ポケモン ソード ウラ 技。 【ポケモン剣盾】技(わざ)一覧【ソードシールド】|ゲームエイト

『ポケモン ソード・シールド』「鎧の孤島」特に気になる教え技10選! うまく使えば対戦で大活躍するかも?(インサイド)

ポケモン ソード ウラ 技

『ポケットモンスター ソード・シールド』追加コンテンツ第1弾「鎧の孤島」では、「教え技」という要素も追加されています。 これはヨロイこうせきを5つ集めると、ポケモンに特別な技を覚えさせられるというものです。 教え技は通信対戦で特に役立つもので、これを使えば戦略の幅がかなり広がるうえ、従来であれば使いづらかったポケモンもバトルで活躍する可能性があるのです。 今回はそのなかから特に気になる教え技をピックアップします。 うっぷんばらし 「うっぷんばらし」は威力75のあくタイプ物理技。 同じターンに能力を下げられていると、技の威力が2倍(150)になるという性能です。 特性「いかく」などで初手に能力が下がっても2倍になるようですね。 相手のいかくを牽制できるのも大きいですし、ダブルバトルでは味方に「じたんだ」を使わせて強引に発動するという手もあります。 メテオビーム 「メテオビーム」は簡単にいえばいわタイプの「ソーラービーム」です。 威力120の特殊技で、命中率が90%とやや難あり。 ただし1ターン目には特攻が1段階アップするという効果まで持っています。 いわタイプのポケモンは物理攻撃が得意なケースが多く、この技をうまく使えるのはオーベムあたりでしょうか。 また、ピクシーやスターミーのサブウェポンとしてもありかも。 パワフルハーブを持たせておけば奇襲に使えます。 ワイドフォース 「ワイドフォース」は威力80のエスパー技で一見すると特徴がないのですが、場がサイコフィールドの場合は威力が1. 5倍になるうえ、全体攻撃になります。 フィールドの効果と合わせると、威力が156になるわけですね(ダブルバトルで使う場合は117)。 サイコフィールドを使うパーティーであれば十分に採用がありうる技ですし、エスパータイプのポケモンとの相性もばっちり。 イエッサンは隠れ特性が「サイコメイカー」なので使いやすそうです。 グラススライダー 「グラススライダー」は説明不要でしょう。 威力70のくさタイプ物理技で、グラスフィールドの場合は先制技にもなります。 隠れ特性のゴリランダーであれば、攻撃も高いうえに自分でフィールドを展開できるので問答無用に戦えるのです。 ライジングボルト 「ライジングボルト」もまたフィールド系の技。 威力70のでんきタイプ特殊技で、相手がエレキフィールドにいると威力が2倍になります。 自分もフィールドの恩恵を受けられる場合は威力182になるかなりの技ですね。 威力が高くてシンプルに強いのですが、相手がひこうタイプだったり特性「ふゆう」を持っていると威力2倍が適応されません。 よって、でんきタイプが弱点の相手よりも等倍あたりにゴリ押しで使う形になりそうです。 けっこうクセがあるかも。 ミストバースト フェアリータイプの「だいばくはつ」が「ミストバースト」です。 威力100の全体技で、ミストフィールドの場合は威力が1. 5倍になります。 ただし、使用したポケモンは瀕死状態になってしまうのです。 威力はそこそこで扱いづらい一面もある技ですが、自ら場を退場したいときには意外と使えるかも。 たとえばブリムオンが「トリックルーム」を使用したあと、ターン数を無駄にしないため爆発するなども考えられます。 アイアンローラー これまでフィールドに関連した技が多かったですが、「アイアンローラー」はその対策となる存在です。 威力130のはがね物理技でかなりの強さを誇りますが、場になんらかのフィールドがなければ失敗してしまいます。 さらに、使用後はフィールドを破壊できるのです。 これは完全にフィールド破壊を狙ったり、あるいはダイマックスして使うような技でしょう。 カビゴンのサブウェポンとして、あるいはタイプ一致で使うならダダリンあたりが向いているかも。 ダダリンははがねタイプの技威力があがる特性「はがねつかい」まで持っています。 ポルターガイスト 「ポルターガイスト」は威力110のゴースト物理技でかなり強いのですが、相手が道具を持っていないと失敗します。 また、命中率が90%と外す危険性もあり。 通信対戦であればたいていの相手は道具を持っているので、発動すること自体は難しくないはず。 ただし消耗品を持っている相手の場合は注意が必要です。 ねっさのだいち 「ねっさのだいち」は簡単にいえばじめんタイプの「ねっとう」。 威力70の特殊技で、30%の確率で相手をやけどにします。 やけどになった相手は物理技の威力が半減するので、防御にもなる技ですね。 物理耐久が高いじめんタイプのポケモンにはぴったりの技なので、シロデスナあたりが使い手として注目されているようです。 クイックターン 「クイックターン」はみずタイプの「ボルトチェンジ」。 威力60の物理技で、攻撃後に手持ちポケモンと入れ替わることができます。 技自体はかなり便利なのですが、この技を覚えるみずタイプのポケモンはあまり素早くないのがネックです。 ただ、カマスジョーは例外で素早さも高いのでかなり使いやすそう。 こだわりハチマキを持たせてクイックターンも覚えさせれば、シングルバトルではだいぶ活躍するのではないでしょうか。 《すしし》.

次の

『ポケモン ソード・シールド』「鎧の孤島」特に気になる教え技10選! うまく使えば対戦で大活躍するかも?(インサイド)

ポケモン ソード ウラ 技

『ポケットモンスター ソード・シールド』追加コンテンツ第1弾「鎧の孤島」では、「教え技」という要素も追加されています。 これはヨロイこうせきを5つ集めると、ポケモンに特別な技を覚えさせられるというものです。 教え技は通信対戦で特に役立つもので、これを使えば戦略の幅がかなり広がるうえ、従来であれば使いづらかったポケモンもバトルで活躍する可能性があるのです。 今回はそのなかから特に気になる教え技をピックアップします。 うっぷんばらし 「うっぷんばらし」は威力75のあくタイプ物理技。 同じターンに能力を下げられていると、技の威力が2倍(150)になるという性能です。 特性「いかく」などで初手に能力が下がっても2倍になるようですね。 相手のいかくを牽制できるのも大きいですし、ダブルバトルでは味方に「じたんだ」を使わせて強引に発動するという手もあります。 メテオビーム 「メテオビーム」は簡単にいえばいわタイプの「ソーラービーム」です。 威力120の特殊技で、命中率が90%とやや難あり。 ただし1ターン目には特攻が1段階アップするという効果まで持っています。 いわタイプのポケモンは物理攻撃が得意なケースが多く、この技をうまく使えるのはオーベムあたりでしょうか。 また、ピクシーやスターミーのサブウェポンとしてもありかも。 パワフルハーブを持たせておけば奇襲に使えます。 ワイドフォース 「ワイドフォース」は威力80のエスパー技で一見すると特徴がないのですが、場がサイコフィールドの場合は威力が1. 5倍になるうえ、全体攻撃になります。 フィールドの効果と合わせると、威力が156になるわけですね(ダブルバトルで使う場合は117)。 サイコフィールドを使うパーティーであれば十分に採用がありうる技ですし、エスパータイプのポケモンとの相性もばっちり。 イエッサンは隠れ特性が「サイコメイカー」なので使いやすそうです。 グラススライダー 「グラススライダー」は説明不要でしょう。 威力70のくさタイプ物理技で、グラスフィールドの場合は先制技にもなります。 隠れ特性のゴリランダーであれば、攻撃も高いうえに自分でフィールドを展開できるので問答無用に戦えるのです。 ライジングボルト 「ライジングボルト」もまたフィールド系の技。 威力70のでんきタイプ特殊技で、相手がエレキフィールドにいると威力が2倍になります。 自分もフィールドの恩恵を受けられる場合は威力182になるかなりの技ですね。 威力が高くてシンプルに強いのですが、相手がひこうタイプだったり特性「ふゆう」を持っていると威力2倍が適応されません。 よって、でんきタイプが弱点の相手よりも等倍あたりにゴリ押しで使う形になりそうです。 けっこうクセがあるかも。 ミストバースト フェアリータイプの「だいばくはつ」が「ミストバースト」です。 威力100の全体技で、ミストフィールドの場合は威力が1. 5倍になります。 ただし、使用したポケモンは瀕死状態になってしまうのです。 威力はそこそこで扱いづらい一面もある技ですが、自ら場を退場したいときには意外と使えるかも。 たとえばブリムオンが「トリックルーム」を使用したあと、ターン数を無駄にしないため爆発するなども考えられます。 アイアンローラー これまでフィールドに関連した技が多かったですが、「アイアンローラー」はその対策となる存在です。 威力130のはがね物理技でかなりの強さを誇りますが、場になんらかのフィールドがなければ失敗してしまいます。 さらに、使用後はフィールドを破壊できるのです。 これは完全にフィールド破壊を狙ったり、あるいはダイマックスして使うような技でしょう。 カビゴンのサブウェポンとして、あるいはタイプ一致で使うならダダリンあたりが向いているかも。 ダダリンははがねタイプの技威力があがる特性「はがねつかい」まで持っています。 ポルターガイスト 「ポルターガイスト」は威力110のゴースト物理技でかなり強いのですが、相手が道具を持っていないと失敗します。 また、命中率が90%と外す危険性もあり。 通信対戦であればたいていの相手は道具を持っているので、発動すること自体は難しくないはず。 ただし消耗品を持っている相手の場合は注意が必要です。 ねっさのだいち 「ねっさのだいち」は簡単にいえばじめんタイプの「ねっとう」。 威力70の特殊技で、30%の確率で相手をやけどにします。 やけどになった相手は物理技の威力が半減するので、防御にもなる技ですね。 物理耐久が高いじめんタイプのポケモンにはぴったりの技なので、シロデスナあたりが使い手として注目されているようです。 クイックターン 「クイックターン」はみずタイプの「ボルトチェンジ」。 威力60の物理技で、攻撃後に手持ちポケモンと入れ替わることができます。 技自体はかなり便利なのですが、この技を覚えるみずタイプのポケモンはあまり素早くないのがネックです。 ただ、カマスジョーは例外で素早さも高いのでかなり使いやすそう。 こだわりハチマキを持たせてクイックターンも覚えさせれば、シングルバトルではだいぶ活躍するのではないでしょうか。 《すしし》.

次の

【ポケモン ソード&シールド】超害悪バタフリーの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

ポケモン ソード ウラ 技

特別な技 イベント配布や関連ソフトとの連携などで手に入るポケモンが覚えている特別な技の一覧です。 グレーの字で表記している技は、技そのものは特別なものではなく、特性・マーク・ボール・世代限定技との組み合わせが特別なものです。 具体的には以下に該当するものです。 入手ROMより前の世代でわざマシン・教え技等他の手段で習得出来るが、マーク・夢特性と両立できない技• 入手ROMより後の作品で習得出来るが、後付では習得できない技 タマゴ技・進化前限定習得技等• 進化後のポケモンが覚える技 フシギダネのハードプラント等• タマゴ技に存在するが、その世代では夢特性が遺伝不可能な為両立できない技 PDWで配信された御三家ポケモン等 【】内には性別・性格が固定されている場合、同時習得してるタマゴ技がある場合、色違い・夢特性である場合表記しています。 性別・性格について特に表記がなければランダムになります。 【色違い有り】は色違い・通常色どちらも存在します。 ポケモンが入っているボールについて、基本的には2006年以前の配信、タマゴによる配信、ポケモンレンジャー等関連ソフトとの連動で手に入るポケモンは全てモンスターボール、 2007年以降の配信では基本的に全てプレシャスボールに入っています。 ただしデオキシスなどごく一部例外があるため、それについては【】内で補記しています。 PDWで手に入るポケモンはドリームボールおよび第5世代で使用可能なボールに入れることができます。 また、ID、おや、出会った場所、リボン等については対戦に影響しないため、ここでは表記を割愛しています。 なお、タマゴで手に入るポケモンに関して、受け取ったROMとタマゴをかえすROMが異なる場合、色違いのポケモンが生まれる可能性があります。 そのため、「ねがいごとを覚えた理想個体の色違いラッキー」も理論上は実現可能で、ポケムーバーを通過してWi-Fi対戦にも登場する可能性があります。 こちらも、進化後のポケモンが覚える技は グレーの字で表記しています。 過去作限定のわざマシン・教え技については数が多いので、以下に該当するもののみ掲載しています。 過去作では覚えられたが、SM・USUMではわざマシン等のラインナップに存在するにもかかわらず覚えられないもの(リザードンのすなあらしなど)• いずれかのバージョンでレベルアップやタマゴ技でも習得可能な場合(ピカチュウのスピードスターなど)は補足欄に追記 No. ポケモン Lv. その仕様ゆえ、これらの技はいずれか一つだけ覚えられる。 31 きりさく 38 こうそくいどう 45 バトンタッチ 293 ゴニョニョ 教 じこあんじ E わざマシンでは習得不可 294 ドゴーム 教 じこあんじ E わざマシンでは習得不可 295 教 じこあんじ E わざマシンでは習得不可 335 教 でんじは FRLG,E わざマシンでは習得不可 345 リリーラ 教 じこあんじ E わざマシンでは習得不可 346 教 じこあんじ E わざマシンでは習得不可 383 20 きりさく 〜DPt 483 50 かいふくふうじ DPt 484 50 かいふくふうじ DPt 486 1 メガトンパンチ DP ふみつけ 487 50 かいふくふうじ DPt 491 1 ナイトヘッド DP 29 おいうち 492 1 まるくなる DP 82 くさぶえ 91 おまじない 572 3 なきごえ 5th 629 教 てっぺき BW2 ORASの教え技では習得不可 USUMの教え技ではバルジーナのみ習得可.

次の