アニメ かっこいい シーン。 《鬼滅の刃》冨岡義勇はかっこいい!漫画やアニメのかっこいいシーンやイラストをまとめてみた

【画像】漫画史上最もかっこいいシーン、これに決まるwwwwwwww

アニメ かっこいい シーン

20 幼女戦記 21世紀初頭の日本。 徹底的な合理主義者でエリートサラリーマンであった主人公は、同僚の逆恨みで命を落とす。 死後の世界、創造主を名乗る存在Xは、主人公のリアリストな言動と無信仰を咎め、戦乱の世界で苦労して反省し、信仰を取り戻させるとし、孤児の少女、ターニャ・デグレチャフとして別世界に転生させる。 転生した世界は魔法技術が存在するものの、大まかに20世紀初頭の欧州に似た世界で、自身が生まれ育った「帝国」は技術大国だが経済が低迷している上に周囲諸国と外交的・軍事的問題を抱え、数年後には大戦に至る様相を呈していた。 前世の記憶を維持したまま転生を果たしたターニャは、天性の魔導の才能から幼くして徴募されることとなり、それならばと士官学校へ進むことを選択する。 前世の記憶を活かして軍人としてのキャリアを積み、後方勤務で順風満帆な人生を送ろうと目論むターニャであったが、思惑は外れ、大戦の最前線に送り込まれ続けることとなる。 一応異世界転生アニメ。 異世界に行くシーンが一瞬すぎて、きづかなかった。 笑 戦争を題材にした、迫力のある戦闘シーンと可愛らしい外見から想像できない過激な表現。 主人公ターニャの 笑った顔が超かわいいので要注目! ガールズ&パンツァーに出てくるカチューシャに似てる。 幼女戦記といばこの曲 No. 19 モブサイコ100 主人公のモブこと影山茂夫は、師匠の霊幻新隆の元で除霊のアルバイトを勤める超能力者の中学二年生。 しかし特別な力は生きていく上で不要だと考えており、注目されることなく素朴に生きていた。 勉強もスポーツもできず、人付き合いにも不器用な彼だったが、そんな自分を変えるために脳感電波部からの勧誘を断って肉体改造部へ入部するところから物語は始まる。 影山茂夫のピュアさとそれを利用する師匠、霊幻新隆のやりとりがおもしろい。 普段はふざけてるのに、 たまにいいこと言う霊幻新隆。 超能力を持ったキャラばかり出てくる中で、超能力を持ってないからこそでる 本質をついたセリフの数々。 なんとなくGTOの鬼塚に似てるような・・・こんな上司欲しかった。 18 僕のヒーローアカデミア 世界総人口の八割が何らかの特異体質である超人社会となった現在。 それが現実となった世界で、ひとりの少年・緑谷 出久(みどりや いずく/通称 デク)もヒーローになることを目標に、名立たるヒーローを多く輩出する雄英高校への入学を目指していた。 そんな中、ある日デクは自身が憧れてやまないNo. 1ヒーローのオールマイトと出会い、それを機に運命を大きく変えていくことになる。 友、師匠、ライバル、そして敵(ヴィラン)…。 さまざまな人物、多くの試練と向き合いながら、デクは最高のヒーローになるべく成長していく。 shonenjump. 脇を固めるキャラもそれそれ背景があってそこも見所。 「 ネットのニュース」や「 SNS」など現代的な表現が出てきて、ただのバトルだけでなく、現実世界に「ヒーロー」と言う職業があったら・・・ と想像できるようなリアルな表現があるのも面白い。 僕のヒーローアカデミアといえばこの曲 No. ゴンはこの時、死んだと思われていた父親・ジンが生きており、優秀なハンターとして活躍していることを知る。 ハンターという職業に憧れを抱くようになったゴンは、ハンター試験の受験を希望。 ジンを快く思っていない里親・ミトの出した条件をクリアし、ハンター試験会場へと向かうべく故郷を旅立った。 個人的に、序盤のオークション編がピークだった。 まるでその場にいるかのような臨場感のあるバトルシーンが見所! ある意味いい働きかたをしている漫画家。 こういった人が増えればもっと漫画業界も面白くなる気がする。 ぼくも感謝のプログラミングができるようになるまで、努力し続けよう。 15 テラフォーマーズ 西暦2599年、火星のゴキブリを駆除・清掃するために地球を発った宇宙船・バグズ2号の乗組員15名は、火星にて異常進化を遂げたゴキブリ「テラフォーマー」の襲撃に遭う。 艦長ドナテロ・K・デイヴス始め小町小吉ら乗組員達は「火星の厳しい環境下での任務遂行」の名目で受けさせられた「バグズ手術」によって昆虫人間へと変身し対抗を試みる。 が、数で勝るテラフォーマーの想像以上の力や、テラフォーマーの力を独占しようとする本多博士に唆された蛭間一郎達の思惑に翻弄され仲間を失っていく。 遂に小吉と一郎の2名を残してメンバーは全滅するが、辛うじて2人は火星を脱出する。 ゴキブリがでかくなったら・・・ 昆虫が人間サイズになったら・・・ ファンタジーとリアルが混ざった世界観の作品。 絵に若干の癖があるし、人が死ぬシーンもあるので、グロが苦手な人は注意が必要。 基本は「人間VSゴキブリ」で話が進んでいくんだけど、たまに「人間VS人間」の話がある。 そこはあまり好きじゃない。 当たり前のことを偉そうに言うことで、 なんかすごいこと言ってるように聞こえる。 不思議。 14 NINKU -忍空- 忍空組の活躍により戦乱の世も治まったかに見えたEDO暦3年、風助は旅の中で忍空組の残党が悪事を働いているのを目にする。 そんな折、共に忍空を修行した橙次が残党の過激派に囚われたとの報に接する。 彼らは「忍空狼」と名乗り、1人1人が隊長顔負けの実力を持つ刺客を干支忍達に放っていた。 かくして干支忍と忍空狼による忍空戦争が勃発した。 普段はボーっとしてるのに、やるときはやる系主人公代表。 笑 バトルシーンで「〇番隊隊長、〇〇!」って名乗るのが、昔っぽくてたまらなくかっこいい! ストーリーはNARUTO-ナルト-よりシンプルで、わかりやすい。 ヒロインはかわいくないのに、敵がかわいい。 忍空といえばこの曲 No. 13 天元突破グレンラガン これは、まだ自分の運命に気づかぬ一人の男の物語。 地下で暮らすジーハ村の少年シモンは、いつものように得意な穴掘りをしていると、光る小さなドリルと巨大な顔を見つける。 その時、突如として村の天井が崩れ、巨大なロボットとライフルを持った少女・ヨーコが落ちてきた。 騒ぎの中、シモンは兄貴分と慕うカミナとヨーコと共に巨大な顔に乗り込み、コックピットに小さなドリルを差し込むと、その顔はロボット=ガンメンとなって姿を現した。 シモン達はラガンと名付けたガンメンで、襲いかかる敵ガンメンを打ち破ると、勢いそのままに地盤を突き割り地上へと飛び出す。 カミナは人間を襲う獣人からガンメンを奪い、グレンと名付け、ラガンと合体して「グレンラガン」となる。 一行は獣人の本拠地を目指して地上を旅する。 アツい!とにかくアツい! 次々起こる問題のほぼ全てを、 「気合い、根性、勢い、螺旋」で解決していくのに、なぜか最後まで見てしまう。 名言やかっこいい口上がたくさん出てくるのもこの作品の特徴、で、1話からかなり盛り上がる。 さっきまで別々の場所にいたキャラが、一緒戦うときになって息がぴったりな口上を叫ぶシーンはつい笑ってしまう。 笑 天元突破グレンラガンといえばこの曲 No. 12 キルラキル 父の仇を探す女子高生の纏 流子(まといりゅうこ)は、父の殺害現場に残されていた巨大な「片太刀バサミ」の謎を追って本能字学園(ほんのうじがくえん)へ転校した。 だが、学園は人間に人知を超えた力を与える制服「極制服」(ごくせいふく)を操る生徒会によって武力と恐怖で支配されていた。 一つ星から最上級の三つ星までの極制服を生徒たちに与え学園を支配する、生徒会長の鬼龍院 皐月(きりゅういんさつき)が片太刀バサミの秘密を知っていると確信した流子は彼女に挑むが、二つ星極制服を着用したボクシング部部長の前に為す術なく敗れてしまう。 この作品もアツい! あえて昔っぽいタッチの絵と、独特のノリ。 1話だけでも、そのノリがどれだけ独特かわかるので見てみると世界が広がるかと。 笑 登場人物の名前にセンスあり、一度聞いたら忘れられないレベル。 キルラキルといえば「ラグランパンチ」と言うくらい、ロゴの表現方法でも話題になった作品。 満艦飾(まんかんしょく)マコがかわいい。 キルラキルといえばこの曲 No. 10 ジョジョの奇妙な Part3 スターダストクルセイダーズ Part2『戦闘潮流』から約50年後、1987年の日本から物語は始まる。 ある日突然「悪霊」にとりつかれ、周囲の安全のために留置場に自ら閉じこもった空条承太郎のもとに、祖父・ジョセフ・ジョースターとその友人・モハメド・アヴドゥルが訪れる。 ジョセフとアヴドゥルは、承太郎の「悪霊」の正体が精神エネルギーが具現化した「スタンド」というものだと説明する。 ストーリーは宿敵であるディオを倒すと言うシンプルなもの。 のんびりした日常シーンなんか一切なく、9割バトルシーン。 笑 次々と敵が出てくる。 でも主人公が1番強いので、安心して見れるのは嬉しい。 パートごとに主人公が代わりPart4『』や、Part5『』も人気だが、僕はPart3『』推し。 ジョジョの奇妙な Part3 スターダストクルセイダーズといえばこの曲 No. 9 えとたま 「 えと娘」は動物を模したあどけない少女の姿をしている、神の使いである。 数多く存在するえと娘の中でトップに君臨する12人のメンバー「 干支神」は、60年に1度の選抜祭・ ETM12によって決められるという。 男子高校生・ 天戸タケルは秋葉原でひとり暮らしを始めることにしたが、引越し先は超格安の訳有り物件。 タケルが部屋に入るなり、いきなり飛び出してきたのは彼よりも先にそこに住み着いていた、干支神を目指しているネコのえと娘・ にゃ〜たんだった。 メインヒロインのにゃーたんがとにかくうるさくてかわいい。 笑 登場キャラも全員かわいく、 見てて幸せな気持ちになれる。 制作に、「CG・VFXの製作会社である白組」が関わっていて、戦闘シーンでの動きが凄まじい。 めっちゃ動く! 日常ののんびり感と迫力のある戦闘のバランスがいい。 うりたんが1番かわいいですです。 オススメ曲 No. 8 VS騎士ラムネ&40炎 ゲームが大好きな馬場ラムネードはある日、2人の少女からゲーム機用のCD-ROMを買わされる。 それは妖神ゴブーリキを倒した2代目ラムネスの戦いを記録したものだった。 ゲームをクリアすると先ほどの少女たちがテレビから出現し、ラムネードは別の世界に連れてこられてしまう。 彼女たちの正体はキラキラ神霊界の巫女のパフェとカカオであり、復活した大邪神アブラームを倒せる勇者を探していたのだ。 3代目ラムネスとなったラムネードは2代目ラムネスの戦友であるダ・サイダーと共に神霊騎士カイゼルファイヤーを駆り、アブラームを倒す旅に出た。 そして、3代目ラムネスは初代ラムネスの真実を知るのだった。 主人公はラムネだし、ロボはダ・サイダー、ヒロインはパフェにカカオ。 ノリで決めただろこれ ゲームの世界に入るし、実は主人公が勇者の血を引いてるし、ロボに乗って戦うしと全部盛りの作品。 今見ても面白い! OPも最高にかっこいい! ちなみにぼくはカカオ派。 テレビアニメでは、自分の道を見失って強豪校を去ることになった主人公の西住みほが、実績のない無名校を率いて全国優勝を目指しながら、自分の戦車道と向き合っていく。 女子高生が戦車に乗って戦うアニメ。 戦闘シーンは臨場感があり、戦車の見た目や音にもこだわっていて、オタク心をくすぐる。 登場キャラは敵味方共にかわいいし、よく喋るし、個性もある。 敵キャラは各国をイメージして描かれているので、それを元にしたセリフやギャグも見所。 アニメ12話見てからの劇場版への流れが完璧で、 ぼく史上最高によくできた映画だった。 (映画館に5回行った。 ガルパンみたら1度アニメの舞台になった大洗(茨城県)にいってみるといいよ!ガルパンおじさんより。 6 競女!!!!!!!! 貧乏な高校3年生の神無のぞみは、お尻や胸を使って女子選手たちが水上ステージでの落とし合いで競う公営ギャンブル競技「競女」の世界を知り、一攫千金を狙い競女の選手となることを決意する。 のぞみは瀬戸内競女養成学校に入学し、元柔道選手の宮田さやかをはじめ多くの個性的な同級生たちと共に数々の試練を乗り越え、競女選手として成長していく。 尻相撲を、迫力ある感じにした作品。 これは本当に頭のおかしいアニメで、爆笑必至!ツッコミが追いつかない。 技名の例 「尻ギロチン」・「女王様のごほうび クイーン・オブ・ヒップ 」・「乳首一本背負い」など。 これらをなんのためらいもなく、本気で繰り出している。 声優さんの演技力に感動。 5 宇宙戦艦ヤマト 2199年、地球は謎の異星人国家・ガミラス帝国の侵略を受けていた。 冥王星に前線基地を建設したガミラスは、地球に対して遊星爆弾による無差別攻撃を加え続け、海は蒸発し地球は赤茶けた姿に変貌し、放射能汚染で地上の生物は死滅する。 人類は地下都市を建設し、地球防衛軍を結成して抵抗を続けていたが、科学力の差の前になす術もなく、地下にも放射能汚染が進行し、人類滅亡まであと1年と迫っていた。 そんな中、外宇宙から飛来した1隻の宇宙船が火星に不時着し、通信カプセルが回収される。 その中には、地球から14万8000光年離れた大マゼラン星雲にあるイスカンダル星から地球に宛てた、「放射能除去装置 コスモクリーナーDを受け取りに来るように」とのメッセージと、外宇宙航海に必要な波動エンジンの設計図が納められていた。 地球は、宇宙船へと改造されつつあった、九州・坊ノ岬沖で250年も前の世界大戦中に沈んだ戦艦「大和」に、この波動エンジンを搭載し、コスモクリーナーの受領のための宇宙戦艦「ヤマト」として完成させる。 沖田十三を艦長とし、古代進、島大介、森雪などの乗組員を乗せ、イスカンダル星に向け、1年という限られた猶予の中、宇宙戦艦ヤマトは人類最後の希望を託されて往復29万6千光年の旅に発つ。 聞けばストーリーがだいたいわかってしまうというOPが特徴的。 お互いが生きるために正義を貫いた結果起こる争い。 しっかりみると、なかなか深い作品。 リメークされたり、実写化されたりと今でも長く愛されてる。 「宇宙戦艦ヤマト2199」も嫌いじゃないが、個人的には初代のヤマトが1番。 宇宙戦艦ヤマトといえばこの曲 No. 3 血界戦線 かつてニューヨークと言われた街は、異界と人界とが交差して一晩で変わり果て、これにより異界ならではの超常日常・超常犯罪が飛び交う「地球上で最も剣呑な緊張地帯」となった街、「ヘルサレムズ・ロット」が構築される。 そんな中、この街のいつ破れるとも知れぬ均衡を守るために秘密裏に活動する者たちがいた。 クラウス・V・ラインヘルツ率いる「秘密結社ライブラ」である。 彼らはさまざまな能力を駆使し、「血界の眷属(ブラッドブリード)」を筆頭とする異界の住人と日夜戦っていた。 半年前の事件で異界のものに遭遇し、妹が自ら差し出した彼女の視力によって救われた少年、レオナルド・ウォッチ。 妹を救うすべを求めてヘルサレムズ・ロットを再訪した彼は、「ライブラ」の新人と間違われたことをきっかけとして、魔神による無差別襲撃事件に巻き込まれる。 異界のものから与えられた「神々の義眼」の力で事件を解決し、正式に「ライブラ」の一員に迎えられた彼は、クラウスらとともに様々な事件(あるいは異界ならではの日常)へと挑んでいくのだった。 なぜか女性にも人気な作品。 なんでもありな街で起こる事件を解決していくというもの。 迫力あるバトルがメインの回もあれば、人間味のある群像劇っぽい回もあってたまらない。 毎回必殺技を使うとき、 技名を叫んで攻撃するのが最高にかっこいい! 血界戦線といえばこの曲 No. 2 ソウルイーター 舞台は死神武器職人専門学校、通称「死武専」。 死武専は、「職人」と「武器」を育成することを目的としており「職人」と「武器」でペアとなって活動していく。 キャッチコピーは「健全なる魂は 健全なる精神と 健全なる肉体に宿る」。 マカの棒読み具合も見所。 笑 ソウルイーターといえばこの曲 No. 1 RWBY 塵から生まれた存在である人類は、その誕生から間もなくしてグリムという存在の脅威に脅かされていた。 彼らは人類とその創造物を破壊し、それによって人類は滅亡の危機へと追いやられる。 しかし、人類は元来持っているその強さと賢さによってダストという力を発見する。 ダストによってグリムを退けることに成功した人類は、ついに訪れた平和な時間を謳歌していた。 15歳の少女ルビー・ローズ Ruby Rose はグリムを退治する存在であるハンターに憧れ、ハンター養成所であるビーコン・アカデミーへ入学する。 そこでチームRWBY(ルビー)のリーダーとなった彼女に様々な苦難が襲い掛かるが、そんな苦難を仲間と乗り越え、ともに徐々に成長していく。 アメリカのアニメが日本に来たという珍しいパターン。 ノリが完全にアメリカの学園ドラマ。 笑 テンポのいいアメリカンなギャグは他のアニメにはない魅力。 食堂での戦闘シーンで「正義とは甘く、時に辛く、コクがあってクセになるぅぅぅ!!!!! 」と訳した翻訳家は天才。 YouTubeで見れます。 あと 声優がかなり豪華。 RWBYといえばこの曲 アニメを見るなら動画サービスを使おう ネットでアニメは無料で観れたりしますが、違法です。 「バレなきゃ犯罪じゃないんですよ!」という名言がありますが・・・。 後ろめたい気持ちで見るより、動画サービスで堂々と観た方が気持ちよくみれますし。 動画を探す手間が省けるので、時間の節約になります。 最近違法な動画サイトはどんどん削除されていて、そもそも見れないこともあります。 そんなときにおすすめなのは、 「」 昔の名作アニメが見れるのはもちろん、 最新のアニメも見れます。 アニメが無料でみれる以外にも、通販の時に「お急ぎ便」や「時間指定」ができたり、特別なセールがあったりととても便利です。 無料で1ヶ月使えるので、それだけでも使ってみてください。 一気に見て、見たいものだけ見たら解約しましょう! 最後に 今回は、 あまり普段アニメを見ない人に勧められる、見やすいアニメを紹介しました。 (一部を覗く) プログラミングの合間の息抜きは大事ですが、外に遊びに行っても疲れるしお金も使う、ちょっと気分転換したいな!って時に アニメ鑑賞はかなりおすすめです。 今後もたまにアニメの紹介記事を書いていこうと思います。 今回も最後まで読んでくれて、ありがとうございました。 ではまた!.

次の

《鬼滅の刃》胡蝶しのぶはかっこいい!漫画やアニメのシーン・イラストを勝手に厳選

アニメ かっこいい シーン

アニメ【七つの大罪】かっこいいシーンまとめ 第5話:メリオダスが聖騎士ゴルギウスを見破るシーン メリオダスは、バステ監獄に収容されているバンに会いに行くことになります。 メリオダスがバステ監獄に向かっていると聞いたウィアードファング(不気味な牙)の聖騎士ゴルギウスは、未然に防ごうとバステ監獄を出てメリオダスに攻撃をしかけていきます。 そして、メリオダスの前に姿を現した時には、自分の姿を消し、「瞬間移動ができる」と、ゴルギウスは言っていました。 しかし、本当は、ゴルギウスに瞬間移動はできず、ただ姿を消すことができているのでした。 メリオダスはホークからのヒント「匂いの筋」を得て、ゴルギウスの偽瞬間移動を見抜きます。 そして、わざと罠を仕掛けて、ゴルギウスを建物の最上階から落とすのでした。 自分の特技を見破られていることを知らないゴルギウスは、メリオダスの後ろに立ち「後ろですよ ヒヒヒ」と言いますが、メリオダスは「下ですよ ニシシ」と返し、ゴルギウスを見抜いていることを解説します。 このシーンを見ると、メリオダスの才知が働いてかっこいいな~と思います。 第6話:エリザベスが鈴を吐き捨てるシーン アニメ第6話では、バステ監獄へ向かうメリオダスの行く手を阻もうと、ウィアードファング(不気味な牙)の聖騎士ルインがメリオダスとディアンヌに催眠をかけます。 2人は鈴の音を聴くと、お互いを聖騎士だと思いこんで戦い合ってしまうのですが、エリザベスはそれを見抜き、あえてルインの攻撃を受けることで、催眠の鈴を奪います。 そして、ルインが催眠の仕組みを明かしていると、エリザベスは既に知っていると言うかのように、口から鈴を吐き出すのですが、このシーンでまた、才知が働いてかっこいいなと思います。 第8話:エリザベスはキングに助けを求めない 死人の都にて、エレインとの再会を果たしたバンとキングでしたが、バンがメリオダスたちに参戦しに戻った後、ホークとエリザベスが転がってきます。 エレインにバンの誤解を解かれたキングが「助けてほしいのか」と聞くと、エリザベスは「キング様はお逃げください。 でもこの槍をお借りします」と言います。 エリザベスに槍を使いこなせないことは分かっているのですが、槍を貸してくださいと真剣にお願いしているエリザベスが、かっこいいなと思えます。 「助けてください」とは言わなくても「一緒に戦ってください」って言いそうなところですよね。 第9話:メリオダスのフルカウンター 死人の都で、ギーラを圧倒するキングでしたが、詰めが甘く、ギーラに近距離で攻撃されそうになります。 ギーラは観察力や洞察力が鋭いので、普段は冷静に考えて攻撃を計画していますが、キングに追い詰められたギーラは、やや感情的にキングを攻撃しようとします。 そんなギーラのスキをついて出たメリオダスのフルカウンター。 ギーラは「しまった!」とでも言わんばかりに敗北してしまいますが、ギーラのスキを見逃さないメリオダスが、かっこいいなぁと惚れ惚れします。 第13話:ディアンヌの服を持って着るホークママ けんか祭りの途中で、聖騎士ギーラとジェリコがメリオダスたちを倒しにやってきますが、きのこを食べて身体が小さくなっているディアンヌは、マルマスによる地割れに落ちてしまいます。 その後、なかなか地の底から戻ってこないディアンヌでしたが、ホークママがディアンヌの服を地割れのところに落とします。 ディアンヌが戻って来なかったのは、ディアンヌが地を落ちた時に、体のサイズを取り戻したことで、服を来てなかったからなんですね。 ホークママが服を持ってきた時、ホークママ、すごい~と感激しました。 ハウザーは、好意を寄せているディアンヌの正義の為に、自分のリーダー・騎士長であるドレファスやヘルブラムと戦うことを決意します。 そして、ギーラは自分の大事な弟のジーラを助けてくれたディアンヌの為に、聖騎士長たちに歯向かうことを決意しますが、このシーンを見ると、「流されないで自分の正義から大きな存在に疑問を持つってかっこいい!」となんだか嬉しくなります。 第20話:ヘンドリクセンと戦うギルサンダー 今までずっと呪縛のせいで、ヘンドリクセンの言いなりになってきたギルサンダーでしたが、第20話でメリオダスに呪縛を解いてもらったメリオダスは、「今まで一度だって仲間でいたことはない」と言い放ち、ヘンドリクセンに剣を向けます。 そして、呪縛を解いてくれたメリオダスに紳士的にお礼を言い、「後は僕にやらせていただけませんか?」と、父親の仇を討つために、ヘンドリクセンに攻撃を仕掛けていきます。 そんな紳士的で、戦うことを望まないギルサンダーが、おそらく人生初めて、戦うことの意味を見出したシーンに、ギルサンダーがかなりかっこよく見えます。 第22話:バン「親友なら殺してやれ」 ハーレクイン・キングには、ヘルブラムという妖精族の親友がいましたが、ヘルブラムはヘンドリクセンに死んだ身体を買われ、操られてしまいます。 本当のヘルブラムではないと知りつつも、見た目が親友ヘルブラムのままなので、なかなか殺すことができないキング。 しかし、バンはそんなキングに「親友ならさっさと殺してやれ」と言います。 バンは、割とストレートに物を言い、冷たい印象すら残しますが、実は物凄く仲間思いの優しいヤツで、淡白な言葉の裏にあるバンの温かい思いを考えると、バンのかっこよさが心に響きます。 第23話:メリオダスの強心 物語の終盤に入り、強敵ヘンドリクセンに立ち向かう聖騎士団や七つの大罪は、ヘンドリクセンの尋常じゃない攻撃力に、怯んでしまいます。 士気を失いつつある大勢の人々の様子が映し出されますが、メリオダスはその大勢の中のたった1人、ヘンドリクセンを倒すことを信じている男でした。 そんなメリオダス1人の心の強さに、皆は勇気づけられるのですが、このメリオダスの強い心が場の雰囲気を変えるシーンが、相当かっこ良いです。 まとめ.

次の

エッチなシーンが多いアニメTOP40! 一番エロいのはどのアニメ?

アニメ かっこいい シーン

アニメ【七つの大罪】かっこいいシーンまとめ 第5話:メリオダスが聖騎士ゴルギウスを見破るシーン メリオダスは、バステ監獄に収容されているバンに会いに行くことになります。 メリオダスがバステ監獄に向かっていると聞いたウィアードファング(不気味な牙)の聖騎士ゴルギウスは、未然に防ごうとバステ監獄を出てメリオダスに攻撃をしかけていきます。 そして、メリオダスの前に姿を現した時には、自分の姿を消し、「瞬間移動ができる」と、ゴルギウスは言っていました。 しかし、本当は、ゴルギウスに瞬間移動はできず、ただ姿を消すことができているのでした。 メリオダスはホークからのヒント「匂いの筋」を得て、ゴルギウスの偽瞬間移動を見抜きます。 そして、わざと罠を仕掛けて、ゴルギウスを建物の最上階から落とすのでした。 自分の特技を見破られていることを知らないゴルギウスは、メリオダスの後ろに立ち「後ろですよ ヒヒヒ」と言いますが、メリオダスは「下ですよ ニシシ」と返し、ゴルギウスを見抜いていることを解説します。 このシーンを見ると、メリオダスの才知が働いてかっこいいな~と思います。 第6話:エリザベスが鈴を吐き捨てるシーン アニメ第6話では、バステ監獄へ向かうメリオダスの行く手を阻もうと、ウィアードファング(不気味な牙)の聖騎士ルインがメリオダスとディアンヌに催眠をかけます。 2人は鈴の音を聴くと、お互いを聖騎士だと思いこんで戦い合ってしまうのですが、エリザベスはそれを見抜き、あえてルインの攻撃を受けることで、催眠の鈴を奪います。 そして、ルインが催眠の仕組みを明かしていると、エリザベスは既に知っていると言うかのように、口から鈴を吐き出すのですが、このシーンでまた、才知が働いてかっこいいなと思います。 第8話:エリザベスはキングに助けを求めない 死人の都にて、エレインとの再会を果たしたバンとキングでしたが、バンがメリオダスたちに参戦しに戻った後、ホークとエリザベスが転がってきます。 エレインにバンの誤解を解かれたキングが「助けてほしいのか」と聞くと、エリザベスは「キング様はお逃げください。 でもこの槍をお借りします」と言います。 エリザベスに槍を使いこなせないことは分かっているのですが、槍を貸してくださいと真剣にお願いしているエリザベスが、かっこいいなと思えます。 「助けてください」とは言わなくても「一緒に戦ってください」って言いそうなところですよね。 第9話:メリオダスのフルカウンター 死人の都で、ギーラを圧倒するキングでしたが、詰めが甘く、ギーラに近距離で攻撃されそうになります。 ギーラは観察力や洞察力が鋭いので、普段は冷静に考えて攻撃を計画していますが、キングに追い詰められたギーラは、やや感情的にキングを攻撃しようとします。 そんなギーラのスキをついて出たメリオダスのフルカウンター。 ギーラは「しまった!」とでも言わんばかりに敗北してしまいますが、ギーラのスキを見逃さないメリオダスが、かっこいいなぁと惚れ惚れします。 第13話:ディアンヌの服を持って着るホークママ けんか祭りの途中で、聖騎士ギーラとジェリコがメリオダスたちを倒しにやってきますが、きのこを食べて身体が小さくなっているディアンヌは、マルマスによる地割れに落ちてしまいます。 その後、なかなか地の底から戻ってこないディアンヌでしたが、ホークママがディアンヌの服を地割れのところに落とします。 ディアンヌが戻って来なかったのは、ディアンヌが地を落ちた時に、体のサイズを取り戻したことで、服を来てなかったからなんですね。 ホークママが服を持ってきた時、ホークママ、すごい~と感激しました。 ハウザーは、好意を寄せているディアンヌの正義の為に、自分のリーダー・騎士長であるドレファスやヘルブラムと戦うことを決意します。 そして、ギーラは自分の大事な弟のジーラを助けてくれたディアンヌの為に、聖騎士長たちに歯向かうことを決意しますが、このシーンを見ると、「流されないで自分の正義から大きな存在に疑問を持つってかっこいい!」となんだか嬉しくなります。 第20話:ヘンドリクセンと戦うギルサンダー 今までずっと呪縛のせいで、ヘンドリクセンの言いなりになってきたギルサンダーでしたが、第20話でメリオダスに呪縛を解いてもらったメリオダスは、「今まで一度だって仲間でいたことはない」と言い放ち、ヘンドリクセンに剣を向けます。 そして、呪縛を解いてくれたメリオダスに紳士的にお礼を言い、「後は僕にやらせていただけませんか?」と、父親の仇を討つために、ヘンドリクセンに攻撃を仕掛けていきます。 そんな紳士的で、戦うことを望まないギルサンダーが、おそらく人生初めて、戦うことの意味を見出したシーンに、ギルサンダーがかなりかっこよく見えます。 第22話:バン「親友なら殺してやれ」 ハーレクイン・キングには、ヘルブラムという妖精族の親友がいましたが、ヘルブラムはヘンドリクセンに死んだ身体を買われ、操られてしまいます。 本当のヘルブラムではないと知りつつも、見た目が親友ヘルブラムのままなので、なかなか殺すことができないキング。 しかし、バンはそんなキングに「親友ならさっさと殺してやれ」と言います。 バンは、割とストレートに物を言い、冷たい印象すら残しますが、実は物凄く仲間思いの優しいヤツで、淡白な言葉の裏にあるバンの温かい思いを考えると、バンのかっこよさが心に響きます。 第23話:メリオダスの強心 物語の終盤に入り、強敵ヘンドリクセンに立ち向かう聖騎士団や七つの大罪は、ヘンドリクセンの尋常じゃない攻撃力に、怯んでしまいます。 士気を失いつつある大勢の人々の様子が映し出されますが、メリオダスはその大勢の中のたった1人、ヘンドリクセンを倒すことを信じている男でした。 そんなメリオダス1人の心の強さに、皆は勇気づけられるのですが、このメリオダスの強い心が場の雰囲気を変えるシーンが、相当かっこ良いです。 まとめ.

次の