ご活躍をお祈りします 英語。 外国人上司に感謝の気持ちを伝える!英語のお別れメッセージ例文

「ますますのご活躍を期待しています」を英語にしたいのですが、自分...

ご活躍をお祈りします 英語

「ご活躍」をの使い方・注意点 「ご活躍を期待しています」は目上の人には使えない 「ご活躍」は誰に対しても使える言葉ですが、注意したいのが「ご活躍を期待しております」という表現です。 目上の相手に使う場合は、「ご活躍をお祈りいたします」や「ご活躍を祈念しております」を使いましょう。 「ご活躍」は個人に対して使い、団体・組織に対しては「ご発展」を使う 個人向けのビジネスメールでは「ご活躍」が役立ちますが、企業や団体に向けての文書やビジネスメールでは「ご発展」を使います。 「ご発展」は目上の人に使える言葉であり、 「今よりも良い方向へ進んでいく」「どんどん良くなっていく」といったプラスな意味合いで、縁起の良い言葉とされています。 「ご発展」は個人に対しても使うことができます。 「ご発展」の例文 ・貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。 ・貴社が更なるご発展を遂げられますよう、祈念申し上げます。 「ご活躍」は目上だけでなく同僚や部下にも使える 「ご活躍」は目上の人だけでなく、同僚や部下など同等以下の相手にも使うことができます。 ビジネスメールや文章、スピーチの挨拶文、主に文末の締めの挨拶として使われることが多いですが、文頭の挨拶で使うこともあります。 文末の締めの挨拶では、プライベートであれば相手の健康や幸せを、ビジネスシーンであれば相手の活躍や繁栄を祈る気持ちを記します。 結びの挨拶をしっかり書くことでより良い印象になります。 「ご活躍ください」とは使わない 「ご活躍」を用いた言い回しは多々ありますが、「ご活躍ください」とは言いません。 「今後のご活躍」は相手のこれからを期待する場合に使います。 「ご活躍」を用いたフレーズと例文 目上の人に使える「ご活躍を祈念しております」 「ご活躍を祈念しております」は目上の相手にも使うことができます。 「祈念(きねん)」は「祈り念ずること」「いのり」「祈願」を意味し、「お祈りします」をよりかしこまった表現の言葉です。 ビジネス文書やメールの最後の言葉などでよく使われています。 例文 ・皆様のご活躍を祈念しております。 ・益々のご活躍を祈念いたしますとともに、皆様のご健勝をお祈り申し上げます。 年賀状や手紙で使う「ご活躍を願っております」「更なるご活躍をお祈り申し上げます」など ビジネスで関わっている相手への年賀状にも使えるのが「更なるご活躍をお祈り申し上げます」です。 また、「ご活躍を願っております」とややカジュアルな表現にすることでビジネスの相手でなくても使うことができます。 例文 ・よき新春をお迎えのことと、お喜び申し上げます。 ・昨年はひとかたならぬご厚情を賜り、誠に感謝申し上げます。 ・昨年中は大変お世話になりました。 退職する人には「新天地でのご活躍」「益々のご活躍を応援しています」 「新天地でのご活躍」は「新しい世界、環境、土地での活躍」という意味です。 異動、転職先などでの新しい活動の場所を表します。 主に、別れや送別での挨拶として用います。 ただ、ポジティブな意味合いを持っているので相手を送り出すときに使い、失脚だったりアクシデントによる離脱などネガティブな理由の際は避けましょう。 例文 ・今までありがとうございました。 ・突然のことで驚きました。 寂しくなりますが、新天地でのご活躍をお祈り申し上げます。 ・この度のご栄転、心よりお喜び申し上げます。 今後益々のご活躍を応援しています。 「ご健勝」は敬語になるので、 「(相手の)健康がすぐれていらっしゃる」といった意味になりビジネスシーンや、結婚式などお祝いの席などのスピーチで使われています。 目上や目下など立場関係なく使えますが、個人宛てで使う言葉なので、法人や企業などの会社に対する文書には適しません。 「ご健勝」は単体で使うことが多いですが、「ご活躍」と一緒に使うことも多くあります。 例えば、「皆様のご健勝とご活躍をお祈りいたします」といった場合は、相手がめざましく活動することと相手の健康を同時に祈っていますという意味になります。 例文 ・残暑の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 ・末筆ではございますが、今後の皆さまのご健勝とご活躍をお祈りしております。 「ご多幸」はスピーチや手紙などの締めの言葉として用いられます。 結婚式のお祝いの言葉や年賀状の新年の挨拶としても用います。 ビジネスシーンでの「ご多幸」は退職や転職などで別れるときにも使います。 ・新しい年が素晴らしい一年になりますよう、皆様のご健康とご多幸を心からお祈り申し上げます。 本年も何卒よろしくお願いいたします。 「ご活躍」の類語・言い換え 「ご盛栄」は栄えていることを祝う言葉 「ご盛栄」は 「ごせいえい」と読みます。 「盛栄(せいえい)」は、「商売などが盛んになること」「栄えること」を意味しています。 「ご盛栄」は相手方の商売が順調であることや栄えていることを祝うための丁寧な表現です。 「ご盛栄」は、基本的に組織に対して使う言葉ですが、個人であっても商売をしている相手であれば使用しても問題ありません。 例文 ・貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。 ・春暖の候、皆様におかれましては、ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。 「ご清祥」は相手の健康や幸せを願い喜ぶ言葉 「ご清祥」は 「ごせいしょう」と読みます。 意味は 「相手方の健康であることを祈り、幸せに暮らしていることを喜ぶ」言葉です。 「清祥(せいしょう)」は、「手紙文で、相手が健康で幸せに暮らしていることを喜ぶ挨拶の語」です。 手紙やメール、かしこまった場面の挨拶で使われます。 「ご清祥」は団体や組織に使うこともできますが、個人に対して使うことが多い言葉です。 例文 ・貴社ますますご清祥の由、心よりお喜び申し上げます。 ・皆様にはいよいよご清祥にお過ごしのこととお慶び申し上げます。 「ご健闘」は相手を応援する言葉 「ご健闘」は 「ごけんとう」と読みます。 「健闘」は「よく頑張ってたたかうこと」「屈せずに努力すること」を意味します。 「ご健闘」は「頑張ってください」「困難に屈しないで精一杯努力してください」という意味になります。 転職する人や、退職する人、新しい役職に就く人などを応援する言葉として使われます。 例文 ・この度のご就任おめでとうございます。 今後も益々のお力を発揮することかと思います。 ・新しい環境での益々のご健闘を心よりお祈り申し上げます。 「ご隆昌」は相手が栄えいてることを褒め称える言葉 「ご隆昌」は 「ごりゅうしょう」と読みます。 「隆昌(りゅうしょう)」は、「勢いの盛んなこと」「栄えること」を意味しています。 「ご隆昌」には「相手を褒め称える」というニュアンスが含まれるので、取引先とのメールや手紙でのやりとりの際に使うことができる言葉になります。 ただ、「ご隆昌」は「調子の良いこと」を意味しているので、取引先の状況によっては使用するのに相応しくない場合があるので注意しましょう。 「ご隆昌」は「経済的に一層発展し、繁栄している」という意味合いになるので、主に組織に対して使います。 例文 ・貴社ますますご隆昌の趣、大慶至極に存じます。 ・立冬の候、貴社ますますご隆昌のこととお喜び申し上げます。 「ご隆盛」は相手が栄えていることを称える言葉 「ご隆盛」は 「ごりゅうせい」と読みます。 「隆盛(りゅうせい)」は、「勢いが盛んなこと」「大いにさかえること」を意味しています。 「ご隆盛」は「多いに勢い盛んに栄え、経済的に豊かである」という意味合いで、相手方の繁栄している現在の状況を喜び称えるお祝いの挨拶です。 「ご隆盛」は主に組織に対して使う言葉ですが、個人に対しても使うことができます。 例文 ・貴社ますますご隆盛の趣お慶び申し上げます。 ・初秋のみぎり、ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配にあずかり、厚くお礼申し上げます。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。

次の

今日の英語: 皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

ご活躍をお祈りします 英語

手紙 Email の結辞は決り文句なので、 Take care. Take care of yourself. Take good care of yourself. Take care of your health. God bless you. Casey Kasem, a well-known radio personality of American Top 40. html xxx Kisses, three kisses XXX Big kisses OXOXOX Kisses and hugs XXXOOO 〃 XOXOXOX 〃 などを使い回すしか有りません。 Take care. など、毎回 書いても決して可笑しくは有りません。 日本でも。 参考URL: A ベストアンサー 健闘:不利な条件に屈せず、立派に戦うこと 「平幕が横綱相手によく健闘しました」と言いますが 「横綱が平幕相手によく健闘した」では横綱に失礼です。 手紙の場合、手紙の書き手が差し出す相手と戦うわけではないので、上の例とは立場は違います。 しかし、相手がはじめから不利な状況にあると決め付けているようで、特に目上の方への手紙の文書としては「見当違い」ということになります。 同等の身分の人へ書く場合、「お互いがんばろうな」と言えあえる仲なら「ご健闘お祈りします」でもいいでしょうし、 目下に対しても場合によっては失礼に当たることあるような気がします。 なお、「健闘」と おん が似ている言葉に「健勝(体がじょうぶで元気なさま)」があります。 年賀状などでは相手により、「ご健勝お祈りします」のほうがふさわしいことが多いのではないでしょうか。 A ベストアンサー はじめまして。 元研修担当のスコンチョといいます。 これは、先の回答者の方たちも書かれてますが「ご苦労 様」は元来目下の人に対しての言葉だからです。 しかし、 時代の流れとともに「ご苦労様でした」も容認されるレベ ルになってきているようです。 さて、本件では退職時の挨拶として適切かどうかという問 題ですね。 退職者に御礼だけで挨拶とするのか、慰労の 言葉をかけるべきかは個人の判断で、「お疲れ様でした」 が取り立てて失礼にあたるとは思えません。 特に、直接的 な関わりが少なかった人から御礼だけ伝えられても心が こもった言葉とは受け取れないでしょうし、その方の業 績に敬意を表する意味でも「お疲れ様でした」と笑顔で 送り出してあげてはいかがでしょうか。 Q クライアントから、かなり難しい案件を任されました。 しかし、今後につながる大切な仕事なので、良い結果を出すために全力を尽くしたいと思います。 そこで、その旨を伝えるべく、返信のメールを出す段になって、はたと困りました。 ビジネス文書なので、もちろん「精一杯がんばります」とは書けません。 「鋭意努力します」なども考えたのですが、仕事はそもそも一生懸命するのが当たり前なので、「がんばる」とか「努力する」とかいう言葉は使わない方がいいですよね。 「尽力」などは、自分のことにはあまり使わないし、傲慢な感じ(押し付けがましい感じ)がすると思います。 そこで、質問です。 謙虚な感じは残しつつ、全力で取り組むことをアピールするのに、ぴったりな表現はないでしょうか。 皆様のアドバイスをお願いいたします。

次の

「ご活躍を」の使い方と例文|益々のご活躍をお祈り申し上げます

ご活躍をお祈りします 英語

目上の人が就任や栄転する際に贈る言葉として「頑張ってください」とすると上から物を言っているようであまりふさわしくありません。 この場合、目上の人に贈る言葉としてふさわしい言い回しとしては「ご活躍をお祈り申し上げます」などのようなものが挙げられます。 ここでは目上の人が就任や栄転する際にふさわしい「ご活躍を」に続く文にはどのようなものがあるのか、実際に文章にするとどのような例が挙げられるのかについてまず述べます。 一方で目上の人から目下の人に対しはなむけの言葉を贈る際にはどのような言い回しがあるのかについて説明します。 更に「頑張ってください」という意味合いの言葉を目上の人に贈りたい場合には他にどのような言葉を選べばよいのかについても紹介します。 目上の人の就任や栄転に対して贈る言葉として 「頑張ってください」ではなく「ご活躍をお祈り申し上げます」の方がふさわしいものとなっています。 こうした送る言葉を実際に文章にした場合には以下の様な内容になります。 「この度のご栄転まことにおめでとうございます。 ご健康にご留意の上、今後益々のご活躍をお祈り申し上げます。 」 「栄えあるご栄転心よりお祝いいたしますとともに、今後の更なるご発展とご活躍をお祈り申し上げます」 「この度のご就任心よりお喜び申し上げますとともに、ご自愛しつつ益々のご活躍を祈念申し上げます」 「この度のご昇進心よりお祝い申し上げますとともに、今後一層のご活躍を祈念いたします」 更にこれら以外の言い回しとしては、以下の様なものが挙げられます。 「この度のご就任、心よりお祝い申し上げますとともに、今後の更なるご健勝とご飛躍を祈念申し上げます」 「この度のご栄転、心よりお喜び申し上げますとともに、より一層の素晴らしいご手腕を発揮されることを願っております」 「ご昇進おめでとうございます。 今後の更なる貴殿のご健勝と貴社のご発展を心よりご期待申し上げます」 これらのように、まずは就任や栄転に対してお祝いの言葉を述べ、その後に相手へのより一層の活躍を願う言葉を続けるようにします。 目下の人から目上の人に対して就任や栄転をお祝いする際には「頑張ってください」ではなく一層の活躍を願う言葉を贈るのがマナーです。 その一方で目上の人から目下の人にはなむけの言葉を贈る場合には、以下の様な言葉を用います。 「頑張ってください」 「益々の精進を期待しております」 「活躍してください」 このようにして目上の人から目下の人に対しては励まして応援する言葉が使えます。 この他にも以下の様な言葉を続けることも出来ます。 「今度一緒に飲もう」 「お互いに頑張ろう」 「ますますの活躍を祈っています」 目上の人から目下の人にお祝いの言葉を贈る際の言い回しとしては、以下の様なものが挙げられます。 「栄転おめでとう。 今後は仕事で困難に直面することもあると思うが健康に気をつけて頑張って欲しい。 ますますの活躍を祈ります」 「栄進おめでとう。 単身赴任は大変なこともあるかと思いますが、体に気をつけてお互いに頑張りましょう」 「栄転おめでとう。 あなたの人柄であれば海外へ行っても皆から好かれることと思います。 「頑張ってください」という言葉は上から目線であるため目上の人に対して贈る言葉としてはふさわしくないものですが、目上の人の今後のご活躍を応援したいという気持ちも一方であります。 そこで「頑張ってください」という意味合いの言葉を目上の人に贈る場合のふさわしい言い回しとしては以下のものが挙げられます。 「益々のご活躍を祈念いたします」 「今後のご活躍を期待いたします」 「より一層のご健闘をお祈りいたします」などの頑張ってくださいに代わる言い回し。 「今後のご発展をお祈り申し上げます」 「更なるご手腕を発揮されることをご期待申し上げます」 「益々のご飛躍をお祈り申し上げます」 などの相手がより発展することを願うような言い回し。 「陰ながら応援申し上げます」のような相手を思う気持ちを表す言い回し。 「期待しております」というとこれもまた上から物を言っているような印象になってしまいますが、「ご期待申し上げます」と言い方を変えることで目上の人に対しても使うことができるようになります。 また、「頑張ってください」という言い回しは基本的には目上の人に対して使うのはマナー違反ですが、社風などにより上司と打ち解けた関係にある場合はこの限りではありません。 むしろこの場合にあまりに堅苦しい言い回しにしてしまうとかえってよそよそしい印象になってしまう場合があるため、基本的なマナーをおさえつつも自分の立場にも当てはまるのかについて考える必要もあります。 このような就任や栄転のお祝いを贈る方法としては、電報と手紙、メールの3つが挙げられます。 これらのうち電報は仕事でのお付き合いがある人をはじめ、改まった相手あるいは、身内や友人知人全てに送れます。 一方の手紙は仕事でお付き合いのある人にはふさわしくありませんが、改まった相手もしくは身内、友人知人に送れます。 最後のメールは近しい身内や友人知人にのみ送れるもので、仕事でのお付き合いがある人や改まった相手には失礼に当たります。 電報には文例があり、ビジネス向けの場合には就任あるいは昇進や栄転などにふさわしい物も用意されています。 これらの文例は当てはまるものがある場合にはそのまま使えますが、基本的なマナーを守った上で自分の言葉で伝えるほうがより丁寧で相手にも伝わるものとなります。 何もない所から自分の言葉でお祝いの言葉を考えるのが難しい場合には、文例を一部変更する、気に入ったフレーズを使うという方法もあり、これだけでも文例をそのまま使ったものとは違った印象を与えられるようになります。 目上の人への就任や栄転に対するお祝いの言葉には「頑張ってください」ではなく「ご活躍をお祈りいたします」や「ご手腕を発揮されることをご期待申し上げます」、「更なる飛躍を祈念申し上げます」などがふさわしくなっています。 しかしながら社風などによっては上司との距離感も考慮してお祝いの言葉を選ぶ必要もあります。 一方で目上の人から目下の人に対しては「頑張ってください」という激励の言葉がふさわしいものとなっています。 またお祝いのメッセージを送る際には電報が一番丁寧で、仕事でのお付き合いのある人や改まった相手にたいしてふさわしいものとなっています。 更に電報を贈る際には用意されている例文をそのまま使うよりもできるだけ自分の言葉でお祝いの言葉を贈るようにした方が相手に気持ちが伝わりやすくなります。 それが難しい場合には、文例を自分なりに一部分書き換える、好きなフレーズだけ使うというような方法により、自分の言葉に近づけることができるようになります。

次の