ミミッキュ アッキ。 ミミッキュの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

非ダイマ対面最強ミミッキュ

ミミッキュ アッキ

ポケモンの構築について質問 ドラパルト ミミッキュ アッキ型 エースバーン 球 ポリゴン2 ウォッシュロトム チョッキorおぼん ドリュウズ 襷型破り というパーテイを考えてます。 対戦デビュー数日のど素人なのであんまり上手く考えれてないです 1. ドラパルトの形が決まっていません。 物理型?特殊型?サポート形?どれがこのパーティにはいいでしょうか?採用理由は先発に投げやすそうだからです 2. ミミッキュは単純に強そうなのと使いやすそうなので採用しました。 アッキ型にしたのはエースバーンに球枠を割きたかったからです 3. エースバーンの採用理由は単純に強いからです。 先発に出してもいいし後半のフィニッシャーにしてもいいと考えています 4. ポリゴン2は純粋に受け枠として採用しました。 耐久がかなり高いから採用しました。 未だにドヒドイデと迷ってます 理由はマリルリに煮え湯を飲まされたことと格闘が増えそうだから。 どちらがいいと思いますか? 5. ウォッシュロトムの採用理由は便利そうだからです。 広い攻撃範囲とそこそこの耐久でクッション兼特殊アタッカーです。 クッションとしての役割を考慮してチョッキかオボンで考えてます。 メガネトリックなど他の型の方がこのパーティに合うなら変えます 6. ドリュウズの採用理由は最初に作ったパーティで1番頼りになったのが襷ドリュウズだったからです。 ロトムやミミッキュに型破りで弱点技を撃てるのがいいです 欠陥や修正点などなんでもおしえてほしいです 補足ドリュウズを外してジバコイルを入れました。 マリルリや受けポケへの対策です 拝見しました。 技構成が分からないのである程度想像で答えさせて頂きます。 まずマリルリ対策はロトムでできると思います。 そうなると役割の被るジバコイルは外して、 相手がロトム対策で出してくるポケモン、主にゴリランダーやヌオーなどのタイプの対策をすることをオススメします。 草タイプはエースバーンでみるとして、地面タイプのヌオーや、マリルリと相性補完に優れたドリュウズがこのパーティは少し重いので、カットロトムにするのがオススメです。 そうするとこちらのエースバーンも通りが良くなります。 それから流行りのポケモンの対策をするのも大切です。 今だとエースバーンの対策は必須です。 このパーティの中なら、ミミッキュにこうこうのシッポを持たせてトリックからの鬼火(もしくは電磁波)呪いなんかもいいかもしれません。 その後はミミッキュがした仕事を無駄にせずにエースバーンに勝てるポケモンを出します。 ここだとドラパルトですね。 エースバーンはドラパルト対面だと不意打ちが打ちたくなるので身代わりを採用してもいいかもしれません。 空いてる1枠には環境に合ったポケモンを使っていただければと思います。 ここまで書いてみましたが、あくまでも私の想像なので、質問者さんの考え方の1つになれば幸いです。 今シーズン難しいですよね お互い頑張りましょう。

次の

第107話 3.ミミッキュ

ミミッキュ アッキ

S5お疲れ様でした。 今回は最終9位という結果を残すことが出来たので記事にしていこうと思います。 構築名は二匹の兎で大きなアドを取った後残りので逃げ切ることからとりました。 また、前期使っていた欠伸守る2wとTLで見かけたアッキドレパンが使用感がよかったので、この三匹で構築の軸とした。 ここで、この三体はを切った場合もちろん、切らない場合も強い駒として動かせるため、これらから二体と合わせて選出するを切る前提で数的有利を取りやすそうなを探したところ、珠にたどり着いたので採用。 また、ここまで相手の欠伸をはじめとする欠伸展開が重かったので、そこを奇襲で起点にしボコす手段としてラムビルド身代わりエースバーンを採用した。 最後に、ここまで水の一貫が気になったのとラム持ちウオーグル・・などドラパカビミミをボコすためにうきうきで出てくるやつらに切り返すこともできる第二のエースとして弱点保険を採用し、構築が完成した。 【個別解説】 今回の構築はほとんど6匹とも均等に出していたので選出率は記載しません。 後述のやラプで荒らした後相手のをダイブで枯らしたり、滅びターンを稼ぐムーブもめちゃくちゃ強かった。 こいつがいるだけで相手の入りに格段に立ち回りやすくなるほか、大体の攻撃を二耐えするので相手の裏を割り出したりをいなしながらこちらのエースを通す場を整えることができる。 2ウエポンはキッスあたりを意識して前期に引き続きヘビボン+アムハンで使用した。 ・@アッキの実 意地っ張りH132A252B108D4S12 実数値:147- 156-114- x-126-118 調整意図: A142の珠皮ダメ込み最高乱数切り耐え C189のダイジェット皮ダメ込み87. アッキが発動することによりめちゃくちゃ硬くなり、さらにドンチでもりもり回復するため削って裏の圏内に入れる相手の動きをとがめることができ、非状態で2. 5タテくらいすることも珍しくなかった。 がよく誘うやを立ち回り次第で返り討ちにできる点もかなり強かった。 の壁と組み合わせることでさらに不死身になったり、で暴れた後相手の切り返しのックスを皮+ダイブで枯らせたりなど、構築全体ともうまいことが取れてたので性能を最大限に生かせてたと思う。 こいつの珠ダイアタックはHBミトム、、トドン、アッキが発動してないピクシーくらいならワンパンでき、アーマーがアもHB特化でなければダイバーンで一撃で消し炭にできたりなど尋常でない火力が出るうえ、ダイジェットで加速もでき、さらにこちらのが切れた後も最後っ屁で威力150技を放てるのでこちらが先にを切って油断した相手を二体持ってく、みたいなことが簡単に決まった。 炎のパンチの枠は雷パンチと交互に使っていたが、終盤はがめちゃくちゃ多かったので炎のパンチで使用した。 PTで重い欠伸が基本的に空元気くらいしか炎に打点がないことと、膝や蜻蛉返りなどの存在からエースバーンが側が様子見したくなるであることにに気づき、こいつで後出しから起点にすることでドラパカビミミキッス 2や欠伸や軸、カバドリ、絡みとかにめちゃくちゃ強く出れた。 もう一つのウエポンは対面性能を上げるためとドラパルトに勝てるよう不意打ちを採用。 最終日二桁での勝ち試合の半分くらいこいつで相手をぼこしていたので構築のMVP。 ・ 弱点保険 控えめH252B4C236D4S12 実数値:237- x-101- 148-116-82 調整意図: S12振り残りHC 補完枠兼第二のエース。 ここまで重い水の一環切りと、メ、ウオーグルなど重いの切り返しを担当していた。 初めは粘土や混乱実などを試していたがみんな弱保無警戒で殴ってくるので弱保にしたら出せる回数が格段に増えた。 零度とは確実性やックス、身代わり下の相手にも効果がある点で差別化できる。 もともと自体かなり耐久があるのでこいつにを切らない場合でもこの詰め筋を取ることは多かった。 また、副産物としてダイウォールが撃てるようになったので相手の想定をずらすことが出来、それで拾えた試合もいくつかあった。 【選出・立ち回り】 ・ドラパ+カビ+ 一応基本選出であり、一番サイクルに寄った選出。 ダルマ入りにはこの選出が多かった。 この選出をする場合どのでもを切れるので、相手の選出を見ながら柔軟に対応していく。 相手の欠伸カビにはエースバーンを合わせることが多かったが、この基本選出でも全員が最低限打点はあるので役割集中で頑張ることはできる。 ・or++カビorドラパ 先行で荒らして逃げ切れると判断したときの選出。 初手やカビの欠伸で対面操作し有利対面にを合わせてから相手を壊滅させ、残り二匹で相手のを枯らし切りながら詰める。 基本的にエースバーンで荒らしとった数的有利を裏で詰める形となる。 そのほかどのように出そうとある程度のは取れるので相手の構築によって選出する駒を柔軟に決めていた。 【重い】 ・怠ける展開カバ 基本的に役割集中でカバを見てるので不意に来られると突破できずに詰む。 ・ 相手の最速鉢巻ドラパ 大体初手の同速運ゲになる。 初手でミトムを持っていければ、の欠伸を受けた後引いてエースバーンで頑張れる。 5時半くらいに両ロム一桁目前まで行ったのでより上を目指そうと思ったものの、そこで集中力を切らしてしまい本ロムを溶かしてしまったのですが、そこでやけにならずにサブを保存したのが結果的に正解でした(8時半くらいからお願い抜かないでって祈りながら更新連打してた)。

次の

【ポケモン剣盾】ミミッキュの入手方法と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ミミッキュ アッキ

ポケモンの構築について質問 ドラパルト ミミッキュ アッキ型 エースバーン 球 ポリゴン2 ウォッシュロトム チョッキorおぼん ドリュウズ 襷型破り というパーテイを考えてます。 対戦デビュー数日のど素人なのであんまり上手く考えれてないです 1. ドラパルトの形が決まっていません。 物理型?特殊型?サポート形?どれがこのパーティにはいいでしょうか?採用理由は先発に投げやすそうだからです 2. ミミッキュは単純に強そうなのと使いやすそうなので採用しました。 アッキ型にしたのはエースバーンに球枠を割きたかったからです 3. エースバーンの採用理由は単純に強いからです。 先発に出してもいいし後半のフィニッシャーにしてもいいと考えています 4. ポリゴン2は純粋に受け枠として採用しました。 耐久がかなり高いから採用しました。 未だにドヒドイデと迷ってます 理由はマリルリに煮え湯を飲まされたことと格闘が増えそうだから。 どちらがいいと思いますか? 5. ウォッシュロトムの採用理由は便利そうだからです。 広い攻撃範囲とそこそこの耐久でクッション兼特殊アタッカーです。 クッションとしての役割を考慮してチョッキかオボンで考えてます。 メガネトリックなど他の型の方がこのパーティに合うなら変えます 6. ドリュウズの採用理由は最初に作ったパーティで1番頼りになったのが襷ドリュウズだったからです。 ロトムやミミッキュに型破りで弱点技を撃てるのがいいです 欠陥や修正点などなんでもおしえてほしいです 補足ドリュウズを外してジバコイルを入れました。 マリルリや受けポケへの対策です 拝見しました。 技構成が分からないのである程度想像で答えさせて頂きます。 まずマリルリ対策はロトムでできると思います。 そうなると役割の被るジバコイルは外して、 相手がロトム対策で出してくるポケモン、主にゴリランダーやヌオーなどのタイプの対策をすることをオススメします。 草タイプはエースバーンでみるとして、地面タイプのヌオーや、マリルリと相性補完に優れたドリュウズがこのパーティは少し重いので、カットロトムにするのがオススメです。 そうするとこちらのエースバーンも通りが良くなります。 それから流行りのポケモンの対策をするのも大切です。 今だとエースバーンの対策は必須です。 このパーティの中なら、ミミッキュにこうこうのシッポを持たせてトリックからの鬼火(もしくは電磁波)呪いなんかもいいかもしれません。 その後はミミッキュがした仕事を無駄にせずにエースバーンに勝てるポケモンを出します。 ここだとドラパルトですね。 エースバーンはドラパルト対面だと不意打ちが打ちたくなるので身代わりを採用してもいいかもしれません。 空いてる1枠には環境に合ったポケモンを使っていただければと思います。 ここまで書いてみましたが、あくまでも私の想像なので、質問者さんの考え方の1つになれば幸いです。 今シーズン難しいですよね お互い頑張りましょう。

次の