アルパイン ブルーレイ。 ブルーレイをBD

ブルーレイ対応のカーナビのまとめ

アルパイン ブルーレイ

ブルーレイディスク(BD)とは? ブルーレイディスク(BD)とは、DVDの後継となるよう開発された光ディスクを指す規格の名称です。 ブルーレイディスクの規格の策定は、2002年に行われました。 ブルーレイディスクの録画・再生を行える機器のほとんどが、前世代ディスクであるDVDと互換できます。 なお、 ブルーレイディスクはDVDと比較して、データの記憶容量が約5倍と大きいことが特長です。 国内テレビ放送の地上デジタル化やハイビジョン放送の普及などで、1番組あたりのデータ量が増加したことに伴い、ブルーレイディスクやブルーレイディスク対応の録画機器が急速に普及しました。 家庭用ゲーム機にも、より高精細な画質や高音質が求められるようになり、2000年代半ばごろからは、DVDメディアに代わってBDメディアが採用されています。 ちなみに「ブルーレイ」という名称は、青紫色の光でデータを読み取ることから名づけられました。 しかし「ブルー」をそのまま「Blue」とつづってしまうと、一般的な青色光と混同されてしまいます。 そのため「Blu-ray」とつづりを変えて、商標化されました。 ブルーレイディスク(BD)とDVDの違い・見分け方 ここでは、ブルーレイディスク(BD)とDVDの具体的な見分け方や区別についてご紹介します。 2-1. ディスクの外観 DVDは盤面(読み取り面)が金色に近い色味ですが、ブルーレイディスク(BD)は紫色がかった盤面です。 ブルーレイディスクとDVDのサイズや形状はほぼ同一です。 市販の録画用ディスクには、銘柄名と共に「DVD-R」「BD-R」などの種別が明記されています。 そのため、サイズや形状で見分けがつかなくなる心配はないでしょう。 2-2. 録画・再生する方法 ブルーレイディスク(BD)はブルーレイの録画・再生に対応した機器でなければ使用できません。 ただし、ほとんどのブルーレイディスク対応機器では、DVDの録画・再生にも対応しています。 2-3. 再生品質の違い ブルーレイディスク(BD)は大容量を実現しているため、高画質・高音質での録画・再生が可能です。 DVDの映像の画素数は35万画素ですが、 ブルーレイディスクは207万画素のため、同じ映像を比較してみたときに画質の差がはっきりと分かります。 2-4. 記憶容量の違い ブルーレイディスク(BD)は、DVDと比較して記憶できるデータの容量が約5倍です。 具体的には、DVDの最大容量は片面1層4. 7GB、片面2層で8. 5GBですが、ブルーレイディスクでは片面1層25GB、片面2層で50GBとなります。 2-5. 価格の違い 店頭で売られているディスクの価格だけを見ればブルーレイディスク(BD)もDVDもそれほど差がないように感じられますが、録画容量から判断すればブルーレイディスクのほうがかなりお得です。 2-6. 耐久性の違い 耐久性に関しては、現状はDVDのほうが優れています。 DVDは読み取る光の波長が長く、読み取りスポットが大きいため、少しの傷があってもエラーを起こしにくいのです。 ブルーレイディスクは読み取る光の波長が短く、読み取りスポットが小さいため、少しでも傷があると、映像を再生する際に影響を受けやすくなります。 ただし、光ディスクとしての物理的な特徴は、ブルーレイディスクもDVDもあまり差がありません。 そのため、 書き込み専用の光ディスクの寿命は、ブルーレイディスクとDVDのどちらも10~100年とされています。 ちなみに、磁気テープやアナログレコードのように、再生回数によってデータの品質が落ちることはないため、理論上は半永久的にデータ保存が可能です。 ブルーレイディスク(BD)・DVDの適切な保管方法 光ディスクも物体である以上、物理的な破損や変質の可能性があります。 できるだけ寿命を延ばすためには、適正に保管しておくことが必要でしょう。 ブルーレイディスク(BD)やDVDなどの光ディスクの保管方法について。 直射日光や高温を避けて保管する• 湿度が高くならない場所に保管する• 傷や汚れを防止するため、専用ケースに入れて保管する• 読み取り面の汚れ(指紋やホコリなど)は、保管前にクリーニングクロスやクリーナー剤で除去する 上記に従って保管すれば、長持ちさせることが可能です。 1枚ずつケースに収納したうえで専用のボックスや収納棚に入れ、ディスクを立てた状態で保管することをおすすめします。 特にブルーレイディスクはDVDと比較して、 圧力がかかることによる変形にも弱いため、細心の注意を払って保管するようにしましょう。 記録済みのディスクのバックアップもおすすめ ブルーレイディスク(BD)やDVDは光で読み取るため、記録データが劣化しないとはいえ、物理的な破損や汚損でデータが読み取れなくなる可能性があります。 また、数十年単位での保管を想定しているのであれば、ディスクメディアの形式に移り変わりが生じて、再生機器の入手や確保が難しくなることも想定できます。 本当に大切なデータを末永く残したいのであれば、別のディスクにバックアップを取っておくと安心です。 先の長い話にはなりますが、将来的に新しい記録媒体の普及があるかもしれません。 パソコン上のデータを記録する媒体では、新しい記憶媒体の普及により、従来の記憶媒体に保存されたデータの再現が難しくなりました。 十数年前まで主流だった「フロッピーディスク」や「MO」などは、いまや記録や再生が可能なドライブが少なくなってしまいました。 大事なデータを保存しているものの、読み出すことができなくなり、困っている方も多いのではないでしょうか。 ブルーレイディスクやDVDも、数十年後には旧式の記録媒体になっている可能性も0ではありません。 ブルーレイディスクやDVDの取り扱いができるうちに、新たな形式のメディアに書き換えを済ませておくことをおすすめします。 ブルーレイディスク(BD)保管時の注意点 CDやDVDなどの光ディスクを一時保管しておくために、不織布でできた簡易ケースが市販されています。 アルバム上にとじられたものも選べることに加え、安価で扱いやすいため、人気のアイテムです。 しかし、ブルーレイディスク(BD)の保管には不織布の簡易ケースは向いていないため、注意してください。 ブルーレイディスクの記録面の保護層は非常に薄く(約0. 1mm)、保護層が厚いCDやDVDと比較するとちょっとした傷や指紋などの汚れ、変形などで再生時にエラーが起こりやすくなってしまうためです。 また、不織布ケースは湿気を帯びやすく、長期保存するとカビや腐食でディスクを傷める可能性もあるといわれています 大事なデータを記録したブルーレイディスクを台無しにしないためにも、 保管するときに収納するケースは、硬質プラスチックなどのしっかりした素材のものを選ぶと良いでしょう。 ブルーレイディスクとDVDを使い分け 今回は、ブルーレイディスク(BD)の概要やDVDとの違い、取り扱いに関する基礎知識などについてご紹介しました。 ブルーレイディスクは記録データ容量が大きく、テレビ番組などをハイビジョン画質で記録できる点がメリットです。 しかし、DVDなどと比較すると傷みやすく、保管には注意が必要というデメリットもあります。 ブルーレイディスク対応レコーダーやプレーヤーなどの機器をお持ちの場合は、ほとんどの機種でDVDの録画・再生も可能です。 保存したい記録データの容量に応じて、ブルーレイディスクとDVDを使い分けましょう。 リペアネットワークでは、BDプレーヤーやその他の家電に関する情報をお届けしています。 ぜひ活用してくださいね。

次の

複数のDVDを1枚のブルーレイにコピーする方法

アルパイン ブルーレイ

いま買うべきブルーレイディスクプレーヤーはどれ? 日本国内で、市販ブルーレイビデオが登場したのが2006年11月のこと。 現在ではそのタイトル数は1000を超え、かなりの勢いで増えつつあります。 最近では、最新の映画の多くもブルーレイビデオタイトルとDVDが同時発売されるのが普通になってきて、ブルーレイだからタイトルが少ないということもなくなってきました。 以前は市販ブルーレイタイトルが少ないため、BDレコーダーで録画したものを再生して楽しむことが多かったわけですが、これからは市販ビデオタイトルの再生のためだけでも、ブルーレイディスクプレーヤーが活躍してくれそうな状況です。 TVの録画にあまり興味がなく、市販ビデオを再生したいだけのユーザーであれば、プレイヤーのほうがお勧めなAV機器です。 当然、レコーダーで録画したブルーレイディスクも再生できます。 そんな状況を受けて、現在ではブルーレイディスクプレーヤーは多くのメーカーから発売されるようになりました。 安価なものは2万円以下と、ブルーレイレコーダーよりも大幅に安価に購入できます。 また、本体内にノイズ源の少ないプレーヤーはレコーダーよりも再生クオリティを高くしやすくなっています。 ブルーレイディスクプレーヤーの高級機がブルーレイレコーダーよりも高価なのは、再生クオリティの向上に力が入っているためです。 今回は、おすすめのブルーレイディスクプレーヤーと、いまブルーレイディスクプレーヤーを買うときにチェックしておきたいポイントを紹介します。 ガイドおすすめのブルーレイディスクプレーヤー ・パイオニアBDP-LX54 高画質、高音質を求めるユーザーへのおすすめプレーヤーは、パイオニアの「BDP-LX54」。 32ビットDeepColor(次ページ参照)で出力できるため階調表現力が高く、音声面ではPQLS機能によってデジタル音声のジッター(乱れ)を低減しています。 当然、ブルーレイ3Dに対応しています。 ・ソニー BDP-S480 実売3万円以下で気軽に使えるおすすめプレーヤーは、ソニー「BDP-S480」です。 BDP-S480は厚さ約36mm、奥行き199mmというコンパクトさによって、狭い場所にも置くことができます。 また、高速ローディング技術によってディスクをセットしてから再生の開始までがきわめて短く、ストレスなく視聴できます。 高速起動モードでは電源オンから約3秒でトレイがオープンします。 画質に関しても、映画を自然な質感で再生できる24p対応、DeepColor対応、DVDもハイビジョン解像度に変換して視聴できるなどの機能を搭載しています。 画質もソニーの製品なので、優れたものを持っています。 当然、ブルーレイ3Dにも対応しています。 また、YouTube、U-Nextなどインターネット動画視聴サービスにも対応し、より広いメディアを楽しむことができます。 iPhone、Xperiaなどをリモコンとして使える専用アプリを提供するなど、総合的に高いコストパフォーマンスを持っています。

次の

カーナビでブルーレイ再生ができるのはパナソニックだけ?ストラーダを選ぶ理由!

アルパイン ブルーレイ

カーライフに欠かせなくなった カーナビ。 色々な種類の物が販売されていますが 今人気なのは 『ブルーレイ対応』のカーナビ です。 ブルーレイ対応カーナビだと、 高画質な大容量のデータの ブルーレイを車内で見ることが 出来るようになります。 我が家には子供が2人居るので 道中のアニメや動画再生は 習慣化しているのですが、 最近では、 ブルーレイが主流なのに 我が家のナビは、ブルーレイには 対応しておらず・・・ 車内でも見れればいいのに~ と嘆いている人も我が家以外にも きっと沢山いるはず!! そんな我が家含め、 ブルーレイ対応のカーナビに 魅力を感じる人たちも、 どこから販売されているの? どんな機種が人気なの? と、色々疑問がありますよね? ここでは、ブルーレイ対応カーナビの 特に人気の機種をランキングで ご紹介したいと思います! 購入検討中の人は、ぜひ カーナビ選びの参考にしてくださいね。 ブルーレイ対応のカーナビ!対応しているのはパナソニックだけ? ブルーレイ対応のカーナビ。 また、 ビーコンや通信機なしで 渋滞回避ルートを案内してくれるので スムーズなルート変更が可能となります。 アルミフレームでとても 高級感があり デザイン性が高いので どんな車にも合い、 さらに 高音質・高画質でブルーレイを 楽しむ事が出来ます。 いかがでしょう? 気になる機種はありましたでしょうか?? パナソニックからしか今は販売されていない との事ですが、 お気に入りのメーカーが 他にあるんだけどな・・・という人のため 他のメーカーからの発売予定について 次の章で調査していきます!! 他のメーカーでブルーレイ対応モデルは発売される予定はある? 今現在、 ブルーレイ対応のカーナビは パナソニックからしか出ていません。 ブルーレイが主流になりつつありますので そろそろどこか 他のメーカーからも ブルーレイ対応が出てくるかもしれません。 しかし、今のところ他のメーカーからの 発売予定は出ていませんでした。

次の