地震予知。 地震予知 国内M6注意のこり2日間

南海トラフ地震以上に要警戒!内陸地震・日本海津波の危険性

地震予知

まず、経済関連の世見だが、昨年12月16日のブログ記事には、「株価の上昇も、もしかすると馬の目の前に吊るした人参かもしれません。 来年はあまり欲を出さずに静観している方がいいように思います」(松原照子、ブログ「幸福への近道」より)とあるので、株をやっている方々は、大損しないように注意したほうがいいだろう。 今後の世界の気象の変動については、昨年12月9日のブログ記事で、「2025年には現在より1. どうも地球温暖化の結果としてそうなるらしい。 同じ記事では、「大都市の大停電。 それと、家や車が天高く舞い上がっています」とあるが、一体どんな大災害が起きるというのだろうか。 そして、松原氏の予言の中で、読者の多くが知りたいと思っているのは、やはり地震・津波などの自然災害に関することだろう。 1月12日の記事では、「今後の地震について」と題して、今後揺れそうなところをいくつか指摘している。 ・日本・中国・韓国間で、とてつもないことが起きる!? 最後に、地震以外の重要な予言に目を向けると、4月4日の記事では、「とても嫌なものを感じるのです。 何か途轍もない出来事に我国が巻き込まれそうで心配なのです」とあり、その直後に、中国・韓国に目を向けてほしい旨のことを書いていて、どうも上記の「途轍も無い出来事」というのは、この2つの国に関連したことなのかもしれない。 そして「尖閣諸島に竹島。 このままで行くと日本からこの名前が姿を消す気がします。 自衛隊が軍隊にならないことを願わずにおれません」と、意味深な記述が続いているが、これが現実になったら、確かに途轍も無いことが起きた結果ということだろう。 このように、松原氏の今年以降の予言は、日本にとって現実になったら大変という物騒なものばかりだが、筆者の長年の研究によれば、いくら有能な予言者でも、予言が当たる場合よりもはずれることの方が確率的に多いので、これらの予言も、なんとか起きない方向に向かってほしいものだ。 (文=百瀬直也).

次の

【地震予知】麒麟地震研究所が大地震の前兆を観測か?しばらくは注意が必要と警戒 │ 防災の種

地震予知

2020. 07 セミナー等• 2020. 07 SEMINARS• 2020. 06 セミナー等• 2020. 06 SEMINARS• 2020. 06 セミナー等• 2020. 06 SEMINARS• 2020. 11 ニュース• 2020. 11 NEWS• 2020. 07 ニュース• 2020. 07 NEWS• 2020. 01 書籍・刊行物• 2020. 01 BOOKS• 2020. 26 セミナー等• 2020. 26 SEMINARS• 2020. 26 ニュース• 2020. 26 NEWS• 2020. 21 ニュース• 2020. 21 NEWS• 2020. 18 ニュース• 2020. 18 NEWS• 京都大学防災研究所附属 地震予知研究センター >• 〒611-0011 宇治市五ケ庄• TEL 0774-38-4640(防災研究所広報室) お問い合わせ先(見学・取材・ご質問など):• Research Center for Earthquake Prediction -• Gokasho Uji City Kyoto 611-0011•

次の

犬が地震を予知するって本当?犬の前兆行動について教えます

地震予知

黒潮の非大蛇行期(直進期) 日本南岸を東進する黒潮が,紀伊半島沖から沿岸を離れ,南方へ大きく迂回し,大蛇行する現象を「黒潮の大蛇行」と呼ぶ。 以下に、19世紀半ばに黒潮大蛇行の存在がわかった以降の発生期間と南海トラフ巨大地震の発生日を示す。 【大蛇行】1854年 (開始・終了月不明) 【南海】1854年12月23日:安政東海地震 - M8. 4、犠牲者2,000〜3,000人。 【南海】1854年12月24日:安政南海地震 - M8. 4、犠牲者1,000〜3,000人。 ---- 【大蛇行】1934年03月01日~1944年前半(約11年間) 【南海】1944年12月07日:昭和東南海地震 - M7. 9、犠牲者・行方不明者1,223人。 【南海】1946年12月21日:昭和南海地震 - M8. 0、犠牲者・行方不明者1,443人。 これを見ると、南海トラフ巨大地震は、すべて黒潮の非大蛇行期(直進期)に発生している。 ただし、1854年の黒潮大蛇行の終息時期が不明なため、大蛇行が安政期の東海地震と南海地震の発生前に終息していたと仮定した場合となる。 低い可能性になるが、上記の安政期の2つの地震が黒潮大蛇行の終息前に発生していたとすれば、南海トラフ巨大地震は、黒潮大蛇行の非大蛇行期に加えて大蛇行の終息直前(冷水隗の面積が減少した時?)にも発生することになる。 以上をまとめると、南海トラフ巨大地震の発生条件は、以下のいずれかの可能性がある。 1 黒潮大蛇行の非大蛇行期に発生 2 黒潮大蛇行の終息直前から非大蛇行期にかけて発生 (大蛇行終息直前に発生するパターンもある?) 現在は2017年8月に発生した大蛇行が継続中で、現在、大蛇行は終息の兆しを見せずに続いてきたが、今年か来年に終息すれば、巨大地震に要警戒となる。 東京オリンピック開催との関係 本来2020年7月~8月に開催予定だった東京オリンピックは、延期されることに決定された。 最低1年間の延期ということで、仮に1年延びて2021年7月から開催されることになった場合、南海トラフ巨大地震の発生と東京オリンピックの開催が前後する可能性はあるだろうか。 前述のように、過去の南海トラフ巨大地震はすべて7月~2月に発生しているため、2021年2月までに発生しない場合は、次の可能性は2021年7月以降となる。 そのケースの最短の可能性としては、2021年7月以降に発生することになる。 その場合、低い可能性ではあるが、東京オリンピックの開催時期前後に巨大地震の発生の可能性も検討しなければならないだろう。 ジョー・マクモニーグル氏の予言 米国のサイキックであるジョー(ジョセフ)・マクモニーグル氏は、2006年に出版された著書『マクモニーグル 未来を透視する』(ソフトバンククリエイティブ)で、「日本を襲う津波」として、6つの時期を予言している。 そのうち、「2010年挽夏:13m」という予言は、半年の誤差をもって、2011年3月11日に発生した東日本大震災の大津波として現実になった。 以降の未発の4つの予言を、以下に示す。 5m そして、津波に弱い地域として、北海道北部沿岸、徳島市、和歌山市、浜松市、鈴鹿市、新潟市、石巻市を挙げている。 上記で、南海トラフ巨大地震が発生したら危険になる可能性があるのは、徳島市、和歌山市、浜松市、鈴鹿市だろう。 松原照子氏が予言する南海トラフ巨大地震の発生時期 松原照子氏は、2018年2月28日の「関東が先か、南海・東南海が先かと題したブログ記事で、こう書いている。 南海トラフを震源とした大地震の発生確率は、年々高まっている気がしています。 私の寿命が後20年あったとしたら、それ以内に起きていると思っています。 もしも、私の寿命が後10年なら、10年以内に起きているかもしれません。 関東大地震が先か、南海・東南海が先かはわかりませんが、私が生きている内に目にするとしか思えないのが残念です。 松原さんは1946年10月15日に生まれて、今年の誕生日で72歳になる。 まだまだお元気な人の最期を予測したりしてはいけないが、あと20年ほどあるとすれば、その間に南海トラフ巨大地震が発生することになる。 もっとも、20年よりもずっと長くなるかもしれないのに、単に書いていないだけかもしれないが。 資料:南海トラフ巨大地震の発生月と月齢 以下に、過去の南海トラフ巨大地震(日付がわかっているもののみ)の発生日と発生時の月齢を示す(月齢は満月・新月・上弦・下弦)。 【参考】.

次の