テリー レトロ 配合。 序盤でつかえるモンスター(配合表付)1

【GB/3DS/スマホ レトロ対応】ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド攻略 ゲーム完全限界攻略

テリー レトロ 配合

基本情報 タイトル ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド メーカー エニックス ハード ゲームボーイ ジャンル RPG 発売日 1998年9月25日 価格 4,900円 税別 パッケージ 概要 東京ゲームショー2019にて発表、2019年9月17日 ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド RETROとして配信開始された。 『ドラゴンクエストVI 幻の大地』の登場人物テリーの幼少時代の外伝である。 当時、このソフトが発売される2年前にポケットモンスター赤・緑が世界的ヒットをして、それに似た主人公のテリーは闘わず育成をしたモンスターが闘うRPGとなっている。 連れ去られた姉ミレーユを助けるため、わたぼうに導かれてタンスから異世界「タイジュの国」へ行き、モンスターを育てて戦わせるモンスターマスターとなっていく。 今作の最大の特徴は「配合」システムで、雄と雌のモンスターを1匹ずつ選び、「配合」をさせることができる。 配合させるとモンスターが卵を1つ産み、卵からは新しいモンスターが生まれる。 配合すると親であるモンスターはいなくなってしまうが、生まれたモンスターには両親の能力・特技が受け継がれる。 「配合」を行わないと手に入らないモンスターも存在する。 以下裏技はあくまでもゲームボーイ版として構成されているため、Nintendo Switchで実行できるかは不明だが、再構成されていなければ可能と思われる。 裏技 アストロン活用法 モンスターに肉をあげようとすると、仲間が勝手に攻撃してせっかくのモンスターを倒してしまうことがある。 ここでアストロンを使ってから「どうぐ」コマンドを使うと、仲間にモンスターを倒される心配なく肉を何枚も使える。 スカイドラゴンからタマゴ入手 ホイミンを見つけてプリオを助けたあと、モンスター牧場の左上のほうへ行くと、柵の向こう側にスカイドラゴンがいる。 ここで柵に近づくと、スカイドラゴンが落としたタマゴを入手できる。 ただし、このタマゴは1回しか入手できない。 必ずミミック ダンジョンの通路をふさぐように置かれている宝箱を開けると、必ずミミックが出現する。 わたぼうを仲間にする まず旅の扉にいる32体のボス(はかいのとびらには、ボスが2回出現)をすべて倒す。 このあとモンスター牧舎にいるわたぼうに話しかけると、わたぼうを仲間にすることができる。 王妃からアイテムをもらう 格闘場にいるマドハンドにジャンケンで5連勝すると、王妃の部屋へ行けるようになる。 この部屋で王妃に話しかけて特定のモンスターを連れてくるように依頼されたあと、指定されたモンスターを連れていくとアイテムをもらえる。 名前を自動的に入力する モンスターの名前を入力するとき、何も入力していない状態で「おわり」を選ぶと、モンスターの系統と性別に応じた名前が自動的に入力される。 マネマネがいっぱい 牧場にある旅の扉のボスのマネマネを仲間にしたあと、再度マネマネのいた部屋に行く。 そして部屋の中央の大きなテーブルの右側で話しかける(マネマネがいなくても、テーブルの右側に下から話しかけてもOK)と、マネマネとの戦闘になる。 これを倒せばマネマネを仲間にできる。 これは何度でも繰り返せる。 プレイ動画.

次の

テリーのワンダーランド 最強の攻略法を知った瞬間に そのあとのプレイは苦痛でしかなくなる?

テリー レトロ 配合

Contents• 「序盤におすすめ」の定義 この記事でいう「序盤におすすめ」は以下の条件を満たすもののことを指します。 ストーリー序盤に簡単に配合できる• ステータスが高い• 特技が優秀• 成長が早い 簡単にですが、それぞれのポイントについて解説します。 ストーリー序盤に簡単に配合できる こちらは言うまでもありませんね。 序盤に配合できないようでは「序盤のおすすめ」とはなりません。 また、序盤モンスターを何度も何度も配合することでどんなモンスターでも配合することができますが、ちょっと現実的ではありませんね。 配合回数が数回ですむような、簡単に配合できるものを対象とします。 それだとおすすめもくそもないので、ここでは「 基本ステータスが強いモンスター」を対象とします。 特技が優秀 『レベルを上げて物理で殴る』は強い戦術(?)ですが、それができなくても特技が優秀なら序盤から十分活躍できます。 特技は配合によって引き継ぐことができるので、配合を繰り返すことでどんな特技でも覚えることができます。 ただ、これだとステータスと同じようにおすすめもくそもありません。 ここでは「 そのモンスターが素で覚える特技」または「 モンスターを配合する過程で覚える特技」が優秀なものを対象とします。 成長が早い これが地味に重要なのですが、 成長が早い(レベルアップが早い)モンスターを対象とします。 実は、ストーリー序盤で系統最強クラスのモンスターをいくつか配合することが可能です。 しかし、それらは基本的に Lv1からLv2にするために経験値が100も必要なのです。 いくら強いモンスターを作っても、レベルが上がらなければ「ステータス」も「とくぎ」も弱いまま。 ストーリー序盤で活躍するためには、ある程度レベルが上がりやすいモンスターを使うことが重要です。 とにかく レベルアップ時の攻撃力の伸びがすさまじいんです。 どのくらいすごいかというと… ごらんのとおりです。 左がLv1の、右がLv10のグリズリーのステータス。 攻撃力がなんと138も増えています。 どちらも配合が解禁される頃(Fクラスクリア後)には入手できるモンスターです。 ファーラットから「みかわしきゃく」を、グレムリンから「ホイミ(ベホマ)」を引き継げます。 そして、これらを覚えておくことで 全体回復技である「ハッスルダンス」を思いつくことができます。 特技 習得条件 みかわしきゃく Lv10、HP63、早54 ベホマ Lv17、MP82、賢80 ハッスルダンス Lv19、HP114、早130、賢96 ただ、特技を習得するためには上記の条件が必要。 Lv10のファーラットとグレムリンを配合しただけではハッスルダンスを覚えるためのステータスが足りません。 (特にMPがきつめ) みかわしきゃく・ホイミを次の配合(キラーマシンやキングレオ)に引き継ぎ、そちらで習得させるのがいいでしょう。 「 れんぞくこうげき」は成長すると テリワン最強の物理攻撃技「ばくれつけん」になります。 最終メンバーの特技には必ずと入るといっていいほど強力な技です。 「 しっぷうづき」は先制して攻撃できる技。 相手の残りHPがわずかというときに先制攻撃で確実にしとめることができます。 また、モンスター育成する際に行う「はぐメタ狩り」でも重宝する特技。 (はぐれメタルが逃げる前に攻撃するという意味で) 「 さみだれぎり」は全体攻撃技。 しゃくねつ・かがやくいきやイオナズンなどの全体攻撃技は与えられるダメージ幅が決まっています。 しかし、さみだれぎりは レベル(攻撃力)をあげるとその分ダメージが増えるという特徴があります。 また、さみだれぎりは相手の特技耐性にかかわらずダメージを与えられます。 例えば、しゃくねつは炎耐性がある敵には効きません。 一方、さみだれぎりの特技耐性はありませんので、さみだれぎりではどんなモンスターにもダメージを与えられます。 上で紹介した「」を使用して配合することができます。 グリズリーは攻撃力以外のステータスがそこそこ。 グリズリーに物足らなさを感じ始めたらキラーマシンに乗り換えるのがいいでしょう。 おすすめはひとくいサーベル 物質系に指定するおすすめモンスターは「ひとくいサーベル」。 ひとくいサーベルは 相手をしびれさせる「マヒこうげき」を覚えます。 テリワンでは、 マヒになってしまうと自分で解除する方法がありません。 ただ攻撃されるだけの的になってしまうのです。 マヒ強すぎです。 キラーマシンは攻撃力が高いので、このマヒこうげきとの相性が抜群。 覚えさせておけばここぞというときに活躍してくれるでしょう! ひとくいサーベルは 格闘場Eクラスクリア後に開放される「ゆうきのとびら」に出現します。 ステータスが高く、 星降りの大会にも連れていけるくらい強いモンスターです。 このような最強クラスのモンスターはストーリー終盤になって配合するのが基本ですが、キングレオは別。 以下の理由からストーリー序盤から活躍してくれます。 序盤に登場するモンスターで配合できる• 成長が早い 特に「 成長が早い」がポイント。 他の最強クラスモンスターは、Lv1からLv2に上げるために経験値が100必要です。 しかし、 キングレオは経験値たったの5でLv2にあがるのです。 そのため、モンスターの討伐経験値が低い序盤からでも十分パーティに入れることができます。 最速でFクラス後に配合できる キングレオは最速で Fクラスクリア後に配合可能。 レベルが早く上がるということは、 特技も上位に成長しやすいということです。 序盤の戦力にふさわしい存在です。 格闘場Eクラスをクリア後、格闘場の右にいるテトに話しかけることで「ひょうがまじん」とおみあいできます。 そしてにじくじゃくへ ホークブリザードは 鳥系最強クラス「にじくじゃく」の配合素材になります。 残念ながら、にじくじゃくは成長がめちゃくちゃ遅いので序盤では使えません。 しかし、いずれ配合することにはなるのでホークブリザードを持っておいても損はないでしょう。 単体回復の「ホイミ(ベホマ)」• 蘇生の「ザオラル(ザオリク)」• 毒を癒す「キアリー」 いずれも序盤ではかなり役立つ回復特技です。 『ホイミは覚えてるけどキアリーがない!』 『ホイミ役が弱くてすぐ死んじゃう!』 こんな経験ありませんか? そんなときはユニコーンがおすすめです。 ボスモンスターを使って簡単配合 ユニコーンの配合に必要な「 スライムファング」は、格闘場Eクラスクリア後に開放される 「やすらぎのとびら」にボスとして出現します。 スライムファングは倒すと必ず仲間になるので、あとは獣系を見繕って配合すればユニコーンを簡単に配合できます。 おすすめ配合ルートは以下のとおり。 「ゆうきのとびら」で「おおみみず」と「ひとくいサーベル」を仲間にする• おおみみずとひとくいサーベルを配合して「よろいムカデ」を作る• 「とまどいのとびら」または「ゆうきのとびら」で「ベビーサタン」を仲間にする• ミッキーのリザードマンとのお見合いでベビーサタンを出し「ライオネック」を作る• よろいムカデとライオネック Lv14 を配合して「ホーンビートル」を作る 手順としては少々長めですが、このルートにより優秀な特技を覚えたホーンビートルが誕生します。 Lv14程 このザオラルはリザードマンからの受継ぎ特技なので、ライオネックが修得しないまま配合してしまうともう覚えることができません。 ベホマラーやよろいムカデのバイキルトは、それぞれが本来覚える特技なので、覚えさせていない状態で配合してもホーンビートルに受け継げます。 覚えられる特技をまとめると以下のとおり。 ベホマ• ザオリク• ベホマラー• だいぼうぎょ• スクルト• バイキルト• マヒこうげき• かがやくいき 成長が早い ホーンビートルは成長がとても早いのが特徴。 序盤に配合したホーンビートルを中盤・終盤で適当な虫系と配合しなおすことで、ステータスの底上げをすることが可能です。 そしてさそりアーマーへ ホーンビートルとホーンビートルを配合することで 虫系最強クラス「さそりアーマー」が誕生します。 残念ながら、さそりアーマーは成長がめちゃくちゃ遅いので序盤では使えません。 しかし、いずれ配合することにはなるのでホーンビートルを作っておいて損はないでしょう。 最後に いかがだったでしょうか? 今回は、テリワンレトロで『 ストーリー序盤におすすめのモンスターと入手方法(配合方法)』についてご紹介しました。 以上、どなたかのご参考になれば幸いです。

次の

配合レシピ【物質系】|テリーのワンダーランドレトロ攻略

テリー レトロ 配合

もくじ• ・覚える特技から出現場所まで網羅。 他系統の配合レシピはこちらから 他系統の配合レシピの紹介はこちらからどうぞ。 ・スライム系の配合方法>> ・ドラゴン系の配合方法>> ・獣系の配合方法>> ・鳥系の配合方法>> ・植物系の配合方法>> ・虫系の配合方法>> ・悪魔系の配合方法>> ・ゾンビ系の配合方法>> ・??? 系の配合方法>> ・序盤におすすめ>> ・効率の良いレベル上げ>> ・弱モンスターでも勝てる>> メインストリー攻略はこちらから 物語の攻略はこちらからどうぞ。 ・記念すべき攻略第1弾>> ・テリワンに飽きたら>> 特技・道具など各種データはこちら ・ ・ 物質系モンスターの配合レシピ紹介 ここの章では物質系モンスターの配合レシピの他に、覚える特技や出現場所まで解説しました。 とはいえドラクエモンスターズはどんなモンスターでも配合することで、とことん強化することができてしまいます。 さらに ヒャド系の特技に耐性があるものが多く、 即死耐性も非常に高いのが特徴。 物質系の大半のモンスターが バザー会場の扉(要:召喚技)に出現するので覚えておこう。 配合だと序盤からいきなり作れてしまう。 序盤から作れる割りに育てれば意外と強くなる。 敵として出現した場合、呪文を封じる「マホトーン」も全体混乱の「メダパニ」も非常に厄介。 ちなみに「マホトーン」は戦闘中に回復する手段がない…敵が使用するとかなり強力。 序盤で作成すれば重宝すること間違いなしだ。 強力な全体攻撃「かがやくいき」に成長する「つめたいいき」も覚えるので他のモンスターに特技を引き継ごう。 モンスターを呼び寄せる「くちぶえ」はクリア後のダンジョンで有用で、特に「はぐれメタル」狩りを行う時に使える便利技。 クリア後モンスターに覚えさせればレベル上げの作業が格段と楽になるぞ。 「キアリク」は麻痺と眠りを、「キアラル」は混乱を回復させる呪文。 こいつに「はなまどう」の「キアリー」と「シャナク」を引き継ぐと「ひかりのはどう」を思いつく材料が揃う。 鳥系を血統にこいつを配合すると強力な「ヘルコンドル」が産まれるので序盤の戦力アップが可能。 さらに物質系モンスターで唯一「バギ」を覚えるモンスターでもある。 ちなみに物質系モンスターには他にも「ギラ」「メラ」「ヒャド」「イオ」といった「マダンテ」を思いつかせることのできる呪文を持ったものがいる。 物質系同士で配合していけば+値も上がるので覚えられる。 しかし、登場が遅すぎる上に特技も有用なものが少なくこの段階ではかなり微妙な戦力。 配合でつくるか他国マスターから奪うのが楽。 敵モンスターに変身するレアな特技「モシャス」を覚えるモンスター。 物質系モンスターは配合かクリア後のダンジョンに良く登場する気がする。 物質系で唯一回復呪文の「ホイミ」を覚えるモンスターなのでもっと序盤のダンジョンに出現して欲しかった。 物質系モンスターに回復呪文を覚えさせたいならこいつを利用しよう。 強力な特技「ギガスラッシュ」を覚えれるモンスターなので覚えておこう。 物質系モンスターはメインストーリーの扉に出現する種類が少ないため、こいつを素材にすることが多いかもしれない。 戦闘力はかなり低く、覚える特技もかなり微妙。 しかし、仲間のなりやすさはトップクラスなので配合素材として使用しよう。 特に強力なモンスターでもないのでダンジョンで捕まえることをすすめる。 図鑑登録用に1匹捕まえればOKだ。 成長させると攻撃力の伸びが良く、非常に強くなる。 さらに物質系モンスターなので成長が早い。 配合素材としても優秀で「ぶちキング」を血統にこいつを配合すると「メタルキング」になる。 さらにお察しの通り、スライム系を血統にすれば「メタルスライム」になる。 「メタルドラゴン」を血統に「アークデーモン」と配合すれば「ようがんまじん」、「スカルゴン」と配合すれば「ひょうがまじん」が産まれる。 物質系最強クラスの「ゴールデンゴーレム」や「バルザック」を作る際に非常に多様するモンスターだ。 (こいつは悪魔系にしか見えんぞ…) 覚える特技も強力な全体攻撃だけが揃っている。 こいつに同じ物質系の「ギズモ」を配合し「しゃくねつ」と「かがやくいき」を継承すれば「ビックバン」を思いつく材料が簡単に揃ってしまう。 さらに「いなずま」を覚えさせることができれば「ジゴスパーク」の思いつきも狙えるぞ。 【出現する扉】 ・バザー会場の扉(要:召喚技)・他国マスター 【おぼえる特技】 イオ デイン グランドクロス 【配合レシピ】 血統(先に選ぶモンスター) 相方(後に選ぶモンスター) ぶっしつけい??? 実践で使用するには力不足感が否めないモンスターだ。 しかし、強力な「マヒこうげき」があるので使えないことはない。 戦力として使うなら配合で強化が必要。 「おおみみず」を使うくらいならこちらの方がマシなので、困ったら配合でこいつにしてしまうのもあり。 物語序盤のMP切れのお供になる「マホトラ」も覚える。 本作のデバフ系呪文は耐性で効かないモンスターもいるので、自己の能力を上げる上記3種の呪文は非常に重宝する。 特に「バイキルト」は単純に物理ダメージが2倍になる強力な呪文なので覚えさせたいところ。 実践で使える子。 序盤で「グリズリー」を使用している人も多いかと思うので、「キングレオ」に移行する前に作ることがあるだろう。 覚える特技も「れんぞくこうげき」「しっぷうづき」「さみだれぎり」と非常に使えるものが揃っている。 上記3点はそのまま「キングレオ」に継承してしまおう。 配合で強化しながら使い続けるのもあり。 能力は中々で、普通に戦闘に参加できるレベルである。 配合で強化しながら使っていこう。 覚える特技が微妙なので「ギズモ」を血統にした配合で「しゃくねつ」や「かがやくいき」を覚えさせたい。 何気に「いきをすいこむ」で威力を上げてから息系の特技を放ってくるテクニシャン。 こいつの特技はそのまま「バルザック」に引き継いであげよう。 それだけで「ビックバン」を思いつく材料が揃ってしまう。 配合素材としても優秀で、「鳥系」にこいつで「ひくいどり」、「ヘルコンドル」にこいつで「サンダーバード」が手に入る。 他国マスターのから奪ったこいつは「ギガデイン」を覚えている。 配合する素材も豪華。 能力は素早さの伸びが悪いが他の伸びは良い。 炎系の耐性もあり実用レベルに落ち着いている。 配合で強化し、最大レベルを底上げすれば問題なく使える。 こいつの最大の利点は何といっても「ひょうがまじん」を血統として作れる「ゴールデンゴーレム」の素材として使えることだろう。 他にもこいつを血統に悪魔系と配合すれば「バルザック」が作成できる。 こいつも素早さの伸びが悪いが、他がしっかり伸びてくれる。 氷系に耐性あり。 「ようがんまじん」と揃えてぜひ「ゴールデンゴーレム」を作成したい。 強化しながらそのまま使うのもあり。 こいつを血統に悪魔系と配合すれば「バルザック」が作成できるのは「ようがんまじん」と一緒だ。 即死呪文の「ザキ」も怖いが、「メラゾーマ」で100ポイント以上のダメージを与えてくる方が怖かったりする。 物語終盤のダンジョンで仲間にすればすでに高レベルのこいつを手に入れることが可能。 何匹か手に入れれば簡単に+値の高いミミックが作れる。 こいつを仲間にするメリットは貴重な全体回復の「ハッスルダンス」を覚えることにある。 全体回復を覚えさせたいモンスターと配合してあげよう。 倒せば仲間になる。 何気にダンジョンでは仲間にできないレアなモンスター。 Bossとして登場したこいつは「ラリホー」を使えば簡単に倒すことができる。 序盤ではアタッカーとしても、壁役としても優秀なので使用していたプレイヤーは多いはず。 倒しても仲間にならないが、格闘場Aクラスを勝ち抜いた後に「マチコ」に話しかけると「ぱふぱふ」を覚えたこいつを貰える。 非常にレベルも高く使えなくもないので貰っておこう。 ちなみに、自己を回復させるレア特技「めいそう」を覚えるモンスターでもある。 「メガンテ」をされる前に眠らせてしまおう。 配合で作成するのは手間でしかないので、ダンジョンで捕まえてしまった方が早い。 すごく使える訳でもないので、図鑑登録だけしてしまおう。 配合で作るのが面倒だが、手間に見合った能力の持ち主。 高パラメーターなうえにレベルアップに必要な経験値が低く成長が早い。 さらに高耐性と超優等生だ。 覚える技も強力な「ビックバン」や召喚技など最強クラスの特技を覚える。 さらに覚えるのが面倒な「ひかりのはどう」も習得できるのが特徴。 「ひょうがまじん」と「ようがんまじん」から継承する「みがわり」と「だいぼうぎょ」から「めいそう」を思いつくことも可能だ。 さらに、「キングスライム」か「ぶちキング」を血統に配合すれば「ゴールデンスライム」。 「ずしおうまる」を血統にすれば「デュラン」といった他系統に最強モンスターの素材になるぞ。 【出現する扉】 ・なし 【おぼえる特技】 ビックバン ひかりのはどう タッツウしょうかん 【配合レシピ】 血統(先に選ぶモンスター) 相方(後に選ぶモンスター) ひょうがまじん ようがんまじん.

次の