シャープ aquos zero。 アクオス

アクオス

シャープ aquos zero

シャープは、2018年10月3日にスマートフォンの秋・冬モデルとして「AQUOS zero」と「AQUOS sense2」の2機種を発表した。 好調の伝えられるシャープのスマートフォンだが、新機種はどんな特徴を備えているのか詳細を解説しよう。 2インチの有機ELディスプレイを備えつつ約146gの軽量ボディを実現 「AQUOS zero」 「AQUOS zero」は、シャープ初の有機ELディスプレイを備えたハイエンドスマートフォンだ。 2インチという大型のものを採用。 画面の上部に切り欠き(ノッチ)を備えているほか、ディスプレイ全体がゆるやかなカーブを描いており、デザインの自由度が高い有機ELディスプレイの持ち味を生かしたものとなっている。 画質面では、100万:1という高いコントラスト比と、デジタルシネマの標準規格DCI-P3の色域を100%クリアしており、有機ELディスプレイらしい、深みのある発色を堪能できる。 暗部の表現に強く、コントラスト比の高さを生かした映像は有機ELディスプレイならではだ ディスプレイ全体が大きく弧を描くような曲面で構成されている 有機ELディスプレイ搭載スマホでは先駆者となるサムスンの最新モデル「Galaxy S9」(写真右)と発色を比べてみた。 白の部分を見比べると、本機はややマゼンタ寄りの発色傾向になっているようだ 「AQUOS R2」や「AQUOS R Compact」よりもノッチ部分が広くとられている 「AQUOS R2」同様にDolby Visionに対応。 ステレオスピーカーも備えておりDolby Atomsによる立体音響サウンド再生も行える ディスプレイとともに注目なのはボディだ。 8(厚さ)mmで、重量は約146gに抑えられている。 近ごろのスマートフォンは、ディスプレイの大型化に加えて表面素材にガラスを多用するものが多いので、本機のような6インチ以上の画面サイズを持つ製品では200gを超えるものも少なくない。 だが、本機は構造のシンプルな有機ELディスプレイに加えて、フレームに軽量なマグネシウム合金を採用し、背面の素材にアラミド繊維を使った複合素材を組み合わせることで大幅な軽量化を実現している。 基本スペックだが、クアルコム社のハイエンドSoC「Snapdragon 845」に、6GBの大容量メモリーと、128GBのストレージを組み合わせている。 OSは、最新のAndroid 9. なお、増設用のmicroSDメモリーカードスロットは搭載されていない。 ボディの排熱処理にも注力されており、充電用のICコントローラーを2個併用する「パラレル充電」を採用することで、充電しながらスマートフォンを使い続けても、本体の過熱を防止できる。 メインカメラは、約2,260万画素のイメージセンサーにF1. 9の大口径レンズを組み合わせたシンプル仕様。 フロントカメラは約800万画素となっている。 背面はアラミド繊維を使った複合素材で作られている。 軽量かつ強度も高いうえに、カーボンや金属系の素材と異なり電波の透過性にもすぐれている ボディ上面にはSIMカードスロットが配置される ボディ下面にはUSB Type-Cポートが配置される。 ヘッドホン端子は搭載されない メインカメラは最近のハイエンド機では珍しいシングル仕様。 撮影機能重視の「AQUOS R2」とのコンセプトの違いが端的に表れている。 指紋認証センサーも背面に配置される なお、本機と同じくハイエンドモデルに分類される「AQUOS R2」は継続販売される。 大容量メモリーと有機ELディスプレイを採用した軽量薄型の「AQUOS zero」と、デュアルカメラや倍速駆動のIGZO液晶を搭載し、カメラ撮影やコミュニケーションにより適した「AQUOS R2」はそれぞれ独自の方向性を持っているためだ。 価格については明言されなかったが、「AQUOS R2」に比較的近いものとなるようだ。 発売は年内の予定。 薄く軽いボディと、処理性能が高いうえに、充電しながら使ってもボディの発熱が少ないなど、ゲーミングスマホとしても「AQUOS zero」は適している 画面サイズ(解像度):約6. 5インチの縦長IGZO液晶ディスプレイを採用することで表示領域を約23%アップさせている(AQUOS senseは約5. 0インチのフルHD液晶)。 また、パネルの開口率を向上させたことで、最大輝度を47%向上させつつ、消費電力は21%削減されるなど、バッテリー効率も高められた。 4(厚さ9mmで重量は約155gとなっており、「AQUOS sense」よりも横幅が約1mm、厚さも約0. 2mm薄くなり、画面が大型化したものの持ちやすさはむしろ向上している。 メインカメラは約1200万画素のイメージセンサーにF2. 0のレンズを組み合わせたもの。 AQUOSのスタンダードシリーズとしては初めてAIオートのシーン認識機能を備えており、普段使いの使いやすさが高められている。 ボディ正面にはヘッドホン端子が備わる ボディ下面にはUSB Type-Cポートが配置される SIMカードスロットはnanoSIMスロットが1基のみ メインカメラはシングル仕様だが、AIオートのシーン認識機能を備えており、日常使うカメラとしての扱いやすさが高まった 右が前モデル「AQUOS sense」、左が「AQUOS sense2」。 横幅は1mmコンパクトになっている 基本スペックは、ミドルレンジ向けSoC「Snapragon 450」に、3GBのRAMと32GBのストレージ、512GBまで対応するmicroSDXCメモリーカードを組み合わせる。 Android 8. 本機のSoCは、前モデル「AQUOS sense」よりも処理能力が約20%、描画能力も約30%向上しており、基本性能も底上げされている。 また、新たに5GHz帯のWi-Fiに対応した。 発売元や発売日は未定だが、3万円台で発売されていた「AQUOS sense」から価格帯の変動は想定されていないという。 円周率の演算を行ったところ、左の「AQUOS sense2」では9. 2秒、右の「AQUOS sense」で11. 6秒となった 画面サイズ(解像度):約5.

次の

シャープ「AQUOS zero2」でドルビーの高画質・高音質な映像を観た

シャープ aquos zero

AQUOS zero SH-M10のスペック・機能一覧表 機種名 AQUOS zero SH-M10 メーカー シャープ CPU Snapdragon 845 SDM845 CORE オクタコア 内蔵RAM 6GB 内蔵ROM 128GB 外部メモリ — メインカメラ 2260万画素 フロントカメラ 800万画素 OS Android 9 無線LAN規格 802. 2インチ 本体サイズ 73x154x8. 0 電池容量 3. 0 通信規格 4. 5 画面サイズ 4. 5 携帯性/重さ 3. 5 防塵防水 4. 5 処理性能・メモリ容量:6GB AQUOS zero SH-M10は比較対象の全セットスマホ72機種の平均3. 8GBと比べて大容量のRAMを搭載しています。 処理性能の高さを重視するユーザーにはオススメの機種です。 電池持ち・バッテリー容量:3,130mAh AQUOS zero SH-M10は比較対象のセットスマホ72機種の平均3,290mAhと比べてバッテリー容量が小さいです。 電池持ち時間の長さを重視するユーザーには不向きの機種です。 通信規格:IEEE802. 大画面:6. 2インチ AQUOS zero SH-M10は比較対象のセットスマホ84機種の平均5. 48インチと比べて画面サイズが大きいです。 画面サイズの大きさを重視するユーザーにはオススメの機種です。 携帯性・重さ:146g 手にもって操作するスマホは重量がとても重要です。 比較対象のセットスマホ84機種の平均159. 4gより軽い機種です。 携帯性・持ち運びやすさで選ぶにはオススメの機種といえます。 防水機能で選ぶならオススメの端末です。 AQUOS zero SH-M10に関する口コミや評判 今のところは、 Android買うなら AQUOS Zeroシリーズか Pixel シリーズだな。 新品端末(Aquos Zero)を4万以下で買えた。 — かなん 令和元年 Canaan358 でかいよねAQUOS zeroって。 シャープは使い方が悪いと言って有償修理とする。 雨に打たれて基板がだめになるなら風呂でも使えやしない。 格安SIMでスマホを使う上で特にデメリットが大きいサービスとして、以下の2つが挙げられます。 LINEアプリ 年齢認証機能• 携帯メール MMSメール LINEアプリ自体は、基本的にどの格安SIMでも利用できますが、年齢認証機能が使えないとID検索が使えないなど不便になります。 ただしワイモバイルやLINEモバイルといった一部の格安SIMでは機能制約なしで使えるんです。 jpなど とは異なり、Gmailなどのフリーメールは迷惑メールフィルタに掛かったり、会員登録時に使えなかったり不便となる場合があります。 ところがワイモバイルやUQモバイルといった一部の格安SIMではMMSメールが使えます。 制限なしで使いたいサービスを選択 すべて LINE年齢認証 MMSメール• LINE年齢認証• しかし今では総務省の働きかけもあり、セット販売端末の割引に制限が掛かってしまい、 格安SIMでAQUOS zero SH-M10をセット購入しても安くなるどころか、割高になってしまう場合もあります。 一方でSIMロック解除が義務化されるなど、 未使用品や美品のスマホを数多く取り揃えるネット通販・中古スマホ市場が熱いです。 ネット通販でAQUOS zero SH-M10を手に入れて、SIMのみ契約で適用されるキャンペーンを使うと、今でもお得に格安SIMへ乗り換える方法が可能です。 また価格面以外の観点でも、AQUOS zero SH-M10を別で購入するので好きな格安SIMを選べる大きなメリットもあります。 楽天モバイルのキャンペーン《最大28,300円相当ポイント還元》•

次の

「AQUOS zero」レビュー

シャープ aquos zero

シャープの最新Androidスマホ「AQUOS zero2」が、NTTドコモ、au、ソフトバンクから2020年1月末に発売されました。 AQUOS zero2が搭載するシャープ自社開発・生産による有機ELディスプレイは、モバイルゲームのプレイや動画の視聴でひと味ちがう贅沢な体験が得られます。 加えて、米ドルビーラボラトリーズによる新世代の高画質・高音質化コンテンツが楽しめることも大きな特長です。 そこで、AQUOS zero2がAndroidスマホとしていち早く対応したドルビービジョンのHDR映像と、ドルビーアトモスの立体音響再生の楽しみ方を紹介します。 AQUOS zero2は、2018年12月に初代機が発売されたAQUOS zeroシリーズの最新モデルです。 詳細は発表会の記事『』もぜひご覧ください。 自社開発の有機ELディスプレイを搭載。 ドルビービジョンの高画質コンテンツも楽しめるシャープのAQUOS zero2 c 2019 Paramount Pictures. All Rights Reserved. Hasbro, Transformers and all related characters are trademarks of Hasbro. c 2019 Hasbro. All Rights Reserved. 画質を強化、シャープ自社開発の有機ELディスプレイを搭載 AQUOS zero2は初代モデルよりも画面のサイズを少し大きくしながら、本体の重さを約141gまで軽量化しています。 画質面では、と比べて輝度が150%向上するとともに、10億色の豊かな色再現に対応したことにも注目です。 独自の「AQUOS便利機能」の中に新設した「ゲーミング設定」-「ハイレスポンスモード」を選択すると、大きな特徴である240Hz駆動(4倍速表示)が有効となり、残像感を抑えてキレ味に富んだ映像表示が楽しめます。 画面の表示に合わせてタッチパネルの応答速度も4倍に向上するので、ゲームコンテンツのクッキリとした画面表示だけでなく、快適な操作性も得られるというわけです。 4インチの大型ディスプレイを搭載しながら、重さを約141gに抑えています。 電車やバスで移動中、本体を片手で持ちながらの動画視聴も快適です• 初代のAQUOS zeroと比べて、明るさと色再現の性能がアップしています ドルビービジョン・ドルビーアトモスに対応 AQUOS zero2は、米ドルビーラボラトリーズ(以下:ドルビー)の高画質化技術であるドルビービジョンに対応するスマホです。 ドルビービジョンとは、ディスプレイ機器が表現できる輝度の幅を拡大して、明暗の再現力を高めるHDR(ハイ・ダイナミックレンジ)技術のひとつです。 ドルビーが独自に開発したもので、現在、コンシューマー向けのスマートテレビ、スマホ、タブレットなどのモバイル機器でも搭載する製品が増えています。 ドルビービジョンの高画質を楽しむには、対応するコンテンツも必要です。 ドルビービジョン対応のスマホは2016年ごろから出始めて、2020年を迎えて増え続けています。 対応コンテンツのほうは、NetflixやAmazonプライム・ビデオといった大手VODプラットフォームが配信しています。 ただ、その多くはまだドルビービジョン対応のスマートテレビ向けとなっていて、モバイル向けのコンテンツは少ないのが現状です。 初代のAQUOS zeroもドルビービジョンに対応するスマホですが、AQUOS zeroが発売されたばかりのころは、良質なコンテンツとの出会いが限られていました。 ドルビービジョンに対応するテレビやスマホ、サービスの輪が急速に広がっています U-NEXT、ドルビーの技術を採用するスマホ向け動画を配信 今回、AQUOS zero2の発売に合わせて、日本国内の動画配信サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」から、大きなニュースが飛び込んできました。 スマホで視聴できるドルビービジョン対応コンテンツ、そして音声がドルビーアトモスの立体音響に対応するコンテンツを、U-NEXTのプラットフォームで配信スタート。 U-NEXTでは、これまでもスマートテレビとサウンドバーなど、家庭用のホームシアター機器で楽しめるドルビービジョン・ドルビーアトモス両対応のコンテンツ配信を展開してきました。 蓄積してきた豊富なノウハウを生かして、今回はモバイル機器でもハリウッドのメジャースタジオが手がける人気作品をそろえています。 U-NEXTの配信サービスは月額1,990円(税別)で、定額で視聴できる動画コンテンツは約14万本、それと読み放題の電子書籍(雑誌70誌以上)です。 動画については、PPV(都度課金)の対象となる最新映画も楽しめるよう、毎月1,200ポイントがチャージされます。 このポイントは、動画コンテンツや電子書籍(コミック・書籍・新書)の購入だけでなく、対象となる映画館で割り引きチケットとして使える点にも注目です。 U-NEXTのWebサイト さて、今回加わる「ドルビー高画質・高音質」のハリウッド映画も、U-NEXTに会員登録すれば楽しめるようになります。 月額視聴料金はそのまま変わらず。 U-NEXTの前田弘之氏は「シャープ、ドルビーと一緒に、スマホで楽しむ高画質・高音質な作品の体験を広く普及させるために、がんばってコンテンツを調達した」と、今回の試みが実現できた背景を語っています。 コンテンツのエンコードなど準備を整えながら、数十作品を随時追加していきます。 基本はPPV作品として配信されるものが中心ですが、毎月提供されるポイントを使えば、月額料金の中で楽しめます。 U-NEXTは今後も、パラマウント以外のスタジオが制作するドルビービジョン・ドルビーアトモス対応のコンテンツも追加していく予定です。 画質・音質のクオリティは圧倒的にハイレベル 今回、筆者はシャープがメディア向けに開催したAQUOS zero2の説明会に参加して、U-NEXTのドルビー対応高画質・高音質コンテンツを体験してきました。 シャープの最新スマホ「AQUOS zero2」で楽しめる、U-NEXTのドルビー対応コンテンツを体験 ソフトバンクが取り扱うAQUOS zero2のホーム画面には、U-NEXTが開設したドルビー体験キャンペーンサイトへのショートカットアイコンを用意。 このアイコンから、U-NEXTが配信するドルビービジョン・ドルビーアトモス両対応のコンテンツへと、すばやくアクセスできるようになっています。 なお、ドコモ・auのAQUOS zero2では、シャープが公式サイトなどで公開を予定している、同キャペーンへの動線を利用するようです。 ソフトバンク向けのAQUOS zero2は、ホーム画面に「Dolby体験」のショートカットを配置。 U-NEXTが配信するドルビーコンテンツにすばやくアクセス AQUOS zero2の高精細な有機ELディスプレイで楽しむドルビービジョンの映像は、やはりSDR(スタンダード・ダイナミックレンジ)のコンテンツとはケタ違い。 豊かな精細感と明暗再現による、息を吞むほどリアルな奥行き感を特徴としています。 HDR映像ならではの明部のきらめきや、暗部に隠れてしまいがちなディティールもていねいに引き出されます。 一方で、ドルビーアトモスの立体サウンドはAQUOS zero2の内蔵スピーカーか、USB Type-C経由となるヘッドホン出力で楽しめます。 映像と音声の迫力があいまって、約6. 4インチの画面の向こうに広がる作品の世界へと、素直にのめり込むことができました。 ヘッドホンを接続して、ドルビーアトモスの臨場感あふれる3Dサウンドも体験• ドルビーアトモスのコンテンツを再生すると、コンテンツ情報にアイコンが表示されます。 ドルビーアトモスの効果はオン・オフを切り換えて聴き比べることもできます AQUOS zero2には、屋外で使うときに画面の視認性を高める「アウトドアビュー」機能も搭載されています。 ホームシアターを離れて、旅行先やカフェなどいろいろなシーンで楽しむ高品位な視聴体験は格別です。 U-NEXTが常時提供している31日間無料体験サービスも、ぜひ活用してみることをおすすめします。 予めご了承ください。 関連記事•

次の