ナプキン マスク おじさん。 【5時から作家塾】増えるコロナおじさん・おばさんらの心理状態 もし絡まれたらどうする? (1/2ページ)

マスクの代用にナプキンやバンダナはあり?新型ウイルスに効果は?

ナプキン マスク おじさん

新型コロナウィルスが広がり、各地でマスクが売り切れ状況になっています。 今こそ、私が長年、実践している 「鼻出し口 くち マスク」でウィルスの蔓延を防止しましょう。 通常のマスク装着の問題 1 鼻の横の空間 街中でマスクのひとを観察するとその8割くらいは、鼻の横に空間ができています。 これでは、そこからウィルスが容易に入り込んでしまいます。 いくら予防法として、マスクを「密閉して」と言われても、医療用の本格的なマスクでなければ、実際には動いているうちに鼻の横にすきまができてしまうのは避けられません。 通常のマスク装着の問題 2 マスクが忌避される 一方、こんな状況でもマスクをしていないひとに理由を聞くと、「マスクをしているとメガネが曇ったり、息苦しくなってしまう」ので、マスクをしないと言います。 頭がボーっとする、というひともいます。 口も鼻もマスクで覆えば、いずれかで息をしなければならないので、マスクの通気性の限界から息苦しくなって頭に酸素が回らなくなります。 また、鼻の横にできた空間から呼気がメガネに排出されるので、曇ってしまうのは避けられません。 これでは、感染者の連鎖が抑えられず、パンデミックに至ってしまいます。 口呼吸と鼻呼吸では、ウィルスブロックに大差がある 鼻は、鼻腔内に多数の毛と粘膜があることで、ウイルスが付着した飛沫のほとんどが捕捉され、体内まで取り込むのを防いでいます。 そのため、口を閉じて鼻呼吸だけにすれば、体の本来持つ機能が働いてウィルスの侵入をブロックできます。 他方、口はほぼ無防備で、唾液の殺菌力による以外は、ほとんどそのまま体内にウィルスを招き入れてしまいます。 このため、口呼吸が中心のひとは、疾病率が高いことが証明されています。 息苦しくなく、より多くのひとがマスクをできる 鼻を出して装着することで、ほとんどフラットな状態になり、密閉性が格段に上がり、ウィルスが入り込む余地がなくなります。 また、鼻で呼吸することで、そもそもマスク越しに呼吸する必要がないので、息苦しくなったり、メガネが曇ったりすることもありません。 もし、鼻出し口マスクでも息苦しい、というひとは、口呼吸体質なので、マスクをして強制的に鼻呼吸にする機会です。 それにより健康増進ができます。 マスク不足に有効 鼻と口を覆ってしまうと、呼吸をマスク越しにすることで、湿気がこもり、通気のために繊維に圧力がかかります。 その結果、マスクの劣化が進み、頻繁にマスクを交換せざるを得なくなります。 他方、鼻出し口マスクの場合、単に口を覆っている服のような状態なので、ほとんどダメージがなく、1日装着していても劣化は最小限なので、マスクが足りない状況でも、切り抜けられる可能性が高まります。 多量生産できるフラットなマスクでよい 通常のマスク装着で密閉性を高めようとすると、立体成型したマスクが必要になりますが、生産工数が多いので高まる需要への対応が困難です。 他方、鼻出し口マスクは、フラットなマスクで十分なので、多量生産可能な製品ですみ、急激な需要増にも対応しやすくなります。 もちろん、懐にもやさしいメリットもあります。 表情が見えやすい 接客業では、マスクをすると表情が見えずに、相手に不安感を与えるとして、禁止になっていることが多くあります。 これも、鼻を出して口の上まで見える鼻出し口マスクなら、見えている顔の面積が広くなるので、不安感を低減させることが可能です。 優先順位で考えよう 倒れて息のない人を助けるのに、昔は「人工呼吸」と言って、倒れている口に直接、口をつけて息を吹き込むことが求められました。 しかし、それでは見知らぬひとと口をつけなければならず、実際には人工呼吸が行われない結果になりました。 そこで現在は「心肺蘇生法」として、人工呼吸はせず、心臓を圧迫する手順が推奨されています。 また、風邪の予防も、昔は帰ったら「手洗いとうがい」と言われていましたが、今では「うがい」は推奨になっていません。 これは、手洗いとうがいの両方をやらなければならないとなると、結局、両方ともしなくなるひとが頻発したので、比較的優先順位が低いうがいを省いたためです。 これと同じく、「鼻までカバーする」ことにこだわってしまうと、マスクの持続的な装着が低下することで、逆に感染の広がりを招いてしまうと考えます。 そのため、なるべく長時間、鼻出し口マスクをつけ、帰宅したときなどに手洗いとともに鼻をかんでブロックしたウィルスを排出するようにするほうが、感染確率を下げてパンデミックを回避する方法だと思います。 皆さんも是非、鼻出し口マスクにしましょう。

次の

お父さんそれマスクちゃう、、生理用ナプキンや。。深刻なマスク不足の中国、人々が発想がクリエイティブすぎるマスクを編み出

ナプキン マスク おじさん

マスクの代用に生理用ナプキン! 新型のコロナウイルスの発祥地である中国は、特にマスクの売り切れが著しい地域です。 そんななか、生理用ナプキンをマスクの代用にする男性までいたとのことです。 高騰しまくるマスク需要に生理用ナプキンで代用する中国ニキにマスク送ってあげたい?? なかとみのかたまりくん。??? kingsushibeatz 男性は顔の中心部分を覆い隠すように、生理用ナプキンを縦に貼り付けていました! 見た目はかなりひどいものです。 ただ本人は至って真剣な模様で、「細菌がいっぱいいるから」とコメントしていました。 また他にはペットボトルを頭に被せ、防塵マスク代わりにしている人までいたとのことです。 このマスクの代用に対してネットでは 先日、院内と思しき処でマスク不足にて、女性用生理ナプキンを代用し口鼻に装着してる、いかついオッサンの動画が上がってましたね。 奇抜過ぎる発想に飯噴しました(笑) — sakuaki sakuaki10 LINEニュースで、マスクがないから生理用ナプキンで代用してるって記事見たけどどういうこと???え?女の立場。 嫌過ぎない?? — ほの violet112110 やっぱり中国人てちょっとおかしいなー デリカシーなし、倫理なし、 女性用の何つけとんねん… — ミスター杉 0EnUNt7QiPZnEB8 生理用ナプキンに関しては、身につけているのが男だというのが不評でしたね。 それと同時に、手段はどうあれ中国人の自衛の心構えの姿には圧倒されます。 けれども日本では生理用ナプキンは無理でしょう(捕まってしまいますW)。 スポンサーリンク マスクの代用にバンダナは? マスクがないなら、バンダナや大きめのハンカチで代用という意見もあります。 マスクがなくても大きめのバンダナとかで代用になります。 売り切れの可能性もありますね?? 在庫がありますように?? 因みに大学生の娘は、バンダナ ? 大のハンカチを首に巻いてメトロに乗ったらハンカチを鼻まで持ち上げてマスク代用という方法で出掛けました。 — Rica CUORE???????????? 生理用ナプキンよりは息もしやすいですし、見た目もまだまともです。 ただあごの部分がスカスカなので、ウイルスを遮断出来るかは怪しいと思います。 スポンサーリンク マスクの代用にネックウォーマーは? ネックウォーマーの方が、マスクの代用にはいいかもしれません。 サイズが合っていれば鼻の上まで伸ばして、顔の下半分から首まで覆い隠せます。 しかも寒さも防げるという一石二鳥です。 そうなんですね?????? クレイモアポア班 yogiyongi マスクが無いときはマフラーかネックウォーマーで代用出来ますよ?? — イシモトカズヒロ nETyeyXflf6g4Gc スポンサーリンク マスクは新型ウイルスに効果ある? そもそもマスクは、新型ウイルスにどれだけ効果があるのでしょう。 英ロンドン大学セント・ジョージ校のデイヴィッド・キャリントン博士によりますと、一般向けのマスクは、空気によって運ばれるウイルスやバクテリアの予防には効果がないと言っています。 隙間が多くフィルターとしての機能も期待できないとか。 防じんマスクなどで使用される、フィルター目が細かい「N95」規格のマスクがいいという意見もありますが、高額で息がしづらく日常で使うにはハードルが高そうです。 新型ウイルス流行し始めたから3MのN95マスクをつかおう — ノンアルありません。 nonarucom ではウイルスに対して無力なのかといえばそうではありません。 マスクの着用よりも、しっかりと手洗いをすることや、洗う前の手で目や鼻を触らないことの方が重要なんだとか。 出来ればストレスをためず、健康的な生活をすることで免疫力が上がり、ウイルスに感染しにくくなるそうですよ。

次の

職場の“コロナ偏差値低すぎおじさん”にイラッ!なぜマスクを片耳に…

ナプキン マスク おじさん

話してるうちに息苦しくなってくるのか、 片耳にマスクをさげて大声で話す麻生太郎スタイルのおじさんや、基本はマスクをしているのに、何故かくしゃみをするときだけマスクを外すという意味不明なおじさんも。 あとは『電車でマスクしてないの俺だけだったよ~!』と武勇伝のように語ってくる痴れ者もいて、開いた口がふさがりませんでした。 『 しっかりマスクをするのはビビリ、弱っちい』という、小学生男子みたいな意識が根底にあるんじゃないかと思ってしまいます。 上司に『何でマスクしないんですか? 迷惑なんでしてください』とも言いづらいし、出社する日は本当にストレスです」(29歳・営業補佐) 不要不急の出社を続けるソリティアおじさん 「部下の企画書のチェックや、売り上げデータの確認など、どう考えてもリモートワークで対応可能な業務でも、『家には居場所がないから』『ずっと家にいても運動不足になるから』という理由で、横須賀や大宮などの遠方から毎朝1時間以上電車に乗って、都心の会社まで不要不急の出社を続ける課長クラスのおじさんがめっちゃいるんです。 なかには、仕事がないのに会社にきて ソリティアや四川省とかのゲームをやっているおじさんもいますね。 正気の沙汰とは思えません。 しかもご丁寧に定時出社をするから、部下はリモートワークはもちろん、時差通勤すらしづらくなってしまっています。 最初は頭おかしいんじゃないの?と怒りを感じていたんですが、家に居場所がない彼らにとって、会社こそが唯一の居場所。 その会社で、 中間管理職の自分が出社しなくても業務がきちんと回るという事実を突きつけられてしまうと、アイデンティティが崩壊してしまいますもんね。 彼らにとっては要急な出社なのかもしれないと、最近では哀れにすらなってきました」(36歳・広告).

次の