ダイアナ 妃 カミラ。 ダイアナ妃との結婚前夜、チャールズ皇太子が「泣いた」理由

ダイアナ妃の生い立ち~カミラ夫人の存在は王室の闇に事故の暗殺疑惑

ダイアナ 妃 カミラ

Sponsored link カミラ夫人とダイアナ妃の関係と、両者の評判 ダイアナ妃は結婚前からカミラ夫人に嫉妬 チャールズ皇太子とカミラ夫人は1970年代からの知り合いで、一時は恋人同士でした。 ただ、チャールズ皇太子が結婚に煮え切らなかったせいもあり、カミラ夫人は別の男性と結婚してしまいます。 後に皇太子もダイアナ妃と結婚しますが、その結婚式にはカミラ夫人も出席しています。 カミラ夫人と皇太子の関係を知っていたダイアナ妃は出席しないよう願っていましたが、それは叶わなかったようです。 タブロイド紙がゴシップとして、カミラ夫人とチャールズ皇太子の不倫を報じるずっと前からダイアナ妃は不倫に悩んでいました。 あるパーティーでカミラ夫人と対面した時には、自分が不倫を知っていると直接伝えたとも言われています。 それに対するカミラ夫人の返答は、開き直りとも言えるようなものだったそうです。 カミラ夫人に脅迫電話をかけた疑惑も 直接対決しても不倫をやめないどころか、開き直ったカミラ夫人に対してダイアナ妃が脅迫電話をかけたという噂もあります。 ダイアナ妃が亡くなっているので真偽は定かではないものの、複数の証言があるそうです。 情報源がカミラ夫人の親しい人だけに、信憑性については疑わしいという人もいます。 とはいえイギリス皇太子の妻が、不倫相手にこんな電話をかけないといけないのはツラいことですよね。 もし、これが本当だとしたらダイアナ妃が精神的に追い詰められていたのは間違いなさそうです。 カミラ夫人とチャールズ皇太子の不倫は、証拠のテープが公開される前から噂になっていましたしダイアナ妃も知っていたようです。 イギリス国民を味方につけていたダイアナ妃ですが、本当に味方になって欲しい皇太子には最後まで裏切られ続けてしまいましたね。

次の

カミラ (コーンウォール公爵夫人)

ダイアナ 妃 カミラ

Sponsored link カミラ夫人とウィリアム王子の関係、本当の仲は?確執があるって本当? カミラ夫人とウィリアム王子は微妙な仲 そもそも、チャールズ皇太子はダイアナ妃との結婚中にも、カミラ夫人と不倫関係にあったと言われています。 ちょっとひどい話であると同時に、日本では考えられない出来事です。 結局はそれが原因で、ダイアナ妃と離婚することになりますが、二人の王子に正式にカミラ夫人を紹介したのはダイアナ妃が亡くなった後です。 カミラ夫人と自分の関係が注目を浴びないようにはしていたようですが、 ウィリアム王子・ヘンリー王子、息子たちには早々に紹介していたということですね。 2000年頃には カミラ夫人と王子たちの距離も近づいていったそうですが、心情としては微妙だったでしょう。 ただ、 2005年のチャールズ・カミラ両氏の結婚式ではウィリアム王子が新郎であるお父さんの付き添い人を務めています。 ダイアナ妃のことはあったけれども、父親であるチャールズ皇太子が幸せになるのは息子としても嬉しかったのかもしれません。 とはいえ、 カミラ夫人を第2の母親として認めていたわけではない、 という話もあります。 なかなか複雑な家庭環境のなか、カミラ夫人とウィリアム王子の関係はいい距離を保つといった所だったのでしょうか。 おばあちゃんと認められずにカミラ夫人が大激怒?ウィリアム王子との確執 ところが、ウィリアム王子がキャサリン妃と結婚し子どもができてから関係が悪化したようです。 まず、キャサリン妃はダイアナ妃を尊敬していると言われています。 そんなキャサリン妃に、カミラ夫人がダイアナ妃のことについて口出しをしたとか。 そのせいで、カミラVSキャサリンの関係ができてしまったようです。 また、ウィリアム王子にはジョージ王子とシャーロット王女の二人、子供がいます。 出典: その子どもたちは、義理とはいえカミラ夫人の孫となります。 ところが、テレビ番組で、 二人にとっての祖母は ダイアナ妃とキャサリン妃の母親のキャロル・ミドルトンだけ と語っています。 ウィリアム王子やキャサリン妃としても、実の祖母気取りされるのが腹立たしかったのかもしれません。 ジョージ王子とシャーロット王女を本当の孫のように可愛がっていた カミラ夫人にとって、相当ショックな出来事だったのでしょう。 一部の報道では カミラ夫人が激怒したと伝えられています。 事実、血のつながった孫ではありませんが、テレビで報道されてしまったら、嫌味とも取れなくもありません。 ウィリアム王子との仲もその孫たちとの関係も、不倫の末の略奪婚という事実を乗り越えられていなかったということです。 また、結婚して家庭を持つことで、さらに感情が入り混じってごちゃごちゃしているようにも見えます。 表向きは仲の良い家族に見えますが、 実際には深い確執があるようですね。 ダイアナ妃が亡くなった時、ウィリアム王子は15歳だったのでカミラ夫人のしたこともはっきり理解できたはずです。 そう考えると何もなかったように接するのは無理な話ですよね。

次の

チャールズ皇太子―一途な愛を貫いた最高齢の皇太子

ダイアナ 妃 カミラ

1948年11月14日生まれ、イングランド出身。 フルネームはチャールズ・フィリップ・アーサー・ジョージ(Charles Philip Arthur George)。 エリザベス2世とエディンバラ公爵フィリップ王配の間に生まれた長男で、王位継承順位は第1位。 2020年の時点ですでに68年、法定推定相続人(次期国王)在位期間世界歴代最長を誇る彼は、今もその記録を更新中。 現在の妻はコーンウォール公爵夫人カミラですが、自身の子息は元妻のダイアナ妃との間に生まれた長男ケンブリッジ公爵ウィリアム王子と次男サセックス公爵ヘンリー王子のみ。 今は4人の孫の祖父です。 1972年、24歳のチャールズ皇太子はカミラ・ローズマリー・シャンドと出会い、次第に深く愛するようになりますが、皇太子という立場からプロポーズをためらっているうちに、彼女がもともと付き合っていた社交界の人気者で共通の友人アンドルー・パーカー・ボウルズと結婚してしまいます。 また、1977年には、後の皇太子妃となる伯爵令嬢ダイアナ・フランセス・スペンサーの姉セーラと恋仲になりますが、ほどなくして「もし彼が求婚してきても断るでしょう」というコメントで振られ、繊細なチャールズ皇太子は深く傷つきます。 そんな中、幼いころから慕っていた海軍元帥ルイス・マウントバッテンがIRAのテロで亡くなり、悲しむ彼を慰めた、まだ10代のダイアナと急接近。 ボウルズ夫人となっていたカミラにも結婚を勧められ、1981年2月6日、ウィンザー城でダイアナにプロポーズ。 このときチャールズ皇太子は32歳、ダイアナは19歳でした。 1981年7月、全世界が祝福する中で、チャールズ皇太子自身が全ての準備を担った盛大な結婚式が行われました。 その後、1982年6月21日、33歳でウィリアム王子、1984年9月15日、35歳でヘンリー王子というふたりの息子を授かります。 チャールズ皇太子は王室の慣例を打ち破って病院の分娩室で立ち会い、周囲の反対を押し切る形でダイアナ元妃の願いに応え、公務をかなり減らして子育てに参加しました。 そのような態度が父エディンバラ公フィリップの不興を買って板挟みとなったこともあり、チャールズ皇太子はケンジントン宮殿にほとんど帰らず、次第にコーンウォール公領のハイグローヴ邸で過ごすことが増えました。 そのころには、婚約以来 4年ほど途切れていたカミラとの関係も復活。 1996年、長期別居を経て47歳でダイアナ元妃と離婚、その翌年ダイアナ元妃が不慮の死を遂げ、カミラともしばらく距離を置くことに。 しかし、その後、少しずつ息子たちや王室に、カミラの存在を認められるように努力を続け、2005年に56歳でカミラと再婚します。

次の