ブラック ベリー 栄養。 アロニアと栄養価・効果効能

ブラックベリーの栄養と食べ方|ブラックベリーとは

ブラック ベリー 栄養

ブラックオリーブとは、イタリアやギリシャなど地中海地域を原産とした木の実です。 もともとオリーブはグリーンで、熟成されるにしたがって黒くなっていきます。 日本で販売されているブラックオリーブの多くは外国産ですが、香川県の小豆島でもオリーブは栽培されています。 さらに健康にも効果が望めるとして、国の医薬品の規格基準書でもある日本薬局方にもオリーブオイルとして掲載されています。 また、ブラックオリーブには「味がまろやか」という特徴があります。 オイル分がグリーンオリーブと比べて多く、その含有量は約2倍ともいわれている程です。 そのほか、オレイン酸など多くの栄養素を含んでいます。 またブラックオリーブは冷蔵庫に入れておけば2~3ヵ月の保存ができる便利な食材です。 よく目にするのはグリーンオリーブですが、ブラックオリーブとは一体何が違うのでしょうか?実はブラックオリーブもグリーンオリーブも同じ種類のオリーブですが、熟成度に違いがあります。 グリーンオリーブは塩水に漬け込み発酵させ、その後3ヵ月ほど樽で熟成させます。 一方、 ブラックオリーブは3ヵ月塩水に漬け込んだ後、ソーダ水に漬け苦みをとります。 さらに、ソーダ水をしっかりと洗い流し15日間ほど水に漬け込みます。 ブラックオリーブは熟成しているため、あっさりとクセが無い味わいです。 グリーンオリーブはブラックオリーブよりフレッシュな分、渋みと塩味がありますが香り高いのが特徴です。 またカロリーにも違いがあり、ブラックオリーブが100gあたり118kcalなのに対し、グリーンオリーブは145kcalと高くなっています。 そのためダイエット中の人はカロリーが低いブラックオリーブを選んだほうがいいでしょう。 赤玉ねぎ 50g• オレンジ 2個• ブラックオリーブ 15g• イタリアンパセリの葉 小さじ1• 塩、黒こしょう 各適量• オリーブオイル 大さじ1~2• 玉ねぎは皮をむいて薄くスライスし水に15分さらして辛みを抜く• オレンジは皮を厚めにむき5㎜幅の輪切りとざく切りにする• ブラックオリーブは輪切りにしイタリアンパセリは粗めのみじん切りにする• 赤玉ねぎをざるにあげてキッチンペーパーで水けをとる• 器に輪切りのオレンジを並べて、ざく切りのオレンジを中央に盛りつける• 赤玉ねぎ、ブラックオリーブ、イタリアンパセリを全体にちらす• 全体に塩、黒こしょうを多めにふる• オリーブオイルを上からまわしかけたら出来上がり• ガーリックシュリンプ 6尾• ドライトマト 5個• ブラックオリーブ 5個• Aエキストラオリーブオイル 大さじ1• A白ワインビネガー 大さじ1• パプリカは食べやすい大きさにざく切り• ブラックオリーブは輪切りにしておく• 熱したフライパンにエビとパプリカを入れ焼• 焼き目がついたらアルミホイルで蓋をして蒸し焼きにする• 両面に焼き色が付いたら火を消して食材に火が通るまで蒸し焼きにする• Aの材料を混ぜマリネ液を作る• ボウルにエビ,パプリカ、ドライトマト、ブラックオリーブを入れ混ぜる• マリネ液を加えて混ぜたら出来上がり• タコ 300g• ペンネ 300g• オリーブオイル 大さじ2• 種無しブラックオリーブオイル 15〜20粒(お好みで)• カットトマト缶 1缶• 水(トマト缶の半分ほど)• 塩こしょう 少々• 鷹の爪 2本程• ニンニクをみじん切りにしタコを一口大にカットする• フライパンにオリーブオイルを入れてニンニクを炒める• 香りが立ったら鷹の爪2つを半分に割って種ごと入れる• タコを加えさっと炒めたらブラックオリーブも入れてさらに炒める• トマト缶を入れそのトマト缶の半分ほどの水も入れる• 軽く混ぜてグツグツしてきたら塩ふたつまみと胡椒を入れる• ソースを煮込んでいる間ににペンネを茹でておく• 茹であがったペンネとソースを和えて出来上がり.

次の

ブラックベリー

ブラック ベリー 栄養

DHCやネイチャーメイド、海外サプリの中で一番お得なサプリはどれ?1日あたりの値段(1日10円以下から始められます)や成分量を徹底比較しました。 フレッシュで手軽に食べられるイメージのあるベリー類の果実。 イチゴ、ブルーベリー、ラズベリーなど果物の中でも人気の高いフルーツが含まれているのがベリー類。 しかし、正確にいうと ベリー類という植物学的なカテゴリーはありません。 日本ではイチゴ(ストロベリー)など名前にベリーが付いている果物をベリー類として分類しているだけで、実際はそれぞれバラ科、ツツジ科など違うカテゴリーに属しています。 とは言ってもデザートやトッピングとして一緒に食べられることの多いこれらベリー類。 どのベリーにどれだけ栄養が含まれているか気になる人も多いと思うので、今回は私たちがベリー類として名前を聞くことの多い、イチゴ、ブルーベリー、ラズベリー、グーズベリー、ぐみ(シルバーベリー)の5つについて調査しました。 ベリー類のカロリーを比較 果物名 エネルギー(kcal) いちご(ストロベリー) 34 kcal ラズベリー 41 kcal ブルーベリー 49 kcal グーズベリー 52 kcal ぐみ(シルバーベリー) 68 kcal ベリー系の果物の中で一番カロリーが低いのはいちご(ストロベリー)です。 100gあたりエネルギーは34kcalとなっています。 市販されているいちごのパックは1パックあたり250g〜350gほどなので、 1パック丸ごと食べてようやく100kcalほどです。 かなり低カロリーと言えますね。 その他のベリー類はラズベリーが41kcal、ブルーベリーが49kcal、グーズベリーが52kcal、ぐみ(シルバーベリー)が68kcalとなっています。 ぐみは100gあたり68kcalと34kcalのイチゴとちょうど倍になっています。 とは言ってもぐみが高カロリーな果物かというとそうではありません。 ベリー類のような果物類は水分が多く含まれていて100gあたりのカロリーは全部の食べ物の中でもかなり低い方です。 上記5つの中では比較的高いものの、絶対値で見るときに高カロリーではないことは理解しておきましょう。 ベリー類の三大栄養素を比較 カロリーとは三大栄養素(たんぱく質、脂質、炭水化物)のグラム数に数字をかけて算出するエネルギー量です。 つまり三大栄養素が多ければ多いほどカロリーが高くなり、少ないければ低カロリー食材ということになります。 具体的にベリー類の三大栄養素を比較していきましょう。 9 g 0. 1 g 8. 5 g 1. 4 g ラズベリー 41 kcal 88. 1 g 0. 1 g 10. 2 g 4. 7 g ブルーベリー 49 kcal 86. 5 g 0. 1 g 12. 9 g 3. 3 g グーズベリー 52 kcal 85. 1 g 13. 2 g 2. 3 g 0. 2 g 17. 2 g 2 g この表を見ると分かるように、水分率が高ければカロリーが低く、水分率が低いとカロリーが高いことが分かります。 表の右に目をやっていくと、たんぱく質、脂質、炭水化物、食物繊維のグラム数が表示されています。 基本的に果物は主食としてエネルギーを摂取するものというよりかは、ビタミン・ミネラルなどのミクロ栄養素を摂取するためのサポート的な食材なのでどの数値もそれほど高くありません。 食物繊維を取るならラズベリーがおすすめ 個人的に注目したのは一番右に表示されている食物繊維量。 食物繊維は体に必要と言われるものの普段の食事からは取りにくい成分なのですが、 ラズベリーには100gあたり4. 7gも含まれています。 いちごの食物繊維量が1. 4gなので100gあたり3倍以上の差があります。 スーパーではラズベリーの値段の方がイチゴよりも高いですが 食物繊維を取るなら少し多くお金を払ってラズベリーを食べることをおすすめします。 ちなみに、日本では価格の高いラズベリーですが、私がベルリン旅行中に何度か通っていたスーパーでは100g入ったラズベリーのパックが1ユーロ弱(約150円ほど)で売っていました。 日本はフルーツの価格が海外より高いのでこの点は少し残念ですね。 ベリー類のミネラル類を比較 続いてベリー類のミネラルを見ていきます。 ミネラルと言えば鉄分・亜鉛、マグネシウムなどの名前をよく耳にしますね。 それぞれ何mgの栄養が含まれているか見ていきます。 ベリー類のミネラル類を比較 果物名 ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン 鉄 亜鉛 銅 マンガン いちご 微量 170 mg 17 mg 13 mg 31 mg 0. 3 mg 0. 2 mg 0. 05 mg 0. 2 mg ラズベリー 1 mg 150 mg 22 mg 21 mg 29 mg 0. 7 mg 0. 4 mg 0. 12 mg 0. 5 mg ブルーベリー 1 mg 70 mg 8 mg 5 mg 9 mg 0. 2 mg 0. 1 mg 0. 04 mg 0. 26 mg グーズベリー 1 mg 200 mg 14 mg 10 mg 24 mg 1. 3 mg 0. 1 mg 0. 05 mg 0. 15 mg ぐみ(シルバーベリー) 2 mg 130 mg 10 mg 4 mg 24 mg 0. 2 mg 0. 1 mg 0. 1 mg 0. 15 mg ミネラル類ではラズベリーが圧倒的です。 ここではミネラル類の中でも9種類を掲載していますが、ラズベリーが トップの数値をほこる栄養素は9分の6項目もあります。 カロリー含有量ではぐみが一番多く、ラズベリーのカロリーは下から2番目だったものの、ミクロ栄養素ではラズベリーがピカイチですね。 こうして順番に見ていくとカロリーとミネラル類の含有量がかなり違うことに気づけると思います。 カロリーが多い=すべての栄養が多い訳ではないのです。 ベリー類のビタミン類を比較 最後に比較するのはビタミン類です。 ベリー類はビタミンCの含有量が多いイメージがありますが、実際の数値はどんなところでしょうか。 03 mg 0. 02 mg 0. 4 mg 0. 33 mg 0. 02 mg 0. 04 mg 0. 6 mg 0. 03 mg 0. 03 mg 0. 2 mg 0. 12 mg 1. 02 mg 0. 02 mg 0. 2 mg 0. 01 mg 0. 04 mg 0. 3 mg 0. 同じようなことは他のビタミンにも見られて、ビタミンB類はラズベリーも比較的優位ではあるものの、葉酸・ビタミンCではイチゴがもっとも多く栄養を含んでいます。 いちごのカロリーは34kcalとかなり低いのに葉酸含有量ではトップ3なのです。 こうしてみるとどの果物がどの栄養素において強い(栄養豊富)かを知っておくことがとても重要だと分かります。 まとめ:ミネラルならラズベリー、ビタミンならイチゴ 今回はイチゴをはじめとする5種類のベリー類の栄養素を比較してきました。 一概に〇〇が栄養豊富だとは言い切れないものの、 ミネラル類を摂りたいならラズベリー、ビタミンが比較的豊富なのはイチゴという結果と言えそうです。 もちろんここまで比較してきたのは栄養素だけなので、実際に食べようとなるとその果物が、• どれぐらい手に入りやすいか• どれぐらい安いか• どれぐらい美味しいか(たくさん食べられるか) など栄養以外に様々な課題があるはずです。 個人的な意見を最後に言わせてもらうと、上で見てきたベリー類ならイチゴが上の項目をすべて満たしやすい果物ではないかと思います。 もちろんイチゴに含まれている栄養素が全食品の中で圧倒的に高いかというと、そうでもないので イチゴだけを食べて栄養を摂取しようとせずに他の食品やサプリメントも適宜取る必要があります。 *データの参照元: マルチビタミンサプリ特集 メーカー 参考価格 1922円 パーフェクト サプリ マルチビタミン&ミネラル 30日分 64円 【栄養成分表示】[1日あたり:4粒1648mg]熱量5. 1kcal、たんぱく質0. 43g、脂質0. 08g、炭水化物0. 67g、食塩相当量0. 018g、ナイアシン13mg(100)、パントテン酸4. 0mg(1000)、ビタミンB2 14. 0mg、ビタミンB6 13. 0mg、ビタミンB12 24. 3mg(34)、亜鉛2. 9mg(33)、銅0. 3mg(33)、マグネシウム64mg、マンガン1. 54mg]、ビタミンD:5. 3mg、ビタミンB1:1. 2mg、ビタミンB2:1. 4mg、ナイアシン:13mg、ビタミンB6:1. 8mg、ビタミンC:100mg、カルシウム:204mg、鉄:2. 04mg、マグネシウム:96mg、銅:0. 27mg、亜鉛:2. 64mg、マンガン:1. 14mg、セレン:8. 5円 栄養成分表示 1粒(1. 515g)当たり エネルギー:3. 33kcalタンパク質:0 〜 0. 1g脂質:0 〜 0. 1g炭水化物:0. 671g食塩相当量:0 〜 0. 01gカルシウム:200mgマグネシウム:100mg亜鉛:6mg鉄:4mg銅:0. 5mgビタミンB2:1. 8円 【栄養成分】エネルギー・・・3. 74KcaL たんぱく質・・・0. 54g 脂質・・・0. 024g 炭水化物・・・0. 34g ナトリウム・・・4. 16mg V. B1・・・10mg 1000% 亜鉛・・・7mg 100% V. E・・・8mg 100% V. B2・・・11mg V. B6・・・10mg V. C・・・80mg V. 5mg マンガン・・・1. 17mg 銅・・・0. 2mg セレン・・・7. 5mg リジン・・・36mg ヒスチジン・・・24mg グリシン・・・47. 6mg アルギニン・・・35. 2mg グルタミン酸・・・28. 9mg アラニン・・・27. 6mg アスパラギン酸・・・16. 9mg プロリン・・・14. 7mg セリン・・・9. 8mg シスチン・・・4. 5mgチロシン・・・1. 6mg(より) メーカー 参考価格 2070円 トゥルーバランス マルチビタミン 120粒 NOW Foods ナウフーズ 17. 4 mg マンガン 1 mg 銅 0. 75 mg 葉酸 200 mcg ヨウ素 150 mcg ビオチン 50 mcg セレン 50 mcg クロム 25 mcg ビタミン K 15 mcg ビタミン B12 10 mcg ビタミン D 5 mcg(より).

次の

ブラックベリーの食べ方と栄養 どんな果物なの?

ブラック ベリー 栄養

4月~5月に開花し、6月になると赤い実をつけます。 そのため、「6月の実」という意味のジューンベリーと名付けられました。 この実は熟すと黒紫色に変化します。 秋になると紅葉もするため四季を通じて楽しむことができます。 そのため狭い場所や鉢、プランターでの栽培に適しています。 ・ラマルキー 他の品種に比べ、花をたくさんつけるため実もたくさんつけます。 ・ロビンヒル ジューンベリーの花は白色が一般的ですが、ロビンヒルは桃色の花を咲かせます。 ・マーチン 13~16mmの大きさで甘酸っぱくとてもジュージーな味がします。 ・スモーキー 6~10mmとサイズが小さくマイルドでソフトな食感のジューンベリーです。 ・ノースライン 8~14mmほどで風味を持ち、とても甘いことが特徴です。 実がつまっており、歯ごたえがあります。 実は完熟すると黒紫色になり、甘みが強くなりますが酸味はほとんどなくなります。 また、ジューンベリーはざらざらした独特の触感があるため、ジャムやパイなどにして食べる場合は裏ごしをしてから食べることをおすすめします。 特に、マンガンや、などが豊富に含まれています。 ジューンベリーには、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれています。 このアントシアニンは紫外線やウイルスから身を守るために植物がつくりだした成分で、天然の抗酸化物質ともいわれています。 活性酸素は食生活の乱れや喫煙、紫外線、ストレスなど様々な環境によって発生します。 こうした活性酸素のダメージから体を守り、老化を防ぐために抗酸化力のあるジューンベリーは有効であるといえます。 ジューンベリーにはマンガンやカルシウムが豊富に含まれています。 骨の代謝は、骨をつくる働きと骨を壊す働きのことで、これらがバランス良く行われることによって骨は常に新しく生まれ変わっています。 マンガンは骨をつくる働きにも壊す働きにも必要ですが、特に骨をつくる働きには重要な役割を果たします。 また、カルシウムは骨や歯をつくる主要なミネラルです。 カルシウムは骨の代謝を活発にし、丈夫な骨や歯をつくる効果があります。 体内で過度に発生すると、脂質やたんぱく質、DNAなどに影響し、老化などの原因になるとされます。 血液がうまく流れなくなることで心臓や血管などの様々な病気の原因となります。 もともとインスリンが不足している場合と、年齢や生活習慣によってインスリンが不足していく場合があります。 また、それに伴ってエネルギーが出入りすることを指します。 【3】ジューンベリーには、タンパク質、食物繊維、カルシウム、リン、カリウム、マグネシウム、マンガン、モリブデン、銅、亜鉛、バリウム、アルミニウム等のミネラルが含まれ、高い健康機能が期待されています。 【4】610名の慢性腎疾患女性に2年間、カルシウム1200mg とビタミンD3 800IUを摂取させたところ、腎障害の程度に限らず、すべての腎疾患患者で骨密度ミネラルが上昇しました。 ジューンベリーには骨の健康に役立つと考えられています。 参考文献 ・中村丁次 栄養の基本がわかる図解事典 成美堂出版 ・Bakowska-Barczak AM, Kolodziejczyk P. cultivars for their polyphenol content, antioxidant properties, and storage stability. 2008 Nov 12;56 21 :9933-40. doi: 10. Epub 2008 Oct 16. ・Lavola A, Karjalainen R, Julkunen-Tiitto R. cultivars. 2012 Feb 1;60 4 :1020-7. doi: 10. Epub 2012 Jan 23.

次の