大変 な ご時世 です が。 大変申し訳ございませんの正誤・誠に申し訳ございませんとの違い

「ご時世」と「ご時勢」の違いとは?分かりやすく解釈

大変 な ご時世 です が

「ご時世」の意味 「ご時世」は「時世」に丁寧の「ご」をつけた言葉です。 「ごじせい」と読みます。 「時世」は「時とともに移り変わる世の中」という意味です。 「時世」は古語では「ときよ」と読み、「年月。 時代」「その当時の世の中」という意味で昔から使われていた言葉です。 「時世」という言葉に、特に話し言葉の時は慣用句のように決まった形として「ご」をつけて用いることが多いですので、「ご時世」という形で覚えておくとよいでしょう。 「ご時世」は多くは 「このご時世」という使い方で、 その時代における世の中のことを意味します。 「ご時世」の使い方 「ご時世」は「このご時世」のような使い方で、その時代の世の中のことを表します。 「いいご時世だ」などと、いい意味でも使えます。 ですが、 多くの場合は「嫌なご時世」「こんなご時世」など、今の時代の世の中がよくないという、 悪い意味で使われる言葉です。 【例文】• このご時世に仕方のないことでしょうが、イベントが中止になって残念です。 このご時世、大学を出ても就職先がないなんてよくある話だ。 こんなご時世だからこそ、心が明るくなるような音楽が必要だ。 高齢者を狙った、巧妙な手口の詐欺事件が増えている。 嫌なご時世だ。 この世知辛いご時世に、こんな良心的な店は珍しい。 「時勢」との使い分け 「ご時世」と似た言葉に「時勢」があります。 「時世」と「時勢」、読み方はともに「じせい」で、使い方も似ているようです。 この二つの違いは• 「時世」は「その時代の世の中」• 「時勢」は「移り変わる時代の様子」 ということになります。 「時世」は世の中のことを指す言葉です。 それに対し、 「時勢」は、「勢い」という字が使われている通り、時代が変化する勢いや世の中の変化の動きについて表す言葉なのです。 混同して使われがちな「時世」と「時勢」ですが、• 「時勢」にも「ご」をつけて「ご時勢」と言っても間違いではないですが、あまりつけることはありません。 ですが、文脈から「ご時世」の間違いであると思われるものが非常に多いです。 「時世」と「時勢」は読み方も一緒で、特に混同しやすい言葉ですので気をつけましょう。 【例文】• こんな ご時世に珍しい出来事だ。 (今の時代の世の中のこと)• 時勢の変遷を思えば仕方のないことだ。 (世の中の移り変わりのこと)• 時勢の潮流に乗り遅れるわけにはいかない。 特に近頃ではSNSなどの普及により、一般の人が時代について言及する機会もぐっと増えたので、さらに「ご時世」は身近な言葉になったと言えるかもしれません。 「時世」の使い方、また「時勢」との違いなど意識してニュースを理解したり、自分でも使ってみるといいのではないでしょうか。 最後までお読みくださりありがとうございました!.

次の

お家でも楽しめるかき氷のお取り寄せをご紹介!【こんなご時世シリーズ①】

大変 な ご時世 です が

「時節柄」と言う言葉を目にしたり、耳にしたりしたことはないでしょうか。 「時節柄」とは主に手紙の結びの挨拶によく用いられる言葉です。 では、この「時節柄」とはどのような意味があるのか、またどのように使ったらよいのか、説明していきましょう。 意味 「時節柄」の「時節」には、以下のような意味があります。 ・気象や風景の変化によって感じられる今現在の最適な「季節」や「時季」 ・現在の社会情勢や時勢などを表す「時代」や「時世」 ・時間や時期、何かをするには良い時機や機会 このことから、「時節柄」とは下記のような意味があります。 ・今の季節にふさわしい ・ちょうど今のような季節 ・今の時代や社会情勢にふさわしい ・今のような時世 このように、現在の季節や時代を表す際に、「時節柄」と言う言葉を使用します。 使い方 ただし、手紙などの挨拶文として使用する場合は主に、今の季節を表す言葉として使われています。 使い方としては、基本的には手紙の最後の挨拶として使われます。 あるいは、今の世の中の状態を指すため、社会全体の様子や雰囲気などを表す場合があります。 季節を表す場合 「季節柄」の使い方 「時節柄」と「季節柄」の使い分けについてですが、「時節柄」と「季節柄」は範囲に大きな違いがあると説明したとおりです。 意味合いとしてはどちらも同じであり、結びの言葉としてどちらを使っても構いません。 ただし「季節柄」は季節を指し、「このような季節ですから」と言うような意味合いで用いられる言葉のため、「そのためにどのような配慮を必要とするか?」という表現も合わせる必要が出てきます。 「季節柄、通勤の電車の中で咳をしている人が増えてきましたが、お変わりございませんか。 体調を崩す恐れもありますので、どうかご自愛くださいませ」 「時節柄」と「季節柄」の使い分け そこで「時節柄」と書くことで、「この季節に合った」「時期が時期だけに」「この季節が持つ特徴的な厳しさがある」というニュアンスを含むため、暑さ寒さがある季節に送る際には共通の認識として相手に伝わりやすくなります。 そのため、冬ならば「時節柄、お風邪など召しませぬよう」、夏ならば「時節柄、熱中症などには十分にお気をつけください」と言う書き方で共有することができます。 逆に、春先や秋口など、特に注意喚起する必要がない場合ならば、「季節柄、朝晩など寒暖の差が大きくなってきました」と言うように、季節感を表す言葉を使っても良いでしょう。 「時節柄」とはいつ使うのか ご自愛ください 「自愛 じあい 」とは、「あなた自身を大切にしてください」と意味が込められています。 「ご自愛ください」とは、相手の健康を気遣う言葉であるとともに、年齢や性別に関わらず使える丁寧な言葉です。 そのため、目上の人に使っても失礼にはあたりませんが、「ご自愛専一にて」「ご自愛くださいませ」というように、一層丁寧な書き方をすることで印象が変わります。 ただし、今現在体に不調をきたしている人に対して「ご自愛ください」は失礼になるので、注意しましょう。 また「お体をご自愛ください」という一文を見かけますが、「ご自愛ください」という一文そのものが「お体を大切に」と言う意味合いなので、「お体を」という単語は必要ありません。 「時節柄ご自愛ください」は季節の変わり目に対して「体調を崩さないよう、お体を大切にしてください」というだけでなく、「こんな大変な時代だからこそ、お体を大切にして下さい」と言う意味にも使えます。 くれぐれも 「くれぐれも」は何度も心を込めて懇願したり忠告したりするさまを意味します。 「心を込めて忠告する」や「心を込めて何度も懇願する」など、こちらの気持ちを強く念押ししたい時に用いられます。 また注意を促したり、体調をいたわったりする場合や、依頼やお願い、感謝を伝える際にも使われることが多いです。 また、「くれぐれも」自体は敬語ではないものの、目上の人に使用しても問題はありません。 「季節の変わり目で体調を崩しやすくなっていおります。 時節柄、くれぐれもご自愛くださいませ」 「立秋とは言え厳しい暑さが続きます。 ご健康にはくれぐれもご留意なさってお過ごしください」 お風邪など 季節の変わり目などには体調を崩しやすくなります。 そこで、 相手の健康や自愛を願う結びの言葉として、「お風邪など召されませんよう」と言う一文を用いることができます。 「年を取る」を「お年を召す」というように、「自分のものにする」ことを敬って「召す」と表現します。 そのことから、「風邪を引く」の尊敬語として「風邪を召す」と表します。 「朝夕めっきり涼しくなってきました。 時節柄、風邪など召されませんようお気をつけくださいませ」 「寒さが厳しくなってまいりましたが、時節柄、風邪などひかれませんようご自愛ください」 ご多忙・ご多用 ご多忙とご多用はとても忙しいことを表す言葉の尊敬語です。 お多忙=「とても忙しいこと」、またご多用=「用事が多くて忙しいこと」という意味があり、どちらも同じ意味合いで用いられています。 ただし、お祝いの手紙や、お見舞い状や年始の挨拶、冠婚葬祭の際には、「忙」に含まれる「亡」という字が縁起が悪い忌み言葉とされ、避けるのが一般的です。 「ご多忙・ご多用とは存じますが」=「大変忙しいと思われますが」と言う意味になり、年末年始などいろいろと忙しい時期などでの挨拶では、「あなたは今とてもお忙しいでしょうが、どうか私の願いを聞いてください」という意味の言葉を簡潔に、かつ丁寧に表しています。 「時節柄、ご多忙中とは存じますが、体調には十分ご留意ください」 「時節柄ご多用の事と存じますが、ご出席賜りますよう、ご案内申し上げます」 「時節柄」の類語 「時節柄」とは「そのような時期、状況であるから」と言う意味なので、「時節柄」と似たような意味合いの言葉は複数あります。 とはいえ、言葉によっては「時節柄」とは違う使い方や使うタイミングも変わったりとさまざまです。 ここでは、「時節柄」の類義語とその例文をご紹介します。 色々な言葉を使い分けることで、ワンランク上の手紙やビジネス文書になるでしょう。 時分柄 時節柄と同様に使われる「その時期らしい特徴を備えている」という意味を持つのが「時分柄 じぶんがら 」です。 時分=おおよその時期や時刻、ちょうどよい頃合い、または好機という意味で使われます。 おおよその時期やちょうどよい頃合いという意味のある「時分」は、「頃」と置き換えて使うことができる言葉なので、例えば「子供の時分」=「子供の頃」というように使うことができます。 「季節の果物をお送りします。 時分柄、早めにお召し上がりくださいませ」 「夏の疲れが出やすい時分柄、どうぞお体大切に」 折から 漢字で「折柄 おりから 」とも表すことがあります。 使い方は「~の折から」と言う形で用いられます。 また、単体で使われる場合は「折柄の強風で」のように、 「その物事に相応しい時」「ちょうどその時」と言う意味で用いられることがあります。 なお「折から」の場合は、結びの言葉以外に時候の挨拶でも使われることがあります。 【時候の挨拶】 「寒さ厳しき折柄、皆さまにはご壮健にお過ごしのこととお慶び申し上げます」 「暑気厳しき折柄、皆さまにはお変わりなくお過ごしのことと存じます」 【結びの挨拶】 「余寒厳しき折から、風邪など召されませぬようご自愛くださいませ」 「残暑なお厳しき折柄、くれぐれもご自愛専一のほどお祈り申し上げます」 時下 ビジネス文書などで全ての季節に使え、また「昨今、近頃、ただ今、現在、この頃」などの意味で使われることがあります。 さまざまな場面で使える「時下」は季節ごとに変わる時候の挨拶の代わりに使うことができる言葉で、「拝啓」の次の文に用いることができます。 【個人宛】 「時下ますますご清祥のことと存じます。 日頃より格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます」 個人宛の場合は、健康と幸せを願うご清祥、相手の健康を願うご健勝、相手の幸せを願うご多幸などを用います。 【会社・組織宛】 「時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます」 会社や組織など、法人宛の場合は健康や繁栄を祝うご清栄のほか、商売繁盛を祝うご盛栄を用います。 「時節柄」をつかった挨拶方法 日本には時代の流れのほか、季節の移ろいを感じ表現する時候の挨拶を用いています。 手紙の文面だけでも季節を感じることができるのが、日本の文化でもあります。 日本は春・夏・秋・冬の四季のほかにも、1年を夏至や冬至、さらに春分と秋分というように24等分に分ける太陽の動きを元にした二十四節季というものもあります。 ここからは、「時節柄」をつかった挨拶方法を紹介していきます。 春 春は、気象学的に区別するならば3・4・5月となり、暦で区別するならば2月4日頃の立春の日から立夏の前日である5月5日頃までとされています。 春は過ごしやすい季節になり、心機一転何かを始めたり、アクティブな気持ちにかられる季節です。 しかしその反面、新しい環境に適応できず五月病になったりと、物憂げな気持ちになる季節でもあります。 「春たけなわの季節となりましたが、時節柄、ますますお健やかにお過ごしのことと存じます」 「花の便りが各地から届くこの頃、時節柄、お花見にはもういらっしゃいましたでしょうか」 「梅雨の走りともいわれ、雨がよく降るようになりましたが、時節柄、お変わりなくお過ごしでしょうか」 夏 秋は、気象学的には9・10・11月となり、暦によれば立秋の日から立冬前の11月7日頃までとされています。 暑い夏が終わり、ようやく過ごしやすくなる安堵感と、一抹の寂しさ、これから来る冬に対しての憂いを含んだ季節です。 山々を彩る紅葉と舞い落ちる落ち葉、実り多く春とはまた違った趣のある落ち着いた季節であり、芸術の秋、読書の秋など、落ち着いて物事に取組むのに適した季節でしょう。 「暑さもひと段落し、朝夕はしのぎやすくなってまいりました。 時節柄、お変わりなくお過ごしでしょうか」 「味覚の秋、芸術の秋となり、時節柄、ますます充実した日々をお過ごしのことと存じます」 「吐く息の白さに、秋の終わりを感じる今日この頃、時節柄、お変わりなくご活躍の事と存じます」 冬 冬は、気象学的には12・1・2月となり、暦によれば立冬の日から立春の前の日である2月3日頃とされています。 冬と言えば寒さも厳しくなり、年末年始で慌ただしくなる季節です。 三寒四温と言う言葉があるように、厳しい寒さが続いた後に寒さが緩むという現象が繰り返される季節でもあります。 また、クリスマスや初詣など、なにかとイベントも多い季節です。 「年の瀬の、寒さの身に染みる季節となりました。 時節柄、お風邪など召していらっしゃいませんか」 「時節柄、皆様お揃いで賑やかなお正月をお迎えの事とお慶び申し上げます」 「余寒なお厳しい昨今ですが、時節柄、お元気でお過ごしでしょうか」 社会人として「時節柄」をうまく利用しましょう 日本には四季があり、時代の流れと共に季節の移ろいを感じることができるのが特徴です。 また、日本人は手紙の文面で季節を感じさせる時候の挨拶に始まり、相手を思いやる結びの言葉で締めくくる美しい書き方の文化を持っています。 季節に触れる手紙は美しい日本の伝統でもあり、相手に真心を伝える手段として用いられてきました。 季節の移ろいと共に、自分たちを取り巻く社会の現状をも表すことのできる「時節柄」という言葉は、季節や社会的な風潮に相応しくという意味合いであったり、こんな時期であるからこそというように使われています。 こんな季節だからこそ体に気をつけてほしい、こんな情勢だからこそより一層仕事などに励んでほしい、 そういう気遣いの文面に使われることが多い「時節柄」を使うことにより、ビジネス文書のように事務的になりがちな手紙でも、相手に気持ちが伝わりやすいことでしょう。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

「ご時世」とは?意味や使い方をご紹介

大変 な ご時世 です が

こんばんは,えの吉です。 新型コロナで大変なこのご時世,学校,勤め先で在宅(勤務)が義務化されている方も多いと思います。 テレワークをやってみて,思ったより集中できた,という方も多くいらっしゃるようです。 一方, やっぱり会社にいるときほど集中できない,という方もいるのではないでしょうか。 そこで, 今回は集中力について書いてみたいと思います。 わたしく自身,もともと怠け癖があるのですが,集中する方法ついて工夫することで,過去を振り返ると受験も会社入ってからの仕事も,それなりにうまくやっていくことができました。 それでは一つ一つを紹介していきます。 仕事をしていても,スマホやPCがすぐ近くにあると,何か思いつくたびににそれらのデバイスについついアクセスしてしまいます。 特に,まわりに監視の目がない在宅勤務中はそうです。 「明日の天気はなんだったっけ?」とか「今日の株価は?」とか,はたまた 「今日のコロナの感染者は何人??」,「今日のアドセンス収入はどれくらいかな?」とか,ついついスマホやPCでWEBページやSNSのアプリを開いてしまいます。 そうこうしているうちに,いま取り組んでいる仕事ではなく,頭の中に何かが浮かんではそれをチェックする,というサイクルが中心になってきてしまいます。 一度,集中力を失うと,25分間は最初の仕事に戻れないという研究結果があるそうです。 さらに,集中をあちこちに向けることで,メンタルも消耗してしまうと思います。 そこで,仕事中に何か気になりだしたら,いったん我慢して, 気になることを文字に書き起こしてみてはいかがでしょうか?そして,書いたもの(紙でもスマホでも)を目の届くところに置いておくのです。 そして短めの集中タイムを設けて,その区切りの仕事が終えることを目標に集中し, 集中タイムが終わったら,書きだした気になっていたことを計画通りやりましょう。 そうすることで,少なくとも大抵の時間は仕事に充てられ,仕事は少しずつでも確実に片付いていくでしょう。 急激なダイエットと同じで,リバウンドするだけです。 その辛さにやる気をなくして,失敗するだけです。 ですので,まずは5分間の集中タイム,2分の休憩,そしてまた5分の集中タイムといった形で,トレーニング始めてみましょう。 そして,最初は5分,次は10分といったように集中タイムを徐々に伸ばしていきます。 同時に、休憩時間も2分,4分と伸ばしていきます。 ちょっと休憩は長めですが,理想的な休憩の取り方に一歩近づいています。 一度うまくいったと実感すればこっちのものです。 あとは,集中時間を長めに調整していって,休憩時間をコントロールすれば理想の状態に到達できます。 また,仕事の前に計画的に一日の作業量を決めておくのも効果的です。 また,逆に将来の不安についても同様のことが言えます。 まだ起きぬ不足の事態を想像しては気持ちが暗くなったうえに集中もそがれるというものです。 これはいろんな本に書いていることですが,瞑想をすることでこのような,頭の中でぐるぐる回して考えてしまうような状況で,集中力を高めることができます。 簡単な方法として呼吸法があります。 呼吸法の詳細は,下記の記事を参照ください。 呼吸法では,普段無意識で行っている呼吸に意識を向けることで,「今」に集中することができます。 変えられない過去や,将来不安ではなく,「今」に集中することができます。 「今」というものは,正にやらなければいけない「仕事」です。 これらは,短時間で集中して行うものです。 瞑想のように1日一回,短時間に行うものではなく, マインドフルネスというのは,1日の中で常に心掛けたり,意識をするものです。 それでは,何を心掛けたり,意識したりするのかというと,それはやはり「今」です。 例えば,食事中を例にとりますと,食べているその「瞬間」に感じている,「食感」,「食べ物のにおい」,「味」に集中します。 お風呂でお湯につかるとき,「お湯の熱がつま先に伝わり,くるぶし,そして足・・・」となる,その瞬間,瞬間に集中します。 そうしているとき, 仮に周りに人がいても廻りが見えなくなる,没入状態になるはずです。 繰り返しになりますが, 瞑想との違いは,外から見たら特別なことをやっているようには見えず,頭の中の意識のみで実施するのがマインドフルネスです。 こういった時間を一日の中に複数回入れ込むことで,徐々に集中力を高め,自分が集中したいときに集中する時間を延ばすことができます。 マインドフルネスを実践することで,仮に集中を阻害する何かが頭の中に湧いてきても,それを撥ね退ける力もつきます。 仕事中にもし何か別のことをしたくなったら,いつもやっているマインドフルネスを実践しましょう。 「今」つまり,そのときの自分の「身体」や「呼吸」に集中するのです。 数回深呼吸すれば,誘惑は心の中から消えて行き,仕事に戻り易くなると思います。 例えば,ジムに行って体を鍛えるときに,そのつらさに耐えながら体にムチ打って頑張る様子は,集中するべき時に誘惑に耐えて仕事に集中すること,に少し似てはいないでしょうか。 しかし単なる例えではなく,体を鍛えることで,実際に,心や集中力をが高まります。 この相関については科学的にも効果が認められているようです。 しかし,オンライン書籍の普及で読書量が質的に増えているといえるかというと,どうやら違うようです。 実は, オンライン書籍の読者のうち,たった5%しか最後まで本を読み終えていないようです。 さらに,約40%の読者はただ最初の数行だけみて,画面のスクロールすらしないで本を読み終えてしまうようです。 これだけサービスが充実して,見たい本がいつでも見られるようになったのに,この状況はとても残念でもったいないことです。 仕事で集中力を発揮できない方は,実は読書でも集中力を発揮できていないのではないでしょうか?1~5の試す場としても本を読み切ることにチャレンジしてみてはいかがでしょうか? 仕事よりストレスが少なく,集中力をトレーニングするには格好の練習台です。 読書に集中できない状態から集中できるようになったとき,仕事での集中力も必ず変わってきているはずです。 まとめ 今回は,集中力について記事にしてみました。 今日から,明日の仕事から試してみてはいかがでしょうか? gigabeat07.

次の