ダイキン 電気 ストーブ。 コアヒートVSセラムヒート の電気代と仕様の比較!違いはココだ!

ダイキンのセラムヒートの電気代は?口コミやコアヒートとの違いも!

ダイキン 電気 ストーブ

【特長】遠赤外線で身体の芯から暖めます。 波長が長いので直進性が強く、遠くまで暖めます。 少し離れたところからでも、作業者をスポット暖房。 風が吹き込む作業所や広い工場でも、作業者をダイレクト暖房。 燃焼しないから安心してお使い頂けます。 空気を汚すことがないので、換気の手間も省けます。 ヒーター管の表面が赤く光るだけで、まぶしさを感じることなく、作業の妨げになりません。 波長が長いので直進性が強く、遠くまで暖めます。 少し離れたところからでも、作業者をスポット暖房。 風が吹き込む作業所や広い工場でも、作業者をダイレクト暖房。 燃焼しないから安心してお使い頂けます。 空気を汚すことがないので、換気の手間も省けます。 ヒーター管の表面が赤く光るだけで、まぶしさを感じることなく、作業の妨げになりません。 体に吸収されやすい遠赤外線効果で、体の芯から暖めます。 屋内の開放的な空間でのご使用でも快適に暖まることができるので幅広い場所でのご使用ができます。 工場・倉庫・ゴルフ練習場・バッティングセンター等 様々 角度調整が出来るので広範囲にご使用頂けます。 万一の転倒時でも「電源遮断装置」付だから安心。 また、石油・ガス暖房のように燃焼式ではないので不完全燃焼もなく安全です。 ファンヒーターの様に風も出ないのでほこりが舞うこともありません。 移動に便利なキャスター付です。 自動首振り機能で左右まんべんなく暖められます。 丈夫で長持ち、スチールボディ。 強・弱の2段階切換式。 【用途】遠赤カーボンヒーター、遠赤外線ストーブ、遠赤外線ヒーター、電気ストーブ、タワー型電気ヒーター、脱衣所暖房、トイレ暖房、洗面所暖房、更衣室暖房として。 ネジやロックは必要なく手動で簡単に変更できます。 直線的に温めたい場合は縦向き、広範囲を温めたい場合は横向きと用途に合わせ使い分けられ1台2役になります。 運転中はスイッチが点灯しますので切り忘れを防止できます。 ツイン・トリプルタイプはキャスター標準装備。 取っ手を持ち楽に移動できます。 優れた赤外線ヒーター。 人体にもっとも吸収されやすい3〜20ミクロンの波長で身体の芯から温まります。 ロータリースイッチ採用の新モデル【用途】工場・倉庫・事務所などに最適。 ボディは丈夫なスチール製を採用【用途】電気ストーブ、小型ストーブ、電気ヒーター、足元暖房、脱衣所暖房、トイレ暖房、洗面所暖房、更衣室暖房として。 【材質】 本体 スチール、 ベース PP【質量 kg 】1. 体に吸収されやすい遠赤外線効果で、体の芯から暖めます。 屋内の開放的な空間でのご使用でも快適に暖まることができるので幅広い場所でのご使用ができます。 使用環境に合わせて「天井吊り」「壁掛け」自由自在。 床置きが狭くてできない作業場や工場に最適! 5【色】グレー・アイボリー【電流 A 】7. パワフル、軽量でコンパクト。 持ち運びに便利!。 キャスター、ハンドル付きで移動が楽々簡単!。 6つの安全装置内蔵。 心臓部は日本製を使用:電磁ポンプ、点火トランス、点火プラグ等【用途】建築現場の暖房、乾燥。 内装工事でのスポット乾燥。 ハウスでの加温や凍結防止。 公会堂、集会場等の暖房。 冬期間のコンクリート養生【質量 kg 】12. 91[0. ムダなくあたたまります。 縦向き・横向き、角度も自在に。 左右方向は、自動で首振り。 人感センサー搭載で、人の不在を検知すると15分後に自動停止します。 消し忘れを防いで、安全に配慮。 人の不在を検知して10分後からは、パワーを抑えた運転で待機します 暮らしのシーンに合わせて、自由にお使いいただけます。 25〜1. 遠赤外線がからだにあたると、熱量のほとんどが吸収され、さらに、からだの構成分子を振るわせて発熱を促します。 セラムヒートは、この性質を利用した輻射式の遠赤外線暖房機。 人のからだにダイレクトに温もりを伝え、からだの芯からあたためます。 縦向き・横向き、角度も自在に。 たとえば、一人で使うときは縦向きで、家族でソファーに腰掛けたり、和室など床に直接座るときは横向きでと、シーンに合わせて使い分けられます。 遠赤外線はからだの芯からあたためるため、その温もりも持続します。 遠赤外線は直進性が高く、離れていても温もりがダイレクトに伝わります。 シンプルで洗練されたシルエットが、すっきりとした印象を与えます。 人感センサー搭載で、人の不在を検知すると15分後に自動停止します。

次の

2台購入して比較!ダイキン セラムヒートVSコロナ コアヒートどっちがオススメ?

ダイキン 電気 ストーブ

7円 約10. 8円 約7. 9円 2,136円〜6,480円 カーボンヒーター 強24. 1円 2,904円〜5,832円 オイルヒーター 10畳 約18. 2円 8畳 約12. 7円 6畳 約8. 8円 2,112円~4,368円 エアコン暖房 8〜10畳向け 2. 8円〜39. 9円 672円~9,576円 電気カーペット 2畳用 高 約9. 2円 3畳用 高 約12. 2円 528円~1,032円 1ヶ月の電気代は各暖房器具を1日8時間使用したとして計算しています。 上記でご説明した暖房器具の電気代を一覧表にまとめました。 一覧表で見ると 電気ストーブの電気代の高さがよくわかりますね。 実は、電気ストーブは長時間つけっぱなしにしているには向いていないんです。 暖めたいスポットがほぼ決まっている場合や、エアコンで部屋が暖まるまでの間などの短時間だけ使用する場合に向いているんですよ。 では、暖房器具はどのように選んで使っていけば良いのでしょうか? 暖房器具は目的別に適切なものを選べばいい! 暖房器具はそれぞれ目的(暖めかた)が違うんです。 狭い空間を暖める、広い空間を暖める、短時間であたためる、一部のスポットだけ暖める、といったように、 最適な暖房器具は目的によって変わってきます。 暖房器具ごとの目的と電気代まとめ 目的 家電 1時間あたりの電気代 1カ月の電気代 短時間だけ使う場合 ハロゲンヒーター 木造4. 9円 2,136円〜6,480円 カーボンヒーター 強24. 1円 2,904円〜5,832円 狭い場所だけれど空間全体を暖めたい場合 オイルヒーター 10畳 約18. 2円 8畳 約12. 7円 6畳 約8. 8円 2,112円~4,368円 広い空間全体を暖めたい場合 エアコン暖房 8〜10畳向け 2. 8円〜39. 9円 672円~9,576円 暖めたいスポットがほぼ決まっている場合 電気カーペット 2畳用 高 約9. 2円 3畳用 高 約12. 2円 528円~1,032円 暖めたい場所や暖める時間などによって暖房器具をじょうずに使い分け、冬の暖房にかかる電気代を上手に節約して使っていきましょう。

次の

電気 【通販モノタロウ】

ダイキン 電気 ストーブ

スポンサードリンク コアヒートとセラムヒートの暖かさを比較 コロナ コアヒートもダイキン セラムヒートも、セラミックコーティングシーズヒーターを熱源としており、人体に最も吸収されやすい3~20ミクロンの遠赤外線がたっぷりと放出される設計となっています。 この遠赤外線が当たるとその熱量の90~95%が体に吸収され、さらに体の構成分子を震わせて発熱を促します。 コアヒートやセラムヒートが暖かいと言われているのは、こういった理由からです。 「それじゃあ、どっちが暖かいの?」 という疑問が浮かんで来るかと思いますが、このあたりはちょっと微妙なところですね。 コアヒートの場合は「1. ただ、セラムヒートのパワーは最大1,100Wですが、コアヒートのパワーは最大1,150Wです。 ですからMAXで運転した場合は、コアヒートの方がちょっと暖かいのかも知れません。 でも、ほんのわずかな差ですけどね。 ちなみに、セラムヒートは10段階に温度調節が可能ですが、コアヒートは10段階+「H」の11段階となっています。 「H」はハイパワーということでしょうね。 コアヒートとセラムヒートの省エネ機能を比較 電気ストーブはパワーを強くすれば暖かいですが、その分電気代も多くかかることになります。 電気代の節約という観点からすれば、省エネ機能や自動温度調節機能がポイントになります。 もちろん、コアヒートやセラムヒートにもこうした機能が搭載されていますが、両者の機能は多少異なっています。 ここからは、そのあたりを比較してみましょう。 コアヒートの省エネセンサーとゆらぎ運転 コロナ コアヒートには「省エネセンサー」と「ゆらぎ運転」という機能があり、いずれも電気代を抑える効果があります。 「省エネセンサー」は人の存在を人感センサーで検知して省エネ運転をする機能であり、ヒーターの前から一定時間人がいなくなると自動的に電気代を節約した運転に切り替わります。 この機能を使うと約15%省エネになるとのことです。 一方「ゆらぎ運転」は、体感温度を考慮しながら定期的にパワーをセーブする機能です。 「体感温度を考慮しながら」という部分がちょっとアバウトですが、要は適当にパワーを上げ下げする機能なんでしょう。 でも、この機能を使うと約29~30%の電気代を抑えることが出来るということです。 コアヒートでは、この「省エネセンサー」と「ゆらぎ運転」を同時に使用できるのもポイントです。 スポンサードリンク セラムヒートの自動温度制御機能 セラムヒートには人感センサーは付いていませんが、自動で温度を制御する機能があり、3つの運転モードがあります。 「リズムモード」はパワーに強弱をつけながらムダのない運転をする機能です。 通常運転だと時間の経過とともに暑く感じて来ますが、このリズムモード運転だと時間が経っても快適な温度を保つことが出来ます。 この機能を使うと約15%の節電効果があるようです。 「センサーモード」は、温度センサーによって設定温度付近をキープする機能です。 設定温度まで暖まると自動的にパワーをセーブします。 「速暖モード」は、通常の1. 8倍速で素早く暖房する機能です。 立ち上がりは全力で暖房運転を行い、暖かくなったら設定された運転になります。 ただこの機能は、とにかくすぐに暖まりたい時に便利なものであり、通常の運転よりも消費電力は大きくなるので、省エネ機能とは別物と考えるべきでしょうね。 よって、セラムヒートの省エネ機能としては「リズムモード」と「センサーモード」がありますが、この両者は併用することはできません。 <追記 2018年10月> セラムヒートの2018年モデル「ERFT11VS」には人感センサーが搭載されています。 詳細はこちらの記事で コアヒートとセラムヒートではどっちがイイの? コアヒートには「省エネセンサー」と「ゆらぎ運転」があり、両者を併用することができます。 一方、セラムヒートには「リズムモード」と「センサーモード」がありますが、この両者は併用することはできません。 となるとコアヒートの方がイイいような感じもしますが、実際にはそういうわけでもありません。 セラムヒートは温度センサーによって温度管理ができますが、コアヒートには人感センサーしかないので、室温を検知して温度管理をすることはできません。 このあたりがコアヒートとセラムヒートとの大きな違いであると言えそうです。 その他の機能や仕様を比較 コアヒートもセラムヒートも自動首振り機能があり、切タイマーやチャイルドロックなどの機能も付いています。 首振り範囲はともに左右70度であり、輻射部をタテ・ヨコに変えられるという機能も同じです。 ただ、細かい点を挙げるとすれば、コアヒートは輻射部を上向きに32度まで変えられますが、セラムヒートは30度までとなっています。 下向き角度は両者とも5度までです。 また、切タイマーの設定時間は、セラムヒートは、0. 5・1・2・4・6時間の5段階ですが、コアヒートは、0. 5・1・2・3時間の4段階となっています。 両者の最新機種のサイズおよび重量などは以下の通りです。 6kg ・電源コードの長さ 2. 8kg ・電源コードの長さ 2m 本体サイズは両者ともほとんど同じですが、セラムヒートの方が少し重く、電源コードも少し短いです。 コロナ コアヒートとダイキン セラムヒートの価格 さて、ここまでコロナ コアヒートとダイキン セラムヒートの違いを色々と検証してきましたが、その性能や機能に関しては甲乙つけがたい感じです。 となると、両者の価格が大きなポイントになるかも知れませんね。 コロナ コアヒートやダイキン セラムヒートは、楽天市場やヤフーショッピングなどで購入できます。 よって、その都度価格をチェックすることをオススメします。

次の