フィギュアスケートプロトコル。 フィギュアスケート速報

公益財団法人 日本スケート連盟

フィギュアスケートプロトコル

カウンターってなんだ? カウンターからの3Aのあれ? 違います。 これですね。 いつからか、付いたコレ。 ある程度のスケオタくらいになると、想像がつくのですが、 あまり試合を見た事のない人になると、今、選手が何をやったか、という事が解りやすいですよね。 あとは、どのくらいの点数が付くものなのか、基準となります。 最近は私も成長したのか、ジャンプはほぼ、見分けられるようになりました。 ただ、ロッカーとか、ブラケットはいまいちわかりません。 ネイサンがロッカーをよく使っているので、そのうちわかるようになるかも。 スリーターンとカウンターはなんとなく、わかるようになったかな。 という事で、詳しい人な… やはりわれらがネイサンは、考えていたのですね。 ここのところ、コロナ禍以外に、黒人人種差別問題が噴出していて、 秋の大統領選にもかなりの影響を及ぼすと思われる。 この時期に、あまりインスタがアップされていない原因は 1. 単純に氷に乗れていない 2. ただ、これは簡単に口に出せる問題ではないですね。 特にネイサンは、チャイニーズアメリカンですから。 このブログでもちょいちょい出している事ですが、ネイサンは移民の両親を持っている 中国系アメリカ人。 もちろん苦労されて、ちゃんとアメリカ国籍も取られています。 本当に大変だ… 日本のフィギュアスケーターの皆さんを応援しましょう!チームがんばれ!ニッポン! フィギュアスケートが好きな方、何でもお気軽にトラックバックしてください! 羽生結弦 宇野昌磨 高橋大輔 田中刑事 「思いついたものはすべて試す、挑戦し続けるシーズンに」 友野一希 「スケートの質を上げて、表現に命を宿したい」 山本草太 「もっとレベルアップして、昨シーズンより成長したい」 須本光希) 「町田くんを見習って、僕も目標は口に出していきたい」 (宮原知子) 「ゼロからのスタートなので、新しいことをいろいろ試したい」 (樋口新葉) 「この先の4年に向けて、新しいことに挑戦したい!」 (坂本花織) 「新しくできることがどんどん増えていくのがすごく楽しい」 (紀平梨花) 「この道に人生を懸けてきたから頑張るぞ!という気持ちです」 (三原舞依) 「昨季と一番変わったのは考えすぎなくなったこと」 (本郷理華) 「自分がやりたいと思った曲で楽しんで滑りたい」 (本田真凜) 「きつい練習だけど、次の日には『ああ楽しみ!』と思えます」 (山下真瑚) 「満知子先生と美穂子先生の生徒だと胸を張れるように」 (松田悠良) 「気持ちを楽にして滑りを楽しんでいきたい」 白岩 優奈 横井 ゆは菜 荒木 菜那 木原龍一 須? 海羽 伊藤みどり 浅田真央 村上佳菜子 織田信成 町田樹 小塚崇彦 本田武史 無良崇人 安藤美姫 鈴木明子) 村主章枝) 村上大介 浅田舞)…など随時追加。 検索… 永井優香 佐藤信夫 中野由加里 高橋成美 リード 「その他スポーツブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順•

次の

Figureskate JUDGESCORE Database

フィギュアスケートプロトコル

も終盤に差し掛かり、団体と男女シングル、ペア、アイス ス、すべてのの競技が終了しました。 羽生選手が日本男子初の金メダルに輝くなど快挙を成し遂げましたがその一方女子はあまり結果が芳しくありませんでしたね。 私たちはこの結果をどう捉えるべきなのでしょうか? 上でなんで女子フリーの点数がこんなにインフレしたのか?妥当なのか?という質問が多かったのでそれを私が分かる範囲の知識で考えていこうと思います。 TESは単純にジャンプやスピン、ステップの難易度が点数になります。 参考にしてください。 【追記】 2万近いアクセスをしていただき、しかもこんなに大きな反響をいただけるとは思ってもみなくて驚いています。 蛇足かもしれませんがこの記事について一応言っておくと、これには選手批判の意図は全くなくて、どちらかと言えばスポーツとしてのや現在の採点システムに対する疑問をあげつらうために書いたものです。 そのためこの記事では全く触れられていないことも多くあります。 今回は点数のインフレを中心に論じたかったため浅田選手のセカンド3Tや3Loのアンダーローテーションなどには全く触れていません。 そしてできるだけ客観的に書こうとしても私自身の主観が多く入ってしまっているのも事実です。 だから結局は色々な立場の人が書いた記事を読んで自分なりに納得していただくのが1番かなと思います。 この記事だけを鵜呑みにせずに自分なりに情報を集めて結果的に多くの人にスケートに対して興味を持っていただければ幸いです。 perogirl.

次の

ソチ五輪フィギュアスケート女子FSでの点数インフレのお話

フィギュアスケートプロトコル

プロトコルとは? 国際大会の結果を公開しているリザルトサイトは、この様なページになります。 プロトコルとは各選手の採点の詳細です。 各試合のプログラムごとに、ISUの試合結果WEBサイトでPDFファイル公開されます。 プロトコルを見れば、 詳しい技術点(基礎点・GOE)と、各ジャッジの演技構成点の詳細が分かります。 または、ショートプログラムとフリースケーティングの2つのプログラムがあります。 プロトコルはプログラムごとに作成されるので、1つの試合でショートプログラムとフリースケーティングの2つのプロトコルが存在します。 プロトコルの見方 プロトコルに明記する際に、を表す略記号が使われます。 略記号は要素(エレメンツ)の種類・回転数やレベルが一目でわかる記号になります。 実際のプロトコルをふまえて簡単に見方を解説していきます。 選手の情報と順位(Rank) 演技をおこなった選手の名前や国籍といった情報と、プログラムの順位を表します。 そのプログラム(ショートまたはフリー)における順位。 技術点の採点方法と採点の流れについて、詳細は下記からご覧下さい。 であればと、であればと、であればが一目でわかるように、略記号は表記されています。 が判定• 「x」マークは後半の基礎点1. 1倍を示す• 演技構成点の採点方法と採点の流れについて、詳細は下記からご覧下さい。 Skating Skill:スケート技術• Transitions:要素のつなぎ• Performance:演技• Composition:構成• 男子ショートプログラム:1倍• 男子フリースケーティング:2倍• 女子ショートプログラム:0. 女子フリースケーティング:1. による判定• 10点満点で0. 1度から2度目の転倒:-1. 00点• 3度から4度目の転倒:-2. 00点• 5度目以上の転倒:-3. 00点• 演技時間の過不足:5秒につき-1. 00点• バク宙などの禁止要素の違反:1回につき-1. 00点• 衣装や小道具の違反(衣装の一部が落下など):-1. 00点• 10秒以上の中断(むをえない場合は除く):10秒につき-1. 00点 総得点(Total Segment Score) 男女シングルは、ショートプログラムとフリースケーティングの2つのプログラムがあります。 2つのプログラムそれぞれに、総得点(Total Segment Score)がつけられます。

次の