とび森トラディショナル。 とび森【グレースのファッションチェック】攻略

Trattoria Necco Mamma: 【とび森】グレースのファッションチェックっショ! の巻

とび森トラディショナル

「アメ・トラ」などと呼ばれ多くの方に知られているアメリカン・トラディショナルスタイル。 具体的にどのようなスタイルを指しているのかご存知でしょうか。 トラディショナルという言葉は日本では「トラッド」とも言われますが、「トラッド」は和製英語。 もともとトラディショナル=伝統的という、流行に左右されない伝統的・保守的なスタイルを「トラディショナル・クロージング」と呼んでいたところから派生しています。 アメリカン・トラディショナルスタイルは、源流をたどると英国に辿りつき、その伝統的・保守的な要素を守りながらも時代とともに変化していったことが見て取れます。 一言で説明するのは難しいアメリカン・トラディショナルスタイル。 今回は、アメリカから日本にそのスタイルが受け入れられてきた歴史を交えながら、解説します。 1950年代から60年代にかけて日本では戦後の混乱も収まり、人々の暮らしには余裕も出始めました。 また、GHQや海外の映画などを通して欧米へのあこがれが高まっていた時期でもありました。 そのころ、1950年前後からアメリカにおいて注目されていた、東部にある有名私立大学8校が構成する団体「IVY LEAGUE(アイビーリーグ)」に所属する大学の学生たちのスタイル「アイビーリーグルック」が日本でも紹介されます。 そのスタイルは有名雑誌などメディアに取り上げられたことにより、欧米に憧れを抱いていた日本の若者に浸透し流行。 1964年ころには、アイビーリーグルックの要素を取り入れたスタイルの学生たちが銀座のみゆき通りに集まるようになり、「みゆき族」と呼ばれ社会現象ともなりました。 アイビーリーグルックの特徴的なアイテムは、ナチュラルショルダーの3つボタンジャケット(寸胴型)、ボタンダウンシャツ、チルデンニット、レタードカーディガン、バミューダパンツなど。 もともとは学生の生活に根ざしたスタイルでしたが、卒業したOBなどにより、ビジネスシーンにもナチュラルショルダーの3つボタンスーツやレジメンタルタイなど、アイビーリーグルックのエッセンスが浸透していきます。 このころ設立されたニューヨーカーは、日本の若者に「アイビー」として流行していた装いとは一線を画す、大人のための装い、日本のビジネスマンのためのアメリカン・トラディショナルな装いを「Traditional」というブランドで提案。 日本で初めてファッションに「トラディショナル」という表現を用いたのがニューヨーカーであったとも言われています。 ニューヨーカーという社名も、アイビーリーグの卒業生が多く働くビジネス街ニューヨークへの想いからつけられました。 その後プレッピースタイルは日本にも入ってきますが、一方で80年代後半には、渋カジと表現されるような、ポロシャツやデニム、チノパン、コインローファーなどトラッドアイテムをカジュアルに着こなしたスタイルが流行します。 1990年代初頭にはトレンディドラマで主演女優が着用していたことがきっかけとなり、「紺ブレ」が流行語大賞になるほどWブレストの紺のブレザーがブームに。 きれい目なカジュアルスタイル「キレカジ」が流行し、ブレザーにデニムパンツを合わせたり、ワンピースなどを合わせたりといったコーディネイトが多くなりました。 ニューヨーカーでも、ウィメンズショップで紺ブレが完売し手に入れられなかった方が、メンズショップを訪れ、メンズの小さいサイズを購入するという光景が見られるほどの人気でした。 アイビーリーグルックが日本で広まった当初、そのスタイルにはコーディネートに関するルールが数多く存在しました。 しかし、時を経るとともにそのルールはだんだんと緩やかになり、トラディショナルなエッセンスを取り入れたカジュアルなスタイルへと変化し受け継がれてきました。 以前は、全身を1つのテーマでまとめた装いが多かったのが、現在は好みが多様化し様々なテイストのアイテムをその人なりに組み合わせるコーディネートファッションが多くなっています。 その結果、全身の装いとしてのトラッドの流行はあまり見られませんが、ブレザーやチェックアイテムなどトラッド要素のあるアイテムを取り入れた装いの人も多く見られます。 より幅の広がったトラッドスタイルが広まり、息づいているといえるでしょう。 トラディショナル=伝統的と言えどルールにとらわれず、トラッドのエッセンスをうまく取り入れた自分らしいコーディネートを楽しむことが、「変わらぬ良さ」というトラッドの最大の魅力を引き立たせてくれます。

次の

【とび森】グレースのファッション・チェーック!

とび森トラディショナル

目次はこちら• フォーマルな服(トップス)• アテンダントのふく• がくせいふく• カフェのせいふく• きちょうのふく• けいかんのふく• コックさんのふく• シアンタータンのふく• しろいタキシード• タキシード• チョッキつきワイシャツ• ながそでセーラーふく• ネクタイつきワイシャツ• はくい• はんそでセーラーふく• へいたいのふく• ベージュのブレザー• ベストつきワイシャツ• ホテルマンなふく• みどりのブレザー• リボンのブラウス フォーマルなスカート・ズボン(ボトムス)• グレーフォーマルパンツ• くろいフォーマルパンツ• こんいろフォーマルパンツ• しろいフォーマルパンツ• セーラーふくのスカート• ちゃいろフォーマルパンツ• へいたいズボン フォーマルなワンピース• ウェイトレスなふく• オレンジのコルセット• がくしのふく• グリーンのコルセット• シャツワンピース• じゅんぱくのドレス• そでなしじゅんぱくドレス• トレンチコート• ナースのふく• ピンクパーティードレス• ブルーパーティードレス• ホーリーなふく• よそいきなふく• レトロオレンジワンピース• ローウェストワンピース フォーマルな靴・靴下• あおいパンプス• グラディエーターサンダル• くろいかわぐつ• くろいタイツ• くろいながぐつ• くろいパンプス• くろストッキング• こんいろハイソックス• しろいかわぐつ• しろいストッキング• ちゃいろいローファー• つうきんソックス• ベルトつきのシューズ• むらさきのパンプス• モノトーンなかわぐつ フォーマルなアクセサリー• はいしゃさん• パイロットサングラス• まきヒゲ• モノクル 各種フォーマルなファッションアイテムの入手法は、エイブルシスターズで日替わり販売での入手がメインです。 季節のイベントでしか入手できない非売品、フォーチュンクッキーおみくじ賞品、南の島でのメダル交換(メダル20枚)でしか入手できないアイテムも含まれています。

次の

とび森【グレースのファッションチェック】攻略

とび森トラディショナル

トラディショナル・スタイル(traditional style)とは伝統的・のこと。 ブリティッシュ・トラディショナルとアメリカン・トラディショナルがある。 ブリティッシュ・トラディショナルは、イギリスの伝統でありスーツスタイルの原点である。 3つボタン、3ピース、しっかりとした肩パット、ウエスト絞り、低めのラペルなどが本来の形である。 アメリカン・トラディショナルは、ブリティッシュ・トラディショナルがアメリカに伝わった際に、アメリカの合理的な考え方を基に生み出されたスタイル。 段返り3つボタン、ナチュラルショルダー、ウエスト絞りのないボックス型などが特徴。 とくにアメリカ東部の伝統的をいうことが多い。 日本国内では略して「トラッド」ともいう。 個々の用語についてはを参照 目次• アメリカン・トラディショナル [ ] 機能的でスポーティ な感覚のオーソドックスなスタイルで質感にこだわる。 広くや、さらには同様な感覚をもつのを含めていうこともある。 アメリカン、ブリティッシュ両方とも流行に流されず、受け継がれてきた国民的なファッションといえる。 だけでなく、背景にある特有のを包含して使う。 アメリカ、イギリスではトラッドは単なるの身だしなみという認識が根強い。 例えばアメリカ東海岸でトラッドを象徴する職業はや、、などであり、その服装は生まれ育ちや政治信条(主に)を表明する手段になっている。 その為、かつてはや、などはトラッドを「保守的な人々の象徴」と見なし、忌避する傾向があった。 アメリカでトラッドがファッションとして受け入れられ始めたのは、の成功以降である。 日本では、の「」から始まって、ほぼ10年置きにトラッドブームが繰り返されている。 日本で、トラッドがファッションとして根付いた背景には階級制度のない社会構造が影響している。 また、男性発祥のトラッドだが、日本では女性に対する独自の影響が見られる。 トラッドは上流階級の生まれ育ちの表明手段だった為、往々にしての対象になってきた。 芸術家の服装はその象徴であった。 しかし、アメリカでは後半にがマイノリティなりのパロディとしてそれを取り入れたこともあり、結果的にトラッドをファッションの1ジャンルとして確立する結果となった。 とはいえ、保守的なイメージは根強いようで、共同創立者でのによると、ユナイテッドアローズのメンズフロアでと3つボタンのを並べている光景を理解できないが多かったという。 明確な着こなしのルールが設けられている数少ないファッションであり 、いつの時代も着こなしには「シックになりすぎない」という法則が存在している。 これは、「基本的に地味でストイックな世界観に派手なものが入ってくると、お互いを引き立てあう」という効果によるもので、トラッドでタータンチェックやペイズリーなど目を引くようなパターンが用意されているのは、このためである。 秋冬コレクションにおいて、トラッドでクラシックなアイテムが登場するなど、近年、女性向け衣類にトラッド回帰の動きが見られる。 現代女性とトラッド回帰の関係について、前述の栗野は「セクシュアリティの変化」を予感していると語っている。 半ばからにが引退するまで、セクシャルなイメージが多かった。 その手法に飽き飽きした人々が増えた結果、禁欲的ともいえるトラッドが復活を果たしたと批評した。 栗野はトラッドの禁欲的な色使いからは「イージーなセックス感の安売りが終わった」ことが感じられ、トラッドが「男性を意識したファッション(モテ服)からの脱却」を象徴していると述べている。 女性の方が活発化している時代だからこそ、今後は女性がトラッドの新しい担い手になっていくだろうと分析している。 歴史 [ ] アメリカとイギリス [ ] 詳細は「」および「」を参照 アメリカン・トラディショナルは「」がよく知られている。 アメリカ東海岸の名門私立大学グループの学生達のファッションで、3つボタンのブレザー、ボタンダウンシャツ、ポロシャツ、チノパンツ、コインローファーなどが象徴的なアイテムである。 これはブリティッシュ・トラディショナルがアメリカ的合理主義で噛み砕かれた結果、生まれたものであり、トラッドの原点はにある。 中頃にイギリスで軍用上着として考案されたや19世紀末期からが艦上用のとして着用していたは男女問わずトラッドの定番になっている。 日本 [ ] 前述の様に日本ではトラッドブームは、ほぼ10年置きに繰り返されている。 最初は(39年)頃に登場した「」である。 みゆき族の男性はアイビースーツを着用してのVANの紙袋を小脇に抱えるのが鉄則だった。 アイビー・ルックは日本では上品なカジュアルスタイルとして認知され、みゆき族の登場以降、急速に普及した。 これは、「」「」など拡大解釈と独自進化を重ね、独特なトラッド文化を育むきっかけとなった。 みゆき族は、アイビーのルールを決定付けた点で、トラッドを日本独自の形で開花させたと言える。 (昭和41年)にはトラッドをベースにした世界でも稀有な『』(婦人画報社、現・)が登場した。 後半から前半にかけては「ニュートラ」ブームが起こった。 (昭和57年)に創刊されたファッション雑誌『』()はギンガムチェックなどトラッド由来のアイテムを多く取り上げた。 後半はトラッドの受難の時代であったが、10代の若者を中心に「渋谷カジュアル(略称は「渋カジ」)」が台頭した。 狭義には渋谷を中心とした都内の私立高校生達のファッションを指していたが、のルックスに象徴されるウエスタンルックやバイカーズアイテムなど多様なスタイルへと拡大していったもので、ハイティーンを中心にとトラッドとの独自の融合を果たしたスタイルである。 に入ると、ブランドの世界戦略が日本を席巻した影響で、10年周期が崩れた。 この時期に日本におけるトラッド文化を生きながらえさせたのはだった。 、、などはそれぞれトラッドブームを背景に成長していった。 このことから前述のは「セレクトショップこそ、日本にトラッドを定着させた立役者」だと評している。 現在ではがの象徴でなくなり、男性は私服のお洒落の一環としてスーツを選択することが可能になった。 日本でトラッドが定着した理由の1つに、「制服カルチャー」(主に学生服)が挙げられる。 エンブレム付きのブレザーやタータンチェックのスカートなどの制服はトラッドテイストといえる。 世界的にお洒落な色ではなかっただが、日本では制服カルチャーのおかげで、人気の色として定着した。 トラッドアイテムが制服カルチャーの基調となったことで、アイドルの衣装に多用されるチェック使いなど、欲望の対象となり、オタク文化にも多大な影響を及ぼしている。 文化におけるトラッド [ ] 近年のトラッド回帰を象徴するものには、ではの初監督作品『』、ではアメリカ制作『』が挙げられる。 どちらもを舞台としている。 広義のトラッドでいえばが出演するが舞台の映画なども含まれる。 音楽では、、が挙げられる。 出典 [ ] []• ファッション用語集. 2010年10月23日閲覧。 64-65、 2010年10月20日閲覧。 66、 2010年10月20日閲覧。 「new-tra ニュートラ新時代 ニュートラ定番ワードローブ指名買い」『』第4巻第8号、、、2010年11月、 pp. 73、 2010年10月21日閲覧。 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の