20 メタニウム インプレ。 【比較してみた】シマノの2020年の新製品『20メタニウム』と、16メタニウムの違いを比較してみた

2台購入!超性能のシマノ 20メタニウムを使ってみたのでわかりやすくインプレ!19アンタレスとどっちがいい!?

20 メタニウム インプレ

技術特性• TWS• マグシールドボールベアリング(ピニオンギア)• 高精度軽量マシンカットZAIONハウジング• ATD• スピードシャフト• タフ&リジッドクラッチシステム• ソルトバリヤタフクラッチ• 大径クリック付きメカニカルブレーキノブ• ドラグ調整・引き出しクリック 以上のようにパッと見はよく似てるスペック。 1つずつ見ていくと、やはりもっとも大きな売りのひとつである軽量性は「メタニウム」が 175gと最軽量。 さらに最大ドラグは 5kgで「紅牙TW」と同じで「炎月」より強く、ベアリング数も 10個と最多。 巻取り長さはどれもハイギアモデルということでほぼ同じだが、「メタニウム」はハンドルの長さが 42mmというのはタイラバリールに比べて大幅に短い。 ちなみに「メタニウム」糸巻量はナイロン表記だが、タイラバに使うPEに換算すると1号で約280mぐらい。 実際は0. 8号とか0. 6号といった細糸を使うことが多いだろうし、下巻き推奨。 続いて技術特性、ダイワとは比較が難しいため同じシマノ「炎月」と比較してみる。 とにかく滑らかの一言。 でも書きましたが、その滑らかさはこれまでのリールとは異次元。 水中での小さなルアーの動きの違いも感じることができるといっても過言ではないレベルです。 もちろんタイラバにおいてもこの滑らかさは有効で、水中でのルアーの動きだけでなく何か異物が絡まってる?潮流の微妙な変化がある?といった情報も入りやすいし、アタリがあった時にどういう触り方をしているか?といったことも分かりやすい。 スカートをついばんでるような鈍いアタリか?または針に触っていて金属質なアタリか? これらが分かることによってそのまま定速で巻き続ける。 または誘いを入れる。 あるいはアワセを入れる。 情報量が多いことで、次の一手をどうすべきかを考える楽しみが増えるし、フックやスカートが絡まったまま巻き続けるという無駄な時間が減るなどで、釣果は上がっていくと思う。 バス釣りにおいて軽量ルアーもキャストしやすく、飛距離がのびるといったキャスティングのための技術。 と思われがちですが、意外とキャストしないタイラバにも恩恵が。 それは フォールが滑らかであること。 巻きが究極に滑らかであるということはしつこいぐらいに言ってますが、ボートフィッシングにおいてタイラバを真下にフォールさせる時にも滑らかさを感じることができます。 極端な例を挙げると、安物リールでタイラバ(特に軽量なもの)をフォールさせるとクラッチを切っていてもスプールの回転にわずかに抵抗を感じることがある。 だからといってブレーキを緩めてもその抵抗感はあるし、緩めすぎるとバックラッシュしやすい。 対して20メタニウムは軽量タイラバをフォールさせても引っかかり感なくヌルヌルと滑らかにフォールしていく。 そしてそれだけ滑らかなもんですから、フォール中の違和感や着底時も分かりやすい。 新境地「フィネスタイラバ」リール 以上「巻き」と「フォール」において究極の滑らかさを持つ20メタニウム。 そしてそれらは軽量なタイラバであるほど、ほかのリールとの性能差を感じやすいです。 4号という超ライトなセッティングでやってみたりしたらゼッタイ面白いし、新しい釣り方ができると思う。 「まあそもそもフィネスなセッティングですし。 」 まとめ 20「メタニウム」でタイラバ。 他にやってる人を聞いたことはないし、需要があるのかないのか分かりませんがとりあえずタイラバに使える。 ということで。 もちろんハンドルの短さなど、専用リールではないので不利な部分もありますが、逆にタイラバ専用リールにはない特徴を持っていたりします。 それは一言でいうと「 究極に滑らかな巻きとフォール」。 そして使用するタイラバは軽量であればあるほど、そしてPEラインもそれに合った極細ラインであるほど20「メタニウム」の真価は発揮できる気がします。

次の

20メタニウムのインプレ !19アンタレスや16メタニウムMGLとの比較

20 メタニウム インプレ

もくじ• 早春の山中湖へ しかし… 完全にやらかしました。 寝坊してしまい、山中湖に到着したのは昼12時。 この日は気温がかなり下がってしまったため、ボトムを中心に攻めていきます。 まずはレイドジャパンのレベルバイブからスタート。 しっかりと底の方で細かいアクションをさせて行きます。 山中湖はサイズのアベレージが高いのでなんとか1匹釣りたいのですが生命感すらありません。 3月の山中湖は寒すぎる やっとの思いで釣れたのはブルーギルだけ…。 3月だというのに本日の気温は2度、手先がかなり冷えてきました。 せっかく20メタニウムのデビュー釣行ですので、このリールで1匹は釣りあげておきたいところ。 小バスでもいいから釣りあげたい一心でデラクーを投げ込みます。 心が折れかけたそのとき、大きなアタリが! やっとまともなバスが釣れました。 深場でじっとしているバスの口元にうまくトレースできた結果なのではないでしょうか。 あまりの寒さに本日はこれにて納竿です。 20メタニウムの機能 MGL IIIスプール 19アンタレスに使用されているスプールと同じものです。 従来のMGLスプールよりも軽量化し、バックラッシュの防止と飛距離の向上をさらに図りました。 現在このスプールが搭載さされているのは19アンタレスと20メタニウムのみとなります。 コアソリッドボディ バンダムのような頑丈なリールにしか使用されていない物だと初めは思っていましたが、まさか軽くて人気の高い20メタニウムにも使用していたとは…! このおかげで重めのルアーも投げやすくなりました。 ブラスギア 従来のメタニウムシリーズはジュラルミンギアでしたがこの20メタニウムはブラスギアが搭載されました。 このおかげでメタニウム特有のギアの劣化にも強くなり、さらに巻き心地が向上しました。 ベイトフィネス対応 実はこのメタニウムには夢屋から専用の30番スプールが用意されています。 そのためメタニウム1つでベイトフィネスからビッグベイトまでさまざまなルアーに対応することが可能です。 またベイトフィネスができるということはトラウトなどでも使用することができてしまいます。 詳しくは 20メタニウムについてまとめ 今までのメタニウムも性能が良く使いやすいリールでしたが、今回発売された20メタニウムは別格のリールとなっています。 バーサタイルに優れ、軽いルアーからビッグベイトまでオールラウンダーに活用することができます。 スプールを交換することでベイトフィネスも可能なので釣りの幅は無限大ですね。 巻き心地も良く、寒くなければ1日中巻き物を投げていたくなるリールです。 山中湖についてですが、富士五湖の中でも一番気温が低くなりやすいので冬や早春はあまり行かない方がいいですね。 寒すぎて後悔します。

次の

[20メタニウム使用感インプレ]初搭載機構ナシで感動無し!シマノ全部載せ小型軽量ベイトの逸品

20 メタニウム インプレ

20メタニウムのインプレ・レビュー! 細かいスペックはシマノのホームページに載っていますので省略しますが、特徴だけでも簡単に紹介しておきます。 20メタニウムの特徴• コアソリッドボディ採用• アンタレスとバンタムに搭載された技術が20メタニウムにも搭載されています。 それでいて、価格も3万ちょいで買えて175gという自重のため、 コスパ・軽さ・性能すべてを持ち合わせたこれ以上ないスペックですね… 更に細かいスペックや特徴を知りたい方は以下の記事をご覧ください。 ここからは実釣で使用した意見を述べていきます。 デザインはガンメタでかっこいい カラーは思っていたより濃いガンメタで塗装もしっかりしている印象です。 ぱっと見てにも見えますけど、横からは18バンタムMGLのようなデザインですね。 16メタニウムMGLのシルバー塗装はキズが目立ちやすくあまり好きではなかったので、20メタニウムはキズが目立ちにくくなり、 ロッドに載せたときも一体感が出て引き締まった印象です。 ハンドルノブはにも装着されていたスリムノブになっていてとても握りやすかったです。 パーミングしやすいボディと抜群の操作性 20メタニウムを使って 何よりコンパクトなことに驚きました。 手が大きい方は若干握りにくいかもしれませんが、コンパクトになったことで操作性が良く、細かいアクションを付けやすいです。 巻物はもちろんジグ&テキサスやワーミングなど、自からアクションを付けていくルアーに向いていると思いました。 まるで ベイトフィネスリールを使ってるかのような感覚ですけど、しっかりとした剛性感があり全く不安は感じられませんでした。 パーミングはまだ慣れていないからか、特に悪いという訳でもなく、めっちゃ良いという訳でもありませんでした… 個人的には16メタニウムMGLか19アンタレスのほうが握りやすいです。 特に 中~軽量ルアーのキャスタビリティは軽快で、19アンタレス同様の伸びのあるフィーリングが堪能でき、思い通りにキャストが決まります。 さすがにベイトフィネスで投げるようなルアーは厳しく、近々発売予定のに期待ですね。 巻き心地・剛性感 ギア素材が超々ジュラルミンからブラスギアに変更されたことで、巻き心地は滑らかでシルキーです。 箱から出したときはグリスが馴染んでなかったのか 巻き感が重く感じられましたけど、使っているうちに馴染んで気にならなくなりました。 剛性感はコアソリッドボディの恩恵で、コンパクトながらもカッチリしている印象。 18バンタムMGLのような剛性を感じられます。 20メタニウムを使って気がついた点 気に入った点• 飛距離・巻き心地・操作性など全てにおいて高次元• ダイヤルケースのくぼみの角度が前寄りのためダイヤルを回しやすい• クラッチレバーが押しやすい 最初のインプレでも書いた通り、飛距離・巻き心地・操作性など、全てにおいて高次元なところです。 また、ダイヤルケースのくぼみの角度が18バンタムMGLより若干前寄りになっています。 18バンタムMGLは上寄りだったので調整しにくかったですが、20メタニウムはロッドに付けたときちょうど親指で触れやすい角度で、ダイヤルを回しやすくなっていました。 クラッチは 少し硬く安っぽい感じがしましたけど、面積が広いことで押しやすくサミングもしやすかったです。 19アンタレスや18バンタムMGLのクラッチは面積が狭く押しにくく感じていましたので嬉しい改善です。 気に入らなかった点• ダイヤルケースが取り外し式で開けにくい• メカニカルブレーキが緩い• 太い糸には向かない• 僕はボートやフローターでの釣行が多く湖上で開けるときは落とさないように結構気を使いますね… 他にはメカニカルブレーキが緩く、少し触れただけですぐに動いてしまいそうです。 ゼロポジションで使っているとなるべく動いて欲しくないのですが、とりあえず気にせず使っていこうと思います。 一番気持ちよく使えるポンド数は10lb〜14lb、16lb以上になると目減りが早く感じますので、バーサタイルリールの中でもベイトフィネスライクなリールですね。 19アンタレスとスプールの互換性はない 20メタニウムのスプールは19アンタレスで使えるのか検証してみたところ、互換性はありませんでした。 その逆で、19アンタレスのスプールを20メタニウムに装着すると、入るのですがスプールがガタつくので使えません。 ちなみに両方のスプールの重さを比較すると… 20メタニウムが重いという結果となりました。 これは20メタニウムのスプールの内側にサイレントチューンのバネが入っているため、若干重くなっているのではと思います。 20メタニウムのまとめ• 軽さがもたらす軽快な操作性• 巻物も撃物も全てカバーできるバーサタイル性能• クラッチレバーが押しやすく、サミングもしやすい• 巻き心地とパーミングは19アンタレスに及ばない 色々書きましたけど、 欠点を探すのが難しいほど素晴らしいリールでした….

次の