クマ が できる 原因。 睡眠不足だけじゃない?クマが出来る原因

睡眠不足だけじゃない?クマが出来る原因

クマ が できる 原因

【目次】 ・ ・ ・ ・ 目の下のクマ、どんな種類がある? クマは主に3種類 青クマ 青クマは血行不良や目の疲れ、さらには寝不足などが原因のことが多く、皮膚の薄い目の下が青黒く見えてしまうことでできるクマ。 黒クマ 目の下に影ができて黒く見えてしまうクマ。 加齢やむくみ、コラーゲンの減少などによるたるみや小ジワが原因として考えられる。 茶クマ 茶クマは、目をこするなどしてできる色素沈着や、角質の肥厚、また小さなシミが集まることで、茶色く見えてしまうクマ。 青クマの原因ってなんだろう? 睡眠不足による血行不良 先に述べたように、睡眠不足や血行不良、目の疲れが青クマの原因になっている可能性が考えられます。 美容業界歴25年超のベテラン美容エディター 木更容子さんにお話を伺いました。 千幸:やっぱり睡眠不足って血行悪くなるんですか! 木更さん:なるなる。 だってさ、まず横になっていないってことで、血液が下に集まって顔の血行が悪くなるよね。 それに横になっても、時間が短ければ十分に流れ切らないし。 千幸:たしかに…。 寝るのって脳や体を休めるため、って思いがちですけど、血を巡らせるためでもあるんですね。 木更さん:考えてみたら、肌の細胞が生きるために必要な酸素や栄養は、すべて血液が運んでくるんだし、本当に血って大事よ! 滞ってたらクマもできますわな、乾いてシワっぽくもなりますわな、老化も進んでたるみますわな! 青クマを消すのに有効な方法 青クマは血流をアップさせることが大切 血行不良が主な原因の青クマを改善するには、目の下をやさしくマッサージするなど、血流をアップさせることが重要です。 また、睡眠不足によってももたらされる血行不良。 睡眠の質を上げ、寝不足を解消することも意識しましょう。 目元を温めるのも有効 パナソニック 目もとエステ EH-SW57 クマが気になる朝は、うるおいスチーム・温感ヒーター・マッサージ機能が付いた多機能アイマスクでケアしてあげるのもおすすめ。 天然アロマでリラックスすることもできます。 炭酸マスクで血行を高める 美容エディターの木更容子さん曰く、どうしても寝不足で目のクマが気になったときは、まずはホットタオルで温めるのだとか。 もしくは、朝の洗顔のかわりに炭酸マスクをすることで、強制的に血行を促すそう。 「私だったらお湯に浸して絞ったタオルでまず温めるかな。 温めることで確実に血行が促される。 それか、朝の洗顔のかわりに炭酸マスクをするかな。 炭酸は強制的に血行を高めますからね。 とにかく、血行を促す! 血行を高めることで、クマは消えやすくなるし、むくみもとれやすくなります。 まぁ、それでもとれないクマとかむくみとか、あるとは思うけど。 針の数なんと1,800本! 夜、化粧水とアイセラムをよくなじませた後、週に二回を目安に瞳から4〜5ミリ離して貼りつけて。 青クマに効果的なコンシーラーの色やメイク方法は? 青クマにはオレンジのコンシーラー 青黒く浮いてくるクマを自然にカバーするには、補色である「オレンジ」のコンシーラーが適役! シャネル ル コレクトゥール ドゥ シャネル コレクトゥール アブリコ ¥4,300 保湿成分とミネラル配合で、うるおいをしっかりキープ。 クマの下側にのせて指で薄くなじませるのが、ヨレづらくするポイント。 タイミングはファンデーションを塗り終わったあと。 クマの濃い部分の下側に少量おいて、下まぶた全体にやさしくなじませて。 カバー力が高いコンシーラーなら崩れにくい カバー力の高いコンシーラーで青紫のクマを隠しつつ、光を集めて目立たなくする! (右)ケサランパサラン アンダーアイブライトナー ¥3,000 肌色ではなく反対色で相殺する、クマ消しのロングセラーコンシーラー。 目の下数ミリを空けてコンシーラーをのせる。 コンシーラーの端から、肌に一体化させるようになじませる。 ぼかしすぎたり、厚塗りしすぎたりしないように注意して。 ハイライトで目くらましする方法も 美容エディターもりたじゅんこさんによると、あえてコンシーラーをやめてハイライトでカバーしてみるのもありだと言います。 「くまやシミ、色ムラなど隠したいところはたくさんありますが、コンシーラーを塗ると厚塗りに見えてしまうのが悲しい。 そこでファンデーションの後、ハイライトを頰骨の上、鼻筋、目頭、あご先にちょんちょんとのせると、ツヤが出て色ムラの目くらましに」.

次の

目の周りのクマ・目の上のクマを治す消す方法|木もれび鍼灸院|大阪

クマ が できる 原因

10代のクマの原因 クマの悩みは、年齢を重ねた人だけではありません。 最近はまだ10代にも関わらずクマがあって、人知れず悩みとして抱えている人も少なくないと言われています。 では、本来であればターンオーバーも活発で、衰え知らずの瑞々しい肌が売りであるはずの10代のうちに、どうしてクマができてしまうのでしょうか。 スマホやパソコンの長時間使用 10代からクマで悩む人が増えている原因の一つに、スマホやパソコンといった機器の長時間使用が考えられています。 スマホやパソコンを使う時は、顔が斜め下を向いてしまいがちですが、そのような姿勢を長く毎日続けることで、 顔の皮膚がたるみやすくなると言われています。 また、スマホやパソコンを見ている時というのは、 まばたきが少なくなるため、目の周りの筋肉が使われずに衰えやすくなります。 筋肉が低下すると、支えている皮膚が垂れ下がってしまい、皮膚に凹凸が生じやすくなり、影ができてそれがクマとなって現れてしまいます。 メイクによるダメージ 最近は中学生や高校生がメイクをすることも珍しくなくなりました。 メイクはする時だけではなく、それをとる(メイク落とし)時も皮膚を擦ってダメージを与えてしまうもの。 いくら代謝のよい若い肌であっても、 毎日メイクをする習慣がある場合や、適当な洗顔などで皮膚に負担を掛けていたら、ターンオーバーが乱れ、たるみやくすみなどが起こりやすくなってしまいます。 元々の顔のつくり 涙袋が大きい、目の下がくぼんでいるなど、遺伝による顔の作りが原因で、影ができやすい人は黒クマが現れやすいと言えます。 また、肌の色が白く透き通っている人も、血管や血液が見えやすいため、青クマが目立ちやすくなります。 過激なダイエット 人から自分がどのように見られているのかが、気になってしまう年頃である10代は、ダイエットをつい頑張り過ぎてしまう人も多いですよね。 中でも、極端な食事制限を伴うダイエットをしていると、体に必要な栄養が足りなくなるため、 血行不良による青クマや、体重の大幅な減少によるやつれが原因の黒クマなどが目立つようになります。 20代のクマの原因 まだまだ若い20代。 30代以降の人に比べてクマで悩む割合は少ないと言われていますが、その分、逆に クマがあると老けて見られがちと大きな悩みとなっている人がいらっしゃいます。 では、20代でクマができてしまう原因とは、一体何なのでしょうか。 疲労やストレス 20代ともなると、毎日の 仕事の疲れや人間関係などのストレスが溜まりやすくなる年代です。 忙しくて睡眠時間が足りなくなると、血行不良が起こり、他に比べて皮膚の薄い目の下を流れる 血液が酸素不足によって青く見える(青クマ)のが顕著に現れます。 また、ストレス解消の方法としてたばこを吸っている人も注意です。 たばこに含まれるニコチンには毛細血管を収縮させる作用があることから、血行不良を招きやすく、クマを作りやすいと言われています。 メラニンの蓄積 10代の頃は活発だったターンオーバーも、20代になるとだんだんとメラニンの排出が上手くいかなくなってきます。 特に、 若い時に日焼けを好んでしていた場合は、シミやそばかすの元となるメラニン色素が溜まっている可能性があります。 目の下も同じで、排出されなかったメラニンが色素沈着を起こし、クマ(茶クマ)となってしまいます。 過剰なアイメイク 20代は10代の時よりもメイクの技術が上達し、特に目元ぱっちりのアイメイクを毎日欠かさず行っているという人も増えてきます。 過剰なアイメイクは、目や目の周りに負担を掛けるだけではなく、クレンジングの際にしっかり落とそうという意識が働きやすいことから、ゴシゴシと力を入れて洗ってしまいがちです。 目の周りの皮膚はとても薄いため、このような 刺激が積み重なると、肌を守ろうと皮膚内でメラニン色素が発生し、色素沈着を起こしてクマができやすくなってしまいます。 貧血 生理によって毎月大量の血液が失われる女性は、貧血になりやすいと言われています。 中でも、最も多いと言われる鉄欠乏性貧血は、血液中のヘモグロビンの量が減ることで起こりますが、鉄分の不足が主な原因と言われています。 鉄分が少ないと、 本来であれば赤いヘモグロビンが赤黒くなってしまうため、皮膚に透けると青いクマになって見えてしまいます。 花粉症 今や国民病とも言われる花粉症ですが、目や鼻がむず痒くなり、つい 手で擦ってしまうという人も多いでしょう。 しかし、目元をゴシゴシと擦り過ぎると皮膚が摩擦によって炎症し、それを防ぐためにメラニンが発生します。 ターンオーバーが活発であれば、発生したメラニンが排出されてシミになることはありませんが、この機能が衰えていると 色素沈着し、クマとなって残ってしまいます。 うつ病 近年、若い世代でも増えているうつ病は、自律神経の乱れが原因で 目の周りや口の周りの血行を低下させるため、クマが現れやすくなると言われています。 10代のクマの解消法 10代は肌細胞も活発のため、クマができてもケアをしっかりと行うことで、比較的安易に解消できると言えます。 夜更かしや偏った食事を止め、 早寝早起きを心掛けて、栄養バランスのよい食事を心掛けましょう。 また、メイクをした時は洗顔をきちんと行って下さい。 この時も、汚れを擦って落とすのではなく、指の腹で優しく撫でるようにして、毛穴に詰まった汚れを浮き上がらせます。 洗顔後は十分に保湿をし、メイクによる皮膚への負担を取り除きましょう。 なお、どうしてもクマが気になるという場合は、ファンデーションやコンシーラーなどで一時的にクマを隠すことも可能ですが、 皮膚の凹凸が原因で影ができる黒クマはメイクでは隠すことができません。 20代のクマの解消法 毎日仕事でメイクをすることも多い20代の場合、とにかく今だけでもクマを何とかしたいというのではあれば、 コンシーラーを使ったクマ隠しがおすすめです。 また、血行不良を解消し、皮膚の潤いの元となるコラーゲンの生成を活性化させる働きのあるビタミンC誘導体が配合された化粧品や美容液の利用や、たるみ解消効果の期待できるヒアルロン酸やセラミド、すでに沁みついてしまった色素の排出を促す美白化粧品などを使ってみるのもおすすめです。 10代のクマの予防法 スマホやパソコンの使用時間を決める ある調査によると、10代の一日のスマホ利用時間は約153分、パソコンの利用時間は約64分ということがわかっています。 これは10代だけが特別に多いというわけではなく、20代30代であっても近年はスマホの長時間利用が問題になっていますが、10代でクマができてしまう一つの要因として、スマホの利用時間は特に大きいと言えるでしょう。 寝る前にベッドの中でスマホを見てしまう人も多いと思いますが、 スマホから発せられるブルーライトは自律神経の交感神経を刺激し、睡眠不足を誘発してしまいます。 使用時間や使用する時間帯をあらかじめ決めるなどして、長時間使わないように注意しましょう。 また、スマホやパソコンを使用する時は、こまめに休憩を入れ、肩や首が凝って顔の血流が悪くならないようにしましょう。 メイクは極力しない 学校などの規則が厳しい場合は、メイクをするとしても休日のみという人もまだまだ多いと思いますが、中にはプロ顔負けのナチュラルメイクを施して登校している中学生や高校生もいますよね。 せっかく素肌が綺麗な時期なので、敢えて肌に悪いものを使う必要はなく、保湿などのスキンケアに重点をおいてみましょう。 肌のキメを整えるためにファンデーションを使って、それを取り除くためにクレンジング剤で皮膚を擦っているうちに、肌が乾燥しやすくなったり、色素沈着を起こしてしまいますので、クマを予防するためにはメイクをしないようにすることが大切です。 ダイエットはほどほどに ダイエットとは、摂取カロリーが消費カロリーを下回るようにすること。 つまり、食べる量を抑えて、普段の生活や運動でカロリーが使われるようにすることで、体内の脂肪が燃えやすくなり、体重が減少していきます。 ただし、 過度のダイエットは体のあらゆる組織や器官、細胞が必要とする栄養の吸収までも阻害してしまいます。 すると、肌がくすんだり、たるみが生じてクマがでやすくなってしまいます。 そのため、ダイエットをする時は極端に食事を制限するのではなく、 栄養バランスを考えながら、運動を併用して、健康的に行うことが大切になります。 20代のクマの予防法 日焼けに注意する 日焼けというと、日差しの強い夏のイメージがありますが、実は春や秋、そして冬にも肌にダメージを与える紫外線は降り注いでいます。 そして、シミやくすみ、クマの原因になるメラニンは悪者に思われがちですが、本来は紫外線による肌のダメージを抑えるために必要不可欠な存在。 しかし、 紫外線をたくさん浴びた分だけメラニンの生成は活発になり、年を重ねるごとにその排出がスムーズにいかなくなって、肌にどんどんと蓄積されてしまうのです。 そのため、そもそもの原因になる日焼けを防ぐことが、クマの予防に繋がります。 マッサージやストレッチなどで血行を促進する 血行不良によるクマには、血行を促進するためのマッサージや目の周辺の筋肉のストレッチなどを行うのがよいでしょう。 ただし、 色素沈着を起こしている場合にマッサージを行うと、皮膚が刺激され、返ってクマを悪化させてしまうことがあります。 クマの種類によって予防法や対処法が異なりますので、そこは十分に注意するようにして下さい。 また、マッサージストレッチだけではなく、 蒸しタオルと冷えたタオルを交互に目元にあてる温冷法でも、血行を促進することができます。 保湿をする 加齢とともにコラーゲンの生成量が減り、皮膚のハリが失われていきます。 そのため、 保湿効果のある美容液やクリーム、パックなどを使用し、日頃から肌の乾燥を防ぐのがよいでしょう。 アイメイクを落とす時は、目元専用のクレンジングを使う メイクの中で、油分と色素が一番多く使われるのがアイメイクです。 アイメイクを通常のクレンジング剤で落とそうと思っても、思うように落とせないため、 必要以上に擦ってしまいがちになります。 このようなことを避けるため、アイメイクを落とす時は専用のクレンジング剤を使って、丁寧に落とすようにしましょう。 鉄分を摂る 女性に多い 貧血はクマの発生の原因になるもの。 そのため、貧血の中でも特に多いと言われる鉄欠乏性貧血を防ぐために、日頃から鉄分を意識して摂取することが大切です。 鉄分が多く含まれる食品には、 レバーや小松菜、ひじき、プルーン、あさり、のりなどがあります。 これらの食品を摂取するよう心掛けたり、食事で摂るのが難しい時はサプリメントを上手に利用するのもよいでしょう。 お風呂にゆっくりと浸かる 忙しさを理由に、つい毎日シャワーで済ませてしまう・・という人も多いですが、 湯船に浸かることで体が芯から温まり、血行が促進されます。 規則正しい生活を送る 偏った食事、喫煙などは、血行不良の原因になり、クマを作りやすくしてしまいます。 また、寝ている間は成長ホルモンの分泌が活発になり、肌をよりよい状態に保つためには欠かせない時間となるため、 睡眠不足にならないように注意しましょう。 なお、寝ている時間がしっかりと取れるだけではなく、良質な睡眠をとることも大切です。 寝る前にはコーヒーや紅茶などのカフェインを飲まない、スマホやパソコン、テレビなどは早めに消す、外の光が入らないように寝室の窓には厚手のカーテンを掛ける、ストレッチをして全身を解すなどの方法を行ってみるのもよいでしょう。 ストレスの解消を行う ストレスと肌には密接な関係があり、ストレスが溜まったまま放置していると、ホルモンバランスの崩れや自律神経の乱れなどから、 血行不良や過剰な皮脂の分泌などが起こり、皮膚に大きな負担を強いてしまいます。 そのため、ストレスは小さいうちに解消しておくことが肌にとってとても大切です。 趣味を持つ、友達と遊びに行く、運動をするなど、自分にとってのストレス解消法を見つけておきましょう。 スポンサードリンク•

次の

【目の下のクマを取りたい!】4種類のクマの原因別の対処法を紹介

クマ が できる 原因

クマが与える悪い印象• 4種類のクマ「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」「赤クマ」とは• クマごとの原因と対処法 クマは顔の印象を変えてしまう 長時間のデスクワーク・たび重なる残業・夜更かしをしてのゲームなど、日々のライフリズムによって目の下にクマができてしまうこともしばしば。 知らず知らずのうちに、予想しているよりもビジネスマン目は酷使されているのです。 上の写真のように、 目の下のクマは顔の印象をガラリと変えてしまうもの。 一目見るだけで「もしかして疲れているの?」と周囲に心配を与えてしまう可能性もあります。 ビジネスマンとして健康的な印象を与えることは重要 あなたが会社の社長であるとしましょう。 次のふたりのうち、どちらに仕事を任せたいですか? Aさん:、ハツラツとした表情と顔色で、健康で明るそうな印象 Bさん:目の下にクマがあり、表情もどんより暗い 多くの人は明るく健康な雰囲気のAさんに好印象を抱くはずです。 どうしても目の下にクマがある人には、 不健康な印象を感じてしまいますよね。 ビジネスマンとして相手との信頼関係を構築するためにも、見た目にも最大限気を配っていきましょう。 化粧品を使うことに抵抗がある場合は原因を知り改善しよう 上の写真のように、クマがあるとどうしても血色が悪くなり表情まで暗く感じてしまいます。 一方で、クマのない右の写真は顔色も良く、表情も明るいので若々しい印象を受けますよね。 メイクをすることが一般的な女性はメイクによってクマを隠せますが、男性にとっては至難の業…。 最近ではメンズコスメも少しずつ浸透していますが、まだまだ一般的ではないため、 化粧品を使わずにクマを撃退するのが理想ではないでしょうか。 また、目元の皮膚はとても薄くデリケートです。 額の皮膚の厚さがおよそ1mmあるのに対して、目元はその10分の1の 約0. 1mmの薄さしかありません。 メイクをして皮膚をこするのは極力避けた方が賢明です。 目の下のクマの4つの種類を見わける方法・種類別の原因 「クマ」といっても、厳密にはクマの色によって大きく4種類に分類されるのをご存じでしょうか。 青クマ・茶クマ・黒クマ・赤クマはそれぞれクマができる原因や対処法が異なるので、自分のクマを正確に見分けることが重要なのです。 次は、目の下のクマを見分ける方法をご紹介します。 青クマ 目の下が青黒く見える「 青クマ」は、不健康な印象に見えるクマのひとつ。 色素の薄い人や皮膚が薄い人に多い傾向にあり、 目の周辺の血行不良による青クマが皮膚を通して見えている状態です。 【青クマの見分け方】• 目の周辺の皮膚を軽く引っ張ると、クマが薄くなる• 肌の色が白い人や、皮膚の薄い人に目立ちやすい 【青クマの原因】• 寝不足• 不規則な生活• 目の疲れ 2.茶クマ 目の下がこげ茶色もしくは茶色に見える「 茶クマ」は、色素沈着が原因のクマです。 日焼けによってもクマが生じてしまうため、アウトドアスポーツや屋外での業務に従事している人に多い傾向にあります。 【茶クマの見分け方】• 目の周辺の皮膚を引っ張っても、クマの色が薄くならない• クマの周辺やクマ自体がシミのようになっている 【茶クマの原因】• 色素沈着• 太陽光による日焼け• 目を強くこすった場合などの外的刺激 3.黒クマ 目の下が深い黒色に見える「 黒クマ」は、皮膚のむくみやたるみが原因のクマ。 他のクマと比べて濃い影や色をしているため、どうしても顔全体がどんよりと暗い印象になってしまいます。 【黒クマの見分け方】• 目の下の皮膚がぷっくりと膨らんでいる• 目の下の皮膚がたるんでいる• 見る角度によってクマの濃さが変化する 【黒クマの原因】• 加齢によるむくみが作る影• 加齢によるたるみが作る影 また、赤血球中の大部分を占めている血色素「 ヘモグロビン値」によって黒クマの色が濃くなってしまうこともしばしば。 疲労や寝不足によって血中のヘモグロビンが黒くなってしまうことで、クマがより黒く見えてしまうのです。 4.赤クマ 目の下が赤っぽく腫れてみえる「 赤クマ」は、目の疲労によって起こっているクマ。 茶クマ・黒クマ・青クマとは異なり、日常的にクマができているわけではありません。 【赤クマの見分け方】• 目の下が赤くなる• 目の下の皮膚がぷっくりと腫れている• 日常的にできるわけではなく、時々できる程度 【赤クマの原因】• 目の疲労が原因です• 静脈と動脈の両方が鬱血してしまうこと 目の下のクマ4種類別の対処法・改善方法(クマ取りの方法) 対処をせずに放置しておくと、目の下にどんよりと影を落としてしまうクマ。 しかし、 適切な改善策や対処法を実践することで、張りのある明るい目元を取り戻せます。 原因が異なるからこそ、クマを撃退するためには適切なアプローチが必要です。 4種類のクマの対処法&改善方法をそれぞれチェックして、魅力的な目元づくりのヒントを学んでいきましょう。 1.青クマ 過労・寝不足・不規則な生活・目の疲れによって生じる青クマは、 顔全体の血行をよくすることで大幅に改善されます。 【青クマへの適切な対処法】• 血行改善 入浴や寝る前のストレッチなど、血流や血行を良くすることによって改善されます。 シャワーだけでなく、からだ全体をしっかり温められるように湯舟につかる習慣をつけましょう。 上質な睡眠 規則正しい生活を心掛け、睡眠をしっかりとりましょう。 コラーゲンを摂取する 目元の皮膚は、「コラーゲン」が増えることでふっくらしてクマが目立ちにくくなります。 いつものスキンケア(化粧水や乳液)とあわせて、コラーゲンやエラスチン配合の美容液を使ってみてください。 また、しっかりと効果を実感したい場合は、美容専門クリニックやエステサロンで販売・施術されている美容液導入のメニューを取り入れるのも一案です。 2.茶クマ 日焼けや外的刺激によって生じる茶クマは、 皮膚や目元を触らないように注意しましょう。 また、日焼けによる皮膚ダメージを抑制するために、 美白やUVケアをするのも効果的です。 【茶クマの対処法】• 目を擦らない つい目をゴシゴシと擦るクセをお持ちの方も多いのではないでしょうかです。 とくに、カラーコンタクトやメガネを装着している人は、違和感から無意識のうちに触ってしまっていることもしばしば。 皮膚を擦った刺激によってメラニンが活性化して、色素沈着を起こしてしまう茶クマが生じやすくなってしまうので注意しましょう。 美白ケアをする 目元の皮膚も、日焼けによる色素沈着を起こしてしまう場合があります。 色素沈着には、ビタミンC誘導体・コウジ酸・アルブチンなどの美白成分が有効。 成分表示を確認したうえで、美白作用のあるアイクリームや美容液を日常のスキンケアにプラスしてみてください。 UVケアをする 紫外線による色素沈着は茶クマの天敵です。 日差しの強い日や夏以外でも、目元までしっかり日焼け止めを塗る習慣をつけましょう。 3.黒クマ 皮膚のたるみやむくみが原因の黒クマには、 コラーゲン摂取や血流をよくすることが効果的です。 ストレッチやマッサージを導入して、皮膚の年齢を若返らせていきましょう。 【黒クマの対処法】• コラーゲンを摂取する コラーゲン摂取量を増やして、肌のハリを保つことがたるみやむくみ改善に効果的です。 青クマと同様に、日々のスキンケアにコラーゲン成分配合の美容液をプラス、もしくは美容専門クリニックやエステサロンでの美容液導入がおすすめです。 血液やリンパ液の流れを良くする 顔がむくんだ状態では、よりクマが目立ってしまうもの。 血液やリンパ液の流れを良くして、からだのなかに溜まっている老廃物をしっかり排出していきましょう。 入浴やストレッチはもちろん、目の筋肉を鍛える眼輪筋トレーニングも有効です。 4.赤クマ 眼精疲労や過労によって生じる「赤クマ」には、 疲れが大敵。 睡眠をしっかりとって、目を労わってあげましょう。 【赤クマの対処法】• 血行を良くする 赤クマができている場合は、青クマ以上に血行不良になっている可能性大。 血行を促進するための入浴やストレッチに加えて、ホットタオルやホットアイマスクを利用して目元を温めると、ピンポイントで血行促進させられます。 十分な睡眠 過労には、睡眠が一番の特効薬です。 睡眠不足を感じている方は、残業や夜更かしを控えて7時間以上の睡眠を心がけましょう。 ブルーライトカット眼鏡を使う 眼精疲労が著しい場合には、ブルーライトカット眼鏡の使用も一案です。 パソコンやスマートフォンの利用時間が長い方は、ブルーライトカット眼鏡を日常的に使って、目の疲れを最小限に抑えていきましょう。 目の下のクマを化粧品で隠すならコンシーラーがおすすめ 「大事なプレゼン前に、疲れによる赤クマが…」「商談があるのに、青クマのせいで不健康にみられないか心配」など、ビジネスシーンではクマをできるだけ隠したいもの。 うっかりできてしまった目の下のクマは、 コンシーラーを使って上手に隠していきましょう。 普段メイクしない男性にとって聞きなれない言葉かもしれませんが、コンシーラーは目の下のクマ・シミ・そばかす・傷あと・ニキビ跡など隠すために用いられる化粧品のこと。 顔全体につける化粧下地やファンデーションとは異なり、 気になる箇所にピンポイントでつけるものです。 コンシーラーは、クマの種類によって適切なものを選んでいきましょう。 クマは原因によって4種類に分類される• クマの種類に合わせた適切な対処法や改善策がある• クマを隠す場合には、コンシーラーが有効 「クマ=どうしようもないもの」と思っている方は多いかもしれませんが、本記事でご紹介したようにクマは対処法次第でグッと改善されます。 自分のクマの種類をしっかりと見極めたうえで、正しい対処法による丁寧なケアを行いましょう。 目の下のクマがなくなるだけで、表情は明るくハツラツと見えるもの。 顔の印象を悪くするクマを早めに撃退して、明るく爽やかな印象を取り戻しましょう。 また、「すぐにでもクマを消したい!」と感じたときには、コンシーラーを使うのも一案です。 リキッドコンシーラーを優しく伸ばして、クマを目立たないよう上手に隠してみてはいかがでしょうか。

次の