泣い たら 頭痛 い。 起きたら頭痛がした時の対処法は?3つの頭痛のタイプの原因と治し方をチェック

泣いたあとの頭痛について

泣い たら 頭痛 い

雨の日は赤ちゃんのギャン泣きが止まらない、台風が近づくと子どもが機嫌が悪くてグズグズする……。 そんな経験はありませんか? もしかしたら、それは天気や気圧の差が関係している可能性があります。 赤ちゃん期~子ども期は、環境の変化に対応する自律神経が整っていません。 これにより、気圧や天気の変化の影響を大人よりも受けやすく、「なんだか落ち着かない」「強い不安感がある」と感じやすいのです。 しかし、赤ちゃんや子どもは、そのことを言葉で訴える術をもっていません。 そのため、泣いて機嫌が悪いという状態になります。 また気圧が下がると頭痛がするというのも赤ちゃんや子どもにも起こる症状です。 電車・飛行機……気圧変化による症状から赤ちゃん・子どもを守る方法 電車に乗ったら突然、赤ちゃんが泣き出した……。 そんな光景を目にしたことはないでしょうか。 環境の変化に反応して泣いているのかもしれませんが、もしかしたら、微妙な気圧変化に反応している可能性があります。 小さい子ども、特に赤ちゃんは、耳管が大人に比べて短く真っすぐなため、気圧の影響を受けやすくなります。 日常生活の中で、赤ちゃんや子どもが気圧変化を感じる場所は、電車内だけではありません。 トンネル・地下鉄・飛行機なども気圧が変わりやすい場所です。 特に、赤ちゃんは耳管の形状特性により、飛行機に乗った際に中耳炎になりやすいので、注意してください。 赤ちゃんを飛行機に乗せる場合は、耳管が通りやすくなるように授乳をするとよいでしょう。 自然と耳管が開き、気圧変化の影響を最小限にすることができます。 唾を飲み込むという行為でも構いません。 「何をやっても子どもの機嫌が戻らない……」 そう思った時には、気圧変化を思い出してみてください。 もしかしたら気圧の変化を感じてつらいのかも……ということを頭に入れておくと、一緒にいる親や大人の気持ちが楽になるかもしれません。 保護者管理の元、お子様の成長に合わせて判断してください。

次の

泣くと頭が痛くなるんです

泣い たら 頭痛 い

肩こりや首こりを伴っていることが多いでしょう。 身体を動かすと痛みが和らぐという特徴があります。 そのため、 脳の血管が収縮し、周囲の神経を刺激して痛みが生じると考えられています。 また、精神的にストレスが溜まっていたり、緊張状態が続いていたりすると脳の痛みを調整する部分が正常に働かなくなり頭痛を起こします。 このように精神的なストレスが溜まった状態で泣きすぎてしまうと、頭痛が起きるのではないかと見られています。 筋肉をほぐすことで血流が良くなり、痛みが和らいでくるでしょう。 温熱シートや蒸しタオルをあててみる、さらにはお風呂に入って温かいシャワーをあててみるのはいかがでしょうか? また、体を動かすと痛みが楽になりますから、軽いストレッチなどを行うこともオススメです。 スポンサーリンク 肩や首を回す、肩を上下させるなどの簡単な運動でも違ってくるはずです。 泣きすぎた翌日に起きるのは偏頭痛 夜に泣きすぎて、朝起きたら頭がズキズキしたら、それは 偏頭痛でしょう。 泣いて興奮した状態の時には、 血管が収縮した状態になります。 しかし、一晩たって興奮状態が治まった時、血管が拡張して周りの神経を刺激する偏頭痛を引き起こすのではないかと考えられています。 吐き気や 嘔吐、下痢などを伴うことがあるでしょう。 頭や体を動かすと痛みが悪化します。 そして、ニオイや音や光に過敏になり、それらの刺激によっても痛みが強くなることがあります。 前兆が起きる人もいて、閃輝暗点という目の前がチカチカしてものが見えにくくなるという症状が現われることがあります。 血管が広がっているために起きている頭痛ですから、冷やすことで元の状態に戻すことができるでしょう。 緊張型頭痛とはメカニズムが逆ですから、温めてしまうと痛みが悪化しますので、注意が必要です。 そして、暗い静かな部屋でゆっくりと休むと痛みが和らいでくるはずです。 うつ病による頭痛 泣くことはストレス解消に良いとされています。 なぜなら、泣くことで脳から分泌されるプロラクチン、副腎皮質刺激ホルモンACTH、副腎皮質ホルモンのコルチゾールといったストレス物質が涙とともに排出されます。 ですから、本当は泣くことでストレスが解消され、スッキリとした気持ちになれるものです。 ですが、うつ病になっている場合、泣いた時に ストレスホルモンが放出され頭痛が起きます。 特に、泣きすぎた時に頭痛と共に吐き気や、めまいが伴う時にはうつ病の疑いがあります。 心の症状として、気分が落ち込む、悲しい気持ちになる、憂うつ、希望が持てない、集中力低下、些細な決断ができない、注意力散漫、好きだったこともやる気になれない、テレビなどを見てもおもしろくない、不安、落ち着きがなくなるなどがあります。 体の症状として、頭痛、頭が重い、動悸、胃の痛み、発汗、息苦しさ、眠れない、朝早く目が覚める、熟睡できない、食欲不振、体重減少、過食、倦怠感、疲れが取れない、月経不順、勃起障害、性欲低下などが挙げられます。 また、身近な人の死やリストラ、昇進、転勤、結婚、離婚、妊娠、引っ越しなどの環境の変化が要因となる場合もあるでしょう。 他には、身体的要因として、慢性的な疲労、脳血管障害、がん、甲状腺機能の異常、月経前、更年期、ホルモンバランスの変化、降圧薬の服用などによりうつ病になることがあります。 うつ病も他の病気と同じく、治療せずに放置しておくと悪化していくからです。 まずはカウンセリングを受け、その後、医師の指導により投薬治療になるのか、入院治療になるのかなどの治療方針が決められていきます。 まとめ 泣きすぎによる3つの頭痛の症状と対処法についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか? 泣きすぎて頭痛がしたら、それは心が疲れていてストレスが溜まっている可能性が大きく考えられます。 ストレスの全くない生活を送ることは、現代社会において不可能に近いでしょう。 しかし、ストレスをできるだけ和らげられるように、日々の生活の中で、リラックスできる時間や方法を見つけてみるのはいかがでしょうか? 新たな趣味を見つけたり、好きな音楽を聴いてみたり、軽い運動をしてみたり、お風呂にゆっくり浸かって疲れを癒したりして、ちょっとした工夫をして心と体の疲れを癒していきたいですね。

次の

起き上がると頭が痛い時の対処法

泣い たら 頭痛 い

泣きすぎで頭痛がする原因 緊張型頭痛 泣くことで引き起こされる頭痛でよくある原因のひとつが緊張型頭痛というものです。 緊張型頭痛になると、後頭部や頭全体が締め付けられるような鈍い痛みがすることが特徴です。 緊張型頭痛が起こるメカニズム 緊張型頭痛が泣くことで起こるメカニズムはストレスによるものです。 このストレスは大きく分けて 精神的ストレスと 身体的ストレスに分けることができます。 身体的ストレスは、デスクワークを長時間続けていたり、長い間不自然な姿勢をしていたりと身体的に負荷がかかることでストレスを感じ頭が痛くなってしまいます。 一方で、精神的ストレスの場合は人間関係、仕事のタスク、家事・育児などの日常的に起こる精神的なストレスが起因となって頭痛が引き起こされます。 このようなストレスによって首や肩、頭の筋肉が緊張し硬直化してしまいます。 すると、血管が圧迫され血流の流れが悪くなり、老廃物が蓄積する原因となってしまうのです。 そして、この老廃物が神経を圧迫することでギューッと締め付けられるような痛みが出てきてしまいます。 緊張性頭痛を起こしやすい人の特徴 緊張性頭痛は 細身の女性が引き起こしやすい傾向があります。 なぜなら、首や肩の筋肉が弱い方だと頭部の支えが不安定になり、頭痛を引き起こしやすくなってしまうからです。 また、 真面目で物事を考えすぎるタイプの方も緊張性頭痛を引き起こしやすいと言われています。 このような性格の方は精神的なストレスに晒されやすく、定期的に頭が痛くなってしまうのでう。 緊張型頭痛は慢性的に頭痛が繰り返されることが多くなります。 泣くことで緊張性頭痛が引き起こされるケースも多いので、泣きすぎで頭が痛くなったらまずは緊張型頭痛ではないか疑ってみましょう。 自律神経の乱れ 自律神経とは、私たちの体の機能をコントロールしている神経で活動する神経である交感神経と休息する神経である副交感神経から成り立っています。 これらふたつの神経がバランスを取り合うことにより、生命活動を行うための生理機能が支配されているのです。 人は涙を流すことでリラックスすることができます。 つまり、ストレス状態にあるときに優位になる交感神経からリラックス状態の副交感神経を優位にすることができるのです。 なので、本来であれば「泣く」ということはストレス解消に効果的な方法であり精神的にも良いのです。 しかし、これは泣いてしまった原因にもよります。 例えば、感動する映画を見て泣くのであれば、精神状態に良好な効果を与え、リラックスすることができます。 ただ、悲しいこと、受け入れられないことなどで涙を流す場合は精神状態のバランスが急激に乱れ、それに伴い自律神経のバランスも急激に損なわれます。 これにより、一時的な自律神経失調症のような症状を引き起こしやすくなり、頭痛がしてしまうのです。 特に、これは思いっきり泣きじゃくるようなときで引き起こされる頭痛に当てはまります。 この場合、頭痛の症状は一時的なものですので、安静にして休むようにしましょう。 脱水症状 長時間泣き続けた場合、頻繁に泣くような場合は体内の水分が失われ脱水症状気味になってしまう可能性も考えられます。 体内の水分が不足していくと、体にさまざまな症状があらわれますが、そのよくある症状のひとつとして頭痛があげられます。 参考: 偏頭痛 泣いた後、数時間経ってからや翌日に頭が痛くなる場合は偏頭痛(片頭痛)の疑いが持たれます。 偏頭痛とは、頭の血管が拡張することで引き起こされる頭痛です。 泣いているときは興奮して血管が収縮しますが、泣き止み落ち着いた頃に血管は元に戻ろうと拡張します。 この刺激により偏頭痛が引き起こされてしまうのです。 涙を流して頭痛がする病気 うつ病(精神的ストレス) 慢性的に精神状態が悪い場合はうつ病の症状で頭痛が引き起こされている可能性が考えられます。 体がだるくなる• 疲れやすく感じる• 微熱がある• 無気力• 眠りが浅い• 喉の奥につっかえを感じる 頭痛の他にも上記のような症状があらわれるような場合はうつ病を疑ってみましょう。 参考: プチうつ病 うつ病ほど症状は深刻ではないけれど、うつ病のように精神状態が不安定になっていることをプチうつ病を呼ばれています。 プチうつ病は最近、20代〜30代の女性に多く、夜になると明確が理由がないのに涙が出てくるといった症状があげられます。 このときに頭痛を伴うこともあるのです。 うつ病とは違い他の人から見て分かりにくかったり、自覚症状がなかったりするので発見しにくい精神病でもあります。 親しい人と積極的に話したり、症状が改善しない場合は心理カウンセラーに相談するようにするといいでしょう。 泣きすぎで起こる頭痛の治し方 安静にする 頭が痛くなったらまずは安静にすることが第一です。 体を休めることで精神状態も安定させることができ、症状が軽い場合は休息だけで治すこともできます。 カフェインを摂取する カフェインは血管を収縮させる効果があります。 血管の拡張は頭痛の原因となるので、カフェインを摂取することで血管を収縮させるといいでしょう。 また、カフェインはリラックス効果もあり、特に温かい飲み物を飲むといいですね。 コーヒー、紅茶、緑茶などにカフェインは多く含まれています。 ただし、過剰に摂取しすぎると逆に頭痛が助長されてしまうので、1〜2杯程度飲むようにしましょう。 マッサージをする 筋肉が凝り固まっていると、血管や神経の圧迫につながり、頭痛を引き起こしてしまいます。 特に、肩や首の周りの筋肉を揉みほぐすようにマッサージをすることで頭痛の解消にもつながります。 ツボを押す 頭痛に効果的なツボを押すことも有効です。 太陽(たいよう):こめかみの外側にあるツボ• 印堂(印堂):眉間の中心にあるツボ• 合谷(ごうこく):手の甲にあり、親指と人差し指が交わる付け根にあるツボ これらは緊張性頭痛に効果的なツボです。 頭痛に効果的なツボはたくさんありますので、ぜひチェックして実践してみてください。 市販薬を服用する ロキソニンなどの市販の鎮痛薬を使用することもおすすめです。 20〜30分ほどで痛みが収まり、痛みを緩和させるためにはとても効果的です。 ただし、これは症状の根本的な治療ではなく、あくまで痛みを和らげているだけという点には注意してくださいね。 慢性的に症状が続く場合はしっかりとした治療が必要となります。 泣いて頭痛がしたらまずはリラックス! 泣くことで頭痛が起きる原因や解消法についてお伝えしました。 涙を流すことで頭痛が起きる場合は、精神状態が乱れていることが原因となっている場合が多いのでまずは安静にしてリラックスすることが大切です。 症状が重い場合や慢性的に頭痛が続くような場合は、内科などの病院を受診するようにしましょう。

次の