どんな とき も wifi 箱。 【申し込み方法】どんなときもWiFiを実際に申し込んでみました

利用データ量の確認方法も!どんなときもWiFi到着後の初期設定と注意点

どんな とき も wifi 箱

2社の比較するポイント• 契約期間• 端末のスペック• 通信速度• 速度制限• 通信可能エリア これらの違いやそれぞれの良い点と悪い点を含めてサービス全般を徹底的に比較します。 料金形態の比較 料金についてですが、どんなときもWiFiは1つの会社で提供していますが、WiMAXは複数のプロバイダによって料金が異なるため一番安く利用できるの料金をもとに比較します。 どんなときもWiFi WiMAX 月額料金 3,480円 (初月) 2,170円 (初月〜2ヶ月) 3,480円 (〜24ヶ月まで) 3,480円 (〜36ヶ月まで) 3,980円 (25ヶ月〜) 4,263円 (37ヶ月〜) 契約事務手数料 3,000円 3,000円 端末代金 無料 無料 解約時の端末返却 返却が必要 返却不要 この比較表を見るとどんなときもWiFiは契約期間が2年で一律で月額料金が3,480円ですが、WiMAXは初月〜2ヶ月までの料金は安く設定されています。 WiFi端末がレンタルと返却不要の違い また契約事務手数料は3,000円、WiFi端末利用代金は無料と2社に差はありません。 ただし提供されるWiFi端末(ルーター)はどんなときもWiFiの場合 「レンタル提供」となるため解約時には 返却が必須です。 auとWiMAXのセット割りの正式名称は「auスマートバリューmine」と言います。 例えばauスマホのフラットプラン20GBを使っていたとすれば、毎月1,000円の割引が適用されます。 その場合の料金を比較した場合は以下となります。 どんなときもWiFi WiMAX 月額料金 3,480円 3,480円 セット割なし -1,000円 auスマートバリューmine 実質3,480円 実質 2,480円 もしもauスマホを契約しているなら毎月の費用がどんなときもWiFiよりも最大で1,000円も安くなります。 WiMAXのセット割りが適用されるauスマートバリューmineについては以下で詳しく解説しています。 通常の月額料金であれば両者の料金形態は互角です。 ただしauスマホユーザーであればWiMAXとのセット割を適用するとWiMAXの方が総合的に安くなります。 またどんなときもWiFi側は端末は解約時には付属品もすべて揃えてへ客が必要。 契約期間の比較 次は契約期間や契約途中の解約による解約金の比較です。 どんなときもWiFi WiMAX 契約期間 2年 3年 契約解除料金 1〜12ヶ月 19,000円 19,000 13〜24ヶ月 14,000円 14,000円 25ヶ月以降 9,500円 9,500円 更新月( 無料解約月) 25ヶ月目(2年) 49ヶ月目(4年) 37ヶ月目(3年) 73ヶ月目(6年) 契約期間と更新月はどんなときもWiFiが1年だけ早い2年毎の自動更新で、WiMAXは3年契約(3年毎の自動更新)となっています。 ただし25ヶ月目以降もどちらも契約を続けた場合は途中解約はどちらも9,500円の解約金となります。 契約期間を考えるとどんなときもWiFiの方が短いスパンでサービスの乗り換えが可能。 通信端末の比較 どんなときもWiFiで取り扱いのある通信端末は1台、WiMAXでは4種の通信端末を取り扱っています。 取り扱い最新機種「1種」 グローカルネット「D1」 (持ち運びタイプ) 下り速度:150Mbps 上り最大:50Mbps 同時接続台数:5台 無線LAN 2. 持ち運びタイプのWiFi端末もあれば、自宅に据え置きのホームルータータイプも2種類ずつ用意されています。 速度や接続台数の上限などを比べるとやはりWiMAXで取り扱いのある通信端末の方がスペックが勝っています。 関連記事• 通信制限・速度制限の比較 次にパケットデータを大量に消費することによる通信制限についての比較です。 この2社はそれぞれ通信制限にかかる条件は異なっています。 どんなときもWiFi WiMAX 通信制限・速度制限について 直近3日による速度制限 なし 3日間で10GB超えた場合は翌日に速度制限 速度制限実施時の速度 384Kbps 1Mbps どんなときもWiFiの強みは短い期間にいくらパケットデータを使っても通信制限・速度制限の実施は行わないとしています。 基本的に無制限という認識でいて良いとは思いますが、大量のダウンロードなどによる過度な大量通信を行った場合などは速度制限を実施する可能性があると公式サイトには書かれています。 関連記事• どんなときもWiFiとWiMAXのまとめ WiMAXとどんなときもWiFiはどちらもパケットデータがたくさん使えるWiFiサービスには違いはありませんが、細かく比較していくと違いも多くありました。

次の

CMで話題!どんなときもWiFiの口コミ・評判は?無制限が本当かを徹底レビュー

どんな とき も wifi 箱

どんなときもWiFiの端末の充電方法 私はモバイルWiFiとして どんなときもWiFiを使っています。 私がどんなときもWiFiの端末を充電する時のやり方を書きました。 D1端末の充電容量と使用可能時間 どんなときもWiFiの D1端末の充電容量は3500mAhです。 D1端末の仕様上、 いったんフル充電すると 12時間連続で端末を使うことができるそうです。 私が実際に使ってみた限りでは いったんフル充電して ときどき電源を切って休憩をはさみながら 12時間使うことはできています。 はじめに結論を書きます DC5ボルト2. 1アンペアで充電 私がどんなときもWiFiのD1端末を充電する時は モバイルバッテリーを使って DC5ボルト2. 1アンペアで充電しています。 この方法は どんな時もwi-fiの公式ホームページを参考にした充電の方法です。 ご購入いただくか、お客様にてご用意ください。 1メートルMicroUSBケーブルのみ1本同梱 この充電器は、2. 1A対応の高出力アダプターで急速充電が可能なMicroUSBケーブルタイプの専用充電器です。 お客様にてご用意される場合も2. 0A以上対応の充電器でご利用頂くことを推奨いたします。 どうして2. 0A以上対応の充電器がいいの? 同じ時間充電してもバッテリー残量が違います! A アンペア の数値が小さいことにより、 端末の充電に時間が掛かることや、 端末のバッテリーに負荷を掛け、 バッテリーの寿命に影響する可能性があります。 そのため、弊社では2. 0A以上の高出力のACアダプタを推奨しております。 引用終わり 常に充電しながら端末を使うのは良くない バッテリーの特性上、 常にどんなときもWiFiの端末を充電しながらネット接続するのは バッテリーの劣化を早めてしまう恐れがあります。 これからもどんなときもWiFiを宜しくお願い致します。 どんなときもWiFiのマイクロUSBケーブルは使わない 私は手持ちのマイクロUSBケーブルが余っていました。 マイクロBのマイクロUSBケーブル そのため、どんなときもWiFiから送られてきたマイクロUSBケーブルは 使う必要がありませんでした。 どんなときもWiFiから送られてきたマイクロUSBケーブルは 後々返却しなければなりません。 もしも返却時にマイクロUSBケーブルに不具合があると 違約金を支払わなければならなくなる可能性があります。 18000円 どんなときもWiFi端末の充電方法 私が今まで試した端末の充電方法は 以下の通りです。 モバイルバッテリーから充電 私はいつもモバイルバッテリー経由でD1端末を充電しています。 私が持っているモバイルバッテリーからB型のマイクロUSB経由で どんなときもWiFiのD1端末を充電することができました。 DC5ボルト2. 1アンペア 私が持っているモバイルバッテリーは DC5ボルトの2. 1アンペアで充電ができます。 このDC5ボルトの2. 1アンペアという充電条件は どんなときもWiFiが推奨している充電方法です。 モバイルバッテリーの出力 私が持っているモバイルバッテリーの出力は 5. 0ボルトの2. 1アンペアでした。 1A=10. 5W モバイルバッテリーでD1端末を充電するメリット 過充電の心配がない 私が持っているモバイルバッテリーは D1端末がフル充電状態になると 自動的に充電をストップしてくれます。 そのためD1端末を過充電して バッテリーを劣化させてしまう心配はありません。 過充電状態でバッテリーランプが点灯 充電が完了して端末がフル充電状態になった後でも充電し続けると D1端末のバッテリーランプはずっと光ったままになります。 充電をやめれば 端末のバッテリーランプは消えます。 FireHDタブレットのACアダプターなどを流用 私が持っているAmazonのFireHDタブレットの充電ケーブルを どんなときもWiFiの端末の充電に流用することができました。 コンセントから充電する方法 FireHDタブレットのACアダプターを コンセントにさします。 ACアダプターと マイクロUSBケーブルを接続します。 マイクロUSBケーブルと どんなときもWiFiのD1端末を接続します。 このやり方でどんなときもWiFiのD1端末を充電することができました。 ACアダプターの型番 モデルナンバー:PS57CP ACアダプターの出力 私が持っているAmazonのFireHDの充電ケーブルの出力は 5. 2ボルトの1. 8アンペアでした。 8A=9. そのためWiMAX2+で使っていた端末の ACアダプターと マイクロUSBケーブルが余っていました。 これらをどんなときもWiFiの端末の充電に流用することができました。 コンセントから充電する方法 ACアダプターをコンセントにさします。 ACアダプターと マイクロUSBケーブルを接続します。 マイクロUSBケーブルと どんなときもWiFiのD1端末を接続します。 このやり方で どんなときもWiFiのD1端末を充電することができました。 ACアダプターの型番 商品コード:NAD11PQA ACアダプターの出力 DC5. 0ボルト1. 0アンペア 5. 0A=5. 0W デメリット DC5ボルト1アンペアという充電条件は どんなときもWiFiが推奨している充電のアンペア数よりも低いです。 そのため充電時間が長くなり バッテリーを劣化させてしまう恐れがあります。 どんなときもWiFiのACアダプターは必要なかった 私がどんなときもWiFiを契約した時は オプションでACアダプターをつけるかつけないか選ぶことができました。 結果として私はACアダプターを注文しませんでした。 理由は私の場合はACアダプターが必要なかったからです。 どんなときもWiFiのACアダプターの価格 私が契約した時はACアダプターの価格は1944円でした。 どんなときもWiFiから送られてきた箱の中の中身 私はインターネット経由で どんなときもWiFiを契約しました。 その後どんなときもWiFiから送られてきた箱の中身は 主に三つでした。 ・D1端末 ・取扱説明書 ・マイクロUSBケーブル マイクロB USBケーブルは返却が必要 どんなときもWiFiの箱に同梱されていたマイクロUSBケーブルは 後々返却しなければなりません。 「どんなときもWiFi通信サービス重要事項説明」にそう書いてあります。 どんなときもWiFi通信サービス重要事項説明より引用 端末の返却について 本サービスの端末はレンタル品です。 契約解除後の端末は、解約月の翌月5日までに返却することとし、 返却期限までに返却がない場合、 返却時に故障・破損が見られる場合、 以下のレンタル端末一式の返却に欠品がある場合は、 機器損害金18,000円 税抜 を当社に支払うものとします。 そのため私は同梱されていたマイクロUSBケーブルを使わずに ずっと箱の中にしまってあります。 同梱されていたマイクロUSBを使わなくても 私の場合は端末を充電することができています。 充電の失敗事例 私がマイクロUSBで D1端末と パソコンを接続して充電しようとしたところ、 うまくいきませんでした 一瞬だけ端末が充電されるのですが、 パソコンの方で認識がうまくいかないようです。 MICROWAVE.

次の

よくある質問

どんな とき も wifi 箱

パソコン1つでどこでも仕事ができる時代となり、自宅では光回線、外ではスマホやモバイルWi-Fiを併用している方が増えています。 なかでもモバイルWi-Fiのサービス向上はめざましく、魅力的なサービスを安価で提供する新規参入業者がどんどん増え、選ぶ側にとっては嬉しい時代を迎えています。 そんなモバイルWi-Fiの世界に、新たに誕生したmugen Wi-Fi。 結論から言うと、mugen Wi-Fiは、これまでの モバイルWi-Fiのデメリットのほとんどをカバーしたおすすめの万 能型モバイルWi-Fiといえるでしょう。 今回は、mugen Wi-Fiのおすすめポイントについて、1つずつ丁寧に解説します。 モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fiの在庫について 2020年4月現在、在宅ワーク需要の急増と、機器の輸入難に伴って、各社モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)の 在庫切れが多発しています。 現状で在庫があるおすすめのポケットWi-Fiは、• (一部の機器で枯渇気味)• (一部配送の遅延が起きている)• mugen Wi-Fi(在庫切れのため受付停止)• SPACE Wi-Fi(在庫切れのため受付停止)• どんなときもWi-Fi(受付終了) という状況です。 まだ残っているものでも在庫切れになってしまう可能性は十分あります。 すぐに必要な方は現状でが一番供給が安定しています。 お急ぎください。 Mugen Wifiの特徴:おすすめの万能型Wi-Fi モバイルWi-Fi選びで迷ったときは、料金の安さならK社、エリアの広さならD社、など各社の特性に合わせて選ぶのが一般的でした。 しかし、Mugen Wifiの場合は、 あらゆるニーズに対応した万能型なので基本的にどんな方にもおすすめできるのです。 詳細については後述しますが、安い方の 「MUGEN格安プラン」の月額3,280円は、使い放題の料金としてはほぼ最安値です。 2019年10月現在、無制限プランの最安値は 「カシモWiMAX」の月額1,380円ですが、これは「 1ヶ月目」のみ。 初月は0円ですが、2ヶ月目以降は3,480円(25ヶ月目~4,079円)となります。 また、そのほかのプロバイダが提供するWiMAXについても、同様に「初月と1ヶ月目」だけが安く、それ以降は Mugen Wifiよりも高くなるのです。 上記の理由から、使い放題の料金としては Mugen Wifiがほぼ最安値ということがわかると思います。 現在Mugen WiFiの契約期間は最低2年間となっています。 そのため2年以内に解約すると最大で9,000円の違約金が発生します。 Mugen WiFiの契約縛り• 契約から1年未満の解約で違約金9,000円• 1年以上2年未満の解約で違約金5,000円• 2年以上の利用で違約金なし 自動更新プランではないので2年以上利用すると解約違約金は発生しません。 詳しくは後述しますが、WiMAXやどんなときもWiFiは自動更新プランとなっているのでこの点においてMugenWiFiは非安心して申込がしやすいです。 そのためモバイルWi-Fiの弱点といわれる地下や電車内の接続にも強いのが特徴。 提供エリアについてもソフトバンクの提供エリアと同一なので、 幅広いエリアでネットが使えることもメリットのひとつです。 ただし、ソフトバンクのスマホと同様にエリア内であっても建物や障害物、電波状況の影響により通信できない可能性についても理解しておきましょう。 ソフトバンクの提供エリアについてはで確認できます。 設定変更も不要でそのまま使えるので 海外に行く機会の多い人には心強い味方です。 海外での利用料金 海外での利用料金も業界最安値クラス。 1日単位での料金計算となり、使わなかった日の料金は一切かかりません。 地域ごとの料金については以下の表にまとめました。 利用エリア 1日ごとの料金 (上限1GB) 【エリア1】 アジア・ヨーロッパ アメリカ・オーストラリア 1,200円 【エリア2】 中東・アフリカ・南米 1,600円 1日ごとの使い放題。 上限(1GB 超過後も低速で利用可能。 上記の料金表にあるように海外で使う場合は1日ごとの固定料金制。 1日の上限は1GBです が超過後も384Kbpsの速度で無制限に使えるので安心です。 送られてきたものすべてを30日間は大切に保存する• 50GBを超えないように必要以上に動画などの重いコンテンツを使わない といった点に気をつけましょう。 Mugen Wifiの料金:用途で選べる2つのプラン Mugen Wifiの料金プランは以下の2つ。 通信速度はいずれも 下り150Mbps、上り 50Mbpsとなっています。 それぞれのプランについて詳しく説明します。 プラン名 料金 速度 MUGEN アドバンスプラン 初月無料 1ヶ月目~3,880円 下り最大150Mbps 上り最大50Mbps MUGEN 格安プラン 初月無料 1ヶ月目~3,280円 翻訳機能も使える アドバンスプラン アドバンスプランは月額3,880円。 無制限使い放題に、翻訳機能と充電器機能がついた海外での利用頻度が高い方向けのプランです。 GoogleマップもついているAndroid端末です。 こちらは実機を借りる機会があったので後半でレビューしています。 国内外で利用可能な最安値級Wi-Fi 格安プラン 月額3,280円の格安プランは、すでに触れたように無制限使い放題のプランとしては国内最安値クラス。 2ヶ月目以降や24ヶ月目以降、料金が高くなるモバイルWi-Fiが多い中、1ヶ月目以降ずっと料金が変わらないという点も大きなメリットです。 Mugen Wifiと徹底比較 業界最安値級とされるWiMAX、 とMugen Wifi、そして話題のを3つのポイントで比較しました。 月額料金はMugen Wifiが一番安い まずは月額料金の比較。 3,280円 (格安国内外プラン) 3,480円 (2年以降3,980円) 1~2カ月目:2,726円 3~24ヶ月目:3,411円 25か月目以降:4,041円 契約して2ヶ月までなら2,726円のBroadWiMAXが安く利用できるのですが、3ヶ月以降は料金が高くなります。 結果として、利用期間は関係なく一律 3,280円で使えるMugen Wifiの格安プランを利 用する方が最終的にはずっとお得なのです。 通信速度はBroadWiMAXは速いが、通信のエリア、安定性ならMugen WifiまたはどんなときもWiFi 通信速度については、 下り最大867MbpsのBroadWiMAXが速いのですが、地下や電車の中などで繋がりにくいというデメリットがあります。 その点、mugen Wi-Fiは最大150Mbpsと速度自体には限界がありますが、ソフトバンクの回線網を使うため、 圏外になりにくく安定した通信ができるという強みがあります。 mugen WiFi どんなときもWiFi BroadWiMAX 通信速度 下り:最大150Mbps 上り:最大50Mbps 下り:最大150Mbps 上り:最大50Mbps 下り:最大867Mbps 上り:最大75Mbps 速度制限 国内利用:なし 海外利用:あり (1日1GBを超過すると 384Kbps低速で無制限に) 国内利用:なし 海外利用:あり (1日1GBを超過すると 384Kbps低速で無制限に) あり。 3日で10GBを超過 した場合翌日18時~2時 までは1Mbpsの低速で 無制限に。 通信エリア ソフトバンクの4G LTEの 通信エリアに準じるため 広範囲で通信できる 主にソフトバンク4G ドコモ、auのマルチキャリア 地方・山間部などつながり にくいエリアがある スマホとのセット 割の有無 なし なし auとのセット契約でスマート バリュー適用 契約縛りはMugenWiFiが一番ゆるくて解約がしやすい 上述した通りMugen WiFiは他社に比べて契約縛りが非常に緩いです。 各社の契約期間と違約金をまとめると以下のようになります。 WiMAXは速度が安定して非常に人気がありますが、契約縛りが長いことと、違約金が高額になってしまうことがデメリットであると言えます。 その反面、mugenWiFiは自動更新プランではないので2年間利用すると解約時に違約金が発生しません。 Mugen WiFiを実際に使ってみた Mugen WiFiのアドバンスプランで提供されているG4の実機を借りる機会があったので実際に使ってみました。 せっかくなので手持ちのWiMAXと比べてみました。 紛失した場合は端末の再購入(20,000円一括)となります。 ご注意ください。 まとめ 今回はサービス提供がはじまったばかりのMugen Wifiについて、おすすめできる理由や特徴、BroadWiMAXとの比較も含めて解説しました。 冒頭でも触れたように、Mugen Wifiは低価格で無制限使い放題、国内外で利用可能で提供エリアも広範囲と、 モバイルWi-Fiのデメリットのほとんどをカバーできているのです。 BroadWiMAXとの比較でも、BroadWiMAXが優勢となるのは通信速度のみで、その他の面では トータルバランスの良いMugen Wifiを選ぶメリットが多いことがわかります。 以上のことから、Mugen Wifiは積極的におすすめできるモバイルWi-Fiのひとつといえるのです。

次の