風俗 転職 フェア。 風俗嬢から昼職へ転職するには?人気の職種やセカンドキャリアまとめ

風俗嬢から昼職へ転職するには?人気の職種やセカンドキャリアまとめ

風俗 転職 フェア

風俗にセカンドキャリアなんてない のっけから身も蓋もないことを言いますが、風俗嬢にセカンドキャリアなんてものは存在しません。 風俗のセカンドキャリアについて触れた記事はインターネット無法地帯で腐るほど散見されますが、今日はこれだけ覚えてくれたら大丈夫です。 全部嘘です。 あるわけねえだろ風俗嬢のセカンドキャリアなんて。 そもそも「セカンドキャリア」とは セカンドキャリアとは 「第二の人生における職業」とのこと。 今までの職業スキルを活かした転職というよりは、 スポーツ選手や子育てで就職ブランクがある人の社会復帰といった意味合いが強いようです。 ふーん。 わたしも調べて今知った。 はい集合~!先ほど「風俗嬢のセカンドキャリアなんてねえよ」といった主旨の暴言を吐きましたが、忘れてもらっていいですか? セカンドキャリア、さすがにあります。 すみません。 なかったら風俗嬢みんな第二の人生始められないってことだから、鶯谷で風俗嬢の最高齢を更新し続けながら性病マシーンとして生き長らえるしか前途がなくなってしまう。 まあ、それも全然楽しそうだけど。 ていうか生きてたらなんでもいいよ。 風俗経験は転職に活かせない いや、わたしは、 風俗で働いた経験を活かせる転職なんてないということを伝えたかったんです。 ごめんね。 だって、普通に考えてみてほしい。 エステティシャンに転職を考えた風俗エステ嬢が「性感マッサージで働いてました」と面接で口にすることはおそらくないし、採用側も 「風俗やってたんなら即戦力だね!」とは絶対になりません。 絶っ対に。 風俗店の内勤スタッフとか風俗ライターみたいな業界内での転職なら、たしかに経験が有利に働くとは思う。 でも、それは業界内での話。 一歩でも業界の外に出たら、風俗で働いてたなんて言えるわけないし、言ったところで活かせることなんて何もない。 それを「風俗は接客業だからおもてなしの心が身につきます」とか「営業職やサービス業ならトーク力を活かせるかも」だとか平気で書いちゃうクソ記事の多さが、わたしは悲しい。 性欲解消に着地するトーク力やおもてなしの心が、どんな仕事の役に立つんだよ。 アホか。 どうか風俗の経験を今後の人生に活かそうだなんて考えないでください。 あなたの価値は、風俗で働いていたことにはないから。 風俗嬢の転職支援サービスを活用しよう とは言え、「じゃあ何したらいいかわからないもん」という女の子が多いのは仕方ないことだと思います。 風俗嬢のセカンドキャリアは、アイドルやスポーツ選手のセカンドキャリアくらい深刻。 しかし!時代は令和2年。 令和の日本には、そんな風俗嬢を救う ナイトワーク系から昼職への転職に特化した転職支援サービスが存在します。 ANE JOB(姉ジョブ) わたし、こういったサービスがあることを最近まで知らなかったんですよ。 というより、わたしが風俗で働いてた頃には多分なかった。 こんにちは、BBAです。 Googleで検索すると「昼ジョブ 怪しい」とかでサジェストされるけれど、サクッと調べた限りでは全然安心っぽい。 ただ、利用者の声をいくつか読んだけど、 結局掛け持ちで風俗を続けている人が多いのが闇ですね。 転職するか、おばあちゃん風俗嬢になるか 散々不安を煽りまくる記事にしたかったのですが、思惑が外れる結果となりました。 なんとかなるよ。 元気出せ。 でもまあ、 転職するなら若いに越したことはないと思うよ。 風俗嬢じゃなくたって、年はとればとるほど転職は難しくなってくるし。 え?もう若くない? 何言ってんだ。 人は過去には戻れないので、今日が一番若い日です。 「思い立ったら吉日」という古い言葉もあることだし、風俗からの転職を考えているなら、昼ジョブやら昼コレやらを流し見するくらいのことはしてみてもいいんじゃないでしょうか。 は?それすらめんどい? ならもう、このまま風俗街道を爆走するしかない。 鶯谷の高齢風俗嬢になって世の男性たちに畏敬の念を抱かせてください。 2020年もご存命かつ現役であれば、 御年91歳のデリヘル嬢が最高齢の風俗嬢としてご活躍されていらっしゃると思います。 最高齢更新できるの、先長いな~。 ではまた。

次の

【比較表付き】転職フェアの料金を比較|特徴~オプション料金まで

風俗 転職 フェア

FENIX JOB 第二回 風俗転職フェアは終了いたしました。 多くの皆様のご来場ありがとうございました。 またのご利用をお待ちしております。 以下、第二回 風俗転職フェアの内容です。 『FENIX JOB(フェニックスジョブ)』では、2019年10月26日(土)に第2回 風俗業界の転職フェアを開催いたします。 大手のナイトレジャー企業が一堂に集う合同の会社説明会です。 気になる企業にはその場で応募エントリーして、即日選考も可能です。 ただいま参加受付中です。 総合職(店長・幹部候補)• 一般職(店員・受付)• 一般職(女性内勤スタッフ)• 企画・マーケティング• 財務・経理• 総務・人事• Webデザイナー• Webプログラマー• ITエンジニア• その他職種(講師) 風俗業界の仕事には様々な職種があります。 風俗転職フェアはこんな人にオススメ 「いきなり面接にいくのはちょっと……。 」 「ここの会社いいかもって思っているんだけど、実際どうなの!? 業界に転職を考えている来場者が、自由に各社の担当や現場の先輩たちと実際に会って話せるイベントです。 当日は 途中退場や再入場も可能ですので、お気軽にご参加ください。 事前の参加申込が必要ですか? A. ご来場は先着250名様となっていますので、まずはエントリーフォームよりお気軽に参加申込ください。 当日の参加費・入場料はかかりますか? A. 無料でご参加いただけます。 参加費・入場料はありません。 当日は途中退場と再入場はできますか? A. 当日は途中退場、再入場が何度でも自由に可能です。 当日はどのような服装で行けば良いですか? A. 服装は自由です。 スーツでもカジュアルでも自由となっています。 履歴書や職務経歴書は必要ですか? A. 必要ありません。 専用のエントリーシートをご利用ください。 どのような方が来場しますか? A. 男性、女性ともに、幅広い年齢の方がご来場します。 女性の就業もできますか? A. 女性の内勤スタッフ(店舗運営スタッフ)を募集している企業も出展いたします。 応募を決めていないままブースに参加しても大丈夫ですか? A. 問題ございません。 出展企業はサイトや求人だけでは伝えきれない生の情報を伝え、あなたに応募を検討してほしいと考えています。 転職を考えている方はもちろん、前段階の情報収集のためにも、まずは気軽に各社ブースに訪問してください。 風俗転職フェアに先着250名様を限定ご招待! 今回の転職フェアは、先着250名様だけの限定イベントです。 あの有名な大手ナイトレジャー企業が多数出展いたします。 参加受付は先着順の限定250名様までです。 ただいま申込枠が「 残席わずか」となっています。 多くの皆様のご来場ありがとうございました。 またのご利用をお待ちしております。

次の

【参加者は必読】転職フェア・イベントって実際どうなの?【2020年最新】|転職鉄板ガイド

風俗 転職 フェア

風俗嬢のセカンドキャリアとは? 「セカンドキャリア」とは、 「第二の人生における職業」を意味します。 一生風俗嬢として働くか、風俗を卒業して新しい自分になれるセカンドキャリアを探すか……実は、なるべく早めの決断が必要なんです! 昼職への転職を考える風俗嬢は多い 風俗は莫大な金額を稼げるお仕事。 しかし、年齢を重ねるごとにお客様はつきにくくなり、若い頃のようには稼げなくなっていきます。 熟女専門店に移籍する選択肢もありますが、単純に体がきつくて出勤数が減り、結局稼げないというケースも……。 風俗は体力が重要なお仕事でもありますから、 歳をとればとるほど働きにくくなっていくんです。 その点、 昼職(一般企業のお仕事)へ転職すれば体力的な負担は減ります。 風俗店より 福利厚生が整っていますし、 社会的な信用も得られるでしょう。 もちろん風俗に比べればお給料は減りますが、最低限生活していけるだけのお金は手に入るはずです。 夜の世界で一生働けるような人は、ほんの一握り。 「生活が安定してきた」「借金や奨学金を完済できた」「歳をとって以前のようには稼げなくなってきた……」こういった理由から昼職への転職、風俗をやめた後のセカンドキャリアを考える風俗嬢はたくさんいます。 風俗嬢から昼職へ転職するなら早いうちがいい 転職は 「30歳」がひとつのラインとされています。 20代のうちなら応募したらすぐ面接に呼んでもらえて、そのまま採用というケースもありえますが、30歳を超えると不採用確率がぐっと上がってしまうんです。 そして35歳を超えると、面接にすら呼んでもらえなくなっていきます。 ものすごく能力が高かったり、専門的なスキルを持っていたりすれば別ですが……。 企業側も戦力になる人を育てたいので、若い人のほうが採用されやすいわけです。 これはもう決まっていることですから、昼職への転職を考えるなら、 なるべく早いうちに決断しないといけません。 風俗嬢が転職するときおすすめの昼職って? といっても今の時代、何かしらのスキルがなければ転職しにくいものです。 「ずっと風俗嬢として働いてきて、昼職で使えるようなスキルは何もない……」と不安になった方、まだ諦めないで! 風俗嬢の経験が活かせる昼職もあるんですよ。 風俗嬢の転職におすすめの昼職1:介護職 『ホームヘルパー』や 『介護福祉士』といった介護職は、人への思いやりを持てる方に向いているお仕事です。 風俗嬢の仕事は(テクニックも大事ですが)、お客様の話に真摯に耳を傾けることから始まりますよね。 実はこれ、介護職も同じ。 利用者さんの話をよく聞き、「この人は何を求めているんだろう」と相手の立場に立って考える……単純なことですが、介護職ではこういったホスピタリティを持つ人が重宝されるんです。 未経験から転職する場合はまず『介護職員初任者研修』という資格が必要となりますが、これは最短1ヶ月程度で取得可能。 また、少子高齢化によって、日本ではこれから介護職の需要が増えていくことが予想されます。 スキルを身に付ければ安定した稼ぎが見込めるでしょう。 風俗嬢のセカンドキャリアにおすすめの職業です! 風俗嬢の転職におすすめの昼職2:営業職 毎日さまざまなお客様と接する風俗嬢の仕事をしてきた方なら、 『営業職』への転職も検討する価値はあります。 ただプレイするだけではなく、お客様が振ってきた話題を上手に膨らませて、話を盛り上げるのも風俗嬢の仕事ですよね。 これ、 トーク力が命の営業職と共通している部分があると思いませんか? もちろん、最初からベテラン営業並みのトーク力を期待されはしません。 本当に大切なのは「人の気持ちを汲み取ってあげられる」こと。 それさえあれば、営業としてのトーク力は働いているうちに自然と身に付いていきます。 介護職と同じで、風俗嬢時代につちかったホスピタリティが活かせるでしょう。 風俗嬢の転職におすすめの昼職3:事務職 『一般事務』『営業事務』『経理事務』といった事務職は、風俗嬢のセカンドキャリアとして非常によく選ばれている転職先。 特に『一般事務』は オフィスワークの基本を学べることに加えて、未経験でも初歩的なパソコン操作ができれば採用されやすいので、会社員経験のない方におすすめです。 『秘書検定』『日商簿記』といった各種資格を取得すれば、給与UPに繋がる可能性も! また、事務職は『髪型・ネイル自由』『オフィスカジュアルOK』のような、女性に嬉しい待遇が揃っている会社も多いですよ。 風俗嬢の転職におすすめの昼職4:企業の受付嬢 風俗嬢から 『受付嬢』に転職する選択肢もあります。 華やかな昼職の代表格、というイメージですよね。 介護職や営業職に比べて仕事内容が想像しづらいかもしれませんが、やることはシンプル。 「会社を訪れたお客様に礼儀正しく応対し、ご案内する」これだけです!また、企業によっては英語力を求められる場合もありますが、よほどの大手企業でなければ必須ではありません。 受付嬢はその企業の「顔」となる存在のため、 容姿も選考基準のひとつと言われています。 今まで風俗嬢として自分を磨いてきた女性なら、採用される確率は高いかもしれません。 さまざまな企業の方と顔を合わせるのでビジネスマナーは必須となりますが、どんな仕事でもビジネスマナーは必要です。 昼職への第一歩として、まずは受付嬢を目指してみるのもアリでしょう。 風俗嬢の転職におすすめの昼職5:風俗店の内勤スタッフ 『風俗店の内勤スタッフ』に転職して活躍する元・風俗嬢もたくさんいます(厳密には「昼職」ではないかもしれませんが)。 風俗店スタッフといえば男性のイメージですよね。 しかし、最近は女性の内勤スタッフを採用する風俗店も増えてきているんです! 風俗嬢の相談に乗ったり、女性目線でお店を働きやすく改革したり…… 男性スタッフでは難しいことを任せられる存在として重宝されるでしょう。 それに自分自身が風俗嬢として働いていたんですから、風俗業界の知識も豊富。 内勤スタッフとして経験を積み、女性店長として自分のお店をオープンした人も珍しくありません。 「なんだかんだで風俗業界って面白いかも」「経験を活かして女の子にとって働きやすいお店を作りたい!」そうお考えの方は一考の余地アリですよ。 興味があれば、今在籍しているお店に女性スタッフの募集があるか尋ねてみるといいでしょう。 番外編:専門学校 専門学校の講師として働く……わけではなく(笑)、転職前の準備として、 何かしらの資格をとるのもひとつの道です。 「普通の事務職や営業職には興味がない……。 どうせなら好きなことを仕事にしたい!」そう思うのは全くおかしくありません。 調理師、トリマー、パティシエ、美容師、保育士、声優……自分が興味のあるものを思い浮かべて、それを仕事にできるか考えてみましょう。 一生ものの資格を取得できれば、セカンドキャリアも切り開きやすくなるはず。 風俗嬢の稼ぎがあれば学費も比較的早く貯められるでしょう。 風俗嬢から昼職へ転職するにあたっての準備 せっかく昼職へ転職しても、必要な準備をきちんとしておかなければすぐに風俗嬢へ逆戻りなんてことも……何をすべきなのか、事前にチェックしておきましょう! 昼職への転職準備1:貯金をする わかっていると思いますが、 昼職のお給料は風俗よりずっと安いです。 もともと質素な生活を送っている人ならいいのですが、風俗嬢時代の豪華な生活レベルのまま暮らしていると、すぐにお金が足りなくなってしまいます。 ぜいたく品が買えないだけならともかく、食費や公共料金すら満足に用意できないとなったら大問題。 「どうしても明日までにお金が必要で、風俗嬢に戻っちゃった」なんてことになれば、覚悟を決めて昼職へ転職した意味がありません。 そんな悲劇を迎えないよう、風俗嬢のうちに貯金をしておきましょう!最低でも 「3ヶ月」は無収入でも暮らしていけるだけのお金を持っておけば、いざというときも安心です。 今までムダ使い・散財していたようなら、その見直しも必要。 少しずつでいいので、昼職の生活感覚に合わせていくのが大切ですよ。 昼職への転職準備2:空いた時間を使ってスキルアップをする 待機時間を有効に使って、 転職に役立つ資格の勉強をしましょう。 資格はその人の能力を証明してくれるので、転職時にアピールすれば採用される可能性がぐっと高まります! 一度の試験で合格できなくても、面接のとき「〇〇資格の取得に向けて勉強中です」と一言添えるだけで、やる気のある人材だと思ってもらえます。 資格があるだけで応募できる求人の幅も広がりますし、待遇の充実した企業を見つけやすくなるでしょう。 資格取得以外にも、何かしらスキルのつくアルバイトをしてみるのもOK。 目指している仕事が専門性の高いものなら、アルバイト経験でも充分アピールポイントになります。 また、働いた期間は短くても履歴書の職歴欄に書けるようになるため、その点でも有利になるでしょう。 昼職への転職準備3:生活リズムを整える 一部を除いて、ほとんどの昼職は「朝始業・夜終業」です。 日中に寝て夜中に働く風俗嬢の場合、昼職に転職しても、生活リズムの違いから遅刻・欠勤が続いてしまう可能性が大。 昼職の世界は遅刻や欠勤にとても厳しいです。 自己管理のできない人には仕事を任せられないと、クビになるケースだってありえます。 夜中メインに働いている風俗嬢さんは、ちょっとずつでいいので出勤時間帯を調整して、 昼型の生活に戻していきましょう。 まとめ:「風俗嬢は昼職へ転職できない」は思い込み 風俗嬢は「究極の接客業」と言われています。 自分には何のスキルもないと思っている方も、今まで風俗嬢として働いてこられたということは、 ホスピタリティやコミュニケーション能力に長けている証拠。 自信を持ってOKです! 風俗嬢から昼職へ転職して、自分だけのセカンドキャリアを築き上げるのは、確かに簡単ではありません。 しかし「面接の重要なポイントを押さえる」「資格やスキルなどアピールできる材料を用意する」など、前準備をしっかり行えば道が開ける可能性はあります! 「職歴の空白期間をどう説明するか?」「面接のときは何を意識すればいい?」といった、転職のコツを説明したこちらの記事もあわせてチェックしてくださいね。

次の