リライズ リク。 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE

ガンダムビルドダイバーズとは (ガンダムビルドダイバーズとは) [単語記事]

リライズ リク

「 この胸の痛みは、本物だから 」 CV: 人物 GBN歴は長く、ビルダーとしてもファイターとしても優秀な高校生ダイバー。 リアルに近い姿のアバターを素直に使っており、ポンチョを纏った姿は根無し草を思わせる。 オリジナル機体・およびその換装機・プラネッツシステムで多様な戦局に対応する実力者。 GBNの仕様にも造詣が深く、敵の分析、地形を活かしたトラップの設置、クリエイトミッションを応用したシミュレーションの作成など、作戦立案にも長けている。 一時期は熱心に打ち込んでいたことが伺えるが、本編開始時点ではソロで傭兵プレイを続けており、気が向いた時にログインしてはミッションにふらりと参加し、クリア条件を達成すると報酬そっちのけで何かを探すようにミッション用のディメンションを探索するという行動を続けている。 その腕を見込んで「隠しミッション」に誘ってきたが口にする「新エリア」という情報に少なからず興味を抱き、と名乗る少年からの仔細不明な救援要請を受けて、仕様とは異なる未知のミッションに臨むこととなる。 チーム戦演習の相手を務めたフォース・MU DISHのゴジョウからは、他者を信用していないこと、起こり得る問題を仲間に知らせず一人で対処しようとする姿勢を見抜かれ、「なぜチームを組んでいるのか」と問われてなお、何も答えようとしない消極的な態度が浮き彫りとなる。 自機の作り込み様からも、多様な局面に独力で対応しようという設計思想が読み取れることから、ともすればBUILD DiVERSの誰よりも独り善がりになりかねないスタンスをとっており、実際に序盤のミッションでは面倒事を一人で引き受けようとする姿勢も目立っていた。 率先して他者のために動けてしまう性質の不器用な表出とも言え、メンバーの意を汲もうとする場面もあるものの、技量の問題から仲間を頼るという発想もなく、明確な役割分担の実施については4thミッションを待つことになる。 コアガンダムを組み上げたばかりの頃にディメンション内で出会った少女・と交流を持った経験から、GBNをゲームシステムとして割り切ることに抵抗を覚えており、詳細不明のストーリーミッションにおいてもクリア条件に対して必要以上に手を尽くすなど、ステージクリアを最優先にするカザミとは意見がぶつかることも。 ガンプラにも感情のようなものが宿るという考えも受け売りながらに持っており、がガンプラに愛着を抱く様に共感してぎこちなく励ましたりと、心根には温かなものを持っている。 元々GPDをプレイしており、GPDが終了することに伴いGBNを開始した。 そのため実はGBNの最古参組の一人であったりする。 GBN開始当初は、GPDとの感覚の違いに戸惑っておりがいなければ初日に辞めていたかもしれなかったと語っていた。 リアル 17歳の高校生。 脚本家の父・オサムと、翻訳家の母・ユリコの三人家族。 同じマンションに暮らしている幼馴染みのとは家族ぐるみの付き合い。 中学生時代にはガンプラビルダーとしての受賞歴もあり、顔馴染みのマツムラ店長からは今でも作例を頼まれたりしている。 両親とも彼のGBN通いには好意的。 常にどこか物憂げながらも、基本的に穏やかで人当たりは良く、両親やマツムラ店長といった身近な人々との関係はごくごく良好。 以前は常に人の輪の中に居るような明朗な少年であったらしく、ヒナタに限らず当時のヒロトを知る者の中には、気にかけている友人もいる様子。 かつてがのためにGBNの大半を敵に回したにおいて、上級者フォース・の一員として参加していたこと、相手方の大将だったを撃墜可能な情況で撃てなかったこと、そして、その以前に自ら死を選んだイヴを目の前で失ったことが明らかになっている。 目の前で消え行くイヴに何も出来なかったという強い喪失感と、そこからリクたちに一瞬でも逆恨みの念を抱いてしまったという後悔と虚無感は、2年という時間を経てもその心に影を落としており、ヒナタやマツムラ店長の言ではその時期を境にヒロトの笑顔を見なくなったのだとか。 その影響は「ビルドダイバーズ」という名前に対する、敵意とも悔恨ともとれない複雑な反応としても表れている。 前作の無印ビルドダイバーズ24話にて、とGBNをかけた戦いに身を投じたがに言った 「あの娘の姿がチラついてまともにログインできなくなるぜ?」という言葉は、状況こそ現在まで不明だが、ある意味でヒロトが経験してしまったことであり、その結果その言葉通りの状態にまで追い込まれてしまったのが分かる。 劇中での活躍 ある日、に強引に連れられたことを切っ掛けに、その場に居合わせた、も含めた4人で「隠しミッション」に参加することとなる。 アースリィガンダムの力でを救助するミッションを達成したヒロトだったが、後日このミッションがビルドダイバーズ(BUILD DiVERS)として登録されたヒロトたち4人で挑む長期のストーリーミッションである可能性が高いことが判明する。 自分自身の探し物のため、未知のエリアであるフレディ達の世界を探索したいと考えたヒロトはストーリーミッションの継続を決め、彼ら山の民の集落を防衛するミッションに備える。 しかしチームワークどころか実力もバラバラな4人によるシミュレーションは困難を極める。 それでも紙一重でシミュレーションを突破した結果をもって妥協しようとしたその時、ヒロトの脳裏にある過去がよぎる。 かつて、辛うじて戦いに勝利したもののイヴの花が潰れてしまった時のことを… 本当にこれでいいのか…悩むヒロトだったがヒナタに励まされたことで決意を固める。 翌日、ヒロトは新たな作戦をメンバーに、また保険としてマーズアーマーをも配備して防衛ミッションに挑む。 準備途中で抗議してきたジリクの畑の芽も意識しながら全力を尽くすヒロトだったが、 不測の事態が重なり村に損害を出してしまう。 だが、人々を守った感謝の言葉を言いに来た子供たちの顔にイヴのかつての笑顔が重なる。 そして、破壊されたかに思われたジリクの畑も芽は守られていたのだった。 ミッションクリアを優先するヒロトは水中用換装機で、連携をとる相手の3機とメイを置き去りに水底深くへと突っ込んでいく。 クリア条件であるの回収もそこそこに、グラナダブルーのキャプテン・マイヨールとの一騎打ちをいなすと、奮闘するメイを援護することもなく水上へ帰還、強引ながらも勝利する。 メンバーの水中戦スキルを鑑みたヒロトは、リスクを減らすという理由から自分一人での水中戦を提案。 賛同を躊躇するカザミやパル、チームの一員としての姿勢に疑問を呈するメイだが、代案も出ないまま本番を迎える。 しかし、想定外の巨体と防御性能を誇るエルドラシーブルートを前に、ヒロトは決定打を打てないばかりか次第に追い詰められていく。 痺れを切らして飛び込んできたメイのに蹴り上げられて水中を脱したヒロトに、パルは「敵を陸地へ引き上げてチームで戦えないか」と進言。 意見の一致したBUILD DiVERSは、ヒロトの指揮の下で即席の作戦を実行に移す。 仲間の尽力に、ヒロトは「もっと早く助けを求めるべきだった」と謝意を述べる。 チーム・BUILD DiVERSの長い序章が終わりを迎えようとしていた。 しかし、第12話で衛星兵器による地上への砲撃の阻止に失敗。 それにより山の民に多数の死者が出てしまったこと、その影響でGBNどころか現実世界で長期の電波障害が発生してしまったことから、この戦いがイベントではなくリアルではないかと疑い始め、第13話で現実世界で再会したメイとの会話からそれがほぼ確定する。 あまりの事態の大きさと、下手をしたら意識がその世界「」に取り残されて帰ってこれなくなる恐れがあることを知ったメイ以外のBUILD DiVERSは戦い続けることを躊躇ってしまい、それはヒロトも例外ではなかった。 ヒロトは改修したと共にGBNにダイブする。 それぞれに覚悟を決めて集まるBUILD DiVERSにフレディからのSOSが届く。 待っているのは戻れる保証もない本物の戦い。 しかし、もうヒロトに迷いはなかった。 」 しかし、あくまで戦う意義を見出しただけであり、イヴを失ったトラウマはいまだ引きずり続けており、第18話でにその時のことを蒸し返されたときは激高している。 第19話から20話にかけて自分とイヴとの過去、彼女が消滅するのを見ていることしかできなかったこと、第二次有志連合戦で半ば妬みと逆恨みでリクを撃とうとしたことを皆に明かす。 特にリクを撃とうとしたことをイヴの最期の願いである「私のような子を助けてほしい」という言葉を守ろうとしなかったと自責の念に今も駆られていた。 目に涙を浮かべるヒロトに対し、彼の独白を聞いていたメイは「好きなだけ泣けばいい」と優しく抱きしめる。 その言葉にヒロトは慟哭した。 それは、イヴが消えてからの2年間、流すことができなかった涙だったのかもしれない。 余談 ガンプラを題材にしたアニメの主役を中学生が占める中で、初の高校生となる。 の歴代主人公とは異なり、 「ガンプラを楽しむ心を失った」異色の主人公でもある。 ゲーム内、リアル共にクールで物静かな人物である(上記のトラウマから性格が暗くなっているのもある)ため、いわゆるガンダムオタク的な描写は 一見ないが、よく見ていくとかなり熱烈な1stガンダムへのマニアぶりが見て取れる。 ・コアガンダム+プラネッツシステムの着想がRX-78+Gアーマー。 ・変形台詞が「コアチェンジ、ドッキング・ゴー」(1stより) ・過去、受賞した作品は「G-3ガンダム+Gアーマー」 ・とはもちろん両方用意する。 ・トラップに・リーダーを愛用 ・大気圏突入用にわざわざ耐熱フィルムを用意(1stより) ・コアガンダムIIの顔がなんかクローバー・ガンダムにそっくり …などなど、作品が進めば進むほどそのマニア描写には暇がないが、マニアじゃないと半分も伝わらない。 いわば「細かすぎて伝わらないガノタ描写選手権」のようになっている。 コアガンダムの製作にGPDでの戦闘がきっかけという点で前作主人公のと共通しているが、GPDとGBNで先に始めたものが逆で戦闘後から新機体製作への感情が違うという点でミカミ・リクのifの姿ということが現れている。 またイヴのおかげでGPDからGBNへの移行が完遂できたという意味では、その現実を認めきれなかったとの対比もあるといえるか。 上記の人物欄に「多様な局面に独力で対応しようという設計思想が読み取れることから、ともすればBUILD DiVERSの誰よりも独り善がりになりかねない」とあるが元々プラネッツシステムはコアガンダムの可能性の開拓が目的で、イヴとの 交流のなかで生まれたとても大切なもの。 見て分かる通り応用の幅が広く、ソロでもパーティプレイでもあらゆる局面に対応できるため、独り善がりになるために作ったものではないのだが、心に傷を負ってからの行動により結果的にそう見られるようになってしまったのは中々に皮肉と言える。 そのためイヴとの事件が彼の有り様を大きく変えてしまうものだったことが窺える。 18話で彼は珍しく激昂してアルスと戦ったわけだが、19話を見てよく考えてみると、コアガンダムとそのアーマー達を作ったそもそもの目的は トッププレイヤー達のように戦闘をしまくるというのでは無く、イヴとともにGBNで冒険するためで、その過程で様々な地形への適応やミッションを楽しむために多彩な戦術を取れるようになったのである(そのためはアーマー名の命名法則が決まる前から作られている)。 つまりヒロトにとって "完璧な"自分とはイヴと冒険している自分であり、そもそも第二次有志連合戦のようなお互いの譲れない思想をぶつけ合うドロドロとした戦場で戦うことは本当にしたかったことではないしましてや冷酷に相手を仕留めることではないということになる。 にもかかわらずアルスに 『なぜ撃たなかったのです? 』などと聞かれた挙句冷酷にエルドラの民を狙撃しようとするアルス自身の姿が"完璧なあなた"だと言われれば激昂しながら「違う! 」と否定するのも当然ということになる。 このように最新話を見ることで前話までの行動や感情の裏付けができるというのはやはり練りに練られたシナリオだからなのだと言えよう。 関連記事 関連記事 親記事.

次の

ビルドダイバーズリライズ第14話にリク登場!?新OPEDの感想も!

リライズ リク

ガンダムビルドダイバーズとは、よりで放送されたのである。 概要 『』、『』、『』に続く第四作(としては第三作)。 前三作同様歴代から様々なが登場し、『』ではの関係上登場が難しいとされていた『』及び『』のも登場する。 観は一新され、今作は電間がとなる。 これにより、も実物ではなく仮想間における物となった。 また、電間という上やといったそれまでのでは考えられなかったような個性的な姿を持つも多数登場する。 に行われた作品発表会と合わせてヤ率いる「アヴァ」と率いる「第七機甲師団」の戦を描いた「」がで配信開始 的には2. 5話に相当。 さらに一話と最新話(最新話は放映翌日から限定)もで配信されており、でもより放送開始された。 は続編である「」がされている。 なおはたちの所属しているスの名前でもある。 あらすじ 電仮想間でを使って多数のを楽しむ「・(N)」。 ミ・、ヒダカ・ユはNの住人「」となり、電仮想間のに飛び込む。 二人はのやと知り合い、強敵との出会いやに見舞われつつ、のヤ・カも加えNのを楽しんでいく。 主なキャラクター は字、 本名はで表記する。 臨のに通う。 クジョウ・ヤのをの当たりにし、のに飛び込む。 姿はに携えた短が特徴。 反射がかなり良いらしく、それによって度々を切り抜けている。 1話にて初Nを経験し、偶然と出会う。 またを行っていたドージをとの連携で撃退し、初を挙げた。 2話ではのを摘んでくるだけの簡単なをやっている最中に遭遇、にしようとするたちとの戦いになし崩し的に巻き込まれやむなく迎撃に入る。 をとともに撃退したものの、その強さと動きからと勘違いされに戦いを挑まれてしまい、本気になってを使ったに対抗してを使ったものの、の出来が追い付いておらずしては沈黙。 とどめをさされそうなところをに救われる。 続く3話の連戦では前回の経験からしでも戦えるようになるため様々な武装を試すことに。 そしてそのことをと偽っていたヤに尋ねられ、前回のと自分の気持ちのモヤモヤを。 ヤからを貰ったことで吹っ切れる。 4話ではヤの強さと志に感銘を受けたことでより強くなろうと決心しにその手段を訪ねた結果、を紹介されを開始。 とディメンションの違いを体に刻み込み、また今ある自分のと技量を最大限に活かすことを知りとしてのを果たす。 5話では本物のシャフリからを享受され、またシャフリとからスに勧誘されるも今までの出会いや経験から自分たちのスを立ち上げることを決意する。 6話ではシャフリの言葉とミからのでコーをスに勧誘。 7話では初ス戦に挑もうとするものの自スの保有するの数を失念していたため、通りがかったメを勧誘し、て初ス戦に挑む。 初ス戦ではコーの立案したに従って奮戦、最後に残った格を倒す等の活躍をみせる。 8話では7話のを受けて新たなス戦に挑もうとしていたが、のからへの参加を決める。 内の終了間際、自分をスのお荷物だと思ってなんとしても役に立とうとしていたの妨に合う。 まで使ってしようとするに自分の経験からを信じることの大切さを説き、結果的にととの和解につなげる。 第1終了までには、を巡る事件に関わり、これを解決。 引き換えにを失うが、そのを引き継いだ新「」を生み出す。 以バレ が一種の電子生命体「EL」であり、Nのを侵すとなってしまっていることを知る。 だが、コーの発案でのをへすることにより、とN両方を救う可性に賭け、ヤたち有志連合を敵に回してでもを救おうとすることになる。 ちょっとなでいわゆる。 ビルダーとしての実は確か。 姿はさながら整備士。 を部に入れようとしていたがの楽しさを教えられ、たちとともにNのに飛び込む。 姿はが特徴的。。 : たちがNで出会ったの。 に込められた想いを取るという不思議なを持っている。 7話にて初ス戦でたちがもらったをされる。 (以バレ) その正体は、Nのたちのわずかなのかけらが積み上がって生まれた一種の電子生命体「EL()」であった。 事件時に「の」で自らの因子をばらまいてしまったがために、本人は自覚のうちにに多大な負荷をかける発生の原因となってしまう。 Nによっての元とみなされ、によるの存在を消滅させる措置が取られることになるが…? メ : と通じている装束の。 から達の監視を命ぜられている。 初登場は3話。 連戦中、と戦うに横やりを入れたのち監視するかのような行動を取る。 その後4話Cのにて初めて発。 7話では初めての戦に挑もうとするものの保有の数を失念していたたちにスへの加入を促され、意外とあっさり承諾している。 なおN歴はス内では一いらしく、ス スごとに1つ与えられるム のことも知っていた。 初ス戦ではらしい動きで格を奇襲・誘導し「本当に新人スのなのか」と驚かれていた。 8話ではの参加に難色を示したり途中で帰ろうとしたものの、いざッに着くとッにをかせたりプチッにスリしたりと実はものが大好きなところが駄々漏れであった。 (以バレ) にかつて所属していたスの徴的「」を人質、いや質に取られて従を強要されていた。 やがて正体を表してやと対峙するが、彼らの説得の前に撤退。 がから「」を取り戻し、不和となっていてのスとも和解、正式に「ビルズ」のとなる。 は気だるげな。 Nが始まる以前は GP でを行い、またその高い技術でに入賞するほどだったが、Nが始まったことで少しずつたちが離れていき、それをきっかけに作りももしてしまう。 そのせいで一時はかなり落ち込んで引き籠もり生活をしていたがミから展示用・貸し出し用のを頼まれてに復帰。 ただしには出場していない模様。 6話にてたちからス加入を依頼されたが、前述のことが理由で拒否。 ただし内にはいまだにがくすぶっており、以前用に作っていたを修復するたちの姿と思いに打たれて最終的に加入を承諾する。 ただしずーっとしてなかったためがFのままでありス加入条件 D以上 を満たしていなかったため即座にへと連れ出される。 ス結成後の初ス戦ではで培った知識と経験を基にの立案を行い、結果の初戦を勝に導いている。 セ・ミ : 「THE E」のでやとは長い付き合い。 の知識は壊滅的。 にセ・がいる。 あとの菜園でを育てている。 : におせっかいを焼くことが好きなの。 その妙なとは裏に位を誇るかなりの実者。 たちを気に入り、彼らのとなる。 だけあって他の多くのと知り合いらしく、たちに他のを紹介したりもしている。 クジョウ・ヤ : ス「アヴァ」を率いるNの現。 穏やかな性格だがに対する情熱はよりも熱い。 『』ののものに酷似したコートを着用している。 近頃連戦にが出没するという噂を聞き、を装ってたちの連戦に同行する。 を騙る割にっ先に囮を買って出る、としての在り方に悩むに熟練らしいをするなどになりきれていなかった。 中の攻撃から達をかばったことで偽装のアウターが壊れて ついでになぜかもて正体を現す。 その後は 本人たちは全く気にしてかったが たちを騙すような行為を謝罪し、彼らの活躍ととしての心構えを認め登録を申し出る。 おそらくでもっともくバレした。 : ス「第七機甲師団」を率いる強。 智将と呼ばれるほどの戦略であり、の操縦技術も確か。 な人物でありながらその外見はどこと見紛うほどに。 ヤは親友にして宿敵。 がしている。 7話では第七機甲師団の新人部隊の支部である「第七士官」のに登場。 隊としてのをなっていたものの、のであるコーとN熟練者のメ、そして成長した・・の強さに新人部隊は敗を喫し、放心してしまう。 : ン・の・に拠点を置くス「虎舞」の。 なんでもないようなことがだったと思う。 近接格闘術を極めることを標にしている。 そのためっぽい表現が多々ある。 そしてにがさ過ぎる。 劇中ではの紹介でたちと会うも一旦は勝手にやれと突き放すが、上述の通りに弱すぎるためとに押し切られとの申し出を受け入れる。 最初は電では意味なを行わせNとは違うということを認識させ、その後とNのの違いをより明確に体に覚えさせるようを行う。 最終的にはしの状態でもNに一撃を与えられるほどに2人を成長させる。 そして偶然の機に乗った場破りがやってきたことで一旦はその場から退場。 とがにおいても成長したことを見届けたのちに高のを圧倒的なで打ち破る。 その後シャフリとともにそれぞれのスに入らないかとたちを誘うが、はガたちの戦いを見て自分なりのを見つけたいと考えたためそれを断っている。 ドージ : のような姿をした体の。 をしてを稼ぐなど卑劣な手段を好むも、に初を献上してしまった。 : のような姿をした質の。 とにかく強さと強者をめるストイックな性格で、「の」なる異名を持つ。 ドージの。 ドージよりは気のある性格だが戦いに関してはかなりストイックな。 シャフリヤール : 称はシャフリ。 シャフリヤールとはに登場する不信が原因の悪辣な王の名前だが、本人はいたって穏やかでちょっとったらしい程度。 に関しては常に""という尺度で見る節があり、何のも情熱ももい作品に関してはがいと吐き捨てる一方、拙くてもその想いが伝わってくる作品にはがあると褒めたりする。 また自身の作品に関しても「まだまだが足りない」と言い切るなどを許さない性格。 劇中1,2を争うビルダーである自分の名を騙るがペリに現れるという噂を聞きその出現を待ち伏せていたが、のこぼした言葉とメので本人が出るまでもなくはそそくさと退散。 しかしその後メを人質にるをたちが追撃するために自身のアームズを貸し出す。 最初はの出来で圧倒するものでたちが追い詰められたところでついに正体を言し、シェザードにてを撃退する。 その後ガとともにそれぞれのスに入らないかとたちを勧誘するが、はシャフリたちの戦いを見て自分なりのを見つけたいと考えたためそれを断っている。 ・ : 「」をばら撒き、不正である「」を生み出している元。 メに達の監視を命じている。 にコーと関係があったようだが…? (以バレ) かつてコーとともにでの「GP」のであったが、仮想でのであるNを憎悪し、それを破壊するためにを作り出した。 との己の信条を賭けた勝負に破れ、一旦姿を消すが、そのの技術が思わぬ形でとNを救う鍵となる。 スー基部にとを追加したことでの機動を獲得している。 も発動できないことはないが、かなり不安定で短時間しか使用できない。 7話にての考えた強化をもとに、これまでので得られたを使ってを作成、に修される。 元々優秀だった機動性がさらに向上し、また武装も大幅に強化された。 大破したーオーの魂を受け継ぐ機体としてしたもの。 に別の要素をするというらしく、全体的なは結構マッシブ。 のにも「脚太く! 」と記述されており、雄々しいを元にビルドされているらしい。 武装はと2本に加え、大のソードに長用の等と良くまとまっている。 をしたの。 脚部を強化し、多な攻撃を繰り出すを装備した。 をしたの。 ではない。 に従ってした結果攻撃減少と引き換えに機動と強度が増している。 内部にはのようにを内蔵している。 だけど。 部の ストームはおのという身も蓋もい名前にされているが、威はどころかえげつない。 リベイク コーが使うの。 どう見てもグリベイク。 版権の関係で登場させられない系の代わりに要素を詰め込みまくった機体。 肩とのとかまんまのそれ。 武装は実弾と大の。 このはグリベイクシのように開いて相手を挟むことができる。 い話がチ。 - メの用いるをとしたの。 とは逆に時が通常のビ形態、時が隠密のレ形態となっている。 レ形態ではも使える。 をしたヤの。 武装のドッイの他にもFを装備、さらにやにまでを付加させている攻撃的な。 ベレー をしたの。 の機拡がで、脚部など様々な武装・を内蔵している。 名前のごとくっな頭部が特徴。 -X をしたの。 のごとき外見が特徴で、接近戦特化の。 機を持っており、発動時には頭部ザーが下がり一つとなる。 ジーエン が使用するがの近接格闘特化機。 右肩に、左肩に虎の顔がついている。 十四章まであったりはしない。 シェザード をしたシャフリヤールの。 シェザードとはに登場するり部のの名前。 外見にそぐわぬ高機動と高を両立している。 関連項目•

次の

ガンダムビルドダイバーズとは (ガンダムビルドダイバーズとは) [単語記事]

リライズ リク

フレディかっこよかったぞ。 早く次回が見たい!フレディのフィギュア欲しい! リライズ感想 スピラ・スピカの曲にのせての特殊EDがまた良かったー。 フレディの状況と合わせたかのような歌詞がまた…良い。 きっと今回もまた作品内のドラマを惹起させるような歌詞なんだろなー。 この後の展開が楽しみになるわー。 初回はまさかのフレディくんの当番回スタートとは思わなかった~。 まぁ、フレディくん好きだから良いんですけどね。 ここからどう反撃に出るか今後が楽しみ リライズ感想 シリーズ再開、通し話数の14話。 フレディ視点の第0話的な内容で新機体も活躍せず肩透かし。 2期初回なんだしもう少し販促に気を遣ってもと思わんでもない。 パルくん、やっぱりアノ狐の… 良きOP! なんだ振り返り回かと思えば、 いやいや、そんな事では無い。 フレディ! 益々好きになってしまった。 次回も待ち遠しい。 あと何日で木曜日が来るのだ!? OPなかなかかっこいいし歌詞がヒロトのことかな?って思った。 絶望からのリライズ 再起 な展開楽しみにしたいです。 リライズ感想.

次の