イディナ・メンゼル レット・イット・ゴー。 イディナ・メンゼル、ディズニーランド60周年記念で「レット・イット・ゴー」熱唱

Amazon Music

イディナ・メンゼル レット・イット・ゴー

2014年の音楽シーンを最も盛り上げている楽曲として「アナと雪の女王」の 「レット・イット・ゴー」が挙げられる。 「レット・イット・ゴー」を収録したアルバム「アナと雪の女王 オリジナル サウンドトラック」はオリコン調べで90万枚を超えるヒットを記録している。 ただし、インターネット上ではアルバムの売上枚数よりも、複数のアーティストが歌う「レット・イット・ゴー」の売れ行きの比較に関する話題が頻繁に登場する。 そこで、2014年の音楽シーンを盛り上げている「レット・イット・ゴー」5バージョンの売れ行きを比較してみよう。 ら様々なアーティストが歌う「レット・イット・ゴー」 本記事で取り上げるのは、3月〜9月にかけてiTunesトップソングで上位入りを記録した「レット・イット・ゴー」5バージョンである。 松たか子、May J. 、イディナ・メンゼル、デミ・ロヴァートの4名が歌う「レット・イット・ゴー」を取り上げる。 このうち、May J. の「レット・イット・ゴー」はエンドソングと挿入歌の2バージョンが存在する。 グラフを見ると、まず飛び込んでくるのは松たか子の「レット・イット・ゴー」の順位推移である。 松たか子の「レット・イット・ゴー」は9月に入っても20位以内をキープしており、他の4作品とは比較にならないほど、圧倒的に売れていることが分かる。 松たか子の「レット・イット・ゴー」は年間チャートで現在の暫定1位を独走している。 次に売れているのは、イディナ・メンゼルの「レット・イット・ゴー」である。 こちらは英語版の「レット・イット・ゴー」であるが、映画の話題が最も盛り上がった3月〜5月のチャートではMay J. 版を上回る売れ行きを見せた。 3番目はMay J. の「レット・イット・ゴー」 挿入歌Ver. である。 当初の売れ行きは低かったが、テレビなどで取り上げられる機会が増えると、イディナ・メンゼルよりも粘り強い推移を見せた。 ちなみにイディナ・メンゼルとMay J. なお、May J. は挿入歌とエンドソングの2つのVer. を発売しており、この2バージョンの売れ行きをまとめた場合、イディナ・メンゼルに匹敵するようだ。 忘れてはならないのが、デミ・ロヴァートの「レット・イット・ゴー」である。 イディナ・メンゼルVer. のカバー曲という扱いだが、日本では春頃までMay J. のエンドソングを上回る売れ行きを見せた。 5バージョンの最高位は以下の通りである。 May J. は挿入歌の方が高い売れ行きだが、順位ではエンドソングが勝っている。 1位 … 松たか子 1位 … イディナ・メンゼル 3位 … May J. エンドソング 4位 … May J. 挿入歌 7位 … デミ・ロヴァート 上記で示すように、5バージョンともトップ10入りを記録。 という記録も生まれた。 を圧倒する現実 グラフで示した通り、日本では松たか子Ver. の売れ行きが圧倒的である。 ただし松たか子がテレビで「レット・イット・ゴー」を披露した回数は未だ0であり、テレビで頻繁に耳にするのはMay J. のバージョンである。 しかし、May J. はメディアに多くの出演がありながら、一度も松たか子の順位を上回ったことがないのが現実である。 松たか子Ver. と May J. Ver. の売れ行きの違いは、グラフが明確に示している。 May J. これから年末にかけては「NHK紅白歌合戦」や「レコード大賞」の話題が中心となるが、松たか子はテレビに出演しない可能性が大きく、歌うならMay J. という状況である。 ただし、前述の状況から、 May J. この状況を打開するためのイメージアップ戦略も、下手に打てば逆に反感を増すだけと見られ、今の状況はMay J. にとってあまりにも残念な構図と言える。 関連記事 ・.

次の

「Let It Go」Idina Menzel 歌詞和訳(日本語訳)

イディナ・メンゼル レット・イット・ゴー

2014年の音楽シーンを最も盛り上げている楽曲として「アナと雪の女王」の 「レット・イット・ゴー」が挙げられる。 「レット・イット・ゴー」を収録したアルバム「アナと雪の女王 オリジナル サウンドトラック」はオリコン調べで90万枚を超えるヒットを記録している。 ただし、インターネット上ではアルバムの売上枚数よりも、複数のアーティストが歌う「レット・イット・ゴー」の売れ行きの比較に関する話題が頻繁に登場する。 そこで、2014年の音楽シーンを盛り上げている「レット・イット・ゴー」5バージョンの売れ行きを比較してみよう。 ら様々なアーティストが歌う「レット・イット・ゴー」 本記事で取り上げるのは、3月〜9月にかけてiTunesトップソングで上位入りを記録した「レット・イット・ゴー」5バージョンである。 松たか子、May J. 、イディナ・メンゼル、デミ・ロヴァートの4名が歌う「レット・イット・ゴー」を取り上げる。 このうち、May J. の「レット・イット・ゴー」はエンドソングと挿入歌の2バージョンが存在する。 グラフを見ると、まず飛び込んでくるのは松たか子の「レット・イット・ゴー」の順位推移である。 松たか子の「レット・イット・ゴー」は9月に入っても20位以内をキープしており、他の4作品とは比較にならないほど、圧倒的に売れていることが分かる。 松たか子の「レット・イット・ゴー」は年間チャートで現在の暫定1位を独走している。 次に売れているのは、イディナ・メンゼルの「レット・イット・ゴー」である。 こちらは英語版の「レット・イット・ゴー」であるが、映画の話題が最も盛り上がった3月〜5月のチャートではMay J. 版を上回る売れ行きを見せた。 3番目はMay J. の「レット・イット・ゴー」 挿入歌Ver. である。 当初の売れ行きは低かったが、テレビなどで取り上げられる機会が増えると、イディナ・メンゼルよりも粘り強い推移を見せた。 ちなみにイディナ・メンゼルとMay J. なお、May J. は挿入歌とエンドソングの2つのVer. を発売しており、この2バージョンの売れ行きをまとめた場合、イディナ・メンゼルに匹敵するようだ。 忘れてはならないのが、デミ・ロヴァートの「レット・イット・ゴー」である。 イディナ・メンゼルVer. のカバー曲という扱いだが、日本では春頃までMay J. のエンドソングを上回る売れ行きを見せた。 5バージョンの最高位は以下の通りである。 May J. は挿入歌の方が高い売れ行きだが、順位ではエンドソングが勝っている。 1位 … 松たか子 1位 … イディナ・メンゼル 3位 … May J. エンドソング 4位 … May J. 挿入歌 7位 … デミ・ロヴァート 上記で示すように、5バージョンともトップ10入りを記録。 という記録も生まれた。 を圧倒する現実 グラフで示した通り、日本では松たか子Ver. の売れ行きが圧倒的である。 ただし松たか子がテレビで「レット・イット・ゴー」を披露した回数は未だ0であり、テレビで頻繁に耳にするのはMay J. のバージョンである。 しかし、May J. はメディアに多くの出演がありながら、一度も松たか子の順位を上回ったことがないのが現実である。 松たか子Ver. と May J. Ver. の売れ行きの違いは、グラフが明確に示している。 May J. これから年末にかけては「NHK紅白歌合戦」や「レコード大賞」の話題が中心となるが、松たか子はテレビに出演しない可能性が大きく、歌うならMay J. という状況である。 ただし、前述の状況から、 May J. この状況を打開するためのイメージアップ戦略も、下手に打てば逆に反感を増すだけと見られ、今の状況はMay J. にとってあまりにも残念な構図と言える。 関連記事 ・.

次の

アナと雪の女王「レット・イット・ゴー」5つのバージョンの売れ行きを比較してみる

イディナ・メンゼル レット・イット・ゴー

なぜ、エルサに力は与えられたのか --。 すべての謎が明かされ、姉妹の物語はついに完結へ。 全世界で社会現象を巻き起こし、伝説と化した『アナと雪の女王』。 アカデミー賞をW受賞したスタッフとキャストが、その伝説を凌駕する新たな驚きと感動で贈る、スペクタクル・エンターテイメント。 39:1 ・音声:ドルビーデジタル 5. <ストーリー> かつて、真実の愛によって姉妹の絆を取り戻したエルサとアナ。 3年の歳月が過ぎ、アレンデール王国の女王となったエルサは、アナ、クリストフ、そしてオラフと共に幸せな日々を過ごしていた。 <キャラクター紹介> エルサ アレンデール王国の女王。 物静かで愛情深く、慎重に考えて行動するタイプ。 しかし、自身の謎を突き止めるため、どんな過酷な試練をも乗り越えようとする勇気と諦めない心を持っている。 アナ アレンデール王国の次女。 姉のエルサとは対照的に、明るく楽観的で、少しおっちょこちょいの直情型。 大好きな姉と王国を救うため、危険を顧みずに命がけの冒険に飛び込む大胆かつ勇敢で情熱的な女の子。 姉を救う旅でクリストフと喧嘩をしながらも惹かれ合う。 オラフ かつてエルサによって作り出された、夏に憧れる陽気な雪だるま。 無邪気で人懐こく、ハグが大好き。 今はアナたちの大切な仲間であり、今回も一緒に危険な旅に出る。 仲間思いで、みんなを楽しくさせるムードメーカー。 手や顔のパーツが取れやすい。 クリストフ 少々荒っぽく無骨でオシャレ度は低い山男だが、広い心と勇敢な心、一本筋の通った正義感を持つ。 前作でアナを手助けして旅を共にする中で惹かれ合う。 現在は、王国御用達の氷の納入者として働いている。 相棒のトナカイ、スヴェンとはいつも一緒。 トロールたちとも仲良しで、今回の旅でも大活躍をする。 スヴェン クリストフの相棒の忠実なトナカイ。 子供のころからクリストフと寝食を共にしてきた。 好物はニンジン。 言葉は話さないが、クリストフが勝手にスヴェンの気持ちを代弁することがある。

次の