ぼちぼち入るおポーチ。 初めてのレザークラフトとりあえず完成 ~ベルトポーチ~

2ページ目の[ ハンドメイド~ポーチ ]

ぼちぼち入るおポーチ

Amazonの情報を掲載しています 外出先(職場)で吸う本数はせいぜい5~6本なので、私にとっては多すぎます。 自宅では出来れば巻きたてホヤホヤのものを味わいたいので、持ち運び用は妥協するのが前提なのですが、10本以上持ち歩いても仕方ないので、ダイソーで入手出来る名刺ケースを使ってみることにしました。 ダイソーの名刺ケースはバリエーション豊富 ダイソーのカードケースコーナーでは、金属製のケースもありましたが、PUレザーで包み込むタイプの名刺入れなど、沢山の種類がありました。 もちろん私の目当てはメタルの名刺ケースですが、百均って便利ですね。 ダイソーメタル名刺入れは、厚さ10枚、20枚、30枚、40枚とバリエーション豊富でしたが、30枚が私の使用しているフィルター径(7. 8mmレギュラー)にちょうど合う厚さでした。 もちろん厚すぎても中でコロコロ転がるのでダメです。 なぜか30枚のケースだけがアルミ製で、他はステンレス製(光沢、ヘアライン)でした。 私はヘアライン仕上げのアルミケースが欲しいと思っていたので、まさに目当てのものが手に入ったという感じです。 材質はアルミなのでステンレスに比べると断然軽いです。 きちんと角は丸められているので、角で引っ掛けて怪我をする様な心配は要らなさそうです。 アルミなので力を加えると簡単に凹む(変形する)と思いますけどね。 きちんとした製品として作られているので、本来の名刺ケースとして使う分にもこのケースはオススメです。 108円で手に入れられるモノとしては凄すぎると思います。 本来の目的の名刺入れとしてまた行った時に買ってこようっと。 名刺ケースにタバコは何本入る さてサイズ確認の為に、とりあえずフィルターを並べてみました。 5cmと記されているので、計算上はフィルター径7. 6mmなので7本入れる予定でした。 帰宅して実際に入れてみると8本入れた状態で蓋を閉じるときっちり固定される感じです。 7本だとコロコロ転がる音が聞こえるので8本入れて軽く固定させておくのが良さそうです。 私が手に入れた巻紙は70mmなので、残念ながら90mmのケースにとっては20mmの隙間が出来てスカスカですが、これは詰め物をして対応するつもりだったので想定内です。 一般的なタバコの長さは84mm位なので、ちょっとスマートにシガレットケースとしても使えそうですね。 ダイソーの名刺入れですけど・・ まとめて手巻すると面倒ですが、頑張って8本巻いてみました。 まだ、巻き方(詰め具合)が安定していないので仕上がりにばらつきがありますが、蓋を閉じると丁度良い具合です。 隙間はティッシュペーパーを折りたたんで詰め物として使用することにしました。 乾燥対策の方法は タバコ葉のベストな湿度は70%と言われている様ですが、この状態で通勤カバンに入れておくと乾燥するのは間違いないです。 特に冬は空気が乾燥しているので避けようがありません。 加湿アイテムで保湿出来る状態にしてビニール袋とかに入れておくというのも一案です。

次の

A4ファイルが入る♪北欧花柄綿麻×リネンのタックバッグ(ポーチ付き)

ぼちぼち入るおポーチ

私のバッグの中にはかれこれ11年にもなる非常に古い手作りのがま口ポーチが入っています。 実は子供の頃からがま口派ですが、その話はまた後ほど。 当時の私には少々高い材料だったので、失敗しないように緊張しながら作ったものでした。 バッグの中に入れておくだけではもったいなくてお財布代わりに手に持ってスーパーに行ったことも。 バッグから出す時は手つきと指使いをできるだけ美しく!を心がけて。 「素敵!」と声をかけていただいたこともありました。 嬉しかったです。 日に日にわく愛着は古くなればなるほど大きくなっているような気がします。 「あら、素敵な年代物ね。 」と言われる日が来るかもしれません。 刺繍とポーチ• 最近はがま口よりファスナーのポーチを主として作っています。 好きな布だけで作るポーチも刺繍を施したポーチもどちらも楽しく作り甲斐がありますが、今は専ら刺繍入りポーチ。 気に入った布に出会うとその上に描く刺繍をイメージしてしまいます。 キャンパス的なその布に直接絵柄を描きながら想像するのは、チクチクと刺繍糸で色付けしていく楽しみと完成したポーチを手に喜ぶ自分。 ワクワク感で満たされる幸せな時です。 そうして完成したものが、写真にあるwasakoさんポーチ、にゃんポーチ、お花のポーチ。 今頃どこかで活躍しているポーチ達です。 時々、友人やお客様からのリクエストで作ることがあるのですが、オーダーによっては普段作る小物とは形や色使いが違うことがあり戸惑うこともしばしば。 でも、これが新しい発見になることも。 こだわりのある小物作りをしながら、時にはルート変更して私らしくないものを作るのもありなのかもしれません。 春の新作「にゃんポーチ」を強い味方に• ということで、この春の新作「にゃんポーチ」の紹介です。 猫の刺繍に私らしからぬ鮮やかなピンクのドット柄を合わせてみました。 内ポケット付き、マチ6㎝、バッグの中で邪魔にならないちょうどよさげなサイズです。 ピンクに続いて薄ピンクと水色が出番待ちです。 勢ぞろいしたらminneのお店やここで紹介しますので楽しみにしていてください。 大きなバッグは何でも入るのでついつい中身が乱雑になってしまいがち。 こまごまとしたものをひとまとめにしてくれるポーチは私達の強い味方です。 バッグの中でかくれたオシャレに徹するポーチが誰かの目に留まったり、大切な日に役に立ったりして、みなさまの強い味方として大切に使ってもらえたらいいなと思います。 そんなことを考えながらきょうもポーチを作っています。

次の

お裁縫おさらい帖の会を試してみた【couturier(クチュリエ)】

ぼちぼち入るおポーチ

どうもこんにちは。 世界を変える男、河村ケンジロウです。 さて、今回は実践的ミニマリズムシリーズです。 実践的にミニマリストを遂行するための情報を紹介するこのシリーズ。 前回は爪切りについて紹介しました。 まずはこちらの小ポーチを紹介。 この小ポーチは文房具とひげ剃りなどの衛生用品が入っています。 前回紹介した爪切りも入っています。 この小ポーチにきっちりスペースを余すこと無く以下のモノを入れていきます。 歯ブラシは入れようと思えばこのポーチにも入るのですが、文房具類やひげそりが入っている関係で今は大ポーチの方に直接しまっています。 大ポーチの紹介はのちほど。 このポーチは実は 筆箱なのです。 河村は無印でちょうどいいサイズが見つかり買いましたが筆箱のサイズであればなんでも大丈夫です。 ポイントは 縦長であること。 そして広がらないこと。 よくある旅行セットやおでかけポーチみたいなのは無印でも売っていますが、あれではかなりスペースを食ってしまいます。 極限までスペースを詰めるためにも河村はあえて筆箱サイズのケースをおすすめします。 化粧バサミはもうちょっと縦長のものがあれば買い換えようと思います。 文房具もあらゆる場面に対応できるように最低限のモノを入れているわけですが、特におすすめしたいのは ペン型&縦長になるグッズです。 タイトル• ペン型消しゴム 河村は一応通常サイズの消しゴムも入れていますが、使いやすさとサイズ感からおすすめしたい消しゴムです。 カッターナイフのように少しずつ消しゴムを出す構造です。 先端がとても細いため小さな箇所のみ消すことも可能です。 消しゴムを無駄なく使えるのもポイント。 ペン型の消しゴムは他のメーカーのものも出ていますが、元文房具オタクの河村、ほぼ全てのタイプを試した上で「ぺんてる」がベストでした。 消す部分が丸いタイプは消していくうちに先端が曲がってしまったり安定性に欠けます。 ただこの「ぺんてる」も油性ボールペン用のものは全然役に立たなかったので通常タイプのモノのみおすすめです。 ペン型ハサミ 文房具オタクの河村が10年愛用しているペン型ハサミ。 キャップを外して持ちてを展開することでハサミとして利用可能です。 レイメイ藤井製がペン型ハサミの発祥だと個人的に見ています。 ハサミは文房具の中でも特にサイズを食うものなのでミニマリストにとってペン型であることはとても重要です。 ちなみにマルチツールのハサミでも機能の代用は可能ですが、工作をする機会に小さなハサミのみで作業をするのはとても大変です。 まぁそんな作業のない人はいいかもしれませんが。 小さなハサミで証明写真を切ったりするとまっすぐ切れないのです。 形が直線になる小型ホッチキス 形が直線になるホッチキス。 ホッチキスというと構造的に上部分が斜めになるのですが、こいつは完全な直線を描きます。 そしてとても小さくて軽量。 中にある金具を展開することでホッチキスとして使えるようになります。 ホッチキスは滅多に使うことはないと思うのですが、メルカリをよく使う河村にとっては商品の発送などの時にたまに利用しています。 たまにないと困るもので代用不可能なものは持っていてもいいでしょう。 小ポーチをしまう大ポーチ 先程までに紹介した少ポーチの中身を無印の筆箱に詰めて大ポーチに収納します。 こちらにはパソコンで使うものなどもほぼ全て入っています。 スプーンとフォークのセット MacBookPro15インチ用充電ケーブルとアダプタ MacBook用Type-cハブ 各種ディスプレイなどと接続する用 トラックボールのMX ERGO メガネケース ポータブルSSD などなどが入っています。 あとは先程話した歯ブラシ。 また河村の使っているスマホはアンドロイドのZenfone Zoom Sでして。 このスマホはUSB Type-c規格で充電できます。 つまりMacBookの充電ケーブルとアダプタでスマホの充電もできます。 河村はモノを減らす意味でもスマホとパソコンの充電器具は統一しています。 このままだと両方共充電したい時厳しいですが… 笑 Zenfone Zoom Sは5000mAhの大容量バッテリーを積んでいるのであまりバッテリーには困りません。 ちなみにiPhoneも2019年頃にこのType-c規格で充電できるようになると情報があったのでiPhone使いのミニマリストはもう少しこの環境になるまで時間がかかりそうです。 それまでは変換コネクタで乗り切れば問題ないでしょう。 カメラもダブルレンズでバージョンも古くないのでおすすめです。 スプーンとフォークは登山で使うようなチタン製のものを収納。 トラックボールはマウスの代わりに入れています。 小型軽量マウスは大量に売られていますが、河村はあえて重量のあるトラックボール、MX ERGOを使っています。 マウスの場合はテーブルがガタガタしてると操作に支障が出たりしますがトラックボールは影響を受けないのでいつでもどこでも作業をしたい方にはトラックボールを勧めます。 マウスを用意したい方はMicrosoftの折り畳めるマウスがおすすめです。 あとはMacBookには欠かせないUSBハブ。 VGA、HDMI、有線LANコードも繋げられるのでどんな環境でも他のディスプレイなどと繋げられます。 こちらが河村の使用している大ポーチ。 右端に定期券を置いてみました。 サイズ感はそこまで大きくもなくカバンに簡単に収納できます。 またこのポーチ自体にヒモをかけることで肩にかけて持ち運ぶことも可能です。 Amazonでリヒトラブ、ポーチと調べると出てきます。 サイズと色にバリエーションがあるので取り回しはそこそこ便利。 今の河村にはこれがベストですが他にいいポーチが見つかったら買い換えるかもしれません。 今回はポーチについて紹介しましたがこちらもまだまだ研究の過程にあります。 次回はヘッドライトについてちょっと書きたいと思います。 河村のミニマリスト道は続く….

次の