わさびちゃんち。 もう大丈夫だからね!わさびちゃんちの「外猫保護」大作戦

ありがとう! わさびちゃん

わさびちゃんち

vol. 今では『わさびちゃんちのぽんちゃん保育園』で保護した猫たちの園長さんを務める犬のぽんず。 成長した猫家族たちも手分けして、保護猫たちのお世話をします。 一味(写真:右)は保護猫の教育係を つゆ(写真:右)はマイペースに保護猫を見守ります やさしい、でんすけ(写真:奥)は保護猫たちの、お父さん代わり 保護子猫の遊び相手と添い寝係はあわび(写真:奥左)とアジア(写真:奥右)が担当 あわびが子猫のときに一緒に保護した、にがりちゃんはお母さん役 一味、つゆやでんすけ、あわびとにがりちゃん母子、アジアも、みんな元は保護猫です。 今まで53匹の子猫たちを保護し、身体が弱かった子猫や、新しい飼い主さんがなかなか決まらず長くうちにいて すっかり家族愛が育ってしまった子猫たちが、私たちの家族になってくれました。 そして大家族になった『わさびちゃんち』です。 Instagramでは、6匹の猫家族と保護猫たちが犬のぽんずと仲良く暮らす様子をアップしています。 ぽんちゃん保育園に入園した子猫たちの成長から卒園までの様子や、 ときには猫同士、けんか(じゃれあい?)もするのですが、どこかぎこちない姿が可笑しいようで、 人気の動画です! 初めまして 他 はじめまして。 こむぎです 他 小雪イラスト『春夏秋冬』を豆本に 他 ちょっぴりワイルド?な一面に萌え 他 『マメシバ一郎』第1、2話 2014年3月28日放送 他 第1回 はじめまして! 梅蔵家・家長の雷蔵です 他 ヘタレ犬のひろし誕生! 他 第1話~4話 2014年2月25日放送 他 Vol. 1 衝撃の出会い 他 Vol. 1 ごあいさつ 他 Vol. 1 犬を飼いたい始 はじめ 一家の物語、はじまります 他 Vol. 1 キャッティがやってきた! 他 また犬と暮らしはじめた Vol. 1 白い仔犬 他 震災から学ぶペット防災のいま 他 Vol. 1 パンダって「大熊猫」って書くけど猫の仲間なのかな? 他 Vol. 1 みんながリラックスできる暮らしに 他 1トコトコ 「瞳ちゃんを待ってるトコ」 Waiting for Hitomi 他 第1回 常滑に招き猫通りがあると聞いた 他 いぬねこNo. 1ショット vol. 1 他 vol. 1 子どもの頃から大好きだった幼なじみのようないぬとねこ 他 vol. 2 猫ラテに挑戦してみた 他•

次の

「わさびちゃんち」とは?保護猫達と活動の内容

わさびちゃんち

かわいい子猫を育てる犬の園長さん たった一匹の小さな子猫「わさびちゃん」の短い一生が、外で過酷な生活をおくっている50匹以上の子猫を救っています。 3年前にわさびちゃんを保護した父さん、母さんは、今も子猫の保護活動に取り組んでいます。 父さん、母さんといっしょに子猫の世話をしているのがゴールデン・レトリーバーのぽんちゃん。 やさしいまなざしで子猫を見守ったり、いっしょにお昼寝したり・・・・・。 いつしか「ぽんちゃん保育園」と呼ばれるようになりました。 1期生のわさびちゃんから19期生の子猫まで、ぽんちゃんと子猫たちのほんわかした日常をフォトブック形式で紹介します。 「保護猫だって家族になれる! 愛くるしい写真の数々は、命の大切さを教えてくれるのです。 累計20万部を突破した「わさびちゃんシリーズ」の最新刊。 【編集担当からのおすすめ情報】 里親さんを探すためにスタイをまとったり、スカーフを巻いておめかしをする子猫たちのかわいい写真がいっぱいです。 ぽんちゃんとお昼寝したり、いっしょに遊んだり、節分などのイベントを楽しんだり・・・・。 「ぽんちゃん保育園」の日常に気持ちが安らぎます。

次の

大家族『わさびちゃんち』と保護猫たち

わさびちゃんち

〈 書籍の内容 〉 この夏本当にあった87日間、愛の物語 わさびちゃんは、道路でカラスに襲われているところを「父さん、母さん」に救われた生後間もない子猫。 6月2日に保護された時には、顎の骨が粉砕骨折し、舌も切れているなど大怪我をした状態でした。この日から、父さん、母さんの闘病生活は、自分では食べることのできない子猫に2時間おきにカテーテルでミルクを与える生活が始まります。 子猫を飼うのは初めての母さんは、ツイッターにアカウントを開設して日々の様子を公開していきます。 カテーテルでの給餌は子猫にとって辛いこと。 子猫が暴れて口の中を傷つけないようにおばあちゃんがおくるみを作ってくれました。 タラコやしめじ、本わさびをあしらったかわいいおくるみをまとった子猫の写真がツイッターで話題にのぼるようになったのです。 以降、家族の飼い犬ぽんずちゃんとの犬猫の垣根を超えた友情などに育まれ、「わさびちゃん」と名付けられた子猫はすくすくとやんちゃに成長していきました。 ところが--。 わさびちゃんは、7月末にてんかんの症状に襲われます。 これは投薬の末、回復しましたが、8月26日、体調が突如悪化。 翌27日、短い生涯を終えたのです。 最後まで必死に生きようとがんばったわさびちゃんが家族と過ごしたのはたった87日間。 わさびちゃんと家族との87日の愛の物語を通じて、命の大切さに触れる感動の一冊(本書の収益の一部を動物愛護の活動のために寄付します)。 〈 電子版情報 〉 ありがとう! わさびちゃん カラスに襲われた子猫は天使になった Jp-e : 093434380000d0000000 2013年夏、本当にあった87日間、愛の物語。 わさびちゃんは、道路でカラスに襲われているところを「父さん、母さん」に救われた生後間もない子猫。 6月2日に保護された時には、顎の骨が粉砕骨折し、舌も切れているなど大怪我をした状態でした。この日から、父さん、母さんの闘病生活は、自分では食べることのできない子猫に2時間おきにカテーテルでミルクを与える生活が始まります。 子猫を飼うのは初めての母さんは、ツイッターにアカウントを開設して日々の様子を公開していきます。 カテーテルでの給餌は子猫にとって辛いこと。 子猫が暴れて口の中を傷つけないようにおばあちゃんがおくるみを作ってくれました。 タラコやしめじ、本わさびをあしらったかわいいおくるみをまとった子猫の写真がツイッターで話題にのぼるようになったのです。 以降、家族の飼い犬ぽんずちゃんとの犬猫の垣根を超えた友情などに育まれ、「わさびちゃん」と名付けられた子猫はすくすくとやんちゃに成長していきました。 ところが--。 わさびちゃんは、7月末にてんかんの症状に襲われます。 これは投薬の末、回復しましたが、8月26日、体調が突如悪化。 翌27日、短い生涯を終えたのです。 最後まで必死に生きようとがんばったわさびちゃんが家族と過ごしたのはたった87日間。 わさびちゃんと家族との87日の愛の物語を通じて、命の大切さに触れる感動の一冊 本書の収益の一部を動物愛護の活動のために寄付します。 お手持ちの端末で立読みファイルをご確認いただくことをお勧めいたします。 あなたにオススメ!• 同じ著者の書籍からさがす• ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。 2015 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。 2015 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

次の