お 宮参り お金 袋。 お宮参り・初宮参りとは?服装・時期はいつ・やり方・作法の基礎知識 [赤ちゃんの行事・お祝い] All About

お宮参り お金》お祝い/親/封筒の書き方/誰が払う/祖父母/新札/入れ方/袋/食事

お 宮参り お金 袋

紅白の蝶結びののし袋あるいは白い封筒に入れ、下段は赤ちゃんの氏名を書きます。 誰が払う? 金額の相場・めやす 初穂料を誰が出払うのかに決まりはありません。 両親と赤ちゃんだけのお参りのときには赤ちゃんと一緒にお参りする赤ちゃんの親が出すほか、祖父母が同行する場合には父方・母方のいずれかの祖父が初穂料を出すこともあります。 例えば祝い着を母方の実家で用意した場合に、神社への初穂料やお祝いの食事会の費用を父方の実家で持つなど両家で話し合って決めます。 金額はお宮参りの予約の際に神社に確認します。 初穂料の金額の相場は地方によっても異なりますがだいたい5,000円程度。 神社によってはお守りや縁起物などをお下がりとして下さる場合もあり、そうした場合は10,000円〜となります。 また、両家の祖父母、両親、赤ちゃんのフルメーンバーで祝詞をあげて頂く場合には、10,000円〜。 (2)お祝い…祖父母から孫へなど お宮参りのお祝い金 お宮参りのお祝いとして「御祝」の表書きのご祝儀を渡すことがあります。 紅白の蝶結びののし袋に包みます。 誰が払う? 金額の相場・めやす お祝いやお祝い金を誰が出すかに決まりはありません。 ちょうど時期的に出産祝いをしてから間もないため、お祝いをあげるのはほとんどの場合、両家の祖父母など、身内だけです。 また、祝い着や会食代、初穂料、写真の撮影代などを両家で分担する形をとることで、別途ご祝儀は包まないことも多いようです。 もしも別に「御祝」を包む場合には、5,000円〜10,000円程度(〜多くとも5万円くらいまで)。 出産祝いのすぐ後であり、多くを包む必要はありません。 また、赤ちゃんやお母さんの体調に配慮してお参りだけで済ませることもあります。 お参りだけで済ませる場合にはお祝い金の金額も少額で構いません。 お宮参りのお金 誰が払う?金額の相場は? つづき (3)祝い着 お宮参りの服装には正式な衣装(祝い着)があります。 肌着の上に白羽二重の内衣(うちぎ)を着せ、その上から掛け着(晴れ着)を羽織らせるのが正式なお祝い着です。 誰が払う? 金額の相場・めやす もとは、母方の実家が祝い着を用意するのが慣例でした。 母方の実家で祝い着を用意した場合は父方の実家で会食の費用(食事代)などを持ち両家でバランスを取ります。 近年ではどちらが出すという風習はうすれ、両家で話し合って折半するケースもあるほか、レンタルのものを利用したり、ベビードレスとケープの洋式衣装でお参りするなど、季節や赤ちゃんの体調に合わせて自由になってきています。 帽子やスタイ、フードなどのセットは数千円、ベビードレス風のものは小物まで入れて2万円〜10万円程度。 着物の場合には、一式で2万円〜20万円くらいまで。 あらかじめ七五三を念頭において数年後にも使いまわしができるようなものを用意することもあります。 デパートや専門店と、ネットショップでは価格が異なることも多いようです。 また写真スタジオなどでは撮影時の衣装代は無料というお店もあります。 (4)食事…会食、お祝い膳 お宮参りのあと、両家の祖父母と赤ちゃんの両親とで赤ちゃんとともにお祝いの膳を囲む会食をすることがあります。 誰が払う? 金額の相場・めやす 食事代を誰が出すのかに決まりはありません。 祝い着を母方が用意した場合は、食事会代を父方で持つこともあります。 両家で話し合ってバランスを取ります。 生後一ヶ月の頃は赤ちゃんが小さいため外食しづらい時期です。 外食にこだわらず、仕出しを利用したり、お祝いを頂いたお礼として赤ちゃんの親が負担したり等、自由になってきています。 お一人あたり@1,000〜10,000円程度。 昼食か夕食か、あるいはお店のランクや、個室貸し切りか否かによっても異なります。 会食の席を設けるならできるだけ予約をしましょう。 (5)記念写真 お宮参りの頃に、記念写真を撮影するご家族が多いようです。 お祝い着やベビードレスを着た赤ちゃんの写真や、家族写真などを撮ります。 写真スタジオでの撮影だけでなく、神社でのお宮参りの様子を撮影することもあります。 誰が払う? 金額の相場・めやす 赤ちゃんの親が費用を出すのが一般的ですが、母方の父母が祝い着を贈ってくれた場合などに、父方の父母が撮影代などを出すこともあります。 撮影料、プリント料、アルバム料などがかかります。 格安の場合でもプリント料を入れると20,000円くらいからがひとつの目安になります(衣装代別で)。 通常は30,000円以上です。 出産祝いとは別に、単独でお宮参りのためのお祝いを渡す場合のお祝い金額のめやす・相場(お祝い金の相場)は5,000円〜10,000円程度です。 両家のバランスが大事なので、赤ちゃんの両親を仲立ちとして良く相談したい。 写真撮影のみで、衣装もレンタル品で済ませるような場合にはお祝い金も少額で構わない。 お参りだけで済ませる場合にはお祝い金も少額で構わない。 ただし、外孫と内孫とでお祝い金の相場に差はなく、出産祝いとは別にお宮参りのお祝いを渡す場合は5,000円〜10,000円くらいが相場です。 神社に支払う謝礼を包む 神社に支払う謝礼は、紅白の蝶結びののし袋または白い封筒に入れます。 表書きは「御初穂料」のほか「御礼」「御玉串料」「御神饌料」などとし、下段には赤ちゃんの名前をフルネームで書きます。 読み方が難しい場合にはふりがなをふりましょう。 のし袋がない場合には白い封筒でも構いません。 しかし 汚いお札や破れたお札などは失礼にあたるため避けます。 お祝いのお金を包む お祝いのお金を包む場合には、紅白の蝶結びののし袋に入れます。 表書きは「御祝」「御初宮詣御祝」「祝御宮参」「祝初宮詣」などとします。 下段には贈り主の氏名を書きます。 難しい場合でも汚いお札や破れたお札はNGです。 新札は銀行の窓口などで理由を伝えると旧札と交換してもらうことができます。

次の

お宮参りのお金について。初穂料や食事代は?お祝い金相場は?

お 宮参り お金 袋

Sponsored Link お子様が生まれてから、子育てに大変ながらも一年間はいろいろな行事が行われます。 その中で最初の大きな行事ともいえるのが お宮参りです。 両親や祖父母に親戚と家族みんなでお祝いします。 しかし神社で参拝したりその後にはお食事会があったりと、お金も色々とかかります。 そこで今回は お宮参りに必要なお金のことを中心にお話ししたいと思います。 ・お宮参りとは ・お宮参りの初穂料はどれくらい?誰が払うの?のし袋の書き方は? ・お宮参り後の食事代は誰が払う? ・お宮参りのお祝い金相場や表書きの書き方は?祖父母や兄弟は? ・紐銭とは? ・お世話になった両親へのお礼金相場は? Sponsored Link お宮参りとは 氏神様(生まれた土地の守り神様)に赤ちゃんが無事に生まれて来たことを報告し、今後の健やかな成長をお祈りする行事です。 お宮参りをする時期は生後1カ月後で、男の子と女の子でそれぞれ決まっているようですが、最近ではあまりこだわることもなく赤ちゃんやお母さんの体調、そしてお天気などの様子を見てお宮参りをする方も多くなってきています。 お宮参りの初穂料はどれくらい?誰が払うの?のし袋の書き方は? 初穂料はどれぐらいお金がかかるの? お宮参りは神社でお祓いをして祝詞(のりと)をあげてもらうことになります。 その時に謝礼金とし 初穂料(はつほりょう)がかかります。 同じように謝礼金として玉串料というのもありますが、同じ意味ですのでそれぞれに収める必要はありません。 金額は 5,000円~10,000円位が相場です。 神社によっては初穂料の金額が書いてあるところもありますので、事前に神社の窓口やホームページで確認を取りましょう。 お金は誰が払うの? お宮参りに参加するのは父方の両親と祖父母となっていますが、今は母方の両親と祖父母も参加するようです。 ですから誰が出すとは決まりごとはありませんので、自分たちで用意したり両親が出したり、また両家で半分ずつ出したりとそれぞれです。 ただ 当日になって慌てることのないように、事前に相談をして用意をしておきましょう。 のし袋の書き方は? まず 紅白の蝶結びの水引きののし袋を用意します。 表書きは上に「御初穂料」、下に赤ちゃんの名前をフルネームで書きます。 祝詞で赤ちゃんの名前を読み上げることがありますので、ふりがなを振っておくとよいでしょう。 初穂料を出すのはいつ? 当日神社に行って社務所で受付を済ませます。 その時にお渡しすることになります。 Sponsored Link お宮参り後の食事代は誰が払う? お宮参りはだいたい午前中に行われます。 そのあと両親や祖父母たちが集まってくれたからということで 「お食事会」を開くことがあります。 この場合外でお食事会を開くのと個人宅で開くのと二通りとなります。 外で開く場合 赤ちゃんがいるのと人数が多いということで個室のあるレストランかホテルとなります。 個室のある場所はどうしても金額が高いところになります。 平均的にランチだと3,000円~5,000円、ディナーだと5,000円~10,000円となります。 最近ではホテルなどで写真を撮ってランチもホテルのレストランを利用するというパックもありますので、調べてみてはいかがでしょうか。 個人宅で開く場合 この場合は場所に気を使うことがないので、仕出し弁当などを取り寄せたりする場合が多くなります。 その場合は 2,000円前後でもよいものになることがあります。 ただ自宅だとお母様の気苦労が大変なものになりますので、金額が安いといってもお母様からは敬遠されやすいようです。 食事代は誰が払うの? これはとくに決まっていません。 両親や祖父母の方からお祝い金をいただいたりしているのでそのお礼として払う場合もありますし、両親や祖父母の方が孫のためだからと支払いをしてくれることもあるようです。 お宮参りのお祝い金相場や表書きの書き方は?祖父母や兄弟は? お宮参りの時にお祝い金としていくらぐらい用意したらよいでしょうか。 友人の場合 だいたい 3,000円ぐらいでしょうか。 ただ出産祝いを上げているときは、お祝い金の用意はしなくてもよいでしょう。 祖父母や兄弟の場合 兄弟の時ですと3,000円~5,000円、祖父母の場合ですと5,000円~10,000円位が相場となっています この時の表書きの書き方は? 水引は紅白で蝶結びのご祝儀袋で表書きは 「御祝」「祝御宮参」と書きます。 紐銭とは? 紐銭とは何ですか? お宮参りで 紐銭(ひもせん)という言葉を聞いたことありますか。 主に関西方面で行われるそうです。 赤ちゃんが「一生お金に困らないように」という願いを込めて、お祝い着などにつけるそうです。 その他にも犬張子や扇子、縁起のいいものとされるものをつける地方もあります。 このことからもご近所や両親、特に父方の両親に相談するのが良いことでしょう。 どれぐらいの金額を用意しますか? 奇数が良いとされていて、金額も 1,000円、3,000円、5,000円が相場となっています。 水引は紅白で蝶結びのご祝儀袋で、表書きは 「御紐銭」「御祝」と書きます。 お世話になった両親へのお礼金相場は? 基本的にはお礼金は必要ないといわれています。 お宮参りの後のお食事会がお礼となるという感じなのでしょうか。 ですが食事会もご両親に出してもらった場合困りますよね。 その時は手土産を用意してはいかがでしょうか。 そして 手土産を渡すときに写真も添えて。 赤ちゃんの写真数枚はもちろんですが、お父様が赤ちゃんを抱いている写真を数枚入れてお父様のご両親に、そしてお母様が赤ちゃんを抱いている写真数枚いれてお母さまのご両親に、それぞれ渡してはいかがでしょうか。 地方色もかなり色濃く出る行事のようです。 でも一人で悩まずに、ご両親やご近所の方によく聞いておくと大丈夫です。 お母様は自分の体調と赤ちゃんの体調を考え、細かいことはお父様を頼ってみましょう。 子育ては二人でするものですからね。 お子様の健やかなる成長を願っています。

次の

お宮参りのお金(初穂料、玉串料)の準備(のし袋)と渡し方の基本

お 宮参り お金 袋

この記事に書かれていること• お宮参りの初穂料ののし袋の表書きの書き方 まずは、初穂料ののし袋の表書きの書き方について解説いたします。 まずのし袋の水引の上側 上段 に 「初穂料」もしくは「御初穂料」と書きます。 ちなみに御礼、御神饌料、御玉串料なども書いてokです。 下の段にはお祓いと祝詞などを受ける 子供の名前を書きます。 地方によっては、お父さんの氏名を右側に書き、左側に赤ちゃんの名前を並べて書く地域もあるようです。 お宮参りの初穂料ののし袋の中袋の書き方 こちらでは中袋の書き方について解説していきます。 中袋ですが、まず表には金額を書きます。 書き方としては 金〇〇円と書きます。 こういったのし袋の数字というのは難しい漢数字を使うのが慣例となっています。 以下に難しい漢字の一覧をまとめておきましたので確認してください。 中袋の裏は左下に住所と氏名を書くようにします。 スポンサーリンク お宮参りの初穂料ののし袋の水引は? お宮参りの時の初穂料ののし袋は赤白の蝶結びの水引のものを選びます。 ちなみに神社によって、のし袋でなく白封筒に入れるところ、裸の現金で納める所もあるようです。 大きい神社になると、のし袋に入れてもらうよりも、現金で払ってもらった方が対応しやすいからのようです。 お宮参りを受ける神社に事前に電話などで確認できると確実でいいですね。 お宮参りの初穂料のお札の入れ方は? 初穂料のお札の入れ方は、表から見て肖像が見えて、お札を出すとすぐに肖像が出てくるような方向で入れます。 外包みの裏の折り方 初穂料の外包みの裏の折り方は慶事ごとなので、先に上を折り、最後に下を折ります。 まとめ ・お宮参りの初穂料の表書きは、上側に 「初穂料」もしくは「御初穂料」と書きます。 ・下側に祈祷を受ける赤ちゃんの氏名を書きます。 地域によっては右側に父親の氏名を書き、左側に赤ちゃんの名前を書くところもある ・中袋は、中袋の面に金額を書き、中袋の裏側の左下に住所と氏名を書きます。 ・お宮参りののし袋の水引は赤白の蝶結びを選びます。 ・お札は表から見て肖像が見え、お金を出すとすぐに肖像が見えるような方向で入れます。 以上が初穂料ののし袋の書き方になります。 のし袋はポイントを押さえて準備しておき、当日はお子さんの成長をお祈りしながらゆっくりお参りされてくださいね。

次の