アベノマスク。 「布マスクで国民の不安はパッと消えますよ」アベノマスクを主導した“官邸の金正恩”ってどんな人?

これぞ「アベノマスク」首相の1世帯マスク2枚配布発表に批判殺到

アベノマスク

割引券やつけ麺、さらにはバナナジュースなどと物々交換で寄付できるもの。 答えは、あの「アベノマスク」。 今では各地に、寄付のための回収箱が。 寄付しに来た人「これ余っているところが多いと思うんだよね。 ちょうどサイズが合う方に使ってもらうのが一番いいと思う」 ところが、こうした箱の設置に「待った」がかかった。 その現場となったのは、群馬・太田市の郵便局。 アベノマスクの寄付を募るボックスが設置されたが、わずか1週間ほどで撤去されたという。 設置の口火を切ったのは、1人の郵便局長だった。 小中学生のために、マスクの寄付を募る太田市の呼びかけに賛同。 6月に入り、市内にある21の郵便局に寄付箱が設置された。 しかし、これを知った日本郵便の本社が、すぐさま撤去を指示した。 なぜ、撤去となったのか。 そこには政府が示した、あの方針が。 菅官房長官「次なる流行にも十分対応できるよう、布製マスクを、多くの国民が保有することに意義がある」 政府が保有を求めたマスク。 それを誰が届けたかといえば、そう、郵便局員。 このことから、日本郵便本社 調査・広報部からは「配っているわれわれが、不要品のように扱うのはおかしい」との声が。 これだけではない。 マスクの寄付を報道機関に知らせたリリース。 よく見ると、そこにはアベノマスクの文字が。 これにも日本郵便本社 調査・広報部からは、「アベノマスクなどと揶揄 やゆ する表現は不適切だ」などの声が。 地元の人は... 太田市民「今、マスクがいっぱい出てきているから、寄付する動きがあって、それを郵便局がやるのも別にいいと思う」、「寄付する動きは、とてもいいことだと思う。 それ 配達 とこれ 寄付 は別問題な気もする」 政府の方針を尊重する形となった箱の撤去。 一方、今も寄付を募っている自治体からは、こんな本音も。 群馬・沼田市「国が行っている政策だが、マスクは無駄にしたくない。 なので消極的に寄付を募っている」 回収箱を設置する自治体は、東京にもある。 多摩市では、これまでに2,000枚のアベノマスクが寄せられていた。 その使い道は...。 多摩市役所・防災安全課・西野さん「最近、風水害というものが多く起きておりますので、ことしもそういったこと 風水害 が起きかねないということで、避難所で感染予防として活用していきたい」 多摩市では、100万枚のマスクを備蓄していたが、コロナの影響で数十万枚まで減ったため、寄付分を災害用に充てるという。 まだ全国に行きわたっていないアベノマスク。 騒動は、今後も続くとみられる。

次の

「2カ月待たせてマスク2枚」世界中がずっこけたアベノマスク騒動 「官邸官僚」の渾身の提案は大不評

アベノマスク

「世帯2枚」の布製マスク…4人家族は? 東京に始まり各地に続々と届きつつある布製マスク。 全世帯に2枚配られるが、電気工事関係の会社で働く今太加志さん 55 は妻と2人の息子の4人家族。 新型コロナの影響で大学が休校になり仕事を手伝っている長男の聖樹 21 さんと出勤前に、あの布製マスクを親子そろって仲良く装着してみると… 長男・聖樹さん: ちっちゃい 父・太加志さん: 思ったほどちっちゃくない…うん?ちっちゃい。 着け心地については… 父・太加志さん: 息苦しさはない。 長男・聖樹さん: 分厚いのであったかいです。 マスクが。 4人家族のうち、妻と小学3年生の次男は市販のマスクを使用している。 父・太加志さん: 縮んだら漂白して除菌して次男に。 長男・聖樹さん: 小さくなったら弟に(笑) 洗濯して縮んだら弟の路龍くん用になりそうだ。 一方同じく17日に届いたという85歳の男性は実際つけてみて、「小さいですね」とマスクの横幅が気になる様子。 一足早く手にした人たちからは、「小さい」、「洗ったら縮んだ」などの声が相次いでいる。 そんな中、ツイッターにこんな投稿が。 「さてと職場に届いているアベノマスク……。 間に合っているので不要という場合、別の人に役立ててもらうという方法がある。 テーブルにずらりと並べられたマスク、中にはかわいらしい柄の手作りマスクや直筆の手紙が添えられたものも。 株式会社プラスロボ 鈴木亮平氏: 全国の皆さんが寄付で届けてくれたマスクです 介護福祉サービスを運営する会社が立ち上げたマスク寄付プロジェクトでは、介護施設へのマスクの寄付を募っており、既に全国から3万枚を超える申し出が。 これまでに25の介護施設にマスクを届けているという。 提供:株式会社プラスロボ 株式会社プラスロボ 鈴木亮平氏: 介護施設で今マスクが足りない、厚労省から支給されてるけどそれでもコロナの影響がどこに続くかわからないので不安だと。 また今週に2000千枚から3000枚また配送する予定です。 株式会社プラスロボ 鈴木亮平氏: そのままにしてたり活用しないぐらいであれば求めてるところに届けばいいなと思います 加藤 綾子キャスター: マスクを手作りする方が増えている中、政府から届く布製のマスクの大きさに関しては様々な声も上がっていますけれども、どう思いますか。 風間 晋解説委員: 店頭でのマスクの品薄感は当分続きそうじゃないですか。 国内での増産も徐々に進んでいるとはいえ、やはり医療現場とか、介護現場とか優先して配布してもらいたいところはあるわけですよね。 となるとちょっと小さめでも、なかなか頼もしいなと感じる方も少なくないんじゃないかと思いますけど。 風間 晋解説委員: 工夫ですよね。 それはそれで。 加藤 綾子キャスター: 10万円の給付金と同じように、今本当に足りなくて困っている人たちのところに届けるという選択肢もあるといいですよね。 (「Live News it! 」4月20日放送).

次の

【ベツノマスクの作り方】アベノマスクのリメイク方法を徹底解説!

アベノマスク

「悪くはない」「他の使い道に…」街では賛否 4月1日に開かれた文部科学省の会見で、担当者が着けていたのは柄がユニークな布マスク。 一方、無地の布マスクをつけた安倍首相は同日、洗って繰り返し使える布マスクを全世帯に2枚ずつ配布することを表明した。 突然、飛び出した布マスク配布案。 街からはさまざまな反応が… 40代女性(母と2人暮らし): もう政府に何も望んでいないかもしれない。 もう怒りは通り越しているかもしれないですが、不安は解消されない。 2枚いただいたところで、別にという感じです。 30代女性(3人家族): 悪くはないと思います。 60代女性(3人家族): (使い捨てマスクが)なくなった時用に。 40代女性: 正直、他の使い道に使ってほしいかなと思います。 尾木直樹さんも苦言 布マスク配布の衝撃は、ネット上にも広がっていた。 アベノミクスならぬ「アベノマスク」という言葉まで誕生。 50代女性(夫と2人暮らし): 郵送費をかけて配布するんだったら、もっと違うお金の使い方があるのかなって。 閣僚は使い捨てマスクを着用…安倍首相の意図は? では、安倍総理を支える側近はというと、1日の感染症対策本部の会合に出席していた閣僚は、全員使い捨てマスクを着用していた。 これには「そこは足並みをそろえてよ 笑 」という強烈なツッコミが。 また、安倍首相のマスク姿に「小さい!給食当番みたい!」と違和感を覚えた人もいた。 さらに、政府関係者からは「皆さんに配っている以上、有効ですよとメッセージを出したいんだろうね」という声も。 安倍首相は、2日もブレずに布マスクを着用。 衆院本会議で、布マスクの配布を決めた理由を次のように語った。 安倍首相: 急拡大するマスクの需要の抑制を図り、国民の皆さまの不安解消に少しでも資するよう、速やかに取り組んでまいりたいと考えております。 (「Live News it! 」4月2日放送分より).

次の