舜水樹。 秦滅趙之戰

【キングダム】644話ネタバレ!趙王・悼襄王(とうじょうおう)が死亡

舜水樹

舜水樹の強さ 舜水樹が匈奴と関係があるというのは 間違いないだろう。 北の遺児と呼ばれている事からも 元々は匈奴であり、 李牧に拾われたというところか。 戦における才能は相当なもの。 李牧の側近の中でも知略を受け継ぐ という武将なのだろう。 今回も橑陽の戦いにおいて10万規模を 任されている。 若く見えるが廉頗将軍の四天王である 輪虎のようなパターンもある。 それなりの年齢だろうと推測出来る。 史実には存在していないことから 完全なるオリジナルキャラ。 楊端和の策も尽く見破ってきた 舜水樹だったが、 最後の一手は完全に把握しきれなかった。 この読み違いによって、 橑陽の城を取られたとなれば実質的な 敗北を意味する。 籠城のままで橑陽は硬直。 鄴解放は朱海平原に任せるという ことになってしまうだろう。 知略の舜水樹が本能の楊端和に 敗北する結果となる。 しかし、 それが橑陽なのかは定かではない。 楊端和の前に登場する時に、 山の民を刺殺して見せた。 それによって楊端和の怒りを買い、 顔を覚えられている。 どこかで山の民の復讐を楊端和が 取るのだろうとは分かる。 それが橑陽なのかは不明。 実際に、 楊端和はもう一戦大きな戦を趙とする。 その時に、 邯鄲を包囲する形での戦で勝利。 楊端和の強さを決定づける史実でも重要な 戦となっている。 その前段階では桓騎が李牧に敗れる 戦を秦国が経験する。 ただ、 そうなった場合に桓騎に勝利した戦を どう攻め入ったのか気になる。 その戦を勝利に導く意味でも、 舜水樹と馬南慈の生存は不可欠ではないか。 橑陽で楊端和に討ち取られて 完全なる敗北という可能性もゼロではないが、 生き残りの方が今後を見る限り高いと言える。 何よりも、 舜水樹については楊端和が討つというのが ほぼ確実な中、 傷ついた状態で討つだけの状況が 生まれるとは思えない。 舜水樹もまた冷静な判断で 橑陽での戦での実質的な敗北は 認めながらも他への援軍を送らせない様に 膠着させるという選択をする。 舜水樹の討ち取りは やはり後に起こる邯鄲包囲に持ち越しと 考えて間違いないだろう。

次の

王者天下角色列表

舜水樹

キングダム571話ネタバレと考察です。 前回570話では、追い詰められた楊端和とバジオウの元に、なんとシュンメンら山の民達が駆け付けます。 窮地は脱しますが敵側も犬戎王ロゾや舜水樹が到着。 ついでにこっちは頼もしいフィゴ軍が到着。 ロゾは狙いをフィゴに定め、この二人の軍の戦いが開始されます。 キングダム571話 血まみれにされたバジオウと楊端和(ようたんわ)を見てやや冷静さを失っているタジフが敵をしつこく攻撃しますが、山の民達はその辺にしておけとその場からの撤退を促します。 そう、彼らは早く森の外に出て、ある戦いの様子を伺わなければいけません。 フィゴ軍と犬戎王軍の激突です。 両大将のフィゴ王ダントとロゾは今の所やられる姿を想像できない程強キャラとして描かれているので、どっちがやられてもショッキングな事になりそうです。 (メタ的な視点で考えるとダント敗北の一択ですが…) ただ史実ではこの辺の細かい戦いの事は分からないので、漫画ではどちらにも展開させることはできます。 フィゴ王ダント かなり疲弊しているはずですが、それでも敵を殺し続けるダント。 バジオウも驚くべき強さでしたが、このダントも近い力がありそうです。 一方ロゾもそこそこの精鋭部隊であるはずのフィゴ軍が怯むほどの強さで山の軍を蹴散らします。 しかもこっちはダントと違ってまだ元気いっぱいです。 遠くから戦況を見つめるタジフ達は、戦況を分析をしますが、フィゴ軍が消耗しているため自分たちが加勢するか、あるいは楊端和を逃がすべきか決めかねている様子。 とそこにある男が駆け付けます ブネン到着 タイミング悪い事に、敵の趙軍として戦うブネンも来てしまいました。 部下達は、ロゾ軍を相手に善戦する山の軍を見て感心するも、我々の加勢でこちらの勝ちになるとブネンに判断を仰ぎます。 自分達が楊端和を捕え、ブネンにロゾの援軍に行くよう促す側近ですが・・・ ブネンは何とここで自分が楊端和をヤルと決断 ヤルという言葉に、ロゾより先に楊端和をゲットしては無事ではすまないと恐れおののきますが、ブネンは止まらない様子です。 楊端和はそれほどまでに魅力的なんでしょう。 (ロゾは楊端和を生きたまま捕まえてまずは自分のモノにするつもりです。 ) もしかするとブネンはこの混乱に乗じてロゾに下克上するつもりなのかもしれません。 崖を下りてくるブネン軍を見て、楊端和が退却しようとするのですが、またまたある人物が到着 壁とキタリも来ました 壁!!!そしてキタリ殿が到着!! ブネン軍を追っていたため、彼らも到着して全員集合。 意外と元気そうです。 彼らは崖の下で大乱戦が行われている事に驚きますが、 キタリはすぐに状況を把握。 この場面のキタリは巨乳に描かれていました。 キタリは現在の全員集合の状況は楊端和の誘導によるものと理解し、ここが遼陽(りょうよう)の戦いの決着の地と考え、楊端和を助けに行こうとする壁に驚くべき指令を出します。 何と ロゾの首を壁に取らせようとしています。 壁vsロゾ 下で鬼神のごとく暴れまわっているロゾを倒せと言うのです。 ビビる壁はなんども確認していましたw この機に全てがかかっていると叫ぶキタリは、パっとしない上に兵糧を焼かれた最低の男と壁をこれでもかと罵倒w しかし、 ここで敵の大将ロゾの首を取れば全部帳消し と壁を鼓舞。 楊端和もダシにすると壁も観念してロゾに突撃を開始。 明らかに自分より強いロゾを見て壁はビビっていましたが、腹をくくり突撃を決意。 これまで死地を潜り抜けてきた壁ですが、この最大のミッションをクリアできるのでしょうか。 降りてくる壁を見て、(キタリ率いる)メラ族ではなく、頼りない壁が援軍となったことにフィゴ王はやや落胆、壁は名前すら覚えてもらっていない様子でした。 さらにフィゴ王ダントは、犬戎の城に山の民が向かっている事を敢えて敵に聞こえるように口にします。 舜水樹はUターン それを聞いた舜水樹(しゅんすいじゅ)は、楊端和の狙いを察し急いでその場を離れ城に向かいます。 ダントの部下は心配しますが、 敵 軍が着くまでにもし城を取れておらねばどのみち別動隊には城をとる力がないとクレバーに分析。 舜水樹を退却させたのも意図的でしょうし、ダントは強さだけでなく知略も兼ね備えているようです。 そして・・・ロゾ対ダント!!大物同士の激突です。 、物語の事を考えると超高確率でロゾに殺されてしまうでしょうね…好きなキャラだけに残念です。 ダントはかなり疲れていると思うのでそれが影響しそうな気がしています。 しかし我らが壁将軍が仇を討ってくれるはずです。 571話はここまで。 572話に続きます!.

次の

【キングダム】644話ネタバレ!趙王・悼襄王(とうじょうおう)が死亡

舜水樹

悼襄王 とうじょうおう の最期っ 屁 ぺ によって王位継承で 郭開 かくかい に敗れ、 公子嘉 こうしか と追われる羽目になった 李牧 りぼく。 しかし 青歌 せいか の 司馬尚 しばしょう を頼って体制を立て直せる事が明らかになり、 扈輒 こちょう 将軍が 桓騎 かんき に殺された辺りで再登板になりそうです。 ですが、李牧は紀元前229年に郭開の 讒言 ざんげん を信じた 幽繆王 ゆうぼくおう が送った人物に捕えられて、そのまま斬り殺される事になっています。 その人物が誰か不明ですが、kawausoは 舜水樹 しゅんすいじゅ ではないかと予想します。 この記事の目次• 1ページ目• 2ページ目• 【キングダム予想】総大将は王命に従わない事がある 趙王の権力をもってすれば李牧を捕えるのなんか簡単ではないかとも思えますが、史記の 廉頗藺相如列伝 れんぱりんしょうじょれつでん を読んでいると、そんな簡単ではない事が分かります。 李牧を更迭するのが簡単ではない理由、それは紀元前229年には、李牧が趙の全軍を指揮する総司令官の立場にいるからです。 孫子の兵法には将軍には大きな権限が与えられ、例え王命でも戦争にそぐわないと見れば、敢えてこれを受けない事も認められています。 例え幽繆王の命令でも、李牧がその命令を受け入れると趙は負けると思えば拒否できるのです。 史実の幽繆王は、秦に買収された郭開の 讒言 ざんげん を信じて、李牧を更迭し 趙葱 ちょうそう と斉の将軍、 顔聚 がんしゅ と交代させようとしますが李牧はこれを断ってしまいます。 【キングダム予想】李牧を密かに捕える事が可能か? 史記によると、李牧が命令を受けないと分かった幽繆王は、人を送って密かに李牧を捕えさせ斬り殺し、司馬尚も廃したと書かれています。 しかし、キングダムにおいての李牧は不意打ちっぽいとはいえ、秦の 麻紘 まこう 将軍を瞬殺してしまう程の武力を持っている人物です。 趙には暗殺者が大勢いるだろうとは思いますが、誰にも気づかれず、李牧を密かに捕えて殺害するなどという芸当が本当に可能でしょうか? 李牧に殺意を気が付かれてしまえば、大勢の兵士が殺到し、逃げるのが精一杯になってしまうと思うのです。 ただ、李牧に警戒心を与えない人間が追手になったとすれば話は別でしょう。 【キングダム予想】舜水樹が李牧を裏切る動機 ですが、舜水樹が李牧を裏切るとしても動機が必要です。 何を考えているかよく分からない舜水樹ですが、オフ王が李牧を逮捕させて列尾に援軍が送られないと聞くや激高し、使者に剣を向けるなど気性の激しさを見せました。 それほどまでに舜水樹は李牧を買っていて、実際には趙王への忠誠というよりは、李牧への忠誠が勝っているようです。 実際に 法紹 ほうしょう では李牧に対し、 邯鄲 かんたん に戻って幽繆王を倒して公子嘉を王に立てる。 それが無理なら李牧を王に即位させると進言し、李牧に睨まれていました。 このように、舜水樹は李牧を王にする為には手段を選ばない部分があります。 しかし、その李牧への忠誠が裏切られたらどうなるでしょうか? 【次のページに続きます】.

次の