リーフ レタス 水 耕 栽培。 リーフレタスの種まき〜収穫までの育て方!栽培時期と病気・害虫の対策|育て方Labo(育て方ラボ)

【リーフレタスのまとめ!】育て方(水耕栽培や間引き)とサニーレタスとの違い等12個のポイント!

リーフ レタス 水 耕 栽培

リーフレタスは葉や形がさまざま。 ちなみにサニーレタスはこのリーフレタスの一品種で葉の縁が赤くなるタイプです。 少量利用する場合は外葉を摘み取って収穫すれば長期間収穫が楽しめる便利なレタス。 種からでも苗からでも育てられるのでリーフレタスの作り方はコツを掴めば簡単です! 株の中心から次々と新葉が出てくるので、外葉を必要な分だけ千切って収穫すれば経済的でお得な野菜。 ベランダに数株ほど植えてあれば、いつでも新鮮なサラダが楽しめます。 リーフレタス栽培に適したプランターサイズは? リーフレタスを育てるときのプランターサイズは小型(20㎝~40㎝)または、標準タイプ(60㎝~65㎝)を利用しましょう。 品種にもよりますが、プランター1つに対して、3~5株程度の栽培が可能です。 プランターで育てる時は底には水はけを良くするために赤玉土を底が見えない程度敷き詰め、残りは8分目まで培養土を入れておきます。 水はけが悪いと根腐病などの原因になるので注意しましょう。 リーフレタス栽培で作る畝は、幅60~80㎝で高さが10~15㎝の平畝です。 リーフレタスの種をまく時期と種のまき方は? リーフレタスの種は小さく1粒ずつまくのは難しいのですが、種にコーティングを施したペレットシードなら粒が大きくて便利です。 リーフレタスの種のまき方ですが、露地栽培で種から育てる時は15㎝ほど間隔を空けて2条に筋蒔きして種に土を薄くかけましょう。 リーフレタスは好光性種子のため、種を地中深くに埋めてしまうと発芽しない事も。 覆土は種が隠れる程度にしておきます。 ポットやセルトレイ(連結ポット)で種から育てる時は、ペレットシード(種にコーティングを施したもの)は1粒、普通の種は数粒ずつ蒔きます。 種蒔き後は被せた用土を平らにならして軽く押さえ、種と土が密着する様にしっかりと水を与えましょう。 リーフレタスの種を畑に直接蒔いた時は芽が出るまでの間、種が風で飛ばされることがあります。 用土が乾燥して強風が吹くと種と土が飛ばされてしまうので、風を防ぐために濡れた新聞紙などを上から掛けるなどして対策しましょう。 リーフレタスが発芽しない原因は? リーフレタスの発芽率を上げるには?リーフレタスの芽が出ない時の対処法は? リーフレタスは乾燥を極端に嫌う野菜です。 種を撒く前に一昼夜水に浸けると綺麗に発芽が揃います。 直まきで上手に発芽させるのは難しいので、濡れたティッシュペーパーの植えに種を乗せて冷蔵庫に4~5日入れておき芽の動いたものをまくようにすると失敗が少なくなります。 夏植えのレタスの種は休眠状態になっているため、催芽処理を行つと発芽が揃いやすくなります。 催芽処理の仕方 1.種をガーゼに包んで一昼夜水に浸ける 2.水気を軽くきりガーゼごとラップで包み冷蔵庫に48時間冷やす 3.種から白色の根が出たら種をまく リーフレタスの苗を植える時のコツとポイントは?苗の植え付け時期は? 苗から植えるときは培養土をプランターの6分目までにしておいて、ポットから出した苗をプランターに並べてから苗の周りに土を入れるようにします。 植え付けた後はプランターをゆすり土を落ち着かせ株元を軽く押さえておきましょう。 穴を掘って苗を植えても良いのですが、家庭菜園に慣れない頃は根の下の部分に土が回っていないことが多いので、リーフレタスの生育が悪くなることがあります。 その後は成長に合わせて定期的に間引いていきます。 間引きのタイミングは葉が重なった時に行いましょう。 間引いた苗もおいしく頂くことが出来ます。 苗を植え付ける場所ですが、長く光があたると塔立ちしてしまうため、街灯の光が当たらない場所を選ぶようにしましょう。 リーフレタスの水やりの頻度。 水やりの回数(タイミング)は?1回の水やりで与える水の量はどれくらい? リーフレタスは乾燥を極端に嫌います。 こまめに乾き具合をチェックしてたっぷりと水を与えてください。 水やりで気をつけることは出来るだけ午前中の涼しい時間帯に与えることと、苗から植えた時と苗が小さいうちは苗が倒れないように丁寧に与えること。 ジョウロから出る水を手に受けて株と株の間に優しく水やりしてください。 初期段階で苗が倒れたり抜けたりすると成長に影響することがあります。 水やりは土が乾いた時にたっぷりと与えますが、排水が悪く長時間水分が土壌にたまると病害が発生しやすいので排水性の良い土壌で育てることが大切です。 苗を植えてから2週間ほどすると根付き始めて苗はグングン成長を始めます。 リーフレタスは連作障害があるので同じところに植えるときは最低でも2年は間隔をあけるようにしましょう。 リーフレタスは日当たりのよい場所で育てると早く収穫できます。 また根を浅く張るので排水をよくするのがポイントです。 株が成長した後の水やりは土が乾いた時にたっぷりと与えましょう。 肥料は元肥の堆肥や化成肥料だけでも十分育ちますが、株ごと収穫せずに外葉からちぎって収穫する際は2週間おきに追肥を与えると長く収穫できます。 連作をすると病害が発生しやすくなります。 レタスは謬外の少ない野菜ですが、菌核病、軟腐病、灰色かび病などが発生することがあります。 リーフレタスは水やりを頻繁に行う分、多湿環境になりやすいので水はけの良い土壌で育てることが病害を防ぐポイントです。 細菌が原因で起こる病害を発病した株は他の株への伝染源となるため早めに切り取り処分しましょう。 害虫を防ぐためにマルチ栽培を行うとうまく育てられます。 特にネキリムシ類による虫害があるので、発見したら被害株付近の土を掘って害虫を早期に除去するようにしましょう。 レタスは高原野菜と呼ばれている野菜です。 実はレタスの種は気温が25度以上だと発芽しません。 春と秋の気温が25度以下の時期に種をまくのが上手く発芽させるポイント。 高原野菜と呼ばれているのは、夏に涼しい高原でよく育つからです。

次の

家庭菜園(簡易水耕栽培 レタス必見)

リーフ レタス 水 耕 栽培

水耕栽培のでの観察日記です。 栽培するのはこちら ガーデンレタスミックスは色んな種類のリーフレタスの種が混ざっているものです、いろんなのが育てられるし何が出てくるかも楽しみでもありますね。 そしてもう一つがチマ・サンチュ韓国焼肉定番の野菜ですね、焼肉好きなのでコレでお肉を包んで食べてみたいなということでこれにしました、葉っぱは大きくなった外葉からとって食べると長く楽しめるみたいですね、レタスも同様に。 そちらもそのうち試してみたいかも。 育苗記録 苗の成長記録のコーナーです。 ある程度大きくなったら、水耕栽培装置に移植。 1日目(種まき:2017年3月15日午後) 育苗装置での種まきです、種まきというよりは種置き。 上がリーフレタスです、どれがどの種化わからないので色をとりあえず2種類の4つ。 下がチマサンチュを4つ種を設置しました、全部栽培するか今のところは検討中で、発芽率とか考えて多めに発芽させます。 2日目(2017年3月16日) 種まきからまだ12時間も経ってないので、特に変化無しです 3日目(2017年3月17日) なんか右上の種のところのティッシュがもっこりしてきた? 4日目(2017年3月18日) ふたばは見えませんがティッシュが持ち上げられているような感じ、根っこが生えてきて立ち上がろうとしているのかな? これからもやしになるところですかね 5日目(2017年3月19日) 朝 昨日の夜にはテイッシュをめくったら、もう延びてきていました。 値もしっかり生えていて、スポンジに突き刺さっていました。 双葉も開きかけなのが目に見めます、ということで日の当たる位置へ移動させました。 明日にはもっと葉が大きくなっているのかな? もうすこし大きくなったら液肥のハイポニカを投入すべきかな?どのタイミングがベストかな 6日目(2017年3月20日) 朝 小さな葉が上を向いてしっかり立ちだしました、根もしっかりしてきてそうです。 昨日、水が減ってきたので500倍のハイポニカで補給しました、根も生えてきているのでそろそろ栄養も必要になってくるかと思い液肥を投入です。 もともと入っていた水に継ぎ足したので、1000倍ぐらいの濃度にはなっていると思います。 まだ小さいのでそこまで栄養を必要としないだろうと思いますので、今後継ぎ足していくことで徐々に500倍の濃度に近づいていくことで、いい塩梅になるのではないかと思っています。 7日目(2017年3月21日) 朝 双葉がしっかり左右に開いてなんだか可愛くなってきました。 この状態だと、液肥の蒸発が早いかな?と。 そうすると濃度も上がってしまいそうなのでビニール袋かなんかに入れて保湿してやったほうが良いのかな? 成長に関してはまだまだ遅いですね、途中から爆発的に成長するのでしょうかね。 8日目(2017年3月22日) 朝 日差しが強いところに置きすぎたのか、少し葉の色が薄くなってしまった感じがある。 双葉はしっかり開いてきていて、夜になると自然と閉じている。 この段階ではリーフレタスなのかチマサンチュなのかの違いは全然わからない。 9日目(2017年3月23日) 朝 昨日と比べてそんなに成長はしていないみたいだけで、ちょっとづつ確実に育っている。 もっと値がしっかりしてきたら、に移植したいと思う。 10日目(2017年3月24日) まだそんなに変化は見られないけど着実に伸びてきているかな。 リーフレタスは赤い種の方が成長が良いよな気がするがどうなんだろう、根がしっかりしてきたら水耕栽培装置にうつしても良いのかな?もうちょい大きくしたほうが良いのか? 育ちはまだ暖かさが足りないからゆっくりなのかな、2ヶ月で完成の予定なんだけど、もう10日たってしまった。 急成長はこのあと現れるのか? 11日目(2017年3月25日) 朝 結構茎が長くなってきました。 裏を覗いてみると細いですが根が結構長くなってきているので、そろそろ水耕栽培の装置に入れていいのかな?なんて思ってます。 というか最初から水耕栽培の装置でも良かったかもしれないです。 根はスポンジを貫通して下におろしていて、今は横方向に進んでいるので隣と絡んじゃいそうです。 今日あたりに移植をしていようとおもうのですが、栽培装置はそんなに多く作ってないのでそろそろ苗を厳選しないと行けないかなと。 一部の苗を自作の水耕栽培装置に移植しました。 根っこがスポンジを貫通して結構伸びてました、こんだけの長さがあればもう移植してもいいんじゃないかな?と思って牛乳パク水耕栽培装置に移動させました。 育ちが良さそうな、リーフレタス2つを移動させました。 でも、両方多分赤色の方のリーフレタスにしちゃったので後で取り替えるかも。 実は牛乳パック水耕栽培、2基型にしてみました。 1基型だと数が増えすぎるし管理も大変そうなので、2基にしたほうが水のサイクルも早くなって好環境かな?と思って。 時間差で収穫できるように、15日すぎには新たに育成も始めようかなと。 とりあえずここでは最初に育成を始めたものを引き続きレポートしていきます。 残りの方は、コンテナを使った水耕栽培装置に移植しました。 スポンジのサイズが若干大きいので、折り曲がってたりしますがまぁなんとかなるかな?なんて。 右側の方はカット済みでいい感じに入るようになっている。 移植した方の苗のスポンジも後でカットしようかな?右側は、1ヶ月差でさらにリーフレタスとチマサンチュの種をまこうかなと思います。 当分はこれらを作ることに慣れようかな、なんてね。 ちなみに、食材のネギの根っこも一緒に入れておいた、中央にはスポンジの切れ端だけを集めて培地にしてみた。 まだ何も植えてないけどこういう使い方も有りかな?なんて思ったりして。 今更ですが、スポンジよりもパーライト使ったほうが簡単でコスト面でも有利だったかも、今後は検討してみようと思う。 12日目(2017年3月26日) 昨日から水耕栽培装置に移植しました。 太陽に向かって葉を向けてますね。 成長はまだまだこれからといったところかな。 早く大きくなれー 水耕栽培装置での育成 13日目(2017年3月27日) 水耕栽培装置に移植し、ここからは根が張っていって大きくなっていくのをじっくりと、といった感じでしょうか。 そんなに変化は今のところ無くて、もうちょい気温が上がると勢いが出てくるのかなと。 変化としては、二葉の間に新しい芽らしきものがちょっと見えます、まだ成長していませんが新しい葉が生まれそうです。 14日目 二葉の間から新しい芽が出てきているのがはっきりわかります あとは順調に育ってくれれば、そして根の方ですが分岐しているのちょっと発見。 ここから成長が早まるのかな? 15日目 昨日と比べあまり変化は無いですね。 コンテナの方の手前の左のやつですが、お昼ごろに萎れているのを発見。 根が水に達していなかったようで、水位が足りてなかったみたい 蒸発して減ってしまったようで。 しおしおになっちゃったんですが、ちゃんと水位を上げて、スポンジももう少し押し込んでやって上からもちょっと液肥を掛けてやったら1時間後ぐらいには復活してました。 全体的に生育が遅いのかな?って感じがしますが気温の影響が大きいんかな? 16日目 あまり変化無いですね、茎がひょろひょろなのは手入れが悪いからかな? 根っこ部分が上に出ているとか?もうちょい大きくなるとシャキッとするのかな? 17日目 ちょっと、中央の葉が大きくなってきたかな?といった感じです。 倒れ気味だった苗はスポンジを補強して支えてやりました。 関係ないですが隣のネギの方が結構育ってきている。 18日目 三枚目の葉が大きくなってきて二葉と大きさがそろそろ変わらない程度になってきました。 今日で18日めです、意外と成長って遅いんですね もうちょい早いペースで成長するかと思ったのですが、成長期はまだまだ先ってところですかね。 2ヶ月ぐらいで完成らしいのでこんなものなのかな? 19日目 昨日の昼あたりから、4枚目の葉が出来始めてました。 今朝はまだ成長は見られないですが、ちょっとずつ葉が増えてきていて、葉が増えれば光合成も進むので成長も早まっていくのかな?と。 20日目 なんかちょっと元気がなくなってきたような気もする 萎れてしまわないように注視しないといけないかな? 4枚目の葉が大きくなるのはまだ時間がかかりそう 21日目 4枚目の葉っぱが小さく出てきました! でもまだ全体的にヒョロヒョロです、こっからの成長に期待したい所ですね。 22日目 4枚目の葉がはっきり分かるようになってきましたね。 あと、1枚だけ葉の成長が良いのは、3枚目に出てきたやつですかね?どっちかわからなくなっちゃいました、一つだけなのでおそらくそうだと思います。 隣のネギは観察には関係ないですが結構成長してきてる、まだ短いけど十分収穫して食材に出来るレベルですね。 もう1ヶ月が見えてきましたがまだまだ、レタスとサンチュの成長は緩やかですね。 根の状況もほとんど確認していないのでどうなってるのかちょっと気になってきますね、でもあまり動かしすぎると値に悪影響出そうなのでできるだけ今はまだ弱々しいので触れないほうが良いかな。 23日目 なんか葉っぱがだら~んとしているというか 茎に力が無いというかそんな感じです、4枚めのはもしっかりしてきて、3枚目の葉なんか結構なサイズになってきました。 これ育てるのにはちょっと狭すぎたかな? まぁ、このままやってみます。 もしあれだったら牛乳パックの水耕栽培装置の1基型の方に移そうかな。 24日目 5枚目の葉が出てきているのが目視できました。 3枚目の葉もだいぶと成長してきて、根っこも結構伸びてました あと苗を安定させるために、スポンジのキレ端を追加しました、これで少しは安定するかな? 25日目 葉がギザギザになってきたりちょっと変化が現れてきましたね。 あとプラグトレイのままではちょっと手狭になってきたかな?って気がします。 もっと大きめなプラグトレイとかの利用を今度は検討しようかな?あとは、牛乳パック型の水耕栽培に移植するかとかですかね。 26日目 27日目 なんだか野菜っぽくなってきましたね! もうそろそろ1ヶ月です、想像していたよりは成長していない感じですかね。 最近アタ価格なりつつありますし、成長が早まってほしいですね。 28日目 徐々に葉が増えてきましたね そう言えば、液肥一度入れたままそのままです、入れ替えとかしてません。 今のところ問題ないしコレぐらいのサイズなので液肥自体もほとんど減ってないですね。 意外と少量の液肥でコスパよく育てれるのかな?でも夏になるよね、気温も上がり蒸発するようが増えていくかな?っと。 まぁこれからですね! 29日目 昨日とくらべてあまり変化はないですね でも、着実に成長していますね 30日目 それぞれの葉に特徴が出てきましたね、今日で30日目です 収穫まではあと1ヶ月ぐらいは掛かりそうかな?そろそろ時差分で新たに種をまこうかな 31日目 野菜っぽくなってきた! 32日目 窓際なので、太陽の方向に精一杯すぎて葉がみんなそっち方向になっちゃった感じですかね、あと風にも当たってたので押されちゃったとかもあるかな? 33日目 34日目 牛乳パックの栽培装置の真ん中の葉、一日でかなり成長している。 成長期に入ったのか、成長が加速している、ここから一気にもしゃもしゃになるのか? プラケースの方も、もう手狭になってきた。 牛乳パック型の水耕栽培装置に早めに変えた方が良いかな? 35日目 チマサンチュかな?わっさーってなってきてる。 室内の日当たりのいいところでも十分育っていきそう 36日目 成長が早まってきて見るのが楽しい 37日目 2つ牛乳パックの方に移し替えました、その時に葉っぱがちぎれちゃったので食べてみたら柔らかくてレタスのいい香りがしました。 これからもっと大きくなるのが楽しみですね。 そろそろ時間差で新しいのを種まきしないと。 1つの牛乳パックで2つ育てたりしているのもあるのですが、1つに1つがバランスいいですね チマサンチュを量産して、毎日食べれるぐらい育てようかな? 他にはエゴマも育てたいですね 育ち過ぎなチマサンチュ 生育(6月21日ぐらい 約3ヶ月後) かなり育ちました、育ちすぎてちょっと食味が悪くなってきましたあと苦味も出てきました。 ある程度大きくなったらさっさと処分したほうが良さそうですが、蕾を付けているのでその経過も観察したと思います。 苦味は日陰に移して、液肥が減ったところで水に替えたら減りました。 収穫のタイミングも苦味の影響が大きそうですね、日が暮れた夜のほうが収穫は良いのかな?あとどうしても成長とともに苦味は出てしまうそうなので美味しい時期を楽しむため次々に種まきして苦くなる前に食べきっちゃって次々作ったほうが良さそうですね。 種に関しては大量にあるので使い来る方が難しいぐらいなので、1000粒以上は一袋に入ってそうですからね。 あとちなみにチマサンチュ第二期育ててるんですが、やっぱり気温がちょうどいいのか育ちが早いようなもりもり育ってます。

次の

水耕栽培とは

リーフ レタス 水 耕 栽培

野菜に含まれる、カルシウム/マグネシウムの比率が、私たちの食生活において理想的なミネラルバランス(平均1.5)近くになっています。 ミネラルを多く含んでいるため、食べやすくまた食感がよく、おいしい野菜です。 ミネラリーフで補える4大ミネラルの働き 骨をつくる。 精神安定に役立つ。 血液をアルカリ性にする。 欠乏症のリスク:骨粗鬆症、発育不全、不眠症、神経症 筋肉の収縮を促す。 精神の興奮を抑える。 欠乏症のリスク:思考力低下、心筋梗塞、痙攣、神経過敏 心臓や筋肉の機能を調節する。 脳の働きを活性化。 心臓発作、腎不全、関節炎、便秘 体液のアルカリ性を保つ。 筋肉や精神の興奮を弱める。 食欲減退、筋肉の脱力、無欲、疲れ よくあるご質問 Q1. 『ミネラリーフ』ってなんですか? 海洋深層水をつかって室内水耕栽培されたミネラル豊富な野菜です。 海洋深層水ってなんですか? 水深200m以下から採取された海水で、私たちにとって理想的なバランスのミネラルを多く含んでいます。 『ミネラル』は、からだにいいのでしょうか? 糖質・脂質・蛋白質・ビタミンと並ぶ5大栄養素のひとつで、体内ではつくることができないため、食事から摂る必要があります。 普通の野菜となにが違うのでしょうか? 野菜に含まれる主要ミネラルが、従来野菜に比べて平均20%以上(当社比較)多く、室内のクリーンな環境で栽培された、無害虫・無農薬で安全な野菜です。 『ミネラリーフ』はどこで作られているのですか? 太陽光を遮断し、人工光源で栽培を行うクリーンな工場内で、東京羽田と大阪和泉で作られています。 ご予約いただければ、中を見学することも可能です。

次の