インスタ ストーリー 新機能 使えない。 【インスタ】ストーリーにタイプが使えないときの対処法と使い方をご紹介!

インスタグラムのアーカイブ機能を使えば写真を一時的に非表示に。新機能のストーリー・アーカイブについても解説

インスタ ストーリー 新機能 使えない

Instagramのストーリーって何? 「ストーリー」とは、スライドショーのような形式で、画像や動画が投稿できるインスタグラムの機能です。 正式名称は「ストーリーズ」ですが、主に「ストーリー」と省略して呼ばれていることが多いです。 ストーリーで投稿された写真や動画はトップ画面上部のストーリーレイに表示され、24時間後に自動的に削除されます。 ストーリーの機能と効果的な使い方って? 宣伝ツールとしてのストーリー活用例は数多くありますが、いざ実際に触って見ようとしてもどの機能を使ったらいいのか迷ってしまいますよね。 ここではネットショップ運営に効果的なストーリー機能をいくつかご紹介します。 デコレーション機能 ご存知の方も多いと思いますが、ストーリーにはフィード投稿よりも豊富で簡単なデコレーション機能があります。 セール時はとにかく目立たせたり、統一感のあるデザインでブランドイメージを演出したり、多くのショップで個性が光る工夫が行われています。 Q&A機能 ストーリーのスタンプ機能のなかに、Q&Aスタンプというものがあります。 フォロワーに質問を投げかけたり、メッセージ、ご意見などを募る場面で利用されています。 ユーザーの悩みを知りたい!コンテンツのネタが欲しい!という時、気軽に活用してみましょう。 ハイライト機能 通常ストーリーは投稿から24時間後に自動で消えてしまいますが、このハイライトを利用すると再度プロフィール上に表示させ続けることができます。 過去に投稿したストーリーをカテゴリー分けして表示することもできるので、プロフィール画面の充実にもつながります。 サムネイルの画像も自由に変えることができるので、統一感を持たせたデザインにすることもできます。 リポスト機能 「リポスト」機能を使うと、誰かが自分のアカウントをタグ付けしたストーリーを自分のストーリー上でも投稿することができます。 タグづけされると通知が来るので「これをストーリーズに追加」というリンクをタップすればリポスト画面に移ります。 ツイッターの「リツイート」と似た機能です。 リンク機能 ストーリーにリンク(URL)を添付しユーザーを外部のページに遷移させることができる機能で、フォロワー1万人以上から利用できるようになります。 ストーリーから自社サイトや商品ページへの導線をしっかり作ることができるので、フォロワーが増えてきたら利用してみたい上級者向けの機能です。 インスタグラム「ストーリー」を使ったネットショップ活用事例4選 上記ではストーリーの効果的な機能をご紹介しました。 とは言え、ネットショップのアカウントでは実際どんな風に上手く使われているのか気になるところですよね。 ここではストーリーの活用を工夫して行なっている4つのネットショップさんをご紹介いたします。 器と生活雑貨のお店 イロドリ 鹿児島県で、作家さんのうつわや生活雑貨などを販売しているネットショップ「」さん。 イロドリさんはストーリ-の中でも、リポスト機能を上手に活用しているのが特徴です。 お客さんが商品とともに投稿してくれたストーリーに 「ありがとうございまストーリー」と名付けリポストしています。 お客さんに感謝の気持ちを伝えるだけでなく、より多くの人に身近な形で商品の使用感を拡散できるな活用方法です。 BALANCE STYLE バランススタイル サッカーのあるファッションライフをコンセプトにサッカー選手が愛用するブランドを取り扱うセレクトショップ、「」さん。 「BALANCE STYLE」さんのぜひ真似したい点は、ストーリーを使ったお客さんとスタッフさん同士の豊富なコミュニケーションにあります。 ストーリーではQ&Aをはじめとする多くの機能を取り入れ、お客さんの声を積極的に反映させたコンテンツを日々発信しています。 自分のお店でも質問コーナーなどをストーリーでやってみてはいかがでしょう。 パンと日用品の店 わざわざ 長野県東御市にあるパンと日用品の店「」さん。 わざわざさんは独自のハッシュタグ「 わざわざで買えます」の使用したり、ライブ感を活かした再入荷情報などの発信を行うなどInstagramを上手く活用しているので非常に参考になります。 リアルな使用感が伝わるキャッチコピーも、思わず「これ欲しい!」とSNSを見ている人に思わせるところもポイントです。 山藤 yamatou 老舗の職人が作る日本製の革財布を東京の実店舗やネットショップで販売している「」さん。 山藤さんは動画を活かした「工場見学」ストーリーを発信しているところが魅力的なポイントです。 普段見ることのできない工場の裏側がここで公開されています。 ストーリーならではの大きな画面が臨場感を生み出し、本当に見学に来たような体験ができます! まとめ いかがでしたでしょうか。 今回はInstagramの「ストーリー」の機能の説明から、効果的な使い方も含めて、上手く活用している4つのネットショップさんの事例を交えてご説明いたしました。 ぜひ、事例のショップさんの取り組みを参考に、Instagramのストーリーを使って集客や売り上げアップに活用していきましょう。

次の

インスタグラムの「ストーリー」で恋が実る!? 使い方の基本と裏ワザを若者に聞いた|新R25

インスタ ストーリー 新機能 使えない

MUSICが使えない場合について インスタのストーリーに実装されているはずのMUSICを利用できない場合の症状を紹介します。 MUSICが使えないといっても様々な症状が起きているので、それに沿った対処法を考えなければいけません。 あらかじめどのような症状なのかを把握しておけば、対処法を考えるのも多少は楽になります! なぜMUSICが使えないケースにはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。 スタンプ一覧にスタンプがない 上記の画像はインスタのストーリーに貼り付ける・利用することができるスタンプの一覧画像となっていますが、この中に「MUSIC」の項目がないことがあります。 インスタのストーリーのスタンプ一覧からMUSICを選択しないと、肝心の挿入する音楽の選択画面に映ることができないので、 スタンプ一覧にMUSICがない場合は、MUSIC機能そのものが使えないのだと考えてください。 下のほうに埋もれているだけかもしれませんが、インスタのスタンプは最新機能やスタンプを貼り付けて他のツールを呼び起こす(アンケート・日付機能等)機能が優先的に表示されます。 日本版で実装されたばかりのMUSICも上部分に表示されるようになっていて、上部分になかったら下を探してもないことが多いです。 スタンプがあっても曲を選択できない 上記画像が、MUSICスタンプを選択してから出てくる、挿入する音楽を選択する画面です。 多くのアーティストの音楽が本来なら表示されるのですが、 ここに何も表示されず、リロード等を行っても音楽を選択できない状況に陥っている人もいました。 MUSICスタンプそのものは選択できるので、MUSIC機能が自分の端末にまだ実装されていないということはあり得ません。 なんらかの不具合が起こっているせいで、選択できる音楽が大幅に減っているか、選択画面そのものにエラーが起こって表示バグが出た可能性が高いです。 音が消えてしまう インスタのストーリーでMUSICを流そうとしたら、編集時や編集後に流そうとした音楽が消えてしまう現象も起こっています。 この現象は 「不具合である場合と不具合でない場合」の2パターンがあり、不具合でない場合は主に自分の操作ミス・編集ミスが原因となっていることが多いです。 下記の場合だと、操作ミスや編集ミスで音が消えていたのだと判断できます。 音楽再生範囲を間違えている• フレーズ調整ミス• 歌詞やステッカーを誤って長押ししてMUSICを消した状態でアップロードした• 自分の端末の音量が0になっていた よくある編集ミスですが、例えば15秒の動画のうち10秒だけ音楽を再生しようとしたところ、間違えて動画の最後の1秒だけMUSICが流れるように編集してしまった場合があります。 この場合はエラーが起きているわけではないのですが、 インスタのストーリーでMUSICが使えない・音が消えたと錯覚してしまう人もいます。 本当にエラーが起こっていたせいで音が消えた場合は、 上記の編集ミス等は見つからず、大勢のユーザーが「インスタのストーリーMUSICがおかしい」と言っている可能性が高いです。 自分の探している曲がない インスタのMUSICには様々な有名アーティストの音楽からゲーム等のBGMを選択することが可能です。 しかし、自分が挿入したい音楽がない場合もやはり存在します。 不具合ではなく 「元から自分が使いたい音楽がインスタのストーリーMUSICに実装されていない可能性」があり、権利やアーティストの意志・意向が理由だと考えてください。 また、ただ通信環境が悪いせいで一部の音楽しか表示されていないケースもあり、通信速度が遅いと音楽の一覧すらも表示されないことがあります。 インスタのストーリーでMUSICが使えない場合の対処法 不具合の可能性も考えられますが、そもそも自分のインスタに実装されていなかったり、編集ミスのせいで音が出ないだけである可能性も考えられるので、まずは原因を把握した上でどの対処法を使えばいいかを考えてみてください。 下記の記事はMUSIC実装音楽一覧と外部アプリで音を入れる方法がそれぞれ記載されていますが、こちらも対処法の代用となるので、チェックしておくことをおすすめします。 MUSICが見つからない場合は検索を使う スタンプの中にMUSICがない・見つからないといった場合は、 スタンプ一覧の上部にある「検索バー」を活用してください。 この検索バーの中に「ミュージック(MUSICでも構いません)」と検索を入れると、ミュージックに関連のあるスタンプやGIFが表示されます。 もし、スタンプ一覧からMUSICを探し出すことができなかった場合は、検索を使ってMUSICアイコンを絞り込むことができるでしょう。 新機能であるストーリーのMUSICは基本的にスタンプ画面上部に表示されているので、上記画像(上部の画像です)にないのなら検索を使っても出てこない可能性があります。 検索を使ってもMUSICアイコンが出てこなかった場合は、まだ自分のインスタにMUSICが実装されていないか不具合やエラーが起こっているかです。 端末の音量を調整する インスタのストーリーには音を出すかどうかの設定が存在しませんが、端末の音量設定によってインスタのストーリーでどのくらい音が出るかを決めることができます。 iPhoneの場合は最新機種なら端末の左側の上ボタンが音量アップボタンとなっていて、Androidの場合は端末の右側にあることが多いです。 自分が誤って 音量をオフにしていた場合は、インスタのストーリーから音が出てきませんので、ストーリーのMUSICでエラーが起こったのだと感じてしまうかもしれません。 音量を上げるだけでなく、スマホのマナーモードも音量が出るかどうかに関係してくるので、あらかじめ解除しておくようにしてください。 ストーリー編集ミスを確認する これも同じく音が出ない場合の対処法ですが、 インスタのストーリー編集で「MUSICを再生する範囲」を間違っていないか等を確認してください。 再生する範囲を間違えていた場合は、本来なら再生されるように設定した音楽が再生されない・再生がカットされることがあります。 新しくインスタのストーリーを投稿して、再度ミスがないように編集を行えば問題は解決されます。 ストーリーのMUSIC機能を使ったストーリーの編集に関しては、下記の記事を参考にしてください。 自分のインスタにまだMusicが実装されていない場合もある 元々、インスタのストーリーMUSIC機能は実装されていなかった機能で、2月25日に上陸して日本人ユーザーでも使えるようになっていました。 これはアップデートによるものですが、 一部のユーザーはアップデートが遅れている関係上、まだインスタのストーリーMUSIC機能が実装されていない可能性があります。 端末のインスタでMUSIC機能を使うことができないので、現状では対処法という対処法がなく、しばらく待って使うしか方法がありません。 既に実装されている機能がまだ追加されていないだけなので、近日中には自分のインスタにもMUSIC機能が実装される可能性は高いです! その他の対処法 例えば、 スマホや端末の再起動・再インストールや通信環境をチェックする等の対処法も活用可能です。 これは「不具合を対処したい場合」の対処法となるので、MUSICスタンプが表示されるのに音楽を選択できない場合や、音が出ない場合に試してみてください。 下記の記事を確認して、MUSIC関連のエラー対処法を確認しておきましょう。

次の

【インスタ】ストーリーのリポスト方法|シェア・拡散させない方法や注意点まとめ

インスタ ストーリー 新機能 使えない

インスタのハイライトとは 1-1. 正式名称はストーリーズハイライト 「ハイライト」と呼ばれることの多い機能ですが、インスタグラムの公式ページなどには、 「ストーリーズハイライト」と記載されています。 なので、正式名称は「ストーリーズハイライト」と覚えてください。 公式のヘルプページ等で検索をかける際は「ストーリーズハイライト」で検索をかけるといいでしょう。 ちなみにこの記事では…• 1-2. ストーリーをプロフィールに残せる インスタストーリーズといえば、 24時間だけ見られることのできる投稿機能ですが、このハイライト機能を使うと、 24時間以上表示しておくことができます。 (参考記事「」 すぐ消そうと動画投稿をしたけれど、思いのほか評判が良かった…など、後からハイライトに追加できるので嬉しいですね。 1-3. プロフィールが充実する 例えば Twitterは、「固定ツイート」として、プロフィールページのトップツイートを固定して表示させておくことができます。 しかし、 instagramでは特にそういった機能はなく、プロフィールを見ても、時系列に並んだポスト画像とプロフィール文章くらいしかありませんでした。 ハイライトはプロフィール画面に表示されます。 なので、自分のプロフィールに当たるようなものやお知らせなどをおいておけば、自己アピールの一つとして活用できるのです。 ちなみに、現在ハイライトに追加できる上限は決まっていないので、いくらでもプロフィールに乗せる事が出来ます。 ハイライトの使い方 2-1. まずストーリーをアーカイブ保存設定に ストーリーに投稿した画像や動画は24時間で消えてしまいますが、「アーカイブ保存」をする設定にしておけば、公開はされませんが投稿したストーリーを保存しておくことができます。 このアーカイブに保存される設定にしておかないと、ハイライトを作成する事が出来ないので、まずは保存するように設定をしましょう。 右下のアイコンをタップしてプロフィールに移動したら、右上のアイコンをタップしてメニューを表示させ、一番下の設定をタップします。 [プライバシー設定とセキュリティ ]までスクロールし、 [ストーリーズコントロール ]をタップします。 [アーカイブに保存 ]をタップして ONの状態にします。 これでストーリーがアーカイブ保存されるようになりました。 注 :ストーリー投稿がストーリーから消える前にその投稿から削除した写真や動画は、アーカイブに保存されません。 2-2. プロフィール画面の新規ボタンをポチ プロフィール画面のユーザーネーム&自己紹介の下にある [ストーリーズのハイライト ]をタップし、 [新規+ ]をタップしてください。 (ちなみに、ストーリー投稿が全くない場合は、ストーリーズのハイライトという文字は表示されません。 ) 2-3. ストーリーを選択 今までに投稿したストーリーのアーカイブが表示されますので、ハイライトに追加するストーリーズをタップして選択し、 [次へ ]をタップします。 複数選択することもできるので、今回はカップと変な絵画を選択しました。 2-4. カバー選択&タイトルをつけ完了 表示されている画像じゃないものをカバー写真にしたい場合は、 [カバー写真を編集 ]をタップして、使用したい画像を選択します。 今回はコーヒーカップが自動で表示されましたが、変な絵画に変更しました。 ハイライトに表示するタイトルを入力したら、 [完了 ]をタップしましょう。 これでハイライトの作成は完了です。 意外と簡単ですね。 2-5. ストーリー&アーカイブからも追加できる 以上の手順以外にも、ストーリー視聴やアーカイブからの追加も可能です。 これをタップすると、下に [ハイライトに追加 ]というポップアップが出てくるので、そこからハイライトを作成することができます。 その後は上記の手順と同じです。 アーカイブ一覧の右上のアイコンをクリックすると [他のオプション ]として [ハイライト作成 ]が出てきますので、それをタップするとハイライト作成画面に移ります。 後は前述したハイライト作成手順と一緒です。 ハイライトを削除&編集するには 3-1. 削除する手順 この「風景」というタイトルのハイライトを削除します。 プロフィール画面で、削除したいハイライトを長押しして、メニューを表示させます。 [ハイライトを削除 ]をタップすると、ホントに削除する?と確認されますので、削除をタップ。 削除されました。 3-2. 編集する手順 この「風景」というタイトルのハイライトを編集します。 プロフィール画面で、削除したいハイライトを長押しして、メニューを表示させます。 [ハイライトを編集 ]をタップすると、タイトルの編集や、写真や動画の追加などをすることができます。 ハイライトについてよくある質問 4-1. 見ると足跡はつくの? 基本的にストーリー機能と同じなので、足跡はバッチリつきます。 (参照記事「 」) しかも、ストーリーズは 24時間経ったら消えますが、こちらは残るので、 足跡もずーっと残るわけです。 自分の存在がバレるのがいやという方は見ないほうがいいかもしれません。 4-2. インスタライブもハイライトにできる? ライブした動画をシェアする機能でストーリーに投稿すれば、他のストーリーと同様にハイライトに追加することができます。 ライブ動画を終了した後に、画面下部の [シェア ]をタップすれば、ライブ動画のリプレイがストーリーに投稿されるので、その後は前述した手順と同じです。 4-3. ハイライト機能が使えない ハイライト機能は 2017年の12月に実装された、比較的新しめの機能です。 なので、アプリを最新の状態にアップデートしていないと、ちゃんと動作しなかったりすることも。 また、 OSが古いとうまく機能が使えないこともあるようです。 まとめ インスタのストーリーズハイライトについて、基本的な知識や使い方などをご説明いたしました。 このハイライト、プロフィールの充実にもなるので、うまいこと使いこなしてフォロワー数の増加に繋げちゃいましょう!.

次の