中学生 不 登校 転校。 不登校のため、転校を検討しています(長文)

不登校の中学生の成功する転校と失敗する転校

中学生 不 登校 転校

不登校中学転校はしてもいい? 冒頭の説明でも書きましたが、中学校を不登校になって 転校するというのは 一つの選択肢として良いと思います。 その理由として、不登校になった 原因が中学校の環境にあるという事が分かった場合にあります。 中学校に不登校になる原因があると分かれば、タイミングを見て転校するという事は、不登校になる大きな原因を無くすことができるので、これで案外、学校を変えると登校できる可能性が出てきますね。 逆に学校に原因があると分からない場合は、やみくもに転校したからといって、不登校が改善という事には繋がりません。 学校の先生に相談する もし、中学校(小学生・高校生・大学生)で不登校になった場合、不登校になった本人はこれまで頑張ってきて疲れ切っているので、まずはゆっくり家で休ませて下さい。 逆に親としてよくある「学校に行きなさい」「勉強だけでもしっかりしなさい」は、家で休まる心も休まらずに逆にもどかしさと怒りが湧いて、逆に悪化を招く可能性が大です。 なので、不登校になった本人はゆっくりさせながら、まずは学校の先生と話し合いをして、不登校の原因や改善を探っていくのがいいでしょう。 何度か話していく内に、少しづつ不登校になった原因が見えてくるかもしれません。 不登校のよくあるパターンは? よくあるパターンとしては・・・ ・軽いイジメにあっている。 ・いつも真面目な印象。 ・頑張り屋さん。 ・友達が少ない。 ・これまで不登校になる様子は無かった。 といったような事が出てきます。 大体、これらの話が出てきたら、本人はとても真面目に学校を頑張っていたが、学校になかなか落ち付く事ができず、日々、ストレスを発散できずに溜めていたと考えていいでしょう。 実際に私も、これらのパターンがあって中学で不登校になり、引きこもり始めました。 多分、本人に何が原因か聞いても、「分からない」と言ったり答えないと思います。 本人はとても不安定で困っており、自分を責め続けていると考えられます。 ですので、くれぐれも本人はそっと見守ってあげて下さいね。 ある程度、笑顔が見られるぐらいになったら、少しづつお話をしてもいいかもしれません。 不登校が中学を転校するタイミングは? さて、不登校の原因が学校にある(例:イジメ・先生とのトラブル・クラスの雰囲気など)と分かった場合は、中学校の転校を考えていいでしょう。 そして、転校のタイミングは事前に転校を検討する中学校側と確認をして下さい。 転校のタイミングを間違うと、結局、同じ道を辿る可能性があるからです。 おすすめのタイミングは新年度(4月) 一番おすすめする転校のタイミングは、 新年度4月がいいでしょう。 理由としては、中学校で学年が変わる毎にクラス替えを多くの学校でしているからです。 不登校になって 不安の要素として大きく占めるのが、 クラスの雰囲気です。 ある程度クラスの雰囲気が固まっている年度の途中から入ると、遠慮して中々馴染みにくい傾向があるからです。 なので、新年度でクラス替えがあるタイミングが、まだクラスの雰囲気も固まる前なので、不登校の本人も学校に気分的にも安心して入りやすいと思います。 不登校脱出でおすすめはクラス替え 実際に私が中学1年生で不登校になりましたが、中学2年生の時に一時期学校に登校する事ができました。 再び学校に登校できるきっかけとなったのが、 クラス替えです。 中学2年生になる前に、学校の先生が私や親と相談してくれて、クラス替えの時になるべく私と仲の良かった友達を一緒のクラスに入れるよう努力をしてくれたからです。 そして、2年生でクラス替えをした時に、私と仲の良かった友達が2人一緒のクラスになりました。 これで私も学校に行きやすい状況ができたので、保健室登校からなんとか教室に出て、他の生徒と同じように学校に登校する事ができました。 もし、同じ学校で他のクラスに仲の良い友達がいれば、一度、学校の先生と相談してはいかがでしょうか。 不登校の子どもとの関わり方と気を付ける事は? 子どもと話をする際に気を付ける事は、話をしっかりと聞いて受け止めるようにして下さい。 子どもは親の言動や仕草を観察しています。 もし、子どもの話を聞こうとしない気持ちを持っていたり、子どもの言っている事に否定的な気持ちをもっていると、それが言動や表情に出て子どもは話をしなくなったり離れたりします。 特に不登校タイプの子どもはなかなか自分の気持ちを出そうとできなかったり、自分の気持ちより相手の気持ちを先に察したり優先して、自分の気持ちを押し殺してしまいがちです。 そうなると、一度閉じた心はなかなか開こうとせずに親子で互いに何も分からずに、不信感や距離が出きてしまいます。 ですので、子どものどんな気持でも親として大人として、友達として何でも受け止める気持ちを持ってから、話をする機会を作っていきましょう。 まとめ 不登校中学生の 転校は大丈夫?どうしたらいい?について、 不登校引きこもり経験者が語りました。 不登校になる原因が学校にある場合は、まず、学校の先生に相談してみて下さい。 それでも改善や本人が行きたいのに学校に行けない場合は、転校を考えてみて良いと思います。 とにもかくにも、不登校になった本人はこれまで頑張っているので、家でゆっくりさせて見守って下さい。 さらに子どもの気持ちを否定せずに受け止める気持ちを持って、子どもと向き合って少しずつ話をしていきましょう。 このブログを通じて不登校や引きこもりで悩まれてるみなさんの気持ちに寄りそい、陰ながら応援していきたいと思います。 みなさんがこのブログで書いてほしい事や知りたい事を募集しています。 さらに不登校やひきこもりの相談も無料のメールで受け付けています。 最後まで見ていただきありがとうございました。 学校復帰に勉強って考えますよね? そんな時に 手軽に安く学べる方法があります スタディサプリでしたら スマホで学べるオンライン学習が 月額980円と 塾や家庭教師より断然にお得で 平均して24万円もお得です! もちろん パソコンやタブレットでも見れます 教材の購入も必要なしで (必要な方は購入可能) 5教科18科目の 1万本以上の講義の動画が見放題です 今なら 2週間の無料お試し期間があり 無料期間内に退会する事も可能なので 安心してお試しできるのが嬉しいですね! 本格的に勉強をするよりも まずは勉強に触れる機会にスマホで 手軽に無料でできるスタディアプリを お試ししてみてはいかがでしょうか.

次の

不登校のため、転校を検討しています(長文)

中学生 不 登校 転校

来週の土曜日、7月4日(土)今年度最初のオープンキャンパスが実施されます。 全体への説明の後に4つの体験プログラムを行います。 A:部活動体験(パソコン部)…プログラミングに挑戦します。 B:理科実験教室(雲・空気砲作り)…雲がどのようにできるのか学びます。 C:手作り教室(アクセサリー)…ビーズを使ったアクセサリーを作ります。 D:体験授業(手話)…簡単な手話を学びます。 ご了承ください。 変更したい場合はご連絡ください。 お問い合わせください。 体験プログラムや全体説明などは感染症予防に細心の注意を払って実施しますので、安心してお越しください。 検温やマスクの着用など、ご協力お願いすることがありますが、ご了承ください。 オープンキャンパスへの参加を希望される方は また電話でも受け付けております。 また、当日はインターネット学習教材『すらら』の体験コーナーも用意します。 学習面で不安のある方、もっと力を伸ばしたい方など、ぜひお試しください。 学び直しとともに、インターネットを活用した学びも充実している点を実感していただけると思います。 みなさまのご参加をお申し込みをお待ちしています。

次の

不登校ブログ・息子が中学生で長期不登校になった原因と解決方法

中学生 不 登校 転校

私立の中学には受験勉強をして合格し通っていました。 中高一貫校でしたのでそのまま高校まで通うことが当り前だと私も家内も考えていて、公立中学への転校の事など全く頭にありませんでした。 不登校になった後も転校の事などは考えていなかったので息子自身が「公立の高校に通いたい」と知った時には驚きました。 通っていた私立の中学に復学をし、そこから公立の高校を受験する事も不可能ではありませんでしたが中高一貫校ですのでやはり他の高校への受験となると条件的にも難しい事が多く親としてもその方法はよくないと考えていました。 公立の高校を受験するなら私立の中学より公立の中学からの方が合格しやすくなる事はわかっていました。 しかし、受験をして入学した私立の中学を辞めて公立の中学への転校は父親の私も家内も受け入れるまでに時間がかかりましたが、復学支援機関の方ともよく相談をして息子が考えている事を尊重し公立中への転校を決めました。 公立中学への復学(転校)は復学支援機関の指導を元に準備をして中学2年の10月から学校に通うようにはなりましたが11ヶ月の長期間、学校に行っておらず殆ど毎日家から出ない状態でしたので体力も相当落ちている事もあって転校した頃には学校を休みかける事が何度もありました。 復学(転校)出来てもまた学校に行かなくなる事が多くあるのが不登校の特長です。 学校を休む癖が付いていますので少し嫌な事やしんどい事があると休もうとする。 そうして再び休みだし出席日数が足らなくなり高校受験をする事が難しくなるケースが多くあります。 息子もそのようになりましたが学校を休みそうになると復学支援機関の方の力を借りて学校を休まさないにしていきました。 そのような事が何度もありましたが少しづつですが毎日学校に行くのが当たり前になり、安定して継続登校が出来るようになりました。 不登校の後、復学しても継続登校をする事が難しいといわれています。 時間は掛かりましたが息子の場合も継続登校が出来るようになったからこそ不登校を解決する事が出来たと感じています。 公立の中学からの公立の高校への受験、普通なら出席日数と内申書の内容次第でそれ程難しい事ではありません。 しかし不登校になってしまった場合は全く環境が異なります。 息子の場合、私立の中学で不登校になり公立の中学への転校をしての高校受験でしたので元の通っていた私立の中学の成績は受験には考慮されません。 公立への転校後の成績での内申書となりますので父親の私としても11ヶ月の長期間の勉強の遅れの影響はないのだろうか?私立と公立では勉強の内容も異なるので転校はしたのものの無事に高校受験をする事が出来るのだろうかと不安な事が多くありました。 しかし公立に転校をしてしまっているのでその環境から高校受験をするしかないので息子を見守る事しか出来ませんでした。 高校に入学する頃には既に安定して登校する事が出来ていたので再び不登校になることはあまり考えていませんでしたがそれでも朝起きる時間が遅い日や、少し疲れている時などは学校を休もうとするのではないか、と心配な事がありました。 実際に何度か学校を休んだ事もありましたが風邪気味だったり、何となく行きたくない日だったりの事で、他の高校生がたまに学校を休むような感じでした。 中学で不登校になっていますので親としてはやはり一日でも学校を休むとまた続けて休むのではないかと考えてしまいす。 高校生活は安定した登校も出来、大学受験をする事が出来、大学にも通う事が出来ました。 それもやはり中学で復学(転校)をした後に継続登校をする事が出来たからです。

次の