転生したら悠々自適な。 【4話】転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?ネタバレあらすじを結末まで|クレヨンBlog

悠々自適な転生冒険者ライフ ~実力がバレると面倒だから周りのみんなにはナイショです~

転生したら悠々自適な

39話ネタバレ! 「聞いた?陛下と妃殿下が同じ部屋を使っているみたいよ」 廊下で使用人たちが話していた。 結婚して以来初めてのことだからだ。 するとある臣下の小言が聞こえる。 「陛下には甚だガッカリです!」 「皇妃の安定のためらしいが」 このタイミングでそんなことをしていることに呆れて次の会議を心配する臣下たち。 それを聞いた使用人たちは、 「いい知らせさえ来ればすべて丸く収まるわ」 と言うのだった。 きっと今はお互いに愛を分かち合っていることでしょう…と使用人たちは妄想を膨らませていたのだった。 しかし… ワイワイガヤガヤしている部屋。 そこには、皇室パティシエが用意したスイーツが並び… プレゼントボックスが積まれ… 次々と贈り物が部屋に運ばれてきてしまう…! やりすぎと感じたレアナは 持って帰ってと使用人に伝えるが 「プレゼントだけはどうか受け取ってください」 と必死に運び込む使用人たち。 陛下の命だったからだ。 するとポール 何かを思い出し 「妃殿下、廊下にご案内します」 と言い出す。 理由を聞くとなぜか棒読み口調になる。 ため息をつくレアナ。 (陛下に何かやらさられてるのね) そう思いながらもポールに案内されるレアナ。 (まさかここで何か…) ドアを開けると・・ 廊下だというのに、 ピンクの花びらがレッドカーペットのように敷き詰められガーデンアーチが置かれていた…!! そしてその向こう側には… 皇帝の姿が…!! 固まるレアナ。 レアナの姿を確認すると笑顔で立ち上がる皇帝。 手には花束を持ち… 歩み寄ってくる。 「出かけるのは不便かと思って、小さな庭を用意した」 この時間にポールと散歩していたのを知って庭園を用意したのね…と思うレアナ。 (やりすぎだよ!) さらに魔法で花びらが舞い散る…! レアナは愛想笑いを浮かべながら、 やんわりと断ろうとするが… 花束を持ちながら… 「今日執務中に気付いた」 「天使がなぜ人のフリをするのだろうと」 カミナリが落ちたかのようにドン引きのレアナ。 苦笑いしながら 「陛下、こんな過大なプレゼントは不要です。 」 そう言われ、落ち込む皇帝。 「余はまたしくじったのか…」 「君を喜ばせたかった…」 その言葉と、皇帝の表情を見て、 レアナは花束を受け取り 「お気遣いありがとうございます」 と笑顔を見せると… パァッと表情が明るくなる皇帝。 懲りずに違う花を用意しようなんていうのでした。 ルマンは幼い頃の夢を見ていた。 起き上がり… 「予定よりも長く寝てしまった」 と言うのでした。 40話ネタバレ! 目が覚めたルマンは、ベッドの上で新聞を読みながら、部下からこれまでの話を聞いていた。 まだ容疑者が捕まっていないこと… 陛下が強制的に貴族の家を捜索したこと… 冷静な表情で現状を聞くルマン。 悪い噂も流れていると説明を聞き、考えるルマンなのであった。 ミアはなぜ自分が神殿に行かなければならないのかと不満気。 頬を膨らませながらテリアの説明を聞くと、神力テストを受けることを拒否する。 そんなミアをテリアは脅すが… それでもミアの口は減らない。 陛下と行きたかったと言い出し、テリアにまたキツク言われる。 そんなテリアの態度が嫌なミア。 「誰がこんな人と一緒に行きたがるか!」 と怒るのでした。 本来なら皇帝も同行していたはずが、妃殿下を1人にしたくないという皇帝の意向があったためだと説明するテリア。 その話を聞いて、落ち込むのかと思いきや… ミアの表情は明るかった。 「よかったですね」 そう言って笑顔を見せるのでした。 そんなミアに、冷静に 試験の心配をしろと言うテリア。 その後もテリアの毒吐き攻撃は続き… 帰りたいと言うミア。 テンションが落ちたりあがったり忙しいミアだった。 しかも、ミアの神力は歴代神女たちを上回る物だと言う。 戸惑うミア。 神官たちは、これを世間にお知らせせねばと言い出すが、1人の神官に、ミアが受け入れてからお話しましょう。 と話す。 ボケーっとしているミア。 自分に神力があるなんてと驚いていたのだ。 (神力をどうやって使うか分からないけど…) 自分で自分を誉めるミア。 刑務所に行く心配もなくなり、飢える心配もなし! 目をキラキラさせる。 そんなミアを遠くからテリアは見ていた。 (本当に神女とは…) 笑顔ではしゃぐミア。 そんなミアを見て… テリアはにやりと笑う。 呆れるほどに愛を表現していますね…! もう後悔したくないからでしょうか レアナが散歩できないからと、廊下に庭園を造るなんて…相手を思いやらなければ思いつかないことです…! そしてルマン! ついに目覚めましたね! 良かった~ けど、日本語訳では 「予定よりも」ってなってました! 一体その予定とは…!? ルマンが夢で見た女性はおそらく母親だと思いますが…ルマンが自分の役に立つようにと育てていた様子。 闇が深そうです…! そしてミアは… もうすでに皇帝のことは吹っ切れている様子が見えました。

次の

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?|ネタバレ!4話から最新話・結末までの感想も!|漫画Plus!

転生したら悠々自適な

本日のランキング• 原作タイトルは「갓 오브 블랙필드」。 原作小説の表紙がカッコいい!いじめられっ子の「中の人」がメチャ強軍人に変... 転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?の公式PVがあるぞ~ 夢みたい!愛読書の皇宮恋愛ファンタジー小説の世界に入っ... ピッコマで極道高校生が無料で読めそう!くらげバンチで「極道高校生」は読めるかな?!サンデーうぇぶりで「極道高校... 原作版の公式PVはこちら! おお…実写も交えてカッコいい!! 喧嘩独学の原作は韓国のコミックNAVER連載!最... 清楚で可愛らしい容姿で、それなりに付き合った人もいる、普通のOL美月 24 しかし、彼氏に頭をポンポンされたり... イライザは男装使用人でドキドキだぞ…!マイフェアフットマンはピッコマで無料で読めるみたい!マイフェアフットマン... SNSで共感の嵐!「自分と同じ境遇の人が居るんだと安心した」 『よくわからないけれど、私たち、相性最高なのかも... 「秩序だと?!法則だと?!そんなものがある世の中がこのザマか!」超いいセリフ!! 他にも名言が沢山ありそう!!... ちょっとした陶芸マンガでもあるので、フルカラーでも読んでみたいです。 俺は恋愛なんか求めてない!はピッコマで無料... ピッコマにRetry〜再び最強の神仙へ〜があるみたい!「Retry〜再び最強の神仙へ〜」が無料で読めるかくらげ... 希少な関西弁ヒロインマンガ!!戦え!肉厚ラブコメディ!みにあひはcomico(コミコ)で無料で読めるみたい!み... ネット小説の中の四天王がウチのクラスに?! 公式PV動画はこちら! ネット小説の法則はピッコマで無料で読める... どん底人生から、御屋敷生活に!意地悪する人もおらず、ほっこり読めるぞ。 ある日、私は冷血公爵の娘になったはピッコ... 中国のマフィアを一掃する秘密任務を遂行する国家情報院の殺し屋Kこと「ジン」。 海外での任務遂行の間に愛娘の「スヒ... 健気健体!バランスが大事ぞよ…。 水霊信果、幻想的で美味しそう…。 僕も梅の木の下で梅花生功して丹田を形成しようか... 異世界剣王生存記の韓国版動画はこちら!迫力ある動画はこちら!日本語版動画は、ピッコマ公式アプリで観ることができるのでまだの人はインスト... 異世界剣王生存記の初出は、kakaopageで連載の「22년동안 레벨업은 못했지만 근육은... 3話ヒロイン…!自分の拡散動画への反応を見ながら…あ〜、お前…、そういう…。 レモンエロウが無料で読めるアプリは? 今のところレモンエロウが読める無料アプリは見つかりませんでしたぞ。 古町、ハタチの漫画家デビュー作ヤンマガにて連載開始!!... 隅山巴文先生が、フランスで単行本描き下ろしした作品。 第17回えんため大賞 ライトノベル ビーズログ文庫部門...

次の

第3話

転生したら悠々自適な

39話ネタバレ! 「聞いた?陛下と妃殿下が同じ部屋を使っているみたいよ」 廊下で使用人たちが話していた。 結婚して以来初めてのことだからだ。 するとある臣下の小言が聞こえる。 「陛下には甚だガッカリです!」 「皇妃の安定のためらしいが」 このタイミングでそんなことをしていることに呆れて次の会議を心配する臣下たち。 それを聞いた使用人たちは、 「いい知らせさえ来ればすべて丸く収まるわ」 と言うのだった。 きっと今はお互いに愛を分かち合っていることでしょう…と使用人たちは妄想を膨らませていたのだった。 しかし… ワイワイガヤガヤしている部屋。 そこには、皇室パティシエが用意したスイーツが並び… プレゼントボックスが積まれ… 次々と贈り物が部屋に運ばれてきてしまう…! やりすぎと感じたレアナは 持って帰ってと使用人に伝えるが 「プレゼントだけはどうか受け取ってください」 と必死に運び込む使用人たち。 陛下の命だったからだ。 するとポール 何かを思い出し 「妃殿下、廊下にご案内します」 と言い出す。 理由を聞くとなぜか棒読み口調になる。 ため息をつくレアナ。 (陛下に何かやらさられてるのね) そう思いながらもポールに案内されるレアナ。 (まさかここで何か…) ドアを開けると・・ 廊下だというのに、 ピンクの花びらがレッドカーペットのように敷き詰められガーデンアーチが置かれていた…!! そしてその向こう側には… 皇帝の姿が…!! 固まるレアナ。 レアナの姿を確認すると笑顔で立ち上がる皇帝。 手には花束を持ち… 歩み寄ってくる。 「出かけるのは不便かと思って、小さな庭を用意した」 この時間にポールと散歩していたのを知って庭園を用意したのね…と思うレアナ。 (やりすぎだよ!) さらに魔法で花びらが舞い散る…! レアナは愛想笑いを浮かべながら、 やんわりと断ろうとするが… 花束を持ちながら… 「今日執務中に気付いた」 「天使がなぜ人のフリをするのだろうと」 カミナリが落ちたかのようにドン引きのレアナ。 苦笑いしながら 「陛下、こんな過大なプレゼントは不要です。 」 そう言われ、落ち込む皇帝。 「余はまたしくじったのか…」 「君を喜ばせたかった…」 その言葉と、皇帝の表情を見て、 レアナは花束を受け取り 「お気遣いありがとうございます」 と笑顔を見せると… パァッと表情が明るくなる皇帝。 懲りずに違う花を用意しようなんていうのでした。 ルマンは幼い頃の夢を見ていた。 起き上がり… 「予定よりも長く寝てしまった」 と言うのでした。 40話ネタバレ! 目が覚めたルマンは、ベッドの上で新聞を読みながら、部下からこれまでの話を聞いていた。 まだ容疑者が捕まっていないこと… 陛下が強制的に貴族の家を捜索したこと… 冷静な表情で現状を聞くルマン。 悪い噂も流れていると説明を聞き、考えるルマンなのであった。 ミアはなぜ自分が神殿に行かなければならないのかと不満気。 頬を膨らませながらテリアの説明を聞くと、神力テストを受けることを拒否する。 そんなミアをテリアは脅すが… それでもミアの口は減らない。 陛下と行きたかったと言い出し、テリアにまたキツク言われる。 そんなテリアの態度が嫌なミア。 「誰がこんな人と一緒に行きたがるか!」 と怒るのでした。 本来なら皇帝も同行していたはずが、妃殿下を1人にしたくないという皇帝の意向があったためだと説明するテリア。 その話を聞いて、落ち込むのかと思いきや… ミアの表情は明るかった。 「よかったですね」 そう言って笑顔を見せるのでした。 そんなミアに、冷静に 試験の心配をしろと言うテリア。 その後もテリアの毒吐き攻撃は続き… 帰りたいと言うミア。 テンションが落ちたりあがったり忙しいミアだった。 しかも、ミアの神力は歴代神女たちを上回る物だと言う。 戸惑うミア。 神官たちは、これを世間にお知らせせねばと言い出すが、1人の神官に、ミアが受け入れてからお話しましょう。 と話す。 ボケーっとしているミア。 自分に神力があるなんてと驚いていたのだ。 (神力をどうやって使うか分からないけど…) 自分で自分を誉めるミア。 刑務所に行く心配もなくなり、飢える心配もなし! 目をキラキラさせる。 そんなミアを遠くからテリアは見ていた。 (本当に神女とは…) 笑顔ではしゃぐミア。 そんなミアを見て… テリアはにやりと笑う。 呆れるほどに愛を表現していますね…! もう後悔したくないからでしょうか レアナが散歩できないからと、廊下に庭園を造るなんて…相手を思いやらなければ思いつかないことです…! そしてルマン! ついに目覚めましたね! 良かった~ けど、日本語訳では 「予定よりも」ってなってました! 一体その予定とは…!? ルマンが夢で見た女性はおそらく母親だと思いますが…ルマンが自分の役に立つようにと育てていた様子。 闇が深そうです…! そしてミアは… もうすでに皇帝のことは吹っ切れている様子が見えました。

次の