シャドバ エルフ。 【シャドバ】コントロールエルフのローテーション最新デッキレシピ【シャドウバース】

【シャドバ】どこよりも速い機械エルフ考察|たっぴー|note

シャドバ エルフ

コントロールエルフ(15連勝デッキ、ローテーション) <> AfS|蓮氏がローテーション15連勝を達成したコントロールエルフのデッキレシピです。 コントロールエルフはローテーション環境でTier1に入るかどうかという立ち位置のデッキで、 式神ウィッチに対して微不利程度で収まり、妖怪ネクロには有利が付いています。 ただし、 自然ウィッチと自然ドラゴンに不利が付き、Tier2ぐらいのデッキの中に苦手な相手が多めなのが弱点となっています。 コントロールエルフの中でも、リノセウス寄りの構築やコントロール寄りの構築があり、どのような対面を重視するかで好みが分かれていますね。 たとえば、(このデッキでは不採用ですが)盤面処理能力が高い「」の有無や、3コストのドローソースの選択などもデッキ構築のポイントです。 本記事のデッキについては、 ・の採用 ・の不採用 ・不殺の円陣の採用 が特徴となっています。 (不殺の円陣のカードテキストはこのページの下の方にあります) Twitterによると、「」は試したけど、除去よりも「」のドローの方が好み、とのことです。 さらに、 不利対面の自然ウィッチと自然ドラゴン、ミラーマッチのリノセウスに対して、1ターンの猶予を得られる「不殺の円陣」を「」よりも優先、とのことです。 3コストのドローソース枠では、「」「」「不殺の円陣」が採用候補になります。 「」の採用の狙いとしては、「」「」を手札に加えることで、 プレイ回数のカウントを稼ぎやすくして、式神ウィッチが早いターンに「」を展開してきた時に、「」で返しやすいという利点があります。 しかし、コントロールエルフ対策に「」が採用されている場合がありますし、「」を連打されて盤面処理や回復が間に合わなくなる展開もあり、必ずしもコントロールプランだけで勝ち切れるとは言えません。 「」はサーチ対象が自然カードなので、リノセウスパーツを集めるのが遅くなりますし、相手のフォロワー展開に備えて自然カードを手札に温存すると、手札を捌きづらくなるという難しさもあります。 他には、ミラーマッチにおいては「」、自然ドラゴン対面では「」の当て先になってしまうという問題もありますね。 「」については、で3枚採用されているドローソースです。 プレイ回数の条件を満たすと、(通常は2枚ですが)3枚ドローできることが最大の長所となっています。 そして、 本記事の連勝デッキで採用されているのが「不殺の円陣」です。 (カードテキストはこのページの下の方にあります) 前環境ではリノセウスエルフによく採用されていたカードですが、現環境では不利対面である自然ドラゴンの「影の浸食()」、自然ウィッチのOTK(+)への対策となります。 さらに、コントロールエルフのミラーマッチにおいても、リノセウス寄りの構築が増えていることから「」への対策となっています。 式神ウィッチや妖怪ネクロだけでなく、 自然ドラゴン・自然ウィッチ・ミラーマッチが意識されているカード選択で、環境の変化に対応しているのだと思います。 デッキ全体としては、「」よりもドロー能力がやや低い「不殺の円陣」を採用しているので、ナテラの大樹でドローできる「」を採用してバランスを取っているという見方もできますね。 最近では、前環境のリノセウスエルフで採用されていたカードが色々と試されているようで、「」「強者の威風」「」なども見かけることがありますし、デッキ構築の変化に注目したいです。 コントロールエルフで注目の採用カード 不殺の円陣(エルフ) 不殺の円陣(エルフ) ブロンズ アミュレット 3コスト カウントダウン 1 このアミュレットが場にある限り、自分のリーダーへの6以上のダメージは5になる。 【ファンファーレ】カードを2枚引く。 不利対面の自然W・自然D、ミラーのリノに1ターンの猶予を得られる円陣を豊穣よりも優先。

次の

マドロスエルフ

シャドバ エルフ

デッキの特徴 リノセウスによるフィニッシュ ロングゲームの間にを引き入れ、各種バウンスカードで使い回してカウントを進めていきます。 耐久度が高いデッキなので完成まで焦らず、盤面処理を優先しながらカウントを進めていきましょう。 手札次第では6ターン目にの疾走が完成することもあり、相性的に不利な対面であっても早期の完成で押し切る力を持っているデッキです。 進化権を意識 がローテーション落ちした為、全体除去としてを採用しています。 進化権が必要なカードなので、以前よりも進化権をどこに使うかが大事になりました。 進化権を回復するの増量もアリです。 サンプルデッキ カード コスト 枚数 1 3 1 3 1 3 1 3 1 3 2 3 2 3 2 3 2 1 3 3 3 3 5 1 7 3 9 3 12 2 キーカードと詳細 カード 詳細 ゲームをコントロールしてカウントを進めていきます。 が落ちたため以前より進化権を大事にし、このカードに進化を切って平気な盤面か考えてから進化させましょう。 序盤は1ドロー、中盤は2ドローでデッキを回しながら、終盤はユニオンバーストを起動させます。 2PPで盤面強化&リーダー回復を行うことができ、各種バウンスカードで使い回すことでリソース&体力回復&バフを連打することもできます。 1ターンに1回4プレイするごとにコストが4下がり、4プレイしてからプレイすることで4面除去することができます。 0コストまで下げれば使いやすいですが、4コストでも十分狙うことはできます。 立ち回りのポイント マリガン基準 基本キープ カード 詳細 勝ち筋となるカードなのでキープしていきます。 序盤の内に手札を補充するためにキープします。 と手札を増やすカードをキープします。 状況に応じてキープ カード 詳細 機械エイラのような確実にが必要となる対面ではキープを検討しましょう。 が見えている場合キープします。 序盤からのカウントを進めることができるかでゲームプランが変わるので、狙うかどうかで意識したマリガンをします。 序盤の立ち回り 序盤は準備の時間 基本的にゲームをコントロールして長引かせるデッキとなるので、序盤は等で準備する時間になります。 を出し入れできる手札が揃っている場合はカウントを進めていきましょう。 パスの選択肢を常に視野 プレイできるカードがあったとしても、あえてパスを選択する機会があります。 や等、本当にプレイしていいのか考えて、PPを余らせたままターン終了した場合のメリットを考えていきましょう。 中盤の立ち回り メイの盤面除去で場を繋ぐ の直接召喚を活かし、相手の盤面を除去していきます。 4プレイと手札上限を気にしながら除去に回りましょう。 アウェイキングガイアをコストダウン は4プレイ毎にコストが下がっていくので、終盤に向けてコストを下げていく必要があります。 を絡める予定の無いターンでも4プレイすることに価値があるので、意識しておきましょう。 終盤の立ち回り リノセウスを完成させる 各種バウンスカードを利用してを完成させていきます。 豊富な回復・除去で容易に相手の攻撃を受け流すことができるので、焦らず完成に向けて動いていきましょう。 守護はアウェイキングガイアで突破 終盤の攻撃を通さない為に複数の守護を並べられても、で複数の守護を除去することができます。 温存したまま相手の盤面を返せる場合、守護を除去するために温存しておきましょう。 その他の構築 生成コスト デッキコード シャドウバース主要記事.

次の

『シャドバ』ダミアン、鉄扇のエルフ、プレシオサウルスが能力変更

シャドバ エルフ

シャドウバース シャドバ におけるエルフクラスのおすすめデッキレシピ一覧を紹介しています。 ビューティ&ビーストは2つの条件を達成することで6コストとしては破格の性能を引き出させることができます。 OTKエルフ 評価点 7. ターンを重ねるごとに、で出せるバーストダメージが上昇していくため、長期戦でも柔軟に戦うことができます。 ジャングルの守護者が採用されているため、時にはリノセウスを除去に使うなど、柔軟な立ち回りが可能です。 テンポエルフ 評価点 6. 序盤〜中盤の安定感が強みのミッドレンジ寄りのエルフデッキです。 や、など中盤〜終盤にかけて強力なカードも採用されているため、苦手なタイミングが少ないデッキです。 コントロールエルフ 評価点 6. その他にもやなど序盤からアグロデッキのテンポを奪うことのできるカードが多数採用されているためアグロデッキに対しては安定した勝率を出すことができます。 白狼エルフ 評価点 6. でのOTKプランの他に、で勝つプランや、相手を息切れさせて勝つプランなど、柔軟な戦い方が可能なデッキタイプです。 薔薇エルフ 評価点 6. フォロワーの攻撃ではないため、相手の守護持ちフォロワーを無視して攻撃ができる点が強力なデッキです。 異形エルフ 評価点 6. 相手が除去を使い果たしたタイミングで、をプレイできれば、相手の体力が最大の状態でも1撃でゲームを決めることができます。 深き森の異形は除去耐性を持っていないため、プレイするタイミングが非常に重要です。 冥府エルフ 評価点 6. 冥府への道を使わずとも、を使って戦うこともできるため、プレイングを変えて立ち回ることが可能です。 シャドウバース攻略情報 デッキレシピ クラス別 カード作成.

次の