、いつの間にかクリストファーは普通の大人になっていった。 首都ロンドンで、旅行カバン会社のウィンズロウ社で働くクリストファーは、多忙のゆえ愛する妻イヴリンと娘マデリーンとの間に溝を作るようなってしまった。 ある日、家族と週末にクリストファーの故郷の田舎に旅行する計画を立てたが、会社グループの2代目支社長ジャイルズから、業績不振の打開策の提案を急遽押し付けられてしまい、家族との約束も守ることができず、一人ロンドンで仕事をすることになった。 その頃、100エーカーの森ではプーが異変に気がついた。 森の仲間たちが一人もいないのだ。 プーは「親友のクリストファー・ロビンなら何とかしてくれる」と考え、かつてクリストファーが使っていた魔法の扉をくぐると、ロンドンのとある公園に出ることができた。 休日出勤の帰り道、自宅前の公園のベンチに腰掛けるとそこにはプーの姿があった。 数十年ぶりの再会に歓喜する二人だが、魔法の扉は消えてしまい、プーはロンドンに取り残されてしまった。 プーをアパートに連れて帰るクリストファーだが、無邪気でドジなプーのおかげて家の中はめちゃめちゃになってしまい、仕事どころではなくなってしまう。 クリストファーは仕方がなく、翌朝プーをロンドンの駅から列車に乗って故郷の100エーカーの森へ送り届けることになる。 - ()• 子供時代のクリストファー・ロビン - ()• イヴリン・ロビン - ( )• マデリーン・ロビン - ()• ジャイルズ・ウィンズロウ - () 声の出演• - ()• - ジム・カミングス()• - ()• - ()()• - ()• - ()• - ()• - () 製作 構想 4月2日、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズは『』のキャラクターたちを登場させた実写映画を製作すると発表した。 『』や『』、『』同様、必ずしも原作に忠実な形で実写映画化されるわけではないとも発表された。 11月18日、正式なタイトルが『 Christopher Robin』に決まり、マーク・フォースターが監督に起用されたと報じられた。 3月1日、トム・マッカーシーが脚本のリライト作業を行っているとの報道があった。 キャスティング 2017年4月26日、ユアン・マクレガーが起用されたと報じられた。 また、アリソン・シュローダーが脚本のリライト作業を行ってるとも報じられた。 6月22日、が本作の出演交渉に臨んでいるとの報道があったが、交渉は不首尾に終わった。 8月、ヘイリー・アトウェルとマーク・ゲイティス、ブラッド・ギャレット、ニック・モハメッドの出演が決まった。 2018年1月、ピーター・カパルディ、クリス・オダウド、トビー・ジョーンズ、ソフィー・オコネドーがキャスト入りした。 日本語吹き替えでは、過去作で声を務めてたプー役のとイーヨー役のが死去したため、プー役をかぬか光明が、イーヨー役を石塚勇が担当することになった。 なお、石塚は石田存命中のイーヨーの歌唱部分を担当しており、今回セリフ部分も含め引き継ぐこととなる。 プー役はかぬかで吹き替え声優としては4代目となる。 それ以外のキャストは全員既存作品の日本語吹き替えキャストと同じである。 本作の日本語版予告編では、『』をはじめ、複数の作品でユアン・マクレガーの吹き替えを務めているがナレーションに起用された。 また、本作に限ってユアン・マクレガーを務めた堺雅人の吹き替えは非常に賛否の分かれるものとなった。 撮影・音楽 2017年8月上旬、本作のがイギリスで始まった。 2018年2月9日、逝去したが本作で使用される楽曲を手掛ける予定だったと報じられた。 3月6日、クラウス・バデルトがヨハンソンの代わりに起用されたとの報道があったが 、後に降板することになり、ジェフ・ザネリとジョー・ブライオンが後任として起用された。 マーケティング・興行収入 2018年3月5日、本作のティーザー・ポスターが公開された。 6日、本作のティーザー・トレイラーがお披露目された。 本作は『』、『』、『 Death of a Nation: Can We Save America a Second Time? 』と同じ週に封切られ、公開初週末に3000万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが 、実際の数字はそれを下回るものとなった。 2018年8月3日、本作は全米3602館で公開され、公開初週末に2458万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場2位となった。 中華人民共和国ではくまのプーさんが検閲されているため、この映画も公開されなかった。 評価 本作は批評家から好意的に評価されている。 2点となっている。 サイト側による批評家の見解の要約は「『プーと大人になった僕』はA・A・ミルンの原作絵本やディズニーの原作アニメに匹敵する作品ではないかもしれない。 しかし、子供時代のちょっとしたマジックを求めている観客にとって、同作は十分に魅力的な作品である。 」となっている。 なお、本作のはAとなっている。 2018年8月9日閲覧。 2018年8月9日閲覧。 - 2019年2月11日閲覧。 2018年8月7日閲覧。 ふきカエル大作戦!!. 2018年9月14日. 2018年9月14日閲覧。 Twitter. 2018年9月13日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年9月2日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年4月19日閲覧。 2018年8月9日閲覧。 2018年8月9日閲覧。 BBCニュース 2018年8月7日. 2018年8月7日時点のよりアーカイブ。 2019年10月10日閲覧。 2018年8月5日閲覧。 2018年8月5日閲覧。 2018年8月5日閲覧。 関連項目• 外部リンク• (日本語)• - (英語).

次の