木下優樹菜 娘。 木下優樹菜の子供の顔がヤバい?娘が顔出しNGの理由とは?

木下優樹菜の不倫疑惑、失意の藤本敏史が“娘のために”とっていた行動(週刊女性PRIME)

木下優樹菜 娘

《弊社所属・木下優樹菜は7月1日に活動再開を発表いたしましたが、今後の活動に向け慎重に協議を続ける中で、当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し、また本人からの申し出を受けたため、専属マネジメント契約は解除、木下優樹菜は芸能界引退する事となりました》(所属事務所のホームページより) 自身のSNSで芸能活動再開を発表したばかりの木下が、1週間もたたないうちに引退に追い込まれた。 「木下さんの実姉が勤務するタピオカ店でのトラブルに彼女が介入。 《事務所総出でやりますね》と恫喝メッセージを送りつけたことが発覚したことで芸能活動を自粛することになりました。 いまは、自分がやるべきことをやっています」 と、答えていた。 タピオカ店からの訴訟も考えられる状況での復帰宣言。 家族には何か報告していたのだろうか。 都内にある彼女の実家で、父親を直撃した。 それが最後です」 本誌が木下に直撃したときは、「最近、実家に帰った」と話していたが、そうではないようだ。 今は温かく見守ってほしいですね。 それだけです」 そう答えると車に乗って去っていった。 家族にも伝えていない様子の木下だが、なぜ引退ということになってしまったのだろう。 「 事務所としては、若者向けのネット広告を狙って、水面下で必死に営業をしていました。 事務所側から契約を解除するとは考えられないので、木下さん側に何か重大な過失があったいうことなのだと思います」(芸能プロ関係者) 6月の直撃時には「ファンの方には、きちんと自分の言葉で話したい」と言っていただけに、引退の真相についても、説明してほしいけど……。

次の

木下優樹菜“娘の大股開き”写真に批判続出「シツケをしてあげて」

木下優樹菜 娘

— 2019年 8月月4日午前5時55分PDT 2010年に藤本敏史さんと結婚した木下優樹菜さんは、2012年8月に長女、2015年11月に次女を出産。 タピオカ騒動で活動休止中の木下優樹菜さんですが、実は2015年に 「 ユキナ育。 」(講談社)という育児本を出しているのです。 その中で木下さんは長女出産後、育児ノイローゼ気味だったことを告白しています。 ユキナは産んですぐこんなに働いて、帰ってきたら即、授乳だのお風呂だのやってるんだよ! 慣れない育児を一人で。 体張ってるのは全部こっち。 (中略)仕事してる最中も頭の中では、子供を預けてまで働いて、本当にこれでいいのかなとか葛藤があるし。 (中略)なんでユキナだけこうなの? 出典:ユキナ育。 これは木下優樹菜さんが育児ノイローゼでヤバいということではなく、産後のお母さんは感じやすい気持ちでしょうね。 ただ、木下さんの場合、次第に体調も悪くなり、 子どもと2人になると、息ができなくなる感じや激しい動悸が出てきて、急に冷や汗が出たり、逆に暑くなったりを繰り返したのだと言います。 子どもの命を1人で担うことへのプレッシャーや緊張感が体調に出てしまったのでしょうか。 さらに、 木 下さんはやる気が出ない、食欲もないという状態に陥り、死ぬかもしれないという感情にまで襲われるように。 木下さんは産後4か月目に病院を受診。 医師に「産後の疲れでバランスを崩してますね」と診断され、不調の原因を理解でき、死の不安から解放されて心底ホッとすることができたのだそう。 木下さんは育児ノイローゼの中でも精神的なものだけでなく、身体的にも影響が出るヘビーなものだったのかもしれませんね。 ただ、長女を出産した3年後に次女を出産していますので、育児ノイローゼを乗り越えて、育児を楽しめるようになったのかもしれません。 ユッキーナのタピオカ騒動のインパクトが強すぎて、「タピオカ離婚」とも称される2人の離婚ですが、 本当の離婚理由はタピオカ騒動ではない模様。 ユッキーナとフジモンの本当の離婚理由や、ユッキーナが娘の親権を持つ理由については「」もぜひご覧ください。 スポンサーリンク 炎上を繰り返す木下優樹菜の子育て yuuukiiinaaa がシェアした投稿 — 2019年 7月月18日午前1時26分PDT 育児本「ユキナ育。 」を出版するなど、ママタレントとしての地位を築きつつあった木下優樹菜さんですが、その独自の子育て論には元ヤンの要素が垣間見え、炎上することもしばしば。 2019年8月報道の「しゃべくり007」(日本テレビ)に出演した木下優樹菜さんは、 娘が「おバカタレント」として名を馳せた木下さんと、お笑い芸人の藤本敏史さんとの間に生まれた子だからといって「バカにされたくない」と言い、 他の家庭の子よりも厳しめに子育てに当たっていると強調。 長女には 「『ありがとうございます』を言えないとガチギレする」などと子育て論を披露し、 「(わが子を)後でシメときますんで」と口にするなど、元ヤンらしい子育て法を披露したそう。 また、 長女が0歳だった2013年5月には動物園で木下さんにチンパンジーの檻に近づけられて泣き顔になっている長女、6月には40度の高熱を出して点滴を受ける長女の写真を公開して、それぞれ「怖がってるだろ」「写真撮ってる場合か」という批判を受けて炎上。 また、 長女の裸の写真をアップして炎上したこともあり、子育てネタでの炎上が絶えません。 (現在、該当エントリーは削除済)。 ですが、やはり 木下優樹菜さんの炎上代表作と言えば、タピオカ店への恫喝騒動ですよね。 木下優樹菜さんがタピオカ店オーナーに送り付けた恫喝ダイレクトメール(DM)の内容をまとめましたので「」でぜひチェックしてみてくださいね。 スポンサーリンク 木下優樹菜が娘の親権を持って大丈夫? ネットで不安視する声が続出! 子育てでの炎上が多い木下優樹菜さんですし、タピオカ騒動もありましたので、 木下優樹菜さんが離婚後に娘の親権を持つことには、ネットで異論が噴出しています。 親権が木下優樹菜なのがねえ…まあフジモン一人でなんとかなるとも思わんが…。 子供可哀想。 あんな大人が増えたらやばい。 — Akii sakamotoxxxakii やはり、タピオカ店への恫喝騒動で活動休止中の木下優樹菜さんが娘の親権を持つことで、教育上良いのだろうかという不安の声が多数上がっていますね。 ただ、元夫となる 藤本敏史さんもディズニーランドやディズニーシーで木下優樹菜さんと一緒に周囲のお客さんやキャストに恫喝していたという話も。 ということで、親権をどちらが持とうが、どっちもどっちという部分もあるようです。 藤本敏史&木下優樹菜元夫妻のディズニーリゾートでの恫喝騒動については「」でぜひご覧ください。 スポンサーリンク まとめ 木下優樹菜さんの育児ノイローゼや子育てネタでの炎上騒動をご紹介しました。 木下優樹菜さんは長女を出産後に育児ノイローゼにかかり、心身ともに追い詰められました。 ただ、病院で産後の疲れでバランスを崩していると診断されたことで安心し、3年後には次女を出産。 「ユキナ育。 」という育児本まで出版しました。 木下優樹菜さんの子育て法には、その厳しさや言葉遣いに元ヤン気質が顔を出すことがあり、炎上の対象に。 また、高熱に苦しむ娘や娘の裸の画像をSNSにアップしてしまうなど、メディアリテラシーの低さから炎上してしまうこともしばしば。 これからはシングルマザーとして2人の娘を育てていくことになるので、ますます責任が重くなりますね。 木下さんが親権を持ったことが不正解にならないことを祈るばかりです。

次の

木下優樹菜の子供の顔がヤバい?娘が顔出しNGの理由とは?

木下優樹菜 娘

画/彩賀ゆう (C)まいじつ タレントの木下優樹菜が8月13日、自身のインスタグラムを更新。 愛娘たちとの3ショットを公開したものの、娘たちの〝行儀の悪い〟座り方に「このままDQNまっしぐらって感じ」などと批判の声が殺到している。 木下は、《ってかさ まかちんの名前 MAKANA ぢゃん? hawaii語で〝神様からの贈り物〟て意味なんだけど》と次女・茉叶菜ちゃんの名前に込められた意味を明かし、《ハワイで、まかなー! て呼んでると地元のひとに Makana? て毎回いわれるーー 贈りものー!贈りものー! て叫んでるようなもんだよね》と、ハワイでの〝おもしろ〟エピソードをつづった。 添えられた写真では、長女と次女とともにベンチに座り、アイスクリームを食べる3ショットを公開。 姉妹そろってリゾート感のあるワンピースを着用し、木下はカメラ目線で長女からもらったアイスクリームを頬張っている。 この投稿に、ファンからは、 《現地の人たちもステキな名前だねって思いながら見てそうだね》 《いつの間にかまかちんがすっごいお姉さんになってて驚きです》 《ゆきなちゃんの名前のセンスが神の授かり物かよ》 などと、娘たちの成長にほっこりするコメントが多く寄せられた。 蛙の子は蛙ってよく分かる しかし、ネット掲示板では次女・茉叶菜ちゃんの〝大股開き〟の座り方に衝撃が走ったようで、 《座り方やば 下品過ぎ ドキュン製造業の最先端を独走中だね》 《子供たちの座り方を見ているとシツケをしてるしていないがよく分かる》 《娘二人の座り方から木下優樹菜の遺伝子を猛烈に感じるww》 《足開くなって誰か叱ったれよ》 《行儀が悪い このままDQNまっしぐらって感じ》 《蛙の子は蛙ってよく分かる写真だね》 などと批判が殺到。 〝元ヤン〟の木下を揶揄する声が多く上がってしまった。 「次女の〝大股開き〟に批判が集まっていますが、他にも《贈りものー!贈りものー! て叫んでるようなもんだよね》と、公共の場で〝叫ぶほど〟大きな声を出しているようですし、姉妹そろって靴を履いたままベンチに足を乗せているなど、マナー違反を連発しています。 テレビ番組に出た際の木下は、子育てについて『厳しい方だと思います』『〝ありがとうございます〟を人に言えないことに関しては、マジでガチギレしますね』などと、自信満々に語っていたのですが…」(芸能ライター) いずれにせよ、親が知らないことを子供に教えろと言うのは、なかなか難しい話。 批判をカテに、木下にはガンバってもらいたいところだ。

次の