即位の礼 休日 祝日。 「即位の礼」とは?どんな行事でいつ行われる?祝日や休日になるの?

即位の礼

即位の礼 休日 祝日

Contents• 祝日と休日の違い この記事では、祝日と休日の違いとは何かをまとめて、簡単にお伝えをしていきます。 ところで、会社員だと土曜日と日曜日が休みのことも多いですよね。 その貴重な休みである土曜日が「国民の祝日」に当たってしまうと、休みを1日分損した気分になってしまいませんか。 一方、日曜日が国民の祝日に当たると翌日の月曜日は「振替休日」。 土曜日と日曜日が休みの人の場合、日曜日が国民の祝日だと自動的に3連休。 国民の祝日が、土曜日になるのと日曜日になるのとでは、とても大きな違いがあります。 ところで、祝日でも休日でも休める日という点では違いがありませんが、どうやら 祝日と休日では大きな違いがあるようです。 そこで、この記事では祝日と休日の違いをわかりやすくまとめて、お伝えすることにしました。 祝日法には祝日だけでなく休日もあった 祝日法では、1年で16の祝日が定められています。 しかし、祝日法では祝日以外でも定められている2種類の休日があります。 それは、 振替休日と国民の休日です。 振替休日とは 振替休日は、国民の祝日が日曜日にあたるときに、その後の最初の平日を振替休日とするものです。 振替休日は一般的には月曜日になります。 ただし、祝日が2日以上連続する場合は月曜日にならないこともあります。 国民の休日とは 国民の休日とは、その前日及び翌日が「国民の祝日」である場合は、挟まれた平日を休日とするものです。 振替休日と国民の休日の特徴 振替休日と国民の休日の大きな特徴は、その日が年によって異なるということです。 その年の国民の祝日の並び具合で、振替休日と国民の休日の月日は異なってきます。 また、振替休日も国民の祝日も祝日法で定められています。 この点、このあとでお伝えをする「休日」とは異なっています。 個別の法律で定められる休日とは 個別の法律で定められる休日は、皇室関係の慶弔行事が行われる場合に定められる個別の法律です。 したがって、それほど多くはありません。 たとえば、平成に入ってからは スポンサーリンク 【参考】2019年の即位の礼の場合 天皇陛下の退位に伴って、皇太子が新しい天皇に即位されました。 この即位の日が2019年5月1日です。 2019年5月1日が祝日となるのか、休日となるのかでは大きな違いがありました。 果たしてどうなったのでしょうか。 まずは、2019年の4月下旬から5月上旬にかけての暦を確認してみます。 4月27日 土曜日 4月28日 日曜日 4月29日 月曜日・昭和の日 4月30日 火曜日 5月1日 水曜日 5月2日 木曜日 5月3日 金曜日・憲法記念日 5月4日 土曜日・みどりの日 5月5日 日曜日・こどもの日 5月6日 月曜日・振替休日 では、5月1日が祝日になるのと休日になるのとでは、どのような違いがあったのでしょうか。 5月1日を祝日法に定める祝日とした場合 5月1日を祝日法に定める祝日とした場合、5月1日が祝日であるばかりでなく、祝日法の規定により前日の4月30日と翌日の5月2日は国民の休日となります。 したがって、5月1日を祝日にすると 4月27日から5月6日まで10連休を作ることができます。 5月1日を個別法で休日にした場合 一方、5月1日を個別法で休日にした場合はどうなるのでしょうか。 個別法による休日には、振替休日や国民の休日という考えはありません。 5月1日だけが休日になります。 したがって、5月1日が休日だと前後の4月30日と5月2日は平日ということになり、 2019年のGWは飛び石連休になります。 結果的に、現在の天皇陛下の即位の礼は、祝日法の規定による祝日になり10連休が誕生しました。 さいごに この記事では、祝日と休日の違いをまとめて、わかりやすくお伝えしてきました。 ところで、2020年は東京オリンピックがあり、祝日についても若干の日程変更が生まれています。 そんなことを気にかけながら、2020年の休日を有意義に過ごしたいですね。

次の

即位パレード延期はいつ?祝日はどうなるの?【天皇即位礼正殿の儀】

即位の礼 休日 祝日

即位の礼とは? 読み方は 「そくいのれい」で、 「即位礼(そくいれい)」ということもあります。 「即位後朝見の儀」とは? 「剣璽等承継の儀」は、皇位(天皇の位のこと)を承継された証として、歴代天皇に伝わる剣璽(けんじ)、御璽(ぎょじ)、国璽(こくじ)を引き継ぐ儀式です。 剣璽とは、三種の神器のうちの天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)と八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)のことで、勾玉のことを「璽」と呼ぶこともあることから、「剣璽」と称されています。 御璽とは、法律や政令など交付文や認証文に押すための天皇の印章のことです。 国璽とは、国家のしるしとして押す印章のことです。 関連: 「即位後朝見の儀」とは? 「即位後朝見の儀」は、天皇が即位なさったあと初めて公式に三権の長をはじめ、国民を代表する人々に会われる儀式のことです。 三権の長とは、「立法権」、「行政権」、「司法権」を司る機関の長を指します。 立法権は国会のことで長は衆議院議長と参議院議長、行政権は内閣のことで長は内閣総理大臣、司法権は裁判所のことで長は最高裁判所長官です。 「即位礼正殿の儀」とは? 「即位礼正殿の儀」は、即位の礼の中心となる儀式で、各国首脳や国家元首が参列し、即位した天皇が日本国の内外に、即位を宣明(せんめい・宣言して明らかにすること)する儀式です。 「祝賀御列の儀」とは? 「祝賀御列の儀」は、広く国民に天皇の即位を披露され、祝福を受けられる儀式です。 いわゆる「祝賀パレード」のことで、オープンカーなどで天皇がパレードを行い、沿道などに集まった国民の祝福を受けられます。 2019年10月22日(火)に予定されていましたが、台風19号で甚大な被害が発生したことを踏まえ、 2019年11月10日(日)に延期になりました。 天皇皇后両陛下は11月10日午後3時に皇居を出発され、およそ30分かけて赤坂御所へ向かわれます。 「饗宴の儀」とは? 「饗宴の儀」は、国民の代表や外国の賓客などが招待され、天皇の即位を祝福する祝宴です。 「即位の礼」はいつ行われる? 「剣璽等承継の儀」と 「即位後朝見の儀」は、 2019年5月1日(水)に行われます。 「即位礼正殿の儀」は、 2019年10月22日(火)に行われます。 「饗宴の儀」は、 2019年10月22日(火)、25日(金)、29日(火)、31日(木)で、4日間で4回、着席2回、立食2回で行われ、2600人が参列する予定です。 「祝賀御礼の儀(祝賀パレード)」は、 2019年11月10日(日)に行われます。 「即位の礼」が行われる日は祝日や休日になるの? まず、祝日と休日の違いについてご説明します。 祝日とは? 「祝日」とは正式には 「国民の祝日」といい、「国民の祝日に関する法律(祝日法)」によって定められたもので、例えば1月1日の「元日」や5月5日の「こどもの日」などがこれに当たります。 休日とは? 「休日」は一般的には 土曜日と日曜日のことです。 また、「国民の祝日に関する法律(祝日法)」によって定められた 「国民の祝日」、 「振替休日」、 「国民の休日」の3種類も休日に当たります。 祝日は休日に含まれるということになりますね。 』とあり、 祝日と祝日に挟まれた平日は休日にするということです。 「剣璽等承継の儀」と「即位後朝見の儀」は祝日や休日になるの? 「剣璽等承継の儀」と「即位後朝見の儀」が行われる2019年5月1日は新天皇即位にともない、その年一回限りの祝日扱いとする特別法案が成立しましたので、 5月1日(水)は祝日になり、2019年のゴールデンウィークは10連休になりました。 2019年のゴールデンウィークは通常では以下のとおりになっていました。 4月27日(土) 休日 4月28日(日) 休日 4月29日(月・昭和の日) 祝日 4月30日(火) 平日 5月1日(水) 平日 5月2日(木) 平日 5月3日(金・憲法記念日) 祝日 5月4日(土・みどりの日) 祝日 5月5日(日・こどもの日) 祝日 5月6日(月・振替休日) 休日 「剣璽等承継の儀」と「即位後朝見の儀」が行われる5月1日が祝日になることで、祝日と祝日に挟まれた4月30日と5月2日が 「国民の休日」になり、10連休が誕生するという仕組みです。 2019年5月1日が祝日になりゴールデンウィークは以下のとおりになりました。 4月27日(土) 休日 4月28日(日) 休日 4月29日(月・昭和の日) 祝日 4月30日(火・国民の休日) 休日 5月1日(水・天皇即位日) 祝日 5月2日(木・国民の休日) 休日 5月3日(金・憲法記念日) 祝日 5月4日(土・みどりの日) 祝日 5月5日(日・こどもの日) 祝日 5月6日(月・振替休日) 休日 「即位礼正殿の儀」と「祝賀御列の儀」は祝日や休日になるの? 「即位礼正殿の儀」と「祝賀御列の儀」については、昭和から平成になり、上皇陛下が即位なさった際は、「即位礼正殿の行われる日を休日とする法律」に従い、平成2年11月12日(即位礼正殿の儀の日)が休日となりました。 そして、 2019年10月22日(火)についてもその年一回限りの祝日扱いとする特別法案が国会で成立し、 祝日となります。 台風19号の影響もあり、「祝賀御列の儀」は11月10日(日)に延期になりましたが、10月22日(火)が祝日なのは変わりません。 「饗宴の儀」は祝日や休日になるの? 先述の通り2019年10月22日(火)についてその年一回限りの祝日扱いとする特別法案が国会で成立しておりますので、「饗宴の儀」が行われる、 2019年10月22日(火)、 25日(金)、29日(火)、31日(木)のうち 10月22日(火)のみ祝日となります。 即位の礼は一日で終わるのではなく、長い期間をかけていろいろな儀式を行うのですね。 ゴールデンウィークが10連休になったり、祝日が増えることで、嬉しい気持ちになっている人も多いかもしれませんね。 ほとんどの儀式は私たちには参加できないものですが、祝賀御礼の儀はいわゆる祝賀パレードですので、一般人も参列することができますよ! 関連: 関連: 関連: 関連: -.

次の

10/22は祝日で休み。「即位礼正殿の儀」とは

即位の礼 休日 祝日

即位パレード延期はいつ? 祝日はどうなるの? 【天皇即位礼正殿の儀】 台風19号の影響により被害を受けた方や地域に心を痛めた両陛下は、天皇陛下の即位に伴い、2019年10月22日に予定されていた「即位礼正殿の儀」の後の「祝賀御列の儀」祝賀パレードを延期することが決定しました。 この記事では、2019年10月22日に予定されていた「即位礼正殿の儀」の後の「祝賀御列の儀」祝賀パレードが延期になったことで 「即位礼正殿の儀」の後の「祝賀御列の儀」祝賀パレードはいつに延期になったのか?についてと 「即位礼正殿の儀」の後の「祝賀御列の儀」祝賀パレードが延期になったことで、祝日になると予定とされていた10月22日は祝日になるのか、祝日にならないのか?について調べたことをまとめました。 安倍首相 即位に伴う祝賀パレード延期で検討 NHKニュース — hide213newsclip hide213newsclip• 即位パレード延期はいつ? 【天皇即位礼正殿の儀】 天皇陛下の即位にともない、2019年10月22日に予定されていた「即位礼正殿の儀」の後の「祝賀御列の儀」祝賀パレードが延期になったことで 当初予定されていた「即位礼正殿の儀」の後の「祝賀御列の儀」祝賀パレードはいつに延期になったのでしょうか? 天皇陛下の即位にともない、2019年10月22日に予定されていた「即位礼正殿の儀」の後の「祝賀御列の儀」祝賀パレードは、2019年の11月10日に延期されることになりました。 即位に伴う祝賀パレードは来月10日に延期へ NHKニュース — 菊川あけみ GHQ製の日本国憲法は改正じゃ日本が承認した事になるよ。 無効で当たり前 susanougozu 即位パレード延期で祝日はどうなるの? 【天皇即位礼正殿の儀】 天皇陛下の即位にともない、2019年10月22日に予定されていた「即位礼正殿の儀」の後の「祝賀御列の儀」祝賀パレードが延期になったことで 国民の祝日と予定されていた10月22日はどうなるのでしょうか? 国民の休日は、10月22日にままとのことです。 「即位礼正殿の儀」の後の「祝賀御列の儀」祝賀パレードが延期になるということで、2019年の10月22日に「即位礼正殿の儀」は予定通り行われるからです。 そのため10月22日が国民の休日ということに変わりはありません。 「天皇即位礼正殿の儀」とは一体どんなことをするのでしょうか? 「天皇即位礼正殿の儀」は、国事行為である国の儀式として、御即位を公に宣明されるとともに、その御即位を内外の代表がことほぐ儀式が宮中において行われるそうです。 また「天皇即位礼正殿の儀」は、新天皇陛下の御即位をお祝いする 今年限定の「国民の祝日」ということもお忘れのないように。 今年は天皇陛下が御退位されるとともに、新天皇陛下が御即位され、新たな元号に変わる特別な年になるため 御即位に祝意を示すために「天皇の即位の日」の5月1日と、「即位礼正殿の儀の行われる日」の10月22日が、今年に限り「国民の祝日」となっています。 祝日はどうなるの? 【天皇即位礼正殿の儀】まとめ この記事では、2019年10月22日に予定されていた「即位礼正殿の儀」の後の「祝賀御列の儀」祝賀パレードが延期になったことで 「即位礼正殿の儀」の後の「祝賀御列の儀」祝賀パレードはいつに延期になったのか?についてと 「即位礼正殿の儀」の後の「祝賀御列の儀」祝賀パレードが延期になったことで、祝日になると予定とされていた10月22日は祝日になるのか、祝日にならないのか?について調べたことをまとめました。 最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

次の