武田 邦彦 虎ノ門 ニュース。 武田邦彦

武田邦彦

武田 邦彦 虎ノ門 ニュース

『虎ノ門ニュース』に出演する青山氏 新型コロナウイルスに関して、安倍首相が中国や韓国などからの入国規制を宣言したのが先週のこと。 6日の参院予算委員会では「中韓の入国規制」に賛辞を送るとともに、新型コロナウイルスによる感染症を「武漢熱」と呼んでいる青山センセイは「感染症に地域の名前をつけるべきだ」という趣旨を連発。 差別を招くとして病名に国名・地域名は避けるべきというWHOの指針を完全無視したうえ、あげく、国会で「(中国は)武漢には武漢病毒研究所があるという事実を薄れさせて、まるで日本が感染拡大の主犯であるような宣伝が始まっている」などと、例の「生物兵器説」なるトンデモを匂わせる始末だった。 そんな相変わらずの青山センセイだが、3月9日、隔週月曜レギュラーを務めているネトウヨ番組『真相深入り!虎ノ門ニュース』(DHCテレビ)に、その姿はなかった。 この日の番組では、産経新聞の田北真樹子氏と右派ジャーナリストの須田慎一郎氏が代打出演。 青山センセイについて「予算委員会にご出席のため生憎本日はご登場かないません」と説明された。 だが、コレ、本当は「予算委員会出席のため」とか、そういう話ではないらしい。 その顛末は、今月5日、DHCテレビが公式ホームページにアップした「青山繁晴さんの3月9日出演休止について」なる題の文書に記されている。 書いたのはDHCテレビジョンの社長で、番組のチーフプロデューサーである山田晃氏だ。 〈当時、放送2日前に青山さんの秘書さんから「議員が体調不良で月曜の出演をお休みしたい」旨のご連絡をいただきました。 これは大変ということで、青山さんには心配なくご静養頂くことをお願いし、急遽代打としてケント・ギルバートさんと門田隆将さんに事情を話した上で代打出演をご快諾いただきました。 しかしその夜に青山さんは自身のブログで、月曜の虎ノ門ニュースを休むのは仕事が多忙であるという旨の発表をなされました。 〉(DHCホームページより) たしかに、当時の青山センセイのブログをチェックすると、9月20日に〈あー、しんど。 けど、無事。 凡て、さしたることもなし〉と書いて、翌21日には〈9月23日月曜の虎ノ門ニュースには、参加しないことになりました。 ぼくの仕事の都合です。 ごめんなさい!〉と公表。 そして、番組出演予定日の前日にあたる22日には、日本チェコ友好議連の一員として大阪の堺商工会議所で開かれたオープニングセレモニーに参加し、挨拶している。 だが、山田社長によると、青山センセイ側は番組側におやすみの理由を「体調不良」と伝えていた。 山田社長は明らかに恨み節でこう続けている。 〈それならそうとはじめから正直にご相談くだされば良かったのですが、これでは「レギュラー出演者の体調不良」を理由にかなり急な出演オファーをした番組スタッフが嘘をついたことになります。 些細なことのように思われる方もいらっしゃると思いますが、代打でご出演いただいた出演者も暇ではありません。 みなさんお忙しくされている中、「レギュラー出演者の青山さんが体調不良で困っている」からお時間を作ってくれたのです。 それが、体調不良は嘘で本当は仕事がたてこんでいるから休む、ということになればどうでしょうか? 出演者にしてみれば、青山さんにとって虎ノ門ニュースは大切な仕事ではなく、他に忙しい仕事があれば平気で休むどうでもいい仕事で、その穴埋めをやらされていると思われても仕方なく、番組スタッフはその片棒を担いで嘘を言っているということになってしまいます。 これでは番組スタッフと出演者の信頼関係は瓦解してしまいます。 その告知や報告を嬉々としてブログに連ねていた。

次の

武田邦彦ホンマでっか降板疑惑の真相がまさかのコレだなんて!

武田 邦彦 虎ノ門 ニュース

画像かリンクテキスト(下線のひかれた黄色い部分)をクリックすると本の詳細情報が表示されます。 ご希望であれば、そのままご購入いただくことも可能です。 幸せに暮らす秘訣とは? 出版社、飯塚書店。 NHKが広く喧伝している「環境に優しい」という大嘘に騙されてはいけない。 日本をダメにする「環境ビジネス」の実態がわかる一冊。 出版社、ベストセラーズ。 我が国で煙草への風当たりが日に日に強まる昨今、科学的なデータをもとに医学の通説へ、全面的なオブジェクションを説く一冊。 出版社、竹書房。 なぜナポレオンは「英雄」で東条英機は「悪人」なのか……。 日本の教科書が教えてくれない歴史の真実を科学者が書く。 出版社、ベストセラーズ。 マスメディアから流れてくる「健康」や「エコ」の情報の数々。 その真偽の見分け方を教えてくれる一冊。 出版社、廣済堂出版。 「正義」とは何なのか。 「正しさ」とは何か。 時代や立場によって変わる永遠の問を、歴史的な事例を上げながら分かりやすく解説する一冊。 出版社、小学館。 世間には、先入観があふれている。 先入観とは何かがわかる一冊。 マツコ・デラックスとの対談にも注目。 出版社、SBクリエイティブ。 日本は、本当に「借金大国」なのか。 政治家も新聞もテレビも隠す経済の真実。 そこから見えてくる「給料を二倍にする方法」を解説する一冊。 出版社、ベストセラーズ。 日本はこれから人生百年時代を迎える。 五十歳からの「第二の人生」をどのようにして生きるべきかを科学的観点から考察する一冊。 出版社、産経新聞出版。 今の地球環境は危ないか。 答は否。 これからの地球を生き抜くための一冊。 出版社、河出書房新社。

次の

【DHC】2020/4/17(金) 武田邦彦×須田慎一郎×居島一平【虎ノ門ニュース】

武田 邦彦 虎ノ門 ニュース

真相は不明でしょう。 明かされてませんから。 先週の上念司&半井小絵の回、MC居島の新論客宣伝の後に、 半井:武田先生と離れるのは、少し寂しいですね。 居島:また、曜日シャッフル 論客シャッフル がありますので、正月特番などで。 ・・・みたいなことを言っていましたので、確執があったわけではなさそうです。 むしろ上念司をレギュラー論客化した影響の方が大きいかと。 ここ最近2~3回の上念氏の不定期ゲスト出演の時は、半井小絵とのコンビで出演でしたから。 この場合、半井さんは週2回出演でした。 月曜から離れたのは、青山繁晴の国会開会時間に影響がほとんどないのが月曜朝だから、ということで青山さんを月曜にしたかったからのようです。 月曜朝の影響度の話は青山さん本人がされています。 ただ、正月等特番期間以外でも時々論客シャッフルはやっていますし、金曜の須田慎一郎は時々 大阪出張 多分、そこまで言って委員会 関東では放送しない の収録 でお休みするので、須田のオジキが居ない日に早々に武田&半井コンビが金曜に復活するのでは?と私は勝手に思っています。

次の