キョダイマックス 邪魔。 セキタンザン (せきたんざん)とは【ピクシブ百科事典】

【ポケモン剣盾】キョダイマックスカビゴン期間限定で登場!出現場所はどこ?【ポケモンソードシールド】

キョダイマックス 邪魔

そのうちしれっと入れ替わってる可能性もあります。 耐久は邪魔なので個体値等で下げてもよい。 僕はシールド始めた初日に捕まえた0Vやんちゃイーブイの攻撃と素早さだけ鍛えた上でにげあしに気付いて特性カプセル使った。 現状、まともにイーブイを使おうと思ったらこの型しかないと思います。 イーブイにBadなんてとんでもない• 専用技「キョダイホーヨー」は異性をメロメロにする。 威力は元の技依存で、通常のダイマックス技と変わらない。 じたばたの場合は威力130になる。 基本軸としてタスキじたばたを狙いつつ、隙あらばメロメロにしてダイナックルやダイスチルで能力上昇。 詳しくはお調べ下さい。 メロメロになる• 運任せ(直球) 実際に育成したイーブイ 育成済みイーブイの紹介です。 イーブイに関してはもう増えないと思います。 オススメに上げた2匹でございます。

次の

【ポケモン剣盾】イベントレイドのピックアップが変更、ついにゼラオラが終了に!※ただし現在はレイドクリア後にエラー落ちが発生してしまうバグがある模様…

キョダイマックス 邪魔

もくじ• 「特殊な道具を持たせ、その場で回転することで進化する」という、普通では絶対に気付けない方法です 笑 持たせる道具によってマホイップのトッピングが変わるため、どの姿にするかも大事なポイントです。 ステータスには一切の影響はないので、自分の好みで選びましょう。 種族値的には、特殊技を受けつつ特殊技で攻めるって感じですね。 夢特性「アロマベール」のお陰で、「めいそう」を妨害されないのも大きなメリットと言えるでしょう。 夢特性の入手方法 マホイップの夢特性が入手できるのは、 「ハシノマ原っぱの西端にある細い光の巣」が最も楽です。 キョダイマックスが入手できる巣もありますが、ランクマッチではキョダイマックスが使えないので今は不要です。 「ザシアンorザマゼンタ」の専用技を使えば、ソロでも十分に倒せますよ。 夢特性「アロマベール」の採用で、安全に「めいそう」を積める点では、他のフェアリーよりは特殊受けをしやすいと言えますね。 「じこさいせい」もあるので、「めいそう」を積んでも倒されてしまうという事態も避けられます。 マジカルフレイムは、相手の特攻値を下げる追加効果を持つため、より特殊受けを遂行しやすくなります。 直ぐに敵を倒しに行くというより、相手を弱体化させ、自分を強化&回復し、準備を整えてから攻めだすって感じです。 役割が遂行できる相手としては、 「サザンドラ」などの特殊アタッカー全般です。 「ルカリオ、ジュラルドン」などの鋼特殊アタッカーなどには、素直に引いていきましょう。 素早さ種族値が64と高くはないものの、今作では遅いポケモンが多いので上を取れることも十分にあります。 同タイプでは60族の「ニンフィア、ピクシー」を抜けるので、対面させれば優位に戦えます。

次の

【邪魔】キョダイカビゴン【対策】

キョダイマックス 邪魔

マグカルゴが不参加なので現環境では固有の複合となる。 物理耐久が高いだけでなく特殊耐久もなかなかの数値を持ち、耐性も7つと豊富。 アタッカーとしては火力が低いが、一致技は抜群範囲に優れた組み合わせであり、物理・特殊を選べてかつサブウエポンも最低限揃っている。 おにび・ステルスロックなど小技もいくつか持ち合わせる。 専用特性は、水か炎のダメージを受けると素早さが 6段階上昇する。 発動が相手依存なため扱いには工夫が要るが、無補正のSに努力値を28だけ振っておけば特性の発動で最速さえ抜き去れる。 超鈍足のトリックルームアタッカー・特性を活かした高速アタッカーの両方に対応しうるのは他にない個性と言える。 弱点がメジャーであり、戦う相手は得手不得手がかなり出る。 いくら耐久力が高いとは言っても、4倍弱点を2つ抱えているために役割破壊は受けやすい。 高耐久多弱点を活かしたじゃくてんほけんの活用などで、欠点を補って戦いたい。 高い耐久種族値とタイプ相性でやなど、対策必須のに圧倒的有利な点は特筆に値する。 やなどのも基本的には余裕を持って受けられるため、独特の範囲だがメジャーなポケモンに対して役割を持ちやすい。 火力の乏しさや弱点のメジャーさ、各種特性の発動はいずれも相手に依存するなど難点が目立つものの、環境の要件に合致した部分や独自の攻撃性能も持ち合わせる。 総括してピーキーな性能の持ち主であるため、活躍させられるかどうかは使用者のプレイスキルに大きく依存すると言えるだろう。 鎧の孤島で念願のいわタイプ高威力特殊技であるメテオビームを習得し、特殊型が使いやすくなった。 特攻の上昇効果により控えめな火力も補えるが、溜め技なのでパワフルハーブを持たせるなどの工夫が必要。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 考察及びダイマックスとの比較 継続ダメージ効果はかなり強力。 一度でも発動すれば、セキタンザンとは関係ない独立した効果として相手フィールドに残り続ける。 そのため、セキタンザンが倒されてしまっても相手がタイプを出さない限り確実に相手の体力を削り取れる。 通常時の追加効果 砂嵐によるスリップダメージと特防1. 5倍 が利用できなくなるが、 もともとメジャーなとが4倍のポケモンなので特殊耐久上昇が利用できなくなるのはほぼ痛くない。 スリップダメージの観点からみても、とに通りダメージ量の大きいこちらの方が優秀だろう。 さらに、砂嵐はダイバーンの追加効果のにほんばれ状態をかき消してしまう。 砂嵐自体には特防の上昇効果も存在するため、耐久力自体を活かす場合やすなかきのパーティメンバーが存在するなどの理由がない場合はこちらを活かしたいところ。 一長一短と言ったところか。 特性考察 じょうききかん 専用特性。 水タイプか炎タイプの攻撃技を受けると、自分の素早さランクが6段階上がる。 おにびやみずびたしなどの補助技では発動しない。 水技を受ける場合、じゃくてんほけんとの相乗効果が狙えるが、いくら高耐久とはいえ4倍弱点なので受けるには工夫が必要。 イトケのみや、壁サポート、こらえるやダイマックスで無理やり受ける、ダブルで味方の微弱なみず技を受けるなど、手段は豊富なので上手く利用したい。 されると自身の攻撃技で相手を超強化してしまいかねないため、の受け出しには要注意。 セキタンザンの採用に直結する特性であり、ほのおのからだはダイマックス技だと非接触になり、もらいびは炎無効の恩恵がうすいので基本的にこれ一択 ほのおのからだ 物理、特にを受ける際にあると発動もそこそこ狙えて便利。 ただし、自身が最も強く誘う4倍弱点のじしんは非接触。 トリルパで運用する場合や対策、じょうききかんが邪魔となる場合に。 もらいび 隠れ特性。 元々炎は4分の1なので炎無効の恩恵は乏しい。 アタッカー運用の場合も発動時のアドバンテージはじょうききかんに劣り、 で自身の炎技が無効になるデメリットもある。 ダイバーンによる晴れ展開をどうしても防ぎたいなら採用。 高威力だが命中不安。 威力不安定だが、タスキやみがわりに強い。 期待値は3発。 特性発動後の怯み狙い。 追加効果が優秀。 サポート用。 高めの耐久が犠牲になるのが痛い。 反動は無いが威力は低い。 ヒートスタンプ 炎 40~120 60~180 100 - タイプ一致技。 重量級には刺さりにくい。 じしん 地 100 100 - 対炎・岩。 あなをほる 地 80 100 溜め技 ダイマックス枯らしになるが、じしんには要注意。 ボディプレス 闘 80 100 B換算 対岩。 Aに振っていなくてもかなり威力が出る。 特殊型でも検討。 じょうききかんと相性が良い。 ダイマックス技に変換して防御1段階上昇。 トリパに組み込む場合に有用だが、じょうききかんを発動しなくても火力を出せる。 フェアリーへの役割遂行を重視する場合。 岩には通りにくい。 だいばくはつ 無 250 100 自分瀕死 退場技。 連発は効かない。 両刀・撃ち逃げ向き。 もえつきる 炎 130 195 100 炎タイプ喪失 オーバーヒートに並ぶ最高火力。 炎タイプがなくなり、耐性が変化する。 高威力・命中不安。 中威力・命中安定。 ダブルでは相手全体攻撃。 メテオビーム 岩 120 180 90 溜め技 タイプ一致技。 実質威力240。 パワフルハーブまたは身代わり前提。 パワージェムは覚えない。 ダイマックス技に変換する等。 ソーラービーム 草 120 100 溜め攻撃 対水・岩。 ダイマックス技に変換しての使用が基本。 変化技 タイプ 命中 解説 タールショット 岩 100 専用技。 相手の素早さを1段階下げ、弱点に炎を追加する。 には注意。 ステルスロック 岩 - サポート用。 味方の火力補強に。 おにび 炎 85 物理アタッカー対策。 こらえる 無 - 水技を受けてじょうききかんを発動させる。 きあいのタスキと役割が被るが、こちらはじゃくてんほけんと併用できる。 スリップダメージが優秀。 やなどのタイプに無効化されるので注意。 がんせきふうじ げんしのちから 110 165 ダイロック ストーンエッジ いわなだれ ロックブラスト 130 195 天候:砂嵐 非キョダイマックス時の一致技。 スリップダメージはキョダイマックス個体の方が優秀だがこちらは砂嵐で特殊耐久の底上げが可能。 メテオビーム 140 210 ダイバーン フレアドライブ オーバーヒート だいもんじ もえつきる 140 210 天候:晴 一致技。 晴れで2発目から威力1. ソーラービームと相性がいい。 ダイロックと相性が悪い。 岩技との補完に優れる。 追加効果が優秀。 追加効果が優秀。 ジャイロボールの場合、元より威力が下がってしまう時もある。 主にに。 B換算ではなくA換算になるので注意。 トリル時の積み技兼攻撃技。 ダイソウゲン ソーラービーム 140 場:GF 対・・。 など呼ぶ相手に多く刺さる。 地震威力半減に注意。 ソーラービームが通常時使いにくい点も考慮して熱湯と選択。 ダイストリーム ねっとう 130 天候:雨 対・。 呼ぶに。 また、もらいびでの遂行技。 炎技との相性は最悪。 相手のすいすいの便乗にも注意。 トリックルームと相性が悪い。 ダイウォール 変化技 - まもる 相手のダイマックスのターン切れ狙いに。 その分4倍弱点が2つもあるので有利不利がハッキリとしておりサイクル戦に向いている。 役割対象は炎全般、妖全般、、あたり。 相性補完に優れる味方の草タイプなどと組みサイクルを回していく。 その際、ステルスロックなどがあれば徐々にHPを削れて便利。 素の火力がかなり足りないので持ち物は火力補強アイテムを優先したいところ。 役割破壊のじしんに注意。 最近はあなをほるダイアースを使ってくる相手もいるので地面技所持ポケモンは一通り把握しておくこと。 環境でメジャーなやには概ね有利なので、独特な耐性ながら仕事ができる機会は多い。 のこだわりトリックや、数は少ないがじしん持ちには注意。 やることは前作のマグカルゴのサポート型と代わり映えしないが、あちらとは段違いの耐久を持つ上に今作はめざめるパワーの奇襲を考える必要がない。 現環境では・技を所持しているポケモンがわかりやすいので動きやすく、良い意味で使用感はかなり異なる。 火力が乏しくのふきとばしのような強制的な流し技を持たないため、積み技で起点化されないよう注意が必要。 自主退場のだいばくはつや、相手のS上昇系積み技を相殺できるがんせきふうじ、みがわりに強いロックブラストのいずれかは持っておきたい。 砂嵐中は特防アップの恩恵を得られる。 火力にはあまり期待できないがダイロックを撃つことで受けられる範囲が広がる。 晴れ時も炎技威力増、被水技2分の1といった恩恵を得られるので、役割対象のダイマックスに対して自身もダイマックスを合わせるのは十分アリ。 素の攻撃・特攻種族値は80とアタッカーとしてはかなり低いのでやはり火力強化が不可欠。 弱点が多く両刀気味のセキタンザンには弱点保険が最適だが、無論、水技は素で耐えられないため、発動には「こらえる」が必要不可欠。 攻撃・特攻の値は同じだがどちらかに特化させたほうが戦いやすい。 物理型の場合は炎技に、特殊型の場合は岩技に難がある。 また、それぞれサブウェポンも異なる。 パーティと相談して決定。 物理型の場合でも役割破壊としてオーバーヒートを覚えさせるのはあり。 S調整について 蒸気機関発動時のSの目安を以下に示す。 最速で抜きの実数値360。 以下、準速基準で... S220振りで最速砂かき抜き、S164振りで準速抜き。 S132振りで最速かるわざ抜き。 S92振りで最速スカーフ抜き。 S60振りで最速スカーフドリュウズ、最速スカーフ、準速スカーフサザンドラ抜き。 S28振りで最速抜き。 S12振りで準速スカーフロトム、最速抜き。 無振りで最速130族と同速。 もとは鈍足なので性格でSに補正をかけても上昇値が少ない。 少しでも火力を上げたいので準速基準での調整が基本。 おすすめは220,92,28のいずれか。 ダブルではSが変化した時点で行動順が変わるので初ターンから上を取ることができる。 またセキタンザンは攻撃種族値が高いとは言えないため、じゃくてんほけんはほぼ必須となる。 通常のダイマックスではメインウェポンであるダイバーンとダイロックの相性が悪い。 ダブルではキョダイフンセキの効果が相手2体に及ぶことからキョダイマックスのほうが使い勝手が良い。 S調整に関しては上記のじょうききかん型を参照のこと。 やはり最速砂かきドリュウズ抜きのS220振りは確保しておきたい。 性格と残りの努力値は岩技に合わせるならA特化だが、いかくの存在がある。 いかく持ちの大半は岩技が弱点なため出しにくいこともあるが Sにかなり努力値を割かなければならないため A特化するか、岩技の確定数を確保してCに振るのが基本。 「鎧の孤島」で念願の特殊高威力岩技を習得。 キョダイマックス時のみに言及すればC特化も悪くない。 肝心の相方はねこだまし無効で圧倒的な素早さの、ねこだましとひらいしん搭載のなど。 2ターン目以降は鈍足を活かして適当に暴れる。 先制技に非常に弱い。 他にも最低限のサポート技を持っている。 こらえる前提ならフレアドライブを採用せずAC252ベースの両刀もありうるかもしれない。 AC種族値は80とアタッカーとしては貧弱で弱点保険前提の火力のため、単純なトリルアタッカーが欲しければやでやった方がいい。 特に噴火を使いHPの低めなコータスはダイマックスとの相性が悪い一方、セキタンザンは耐久アップを活かすスペックがあるので 使い手の多い地面技に注意すれば、S30から一致炎岩の打ち分けは十分強力。 相性考察 タイプ全般 セキタンザンは草の弱点5つ 炎氷毒虫飛 をすべて半減以下に押さえ込める。 草タイプのポケモンはセキタンザンの4倍弱点である水と地面をいまひとつにできる。 2倍弱点である格闘と岩が通ってしまうので複合タイプや3体目で補完したいところ。 対セキタンザン 注意すべき点 専用特性「じょうききかん」は発動条件こそ難しいが発動してしまうと非常に強力。 水は4倍なので受けきれない場合も多いが、炎を受け出しされるとほぼ確実に抜かれる。 4倍とはいえ水も対面からならこらえる+じゃくてんほけんにより決定力を上げつつ素早さを上げられるので非常に危険。 技範囲も広めな上にAとCが同値なので、読み勝たなければ受け出しも安定しない。 キョダイフンセキはスリップダメージが大きく、発動されると危険。 対策方法 素の決定力はそれほどでもなく、もう1つの4倍弱点である地面に対しては対策を持たない。 まともな積み技も無く、攻撃種族値も平凡なので一貫性さえ切れば全抜きされることはまず無い。 対面から安易に水技を使うとじゃくてんほけんで決定力を得るので注意。 水技+先制技なら比較的安全に処理することが出来る。 アクアジェットは特に有効。 キョダイフンセキは出来ることなら一撃で倒して発動そのものを封じたいところ。 覚える技 レベルアップ No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技00 メガトンパンチ 80 85 ノーマル 物理 20 技01 メガトンキック 120 75 ノーマル 物理 5 技03 ほのおのパンチ 75 100 ほのお 物理 15 技08 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技09 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技11 ソーラービーム 120 100 くさ 特殊 10 技13 ほのおのうず 35 85 ほのお 特殊 15 技15 あなをほる 80 100 じめん 物理 20 技18 リフレクター - - エスパー 変化 20 技20 じばく 200 100 ノーマル 物理 5 技21 ねむる - - エスパー 変化 10 技22 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10 技24 いびき 50 100 ノーマル 特殊 15 技25 まもる - - ノーマル 変化 10 技31 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技32 すなあらし - - いわ 変化 10 技38 おにび - 85 ほのお 変化 15 技39 からげんき 70 - ノーマル 物理 20 技48 がんせきふうじ 60 95 いわ 物理 15 技49 すなじごく 35 85 じめん 物理 15 技54 ロックブラスト 25 90 いわ 物理 10 Lv 技76 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技81 じならし 60 100 じめん 物理 20 タマゴ技 No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技01 のしかかり 85 100 ノーマル 物理 15 技02 かえんほうしゃ 90 100 ほのお 特殊 15 技10 じしん 100 100 じめん 物理 10 技15 だいもんじ 110 85 ほのお 特殊 5 技20 みがわり - - ノーマル 変化 10 技23 まきびし - - じめん 変化 20 技26 こらえる - - ノーマル 変化 10 技27 ねごと - - ノーマル 変化 10 技36 ねっぷう 95 90 ほのお 特殊 10 技43 オーバーヒート 130 90 ほのお 特殊 5 技46 てっぺき - - はがね 変化 15 技52 ジャイロボール - 100 はがね 物理 5 技55 フレアドライブ 120 100 ほのお 物理 15 技67 だいちのちから 90 100 じめん 特殊 10 技74 アイアンヘッド 80 100 はがね 物理 15 技75 ストーンエッジ 100 80 いわ 物理 5 技76 ステルスロック - - いわ 変化 20 Lv 技79 ヘビーボンバー - 100 はがね 物理 10 技84 ねっとう 80 100 みず 特殊 15 技88 ヒートスタンプ - 100 ほのお 物理 10 Lv 技94 10まんばりき 95 95 じめん 物理 10 技99 ボディプレス 80 100 かくとう 物理 10 遺伝.

次の