フリーソフト 画像編集。 簡単に使える画像編集ツール・ソフト9選|無料から有料まで機能を紹介

無料版なのに高機能!オススメの画像加工・編集できるフリーソフト38選|ferret

フリーソフト 画像編集

無料で使える便利な画像加工・編集フリーソフトまとめ 1. 無料で使えるベーシック、アップグレード版のPROがあり、無料でも加工・エフェクト・美肌・素材・HDRの機能を使うことが可能です。 他のソフトとは異なる最大の特徴が毎月アップデートされる コンテンツ群です。 Fotorオリジナルのスタンプやフレーム、テンプレート素材を使ってデザインすることができます。 参考: 2. 切り抜き、色調補正、角度補正、赤目修正のほか、基本的な画像編集機能を一通り備えた高機能が魅力的です。 有料のPhotoshopに比べると機能は劣りますが、無料とは思えないほど機能が揃っています。 Photoshop代わりとしてはもちろん、日常的にPhotoshopを使っている方が、外出先でPhotoshopの入っていないPCを使って画像加工したい時に便利です。 無料ですが、有料の画像加工ソフトと比べても遜色ないほどの機能を備えています。 Adobe PHOT OSHOP EXPRESS EDITOR同様、GIMPも画像加工機能が一通り揃っており、パス・レイヤーも使えます。 Photoshop プラグインを使うことができたり、ブラシやスクリプトを自作することも可能です。 参考: 4. Sumo Paint(Web) 機能性も欲しいけれどもっと手軽に使いたい、という方にはSumoがオススメです。 インストール不要、ブラウザ上だけで画像加工をサクサク行うことができます。 使用感はPhotoshopに似ており、レイヤー、各種フィルター機能も備えています。 参考: 5. Pixlr Editor(Web) こちらもSumoと同じく、 オンライン上だけで動作する画像加工ソフトです。 Sumoは日本語非対応ですが、Pixle Editorは日本語を含む28ヵ国語に対応しているため、英語が心配な方にはオススメです。 機能も豊富で、レイヤー、マスク、フィルター他一般的な機能が使えます。 デメリットとして、オフラインでは使用できないことが挙げられます。 参考: 6. Seashore(Mac) Seashoreは、Mac専用のオープンソース画像加工ソフトです。 GIMPをベースに開発したものですが、GIMPと比較すると機能は少ないですが、手軽でシンプルな設計です。 手軽に使えるインストール型を探しているMac ユーザーにオススメです。 GIMPなどの高機能ソフトに比べると機能が劣るものの、一般的な加工機能は揃っていますので、加工ソフトを初めて使う方、初心者の方には適しています。 Pinta(Web) Pintaは、Photohshopライクな機能性の軽量なソフトです。 GIMPのような高機能ソフトは使いにくいがレイヤー機能などは欲しい、という方にぴったりです。 動作も早いため、GIMPだと動作が重いという方にもオススメできます。 Polarr(Web) 直感的に操作できるソフトをお探しの方にはPolarrがオススメです。 画面左右のツールリストからお好みの加工を選択するだけで、誰でも簡単に画像加工が楽しめます。 ちょっとだけ画像の色調を変えたい、彩度を変えたいという時に便利ソフトです。 Pixlr Express(Web) AUTODESKが提供する、PIXLR EDITORの姉妹ソフトです。 簡単な設計で誰にでも操作がわかりやすくなっており、時間をかけずに画像加工ができます。 オシャレな写真編集も簡単にできますので、さくっとエフェクトをかけてプロっぽい写真にしたいという方に最適です。 難点としては、日本語非対応という点が挙げられますが、直感的に操作ができるため英語が苦手でもすぐに慣れることができます。 参考: 11. befunky befunkyは、画像加工・コラージュ・デザインの3機能を備えた オンラインツールです。 人物補正に最適なタッチアップツール、オシャレなエフェクト、装飾に便利なグラフィックなどが揃っており、好きな加工を組み合わせる感覚で手軽に画像加工ができます。 レイヤーを追加することも可能となっているため、手軽ながらも本格的な加工編集ができるのが魅力的です。 参考: 12. orgから派生したソフトウェア「LibreOffice」内のドロー系ツールです。 特に、PowerPointを使っていた方には扱いやすい使用感で、その他の画像加工ツールに苦手意識を持っている方やOfficeソフトをメインに使っている方にオススメです。 Jtrim(Win) 簡単操作で画像加工ができる、初心者にオススメのソフトです。 透過、切り抜き、テクスチャ、カラー、ぼかし、合成ほか様々な効果を適用することができます。 インストール型のソフトですので、オフラインでいつでもどこでも使えるのがポイントです。 Picozu(Web) Picozuは、シンプルな操作性と高クオリティな画像加工を実現できるソフトです。 定番の画像加工機能に加えて、レイヤー、フィルターなどの充実した機能が使えますが、初心者でも使いやすい設計というのがポイントです。 高度な画像加工ソフトで挫折してしまった方は、Picozuを一度試してみてください。 参考: 15. Paint. NET(Win) Windowsのペイントに近い使用感の画像加工ソフトです。 加工機能は他のツールと比較するとやや少なめですが、基本的に必要なツールは備わっているのがポイントです。 AzPainter(Linux) AzPainterは、フルカラーのペイントソフトです。 手軽にイラストを描いたり、レタッチ、ドット編集ができます。 デフォルトでペン、鉛筆、エアブラシ、水彩を使うことができるほか、オリジナルのブラシを自作することが可能です。 画像編集にも使えますが、イラストを描く時に特に活躍するツールです。 PictBear(Win) PictBearは、直感的に使えるシンプルなインターフェースと多彩な機能が魅力的なペイントソフトです。 画面はカスタマイズすることもできるため、自分仕様の画面にしておくことで効率よく作業が可能です。 また、Photoshopなどの高機能ツールで見かけるレイヤー機能を備えており、様々な効果を組み合わせて表現することができます。 なお、ソフトウェアの開発・サポートは現在終了しています。 Pixia(Win) レイヤー、フィルター機能を備えたフリーのペイントソフトです。 筆先のタイプも自由に設定できたりと柔軟性の高いツールが揃っており、本格的なイラストを描くことができます。 フリーソフトながらも、柔軟性の高いドローツールを備えており、レベルの高いベクターイメージが作成できます。 Windows、Macに加えてLinuxでも利用が可能です。 将来的にIllustratorの導入を考えている方は、まずこちらを使ってみてはいかがでしょうか。 素材が豊富に揃っているため、自分でデザインを考えなくとも魅力的な画像が作れるのがポイントです。 また、手元にある画像をアップロードして使うこともできます。 参考: 22. gifs(Web) Youtube動画からgif画像を手軽に作成できるサービスです。 YouTube動画の URLを指定し、使いたいワンシーンを選択するだけで、あっという間にgif画像ができ上がります。 切り取ったgif画像にはキャプションを入れたり、ちょっとした編集も可能です。 アニメーションGIFを作ろう! 画像を指定するだけで、gif画像が簡単に加工できるサービスです。 最大30枚の画像を指定できるほか、リピート回数、持続時間、画像の重ね方など細かな設定もできます。 SmillaEnlarger SmillaEnlargerは、画像加工ソフトと合わせて使いたい、画像解像度を上げるためのツールです。 画像の劣化を抑えながら解像度を上げてくれます。 中でもビットマップ画像は高品質で拡大することが可能です。 写真加工. com(Web) 170種類以上の豊富なツールが魅力的な画像加工サービスです。 文字入れ、回転といった基本編集に加え、フレーム枠、イラスト化といった様々な加工を簡単に行えます。 ツールの種類がわかりやすくリスト化してあり、人気のツールも一目瞭然ですので、どう加工したらいいかわからない初心者の方にも使い勝手良いです。 Sumo Paint(Web) 英語のサイトですが、編集したい画像をサイト上で開くだけで、ブラシなどのレタッチを行うことができます。 直接キャンバスに描写することもでき、色んな事ができるレタッチツールです。 また、Photoshopのようにレイヤー機能を持っています。 一度Photoshopを使ったことがある人にとっては非常にわかりやすい作りになっていて、画像の回転・反転・トリミング・リサイズなども可能です。 PhotoFunia(Web) ユニークなエフェクト加工が楽しめるサービスです。 ヴィンテージ、ロマンティックといった人気のフィルターから、写真にコラージュしたようなフレームまで、幅広く全部で500種類以上を揃えています。 顔にスタンプを押した加工など、他ではあまり見ない機能もあります。 ただ、あらかじめ用意されている画像を加工することは可能ですが、逆に自分で好きな画像をアップし、その画像を編集することはできません。 Pixlr O-Matic(Web) トイカメラ風のオシャレな画像が簡単に作れるサービスです。 こちらもAUTODESKが提供しています。 写真を選択し、好きなフィルターや設定をするだけで一瞬で画像をイメージチェンジできます。 パソコン内の写真はもちろん、Webカメラで撮影した写真をそのまま加工することも可能です。 参考: 29. Photox(Web) 最大1,000ピクセルまでの大きな画像も加工できるサービスです。 サイズ変更、トリミング、回転、反転といった基本の機能が揃っていて、マウス操作だけで作業ができるので、画像加工初心者でも安心です。 高度なツールによくある、操作履歴が残るヒストリー機能も搭載していますので、間違って処理した場合にも遡ることができます。 モジマル(Web) 画像加工未経験の方でも簡単に使えるサービスです。 カラーペン、ネオンペンといった好みのペンで文字入れをしたり、スタンプを貼付けることができます。 さらに、ドラッグして好きな場所に移動するだけですので誰にでも操作が可能で、アニメGIF、アメコミ風画像、トーク画といったユニークなものもサクッと作成できます。 素材は、フィルター、フレーム、スタンプ、 テキストが豊富に備わっていて、トレンド感も押さえた素敵なものばかりが揃うのが特徴です。 バナー工房(Web) 画像加工からGIFアニメ、点滅する画、スクリーンショット、アイコン・ バナー作成、QRコード作成まで、幅広い画像が作成できるサービスです。 どれも簡単なステップで作れますので初心者、未経験でも簡単に使え、Photoshopのような高度なツールではなく、手軽なものを探している時に使いやすいサービスです。 Photobucket(Web) 表示がわかりやすい、シンプルなデザインの画像加工サービスです。 機能一つひとつにアイコンが設定されているので、英語ができなくても直感的に理解でき、使いこなすことができます。 どの機能も好きなものを選択するイメージで作業できるので、とても簡単です。 Picfull(Web) 定番から個性的なものまで、あらゆるエフェクトを用意している画像加工サービスです。 人気のヴィンテージ風はもちろん、ビビッドな2色のデザイン、カラードットといったものまで適用することができます。 作成後の画像はダウンロードできるだけでなく、そのままFacebook、 Twitterに投稿が可能です。 FotoJet(Web) 豊富なテンプレートが魅力的な、コラージュ画像加工サービスで、600種類もの膨大なテンプレートはどれもオシャレで、合成するだけで素敵な画像に仕上がります。 単なるコラージュだけでなく、Facebookカバー、カード、Facebook投稿用画像も簡単に作れます。 Web Resizer(Web) 画像のリサイズを中心とした加工が簡単にできるサービスです。 色合い、露出、コントラスト、彩度の調整もあわせて行うことができ、写真の見栄えを手軽に良くしたい時に便利です。 フォトコンバイン(Web) 簡単な画像編集のほか、様々なツールが使える画像加工サービスです。 画像結合、GIFアニメ作成、ロゴ・ボタン作成、QRコード作成もブラウザ上で手軽にできます。 Pixer. us(Web) 簡単な画像の編集だけなら、これで十分なブラウザベースで動く画像編集ツールです。 画像の回転・反転・トリミング・リサイズはもちろん、明るさ調整・色調補正などが簡単に可能です。 あらかじめ複数のフィルタが用意されているため、こだわりがなければ一発で画像編集が可能です。 これだけの機能が無料で提供されていることにも驚きですが、必要な機能だけが用意されているため動作が軽いのも大きな強みです。 自分の手に馴染む画像加工・編集ソフトを見つけよう Photoshop、Illustratorと比較すると機能的には劣りますが、どれも決して無料とは思えないほど高機能なソフトばかりです。 実際に試してみて、自分にぴったりの画像加工ソフトを選んでみてください。 デザインについてもっと学ぶ コンテンツ コンテンツ(content)とは、日本語に直訳すると「中身」のことです。 インターネットでは、ホームページ内の文章や画像、動画や音声などを指します。 ホームページがメディアとして重要視されている現在、その内容やクオリティは非常に重要だと言えるでしょう。 なお、かつてはCD-ROMなどのディスクメディアに記録する内容をコンテンツと呼んでいました。

次の

無料版なのに高機能!オススメの画像加工・編集できるフリーソフト38選|ferret

フリーソフト 画像編集

パーソナル/ビジネスユース両対応、直感的に利用できる写真加工・画像編集のコンプリートツール フォト エディター、フォト カッター、フォト イレイサーという3つのツールを利用して作りたかった写真、理想的な画像を作成できるオールインワンの高機能、写真加工・画像編集ソフトです。 200種類以上のエフェクト、テクスチャ、フレームの適用やテキストを追加して画像を加工・編集できる「フォト エディター」• 写真の中から人物などの特定の対象を切り出し、別の写真に自然に合成したモンタージュ写真を作成できる「フォト カッター」• 写真の中から映り込んでしまった不要な対象を違和感なく削除することができる「フォト イレイサー」 オープンソースで開発されている定番のグラフィックソフト GIMP(GNU Image Manipulation Program)は、レイヤー機能、パス、マスク、グラデーション、色調整(正規化、ホワイトバランス、コントラスト伸長など)フィルタ(ぼかし、強調、変形、ノイズ、合成、マップ、下塗りなど)、など豊富な機能を備えた高機能グラフィックソフトです。 本ソフトを起動すると、画像を編集するメインウインドウのほかに、筆、ブラシ、範囲選択、切り抜きなどが選択できるツールボックスや、レイヤー配置、チャンネル、パス、アンドゥなどを設定できるレイヤーウインドウが立ち上がります。 Photoshop とは操作方法や使用感が異なりますが、慣れればなかなか強力なツールとして力を発揮します。 写真の最適化、コントラストの調整、効果の適用、オブジェクトの追加などにも対応した写真編集・管理ソフト フォトライブラリ機能に多彩な画像編集機能を搭載した写真編集・管理ソフトです。 現行製品の旧バージョンが無償化されたもので、もともと製品版だっただけに高機能なのが魅力です。 ワンクリックで写真を最適化したり、ホワイトバランス、コントラスト/色温度/明るさ、グレースケール/セピアなどの効果、トリミング、水平調整、赤目補正などを調整・適用でき、オブジェクト(矩形、直線、矢印、テキストなど)の追加も可能です。 ウイルス対策ソフト、スパイウェア対策ソフト、ファイアウォールソフト、ファイル暗号化ソフト、ID・パスワード管理ソフト… オフィスソフト、ウェブブラウザー、メールソフト、圧縮・解凍ソフト、付箋紙ソフト、PDF作成ソフト、イラスト作成ソフト、画像・動画管理ソフト、テキストエディター、ファイル復元ソフト… 辞書検索、オンラインウイルススキャン、オンラインアルバム、ストリーミング、動画共有サイト… フリーメール、メッセンジャー、オンラインゲーム、mixi活用ソフト、ブログ… USBメモリー停止ソフト、USBメモリーファイル復元ソフト、ポータブルオフィスソフト、ポータブルブラウザー、ポータブルメールソフト… フリーソフト100が注目したソフトや無料サービスをピックアップした特集記事….

次の

無料版なのに高機能!オススメの画像加工・編集できるフリーソフト38選|ferret

フリーソフト 画像編集

Windows10で使える画像編集加工ソフトおすすめ 画像編集には編集加工ソフトが便利 スマートフォンが急速に広まったことから、画像や動画の編集が以前よりも身近になり、最近ますます需要が増えています。 それと同時に便利になっているのが 画像編集のソフト。 こうしたソフトが手元にあれば、画像を編集して自分の理想に近付けることができます。 そこで今回は、Windows10で使えるおすすめの 画像編集加工ソフトをご紹介します。 Windows10で使える画像編集加工ソフトおすすめ おすすめの写真加工ソフト1位「Fotophire」 Windows10で利用できる加工ソフトとして一番おすすめなのが、これまでに数々の編集加工ソフトを展開しているWondershareから登場した「」です。 軽いタッチで背景部分をマークして除外できる「フォトカッター」に加え、「フォトイレイサー」では画像内に映り込んでしまったオブジェクトをまるで消しゴムのように消せます。 さらに、ユーザー好みのスタイルに加工できる「フォトエディター」の機能が揃い、こうした極めてシンプルな機能を使うだけで、通常の写真もあっという間にプロのような写真に。 ペンを使ってマークすることで、背景カットも自在に行えます。 windows画像編集ソフトの「Fotophire」は現時点でwindows版のみの対応となっており、Windowsユーザーには嬉しいソフト。 初めてでも取り扱いやすい仕様で、思い描く通りの画像を手軽に完成できます。 おすすめ写真加工ソフト2位~5位 2位、高機能を誇り無料で利用できる「GIMP」 「GIMP」はオープンソースにより開発されている画像加工ソフトで、無料で利用できますが有料の 画像編集ソフトと比較しても遜色ないほどの高い性能を備えています。 レイヤーやトーンカーブ、ヒストグラムやブラシエディタ、パスの編集などの他に、多彩なプラグインが充実。 モザイク編集を行ったり、画像の形状から切り抜く作業も簡単ですし、アニメーション合成を行えるフィルタ機能も沢山備えている点が特徴です。 これ一つで、Windows8のコンピュータ上で殆どの編集作業は行えるでしょう。 3位、パワフルな加工機能を搭載している「Fotor」 「Fotor」は手軽さだけでなく強力な加工機能を備えた編集ソフト。 iPhone端末やAndrod端末で使用できるスマートフォンのアプリ版と、ソフトのダウンロードが不要なパソコンブラウザー版が用意されています。 無料で使用できるベーシックとアップグレード版であるPROがあり、無料版でも加工やエフェクト、美肌効果やHDRの機能などの使用が可能です。 写真の編集処理では、大きさや傾き、光量などの調整ができます。 色合いの調整に関しても多種多様な種類のフィルターが準備されており、ユーザーはそれらを選ぶだけでセンスの良い写真に編集することができます。 さらに、コラージュ機能では、複数の画像を集約して一つの画像の作成が可能です。 そして、他の編集ソフトとは違う最大の特徴は、コンテンツ群が毎月アップデートされる点です。 Fotor独自のスタンプやテンプレート素材、フレームなどを駆使して色々な雰囲気にデザインすることができます。 4位、使いやすさが魅力の「Photoscape」 「Photoscape」はビギナーの方におすすめのソフトで、シンプルかつ使いやすい仕様になっています。 GIMPなど高い機能を備えたソフトに比べると多少機能が劣りますが、一般的な編集加工機能はしっかり揃っていますので、まだ加工ソフトを使ったことがない方には適しているでしょう。 5位、初心者でも色々な効果が適用できる「Jtrim」 もう一つ、簡単な操作で画像加工できるソフトが「Jtrim」です。 透過や切り抜き、テクスチャやカラー、ぼかしや合成など、様々な効果を画像に適用できます。 こちらはインストールタイプのソフトなのでオフラインでも使える点がポイントです。 Windows10画像編集ソフトを5つご紹介しましたが、いかがでしたか。 高い機能を誇り、プロのような雰囲気に仕上げたい時に最適なのが「」ですが、今まで一度も写真の加工に携わったことがない方でも使いやすい点が魅力です。 なお、ご紹介したソフトの中には、ビギナー向けのシンプルな加工ができるソフトもありますので、興味がある方は試してみてはいかがでしょうか。

次の