いかがいたしましょうか 漢字。 「致します」の意味と用法|漢字とひらがなどっちが正しいの?

「いかがいたしましょうか」と「いかがなさいますか」の違いと例文

いかがいたしましょうか 漢字

スポンサーリンク 「どうしますか」の意味と使い方は? まず最初に 「どうしますか」の意味と正しい使い方について見ていきましょう。 「どうしますか」という語句は、「どう」という副詞、「します」という動詞、「か」という終助詞から成っています。 「どう」はものごとの様子についての疑問の気持ちを表します。 また、相手の考えを誘い出すために呼びかける言葉でもあります。 「最近、どうだい」、「一杯、どう」といった用例です。 「します」は「する」の敬語ですが、語源をたどると古語に行き着きます。 古語の尊敬の助動詞「す」の連用形に、尊敬の補助動詞「おはします」がついた「せおはします」という言葉が、音変化を起こしたものが、現代の「します」に転じたようです。 そして「か」という終助詞は、文の終わりにつけて疑問、質問、反語、感動など心のいろいろな働きを示します。 このように 「どうしますか」は、相手が 「これからどのようにしたいか」とその考えや意向を尋ねる表現です。 ただ「どう」は前述したように、相手に何かを聞く際では、ややくだけたニュアンスがある副詞的用法です。 このため 「どうしますか」も、形態的は敬語表現にはなっていますが、意味上は 「この先の選択をあなたが決めてくれ」、「聞き入れるから言ってくれ」といった、相手との距離感では対等な印象を受ける言い方といえます。 同僚や友人などの間で 「これからどうします」、「さて、どうする」と使うのは問題ありませんが、目上の人や立場が上の人に対しては、使用は控えるべき語句だといえるでしょう。 「どうしますか」の敬語や丁寧語は? 次に 「どうしますか」の敬語や丁寧語について見ていきましょう。 「どうしますか」の敬語表現として、例えば「する」の尊敬用法である「される」を使って 「どうされますか」や 「どうなさいますか」という言い方もできます。 しかしいずれも「どう」がくだけた用語ですので、やはりぞんざいな、馴れ馴れしい感じは否めません。 スポンサーリンク このため、より丁寧に言い換えるには、「いかが」という副詞、または形容動詞を用いることが適切となります。 「いかが」は漢字では「如何」とも書きますが、古語の「いかにか」が音変化したものとされています。 語尾に係助詞「か」があり、「いかに」に比べて疑問や反語の意が強まっている言葉です。 これは「どう」より文章語的で、話し言葉としてはかなりあらたまった、丁寧な印象を与える言い方になります。 相手の意向をたずねる場合のほか、 「自分としては賛成できない」ということをやんわりと示す場合にも使われます。 前者の用例は 「いかがでしょうか」、後者では 「それはちょっと、いかがなものか」となります。 目上の人などに失礼なく意向を尋ねる場合では「いかがいたしましょうか」、「いかがなされますか」といった言い方が、敬語としてはふさわしいでしょう。 ビジネスメールで「どうしますか」を使う場合の注意点とは? 最後にビジネスメールで 「どうしますか」を使う場合の注意点について見ていきましょう。 ビジネスシーンで、特に仕事上のメールの中で使う言葉としても「どうしますか」はあまり適切ではありません。 取引先や上司などに判断、意向を仰ぐ場合は、やはり 「いかがいたしましょうか」や 「いかがなされますか」などを使うべきでしょう。 この際、表現の使い分けには少し注意が必要です。 まず相手がどうしたいのか、先方の行動や意思を聞く場合は 「いかがなされますか」を使用します。 例えば 「デザートはいかがなされますか」などです。 また相手が、自分に対して何をしてほしいのか、自分の行動についての判断を問う場合は「いかがいたしましょうか」と表現します。 例えば 「明日おうかがいする時間は、いかがいたしましょうか」といった用例です。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「どうしますか」の 意味と正しい使い方、そして敬語や丁寧語、ビジネスシーンで使う場合の注意点をご紹介しました。 ビジネスの場で上司や目上の人に「どうしますか」と表現するのはやはり少し不適切なのでその場合は「いかがいたしましょうか」や「いかがなされますか」と言い換えた方がいいでしょう。 メールでも「どうしますか」と表現するのは不適切なので気をつけるようにしましょう!.

次の

「いかがいたしますか」は間違った敬語!「いかがなさいますか」に正そう

いかがいたしましょうか 漢字

謙譲語の例としては、「伺う」「いただく」「申す」などがあります。 「伺う」は、「聞く」「質問する」「行く」をへりくだって言う言い方です。 例えば「是非ともご意見を伺いたく存じます」「ひとつ伺ってもよろしいでしょうか?」「すぐにそちらに伺います」といった使い方をします。 これらは全て、目上の相手に対して使う言葉です。 例えば「是非ともご意見を伺いたく存じます」と部下に向かっては言いません。 上司や取引先に対して言います。 もし相手が部下であれば、「是非君の意見を聞いてみたいんだけど」といったくだけた言い方になるでしょう。 謙譲語には他に、「お聞きする」「お電話する」のように、「お〇〇する」という言い方もあります。 例えば、「是非ともご意見をお聞きしたく存じます」「ひとつお尋ねしてもよろしいでしょうか?」といった言い方をします。 こちらもやはり、目上の相手に対して使われる言葉です。 「いたす」の意味 丁寧語とは、話し手が聞き手に対して敬意を表して丁寧な言い方をする言葉です。 文末に「です」や「ます」をつけるのが、丁寧語です。 こちらも基本的には目上の相手に対して使う言葉ですが、謙譲語や尊敬語よりも少し相手の範囲が広くなります。 例えば、部下に「私が指示を出しますので、その通りにしてください」と言っても、そんなにおかしくはありません。 部下に向かって「わたくしが指示をお出ししますので、その通りになさってください」とは言いません。 なので、丁寧語は謙譲語や尊敬語ほど表す敬意が強くはありません。 ただし、「ください」は「くれ」の尊敬語ですので、言葉によっては尊敬語でも目上の相手以外に使われることもあります。 丁寧語の例 「いかが」は漢字では「如何」と書き、状態や意見などに尋ねる様子を表します。 「どう」「どのように」と言った意味になります。 「いかが」は少し丁寧な言い方ですが、敬語ではありません。 「いたす」は上でも見たように「する」の謙譲語です。 なので「いかがいたしましょうか」というのを謙譲語も丁寧語も使わない表現にすると「どうしようか?」となります。 「いたす」は自分が「する」ことについての謙譲語なので、ここでいう「どうしようか?」というのは、「(私が)どうしようか?」という意味です。 「いかがいたしましょうか」というのは、「(私が)どのようにしましょうか?」という意味です。 「いかがいたしましょうか」は、自分がどうすればいいのか指示を仰ぐ場合に使われる言葉です。 「いかがいたしましょうか」は、「(私が)どうしましょうか」と訊ねる場合に使います。 「いたす」は謙譲語なので、自分が行う動作について使います。 相手が行う動作について「いたす」という言葉を使うのは敬語として間違いです。 相手に「(あなたが)どうしますか」と訊ねる場合に「いかがいたしますか」と言うのは間違いなので気をつけましょう。 自分の動作について「(私が)どうしますか?」という意味で「いかがいたしますか」と言うと、少し不自然な言い方になり、正しく伝わらない場合があります。 なので、「(私が)どうしますか?」と指示を仰ぐ場合には「いかがいたしましょうか」と、より丁寧な言い方をするといいでしょう。 尊敬語とは? 尊敬語は、話し手が相手に対して、相手を高めることによって敬意を表す言い方です。 謙譲語が自分を下げていたのに対して、尊敬語は相手を上げるという違いがあります。 尊敬語には「いらっしゃる」「召し上がる」「おっしゃる」などがあります。 例えば、「いらっしゃる」は「いる」「行く」「来る」の尊敬語です。 「先生は職員室にいますか?」という意味で「先生は職員室にいらっしゃいますか?」と訊くことができます。 「先生はいつ教室に来ますか?」と訊きたいときには「先生はいつ教室にいらっしゃいますか?」と言います。 「明日はどこへいらっしゃるんですか?」と訊けば、「明日はどこへ行くんですか?」と言う意味になります。 また、「お呼びになる」「お食べになる」「お言いになる」といった「お〇〇になる」という言い方も尊敬語です。 「来られる」「行かれる」のように「〇〇られる」「〇〇れる」という言い方をするのも尊敬語です。 「どうしますか」と聞きたいときは? 自分がどうすればいいか分からないときにはしっかりと訊ねることも、仕事の上では必要になります。 また、上司に対して正しく敬語が使えるかどうかも信用問題の上で大切です。 何か分からないことを上司に訊くときに、「いかがいたしましょうか」が使えます。 例えば、取引先の相手に資料を送るように頼まれたけれど自分の権限では決められない、という時に「いかがいたしましょうか」と使えます。 「〇〇様から資料を送るように頼まれたのですが、いかがいたしましょうか?」と訊ねることができます。 「それじゃあメールで送っておいて」と頼まれる場合もあれば、「いや、それはこっちで処理するから君は何もしなくていい」と言われる場合もあるでしょう。 分からないことがあったら「いかがいたしましょうか」と上司に指示を仰ぐことで、仕事も円滑に進めることができます。 取引先に対して 取引先に対してもちゃんと敬語を使えないと、会社全体の信用問題にも関わります。 分からない点について訊くときにも「いかがいたしましょうか」ということができますが、相手の意向を訊ねる場合にも「いかがいたしましょうか」と訊くことができます。 例えば、後日また連絡を取らなければいけないときに、「こちらから〇〇日にお電話さしあげることもできますが、いかがいたしましょうか」と訊ねることができます。 相手によっては電話をかけられるよりかけるほうが都合がいい場合もあるし、メールの方が都合がいい場合もあるでしょう。 「いかがいたしましょうか」と訊ねることで、お互いによりスムーズなやり取りへと繋ぐことができます。 「いかがいたしましょうか」を上手に使おう.

次の

間違いが多い「よろしいでしょうか」は目上に使える敬語?意味、使い方、類語を解説

いかがいたしましょうか 漢字

学生のみなさんは、敬語を使う機会がどれくらいありますか? 教授や先輩と話すとき、バイト中など敬語を使う場面はあると思いますが、使い慣れていないと間違った使い方もしてしまうかと思います。 しかし、社会人になるとそうはいきません。 毎日が敬語のなかで生活することになりますし、上司やクライアントに対して不適切な敬語を使うのは好ましくないでしょう。 敬語に自信があるという学生はどれくらいいるでしょうか。 話しているつもりが本当は間違った敬語、もしくはあまり好かれない言い方だった、なんてことは珍しいことではありません。 そこで今回は基本的なものから、筆者がインターン中に指摘を受けたもの含め、特に覚えておくべき敬語を10個ご紹介します。 Contents• 「了解しました」ではなく「承知いたしました」 了解って頻繁に使ってしまう言葉ですよね。 しかし目上の人と会話する際に使ってはいけない言葉なのはご存知でしょうか? 相手から何か頼まれた場合は「了解しました」ではなく、「承知いたしました」もしくは「かしこまりました」を使うようにしましょう。 謝る時は「申し訳ありませんでした」 バイトなどで、使いがちなのが「すいませんでした」です。 この言葉は尊敬語ではないため、目上の人に謝る際には不適切な言葉です。 正しくは「申し訳ありませんでした」なので、こちらを使うように心がけましょう。 なんでもかんでも漢字に変換しない メールなどをスマホやPCで打つ際に特にしてしまうのがこのパターン。 変換を機械に任せると、変換しなくていいものまで変換してしまうことがほとんどです。 これらは変換せずに平仮名のまま用いるのが正しい用法です。 席に案内する際は「お掛けください」 飲食で特に使う場面が多い言葉ですね。 研修などで徹底するように説明されると思いますが、目上の人を席に案内する際は注意が必要です。 「お座りください」の座るは敬語として使えないため、「お掛けください」を使いましょう。 「どうしますか」ではなく「いかがいたしますか」 自分だけで対処できない問題がある際には上司や目上の人に相談が必要ですよね。 その際に「どうしますか」は使うことは避けましょう。 相談する際は必ず「いかがいたしますか」もしくは「いかがいたしましょうか」を使いましょう。 パンフレットなどを渡す際、「こちらの方をお取りください」って言ってしまいませんか? 「〜の方」というのは、方角を表す言葉のため、何かを渡す際には不適切です。 同様に「私の方で承ります」も良く使ってしまう言葉ですが、こちらも不適切なので「こちらをお取りください」、「私が承ります」と言うようにしましょう。 メールでも自己紹介でも使っている人をよく見かけます。 この言葉は長くて回りくどいため社会人には特に好かれません。 結局、「〜させていただいております」が意味しているのは「〜しています」ということなので、こちらを使うようにしましょう。 同様に「〜させていただきます」の代わりに「〜いたします」と用いるようにしましょう。 役職に「様」は付けない 社会人へのメールで、特に役職のある人を宛先とする場合は注意が必要です。 役職にはもとから尊称が含まれています。 「とんでもございません」は文法的に間違い 相手から褒められた際に使いがちな言葉ですね。 「とんでもない」という形容詞なので、ないを決してございませんを付け加えることはできません。 したがって、正しい言い方は「とんでもないことです」もしくは「とんでもないことでございます」となります。 堅苦しく聞こえるかもしれませんが、こちらが正しい日本語です。 「どちらにいたしますか」ではなく「どちらになさいますか」 「いたす」というのは謙譲語です。 そのため、相手が選択肢を持っている状況で使うのは不適切です。 原形は「する」という意味なので、尊敬語の形では「なさる」となります。 したがって、選択肢を伺う場合は「どちらになさいますか」を用いるようにしましょう。 社会に出た段階でマスターできていると、それだけで「しっかりしているな」と印象を与えることができるのが敬語です。 今は頻繁に使う機会はないかもしれませんが、学生の内に扱えるようにしておきましょう。

次の