ケイマン gt4。 2020ポルシェ718ケイマンGT4にはどのくらい荷物を積むことが出来るのか

Porsche 718 Cayman GT4 4.0 vs 981Cayman GT4 3.8

ケイマン gt4

もともとポルシェにとって「GT」の名のつくモデルは非常に特別ではありますが、そこに「RS」がつくとその価値はぐっと上昇することに。 なお、ポルシェにおける「RS」とはレン・シュポルトつまりレーシングスポーツを表すことになり、文字通りRS系は「サーキット直結」というスパルタンなクルマです。 そしてどうやらポルシェは、すでに発表済みの「718ケイマンGT4」に対してこのRSモデルを追加しようということですね。 adsbygoogle []. そして今回ウワサされているのが「ケイマンGT4RSは500馬力を発生するのでは」ということ。 この数値は実際にポルシェが認めたものではありませんが、991世代の911GT3がすでに500馬力を発生させており、技術的には「可能」だと考えて良さそうです。 ただ、問題となるのは「CO2排出量」で、どんどん厳しくなる規制にケイマンGT4RSが合致することができるのかどうかという問題も。 これは現在どのスポーツカーメーカーも頭を悩ませている案件でもあり、ランボルギーニは「パワーアップどころか、現状の出力を維持するのも困難」だと語るほどで、もちろんポルシェも同様の課題に直面しているというのは間違いなさそうです。 ちなみにポルシェは、718ケイマンGT4においても「アダプティブ・シリンダー・コントロール・システム」を採用しており、これは燃料消費を抑えるために「対向する」シリンダーの燃料噴射を一時的に停止するものだと報じられています。 気筒休止システムのひとつだと思われますが、ポルシェのモットーは「燃費向上の無い出力向上はない」なので、今回の馬力をアップさせるにあたり、どうしても取り入れなくてはならないデバイスだったのでしょうね。 718ケイマンGT4RSはどんなクルマに? 現在目撃されている718ケイマンGT4RSのプロトタイプから推測するに、リアウイングは911GT3と同様の形状が与えられ、リアクォーターウインドウが廃止されるなど、とことんスパルタンなディティールを持つようです。 Source: Life in the FAST LANE.

次の

【海外試乗】「ポルシェ 718 ケイマン GT4」高性能エンジンを自在に操る愉悦!

ケイマン gt4

ポルシェのライトウェイトスポーツである718ケイマンに走りを突き詰めたトップグレード「GT4」が登場。 そのパフォーマンスは「GT」の名にふさわしいものなのか? 試乗会の舞台はイギリスのノックヒル・レーシングサーキット。 現地からの第一報をお伝えしよう。 今後は自然吸気が再び脚光を浴びる!? 2015年にデビューするや大ヒットとなったGTシリーズの末弟、ケイマンGT4もまた、718シリーズとして生まれ変わった。 基本的なメカニズムは、同時に登場した718スパイダーと共通。 つまり、先代ケイマンGT4では当時の911カレラSから流用していたエンジンは、最高出力420ps、最大トルク420Nmを発生する新開発の排気量4Lの自然吸気ユニットとなる。 今のトレンドはダウンサイジングターボでは? と思うかもしれないが、実は燃費計測モードが従来のNEDCから実際の使用実態により近いWLTPへと移行し、速度レンジが上がったことで、その意味合いは薄れつつあるという。 今後は自然吸気が再び脚光を浴びる可能性、なくはなさそうだ。 新しいエアインテークグリルの表面には、ハニカム構造を採用。 空気抵抗を低減すると同時に、飛び石などからラジエーターを確実に保護し、かつより多くの空気を取り入れる。 また、大型リアウイングや新開発ディフューザーなどとで、リアにトータル122kgのダウンフォースを発生する。 エンジンは718スパイダーと同じ自然吸気の4L水平対向6気筒を搭載。 シフトダウン時には自動でエンジン回転数を合わせるブリッピング機能が備わる。 注目すべきはエンジンだけではない。 実は空力の進化も甚大だ。 一番のポイントは初めて搭載されたリアの大型ディフューザー。 床下の空気を高速で排出することで強大なダウンフォースを発生するこのアイテム、固定式の大型リアスポイラーと合わせて、リアに従来比、実に50%増のダウンフォースをもたらしているという。 シャシーに911GT3から多くのパーツを流用するのは、こちらでは従来と同様。 ブッシュ類のほとんどがスフェリカルジョイントに置き換えられ、剛性や強度もアップしている。 アライメントやスタビライザーのレートなどは簡単に調整可能だ。 LSDは機械式で、ブレーキでトルクベクタリングを行うPTVが備わる。 ポルシェ専用に開発されたUHP(ウルトラ・ハイ・パフォーマンス)タイヤが用意される。 これを装着した718ケイマンGT4は、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースで先代よりも12秒速いタイムだという。 イギリスでの試乗の舞台はサーキットのみで、一般道では試せなかったが、もちろんそれで不満などあるはずがない。 ここでまずハートを射抜いたのが、そのエンジンだ。 低速域からアクセル操作に対するツキが良く、意のままに力を出し入れできるのは、まさに自然吸気の醍醐味だ。 クラッチの重さ、ショートシフター入りの6速MTの操作感も絶妙。 シフトレバー脇の「AUTO BLIP」スイッチをオンにしておけば、回転合わせを自動で行ってくれるから、急減速中だろうと正確なシフトダウンが可能だ。 もちろん本領が発揮されるのはさらに右足に力を込めた時である。 いかにも剛性感高い回り方は、GT3とも一脈通じるもの。 吹け上がりはシャープのひと言で、特に5000rpmから先はサウンドも一層迫力が高まり、一気にレブリミットまで駆け上がる。 しかも、そのパワーを受け止めるシャシーが格段のレベルアップを果たしていたから嬉しくなった。 操舵に対して間髪入れずに向きが変わり始めるのはミッドシップならでは。 しかも、そこから先でも容易にグリップが失われることなく、スライドし始めてからのコントロール性も抜群なのだ。 これは間違いなく大幅に増強されたダウンフォースの恩恵。 先代ケイマンGT4で感じられたリアの軽さは、ほぼ解消されている。 速さを追求する中で、911GT3がサーキットレベルでもかなりのスキルを要求するクルマになってしまった今、新型718ケイマンGT4の、まだ踏んで楽しめると言える良い具合の速さと、GTモデルの名に相応しい走りの質の組み合わせは、従来以上に魅力的に映る。 較べれば価格もずいぶんと手頃。 まさに「オレたちのGTモデル」の登場である。

次の

【みつかる!10台】ケイマン GT4(ポルシェ)

ケイマン gt4

この記事のもくじ• | 見る限りではコーナリングスピードが異常に高そうだ | 発表が迫る(グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでお披露目されると言われる)新型ポルシェ718ケイマンGT4ですが、ポルシェは現在果敢にニュルブルクリンクにて限界走行テストを行っている模様。 動画にて確認できるのは「LB EM8791」「LB DL8810」「LB EM8530」の3台。 なお、LB DL8810 以外は(フロントフード上の)ポルシェクレストが露出していて、もう「見られても構わない」という段階なのかも(ポルシェはテスト用車両について、クレスト=エンブレムやモデルネームを黒いシートで隠す傾向が強い)。 となるとロードバージョンのケイマンGT4にも3. 8リッターが積まれるのではないかとも考えられ、しかし今回ケイマンGT4に4リッターエンジンを搭載するのであれば、それにあわせてケイマンGT4クラブスポーツのエンジンを4リッターにバージョンアップするのでは、と考えたり。 とにかく謎の多い新型ポルシェ718ケイマンGT4ですが、その他の情報としては、ベースモデルの718に比較して50キロ程度の軽量化が図られる、とも。 これは軽量ガラスや内装の簡素化によって達成されると言われ、この「50キロ」は981世代のケイマンGT4が(ケイマンSに対して)達成した55キロと近い数字。 なお、981世代のケイマンGT4はドアを「アルミ製」へと置き換えていて、しかし718世代のケイマンGT4ではそのドア(とウイング)に「ナチュラル・ファイバー・コンポジット」を使用するのでは、というウワサも。 これは亜麻や麻など、植物由来の繊維を使用した新素材で、カーボンファイバーと同じくらい軽い、とされています。

次の